ラビスタ函館ベイ

2019年9月28日

ちょっと遅い夏休みを取って函館にやってきました。旅行記や食べたものは別記事で紹介しますが、ここでは泊まったホテルについて紹介します。宿泊したホテルは「ラビスタ函館ベイ」。過去にトリップアドバイザーで朝食の美味しいホテルとして1位になったこともある人気のホテルです。立地は函館駅から市電(路面電車)に乗り、2駅目下車で徒歩5分くらいです。駅からは少し離れていますが、ベイエリアや元町、函館山の山頂に行くロープウェイなどにも比較的近いため、観光するには非常に便利な立地でした。



ホテルは13階建てで思っていた以上に大きなホテルです。中に入るとレトロモダンというかシックで落ち着いた雰囲気です。



チェックインは15時。その時間はお客さんが一斉に来るので受付は結構渋滞します。受付を済ませ、さっそく客室に向かいます。キーは旧型な鍵タイプで、1室に1本となっています。カードキー式にして、人数分渡してくれた方が便利なんですが、それは仕方ないですね。宿泊するのはツイン(25平米)のお部屋。浴槽はなくシャワーのみですが、最上階に温泉があり、15時から10時まではいつでも使えるので、シャワー室は利用しませんでした。









このホテルは朝食が有名ですが、個人的には温泉もすごく良かったです。最上階にあるので開放感もありますし、露天風呂もかなり広くて気持ち良かったです。お湯は茶色く濁っていて、海の近くのせいか塩分があって、舐めるとちょっとしょっぱい味がします。露天のお湯はちょっと熱めですが、一人用の陶器風呂等が3つあり、そちらはややぬるめなので、長湯しても気持ちいい。お風呂内は撮影禁止だったので、詳細はホテルの公式HPをご覧ください→ こちら



あと、お風呂出たところには湯上り処があり、無料で食べられるアイスのサービスがとても良かったです。







さて、このホテルを語る上では絶対に外せないのが朝食です。朝食は6:30~10:00となっており、ネットでは早い時間の方が混んでいるという情報があったので、2泊ともすこしゆっくり目の8:30頃に行きましたが、1回目はすごく並んでいて、2回目はほぼ並びはないという状態でしたので、タイミング次第かなと思います。ただ並びがあったとしても中に入れば広いですし、食べ物がなくなるなんてことはなく、食材もきちんと補充されるので、好きなタイミングで行けばいいかと思います。





まずは係の方が席まで案内してくれ、その後は自由に食べたいものを取るブッフェスタイルです。人気の海鮮コーナーは2列+奥にももう一か所あるので、取るのに時間がかかるということはなかったです。



イクラももちろん取り放題です!











和食だけじゃなくてもちろん洋食もあります。なにげにパンも美味しかったです。





個人的に気に入ったのがジンギスカン。北海道らしいですし、ご飯にも合いますからね。



1日目はこんな感じ。イクラ丼は、途中で追いイクラまでしました。なんて贅沢なんでしょう…





2日目はこちら。あまり変わり映えしませんね。







いやあ、それにしてもお腹いっぱいです。どうしても白ご飯とイクラをお代わりしちゃうので、かなりお腹いっぱいになります。その後は部屋に戻ってコーヒーを飲みます。朝食会場からもテイクアウトできるのですが、部屋にコーヒーを挽いて入れるセットがあるので、それでコーヒーを飲んでみることにします。昔は豆を挽いてコーヒーを入れたりもしていましたが、最近だとコーヒーメーカーで入れるので、懐かしい感覚ですし、豆を挽くのは楽しいですね。











ネットでは賛否いろいろ口コミがありましたが、ホテル自体も新しくはないんですが、設備は更新されて綺麗でしたし、朝食も日本で一番かどうかはさておき、すごく良かったです。安いホテルではないですが、高いホテルでもないので、コスパはとてもよくて総合的にはお勧めできるホテルだと思います。また函館に来ることがあったら泊まりたいと思います。


【住所】北海道函館市豊川町12−6
Text & Photo by 
食べたものなど

観光目的ならやっぱり立地条件が良いのがポイントですよね(^^♪北海道ならではの美味しいグルメもたくさんで充実した旅が送れそう☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ソレイユの丘>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.