近江多賀「神あかり」~結のチカラ・祈りの石ころあかり~

2019年10月18日

滋賀県犬上郡多賀町の多賀大社で開催中の「神あかり~結のチカラ・祈りの石ころあかり~」に行ってきました。



私は舞殿も含めて撮りたかったので境内左手にある社務所前の角に三脚を据え18:30の点灯を待ちます。
やがて時間が訪れると境内は一旦闇に包まれ、和楽器の旋律が聴こえてくると、それに呼応した石ころが光り踊り様々に色彩を変化させながら境内を演出します。本殿からは神への畏怖と敬意を表現した光の矢が空に放たれ、それは天空と下界を繋ぐ道のようにも伺えました。



この日は開催二日目の日曜日。17:30頃に現着しましたが拝殿正面には既に三脚の列がズラッと!休日なので人(写真家さんたち)が多めだったかも知れません。※それでも正面から見ることに拘り過ぎなければ十分に堪能できます♪



とか言いながら正面からの写真も撮りたくなり10月4日の夜に再訪。18時直前に現着した境内はガラ空きで難なくセンターポジションに♪それでも開始時刻には五~六人が周りに三脚を構えられました。私は最初の10分程で狙い通りに撮れたのでさっさと他の方に場所を譲り、境内を出てライトアップされた大鳥居や、燈籠が綺麗な絵馬通(門前町)へ。



この大鳥居も和楽器の音色に合わせて色を変化させ華やかでした。ここのライトアップは花火撮影と同じ理屈で色トビしやすい色彩もありタイミングを合わせ辛かったです。そして雨が降ってきて・・・。



朱燈籠の灯りが濡れた石畳風の道に反射して良い塩梅に。ちなみに10/05と06はお土産屋さんも開いてるので、この風景は更に華やかになるはずです♪



霧雨になったり強く降ったり、ピタリと止んだりと雨雲はなかなかの気分屋だったので、お店の軒下をお借りしながら撮り歩きました。



再び境内に戻り雨の風情を撮っていきます。



この多賀大社「神あかり」は今年三回目を迎えた、まだ新しい灯りイベントですが、これから秋が深まると各地でイルミネーションイベントが派手に開催されはじめますから、その前に厳かな佇まいの多賀大社で派手さを抑えた「祈りのあかりイベント」を楽しまさせていただいて嬉しかったです。今後も派手になり過ぎずに多賀大社さんらしいイルミネーションイベントになってほしいと思いました♪近江多賀神社「神あかり」結のチカラ~祈りの石ころあかり~(~10/6)
神代から続く多賀大社の歴史に思いをはせ、音と光で初秋の多賀神社境内を演出します。祈りの石ころや神木の木立が和楽器の旋律とともに輝き、天空へと延びる光の柱は、神への畏怖や敬意を表しているそうです。10/5~6(土・日)は17:00~21:00まで多賀神社大鳥居前から小川長寿堂薬局前までの絵馬通りで、来場者をもてなすお店が出店されるそうなので、お時間がある方は如何でしょうか?
Text & Photo by 
あ お そ ら 写 真 社 

とても美しいライトアップに包まれて華やかな光景に癒されますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
志太河川敷公園の彼岸花♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.