遺跡の街シェムリアップのラグジュアリーホテル「モデルアンコールリゾートスパ」

2019年10月27日



カンボジア北西部にある有名すぎる世界遺産、アンコールの遺跡群は、一度は訪れたいと思っていた場所でした。アンコールの遺跡群の観光拠点となるのが、カンボジア王国の北西にある街、シェムリアップです。
アンコールの遺跡群は、有名なアンコールワットの他にも大小様々な遺跡が、シェムリアップの街のあちこちに点在しています。そのため、ホテルの場所を選ぶのに迷いました。とりあえず遺跡のツアーは、日本で手配をしたので、ホテルから遺跡各地への送迎は確保できていたので、落ち着いて滞在できることと、水回りの心配が少ない、ラグジュアリーホテルを探しました。この旅でお世話になったのは、「モデルアンコールリゾート(Model Angkor Resort)」でした。予約はブッキングドットコム(Booking.com)にて。
住所:Bakheng Rd, Krong Siem Reap, カンボジア


夕方、シェムリアップ空港に到着し、ホテルから迎えに来てくれたトゥクトゥクでホテルへと移動しました。空港からホテルまでは、およそ8キロくらい離れていましたが、これをトゥクトゥクって大丈夫?!遠くない?!ガタガタ揺れるし舗装された道路でも、あちこち土煙がすごくて、おぉー、これはちょっと日本ではなかなか体験できませんよ。しかも片道2車線のけっこう大きい道路を走っていくのが、最初怖かったけれど、しばらくしたら慣れてきて、面白かったです。



ホテルの入り口に到着しました。緑がいっぱいで、とても気持ちが良いです。さっそくチェックインができるお部屋へと案内されました。



シックな色合いと木目が素敵な応接セット!こちらで冷たいジュースを頂きながらチェックインをしました。クーラーがしっかり効いていて涼しくて快適空間!移動中のトゥクトゥクは、風を受けられるけれど、やっぱり少し暑かったですww



年末年始の滞在だったので、アンコールの遺跡群を見るために世界中から観光客が訪れているシェムリアップ。空港は大混雑でしたが、ホテルは静かでした。チェックイン時に、アンコールの遺跡へのツアー、決めていなければホテルからも手配できますよと教えて頂けたので、バタバタっと旅行を決めて、とりあえずカンボジアへ来ちゃいましたという場合でも大丈夫そうかな??ホテルにもよるかとは思いますが・・・。
チェックインができたので、次はお部屋へ案内して頂きました。



お部屋の前にはプールもありましたよ!これは贅沢~♪




そして欧米の方って、プール大好きですよね。滞在中、プールで泳ぐ人や日光浴をしている人を何度も見かけました。



お部屋は全室スイートルームです。入ってすぐに目についたのが、シックなバスタブ!!開放的すぎてとてもインパクトがありました。このバスタブとは別でシャワールームがありますので、ご安心を。



ゆったりソファで遺跡めぐりの疲れを癒しました。部屋に入ってすぐにビール・・・。東南アジアはやっぱり暑いですね。



フルーツ盛り合わせ。沖縄でしか見たことがないドラゴンフルーツもありましたよ。



ソファ席の向こう側がベッドスペースです。棚に置かれたテレビは、ベッドの方を向いていますが、ソファでテレビを観ることがほとんどだったので、滞在中、テレビの向きはソファ側(こちら側)に向けていました。





ベッドスペースは落ち着いた雰囲気でした。フロントへの電話はクラシカルな電話でした。私は英語話せないから使わないけれど、滞在中、一度だけ交換用のタオルがなかったので、持って来て頂くために使いました。(もちろん私ではなく相棒ちゃんが)
食事は宿泊料にビュッフェの朝食が付いていました。モデルアンコールリゾートには3泊しましたが、3日間とも微妙にメニューが違っていたので、毎日おいしく頂きました。



朝食会場はプールの前だったので、プールサイドでお食事でした。



ベトナムやタイに近いからか、カンボジアでも麺料理がよく食べられているようで、朝食では、自分で好みの麺を選んで調理して頂けるスペースがありました。麺が選べるのはもちろんなのですが、日によって具材が違うので、毎日新しい具材の麺料理が食べられました。



エビが具材の時は、かなりテンションがあがりました!エビ大好きです!



細いビーフンのような麺。



具材が牛肉で、小麦麺にしてみた日も。



こちらも小麦麺。スープは同じですが、具材や麺を毎日変えたので、飽きることなく食べられました。







麺以外の料理は、ビュッフェ形式でした。こちらも毎日少しずつメニューが違っていたので、色々味わえました。



敷地内の展望スペース。こちらは夜、キレイな星空が見えました。大晦日の31日、このスペースでカウントダウンパーティーがあったようなのですが、私たちは早朝からアンコールワットへ朝日を見に行くことにしていたので、パーティーの時間帯は寝ていましたww



周りに高い建物がないので、のどかな景色を見ることができました。



こちらは24時間対応していただけるフロントデスクです。



今回の滞在の時、チェックアウト後に時間が少しあったので、ホテルの支配人さんとこちらで少しお話をしました。(英語で相棒ちゃんが)その時に、LINEトラベルjpで紹介したい旨を伝えたところ、快諾して下さり、ホテル内、自由に写真撮ってくださいねとお声がけを頂きました。



チェックインしたソファのお部屋の2階も様々な調度品がある空間がありました。シックな空間で、しばらくのんびりさせて頂きました。



滞在中、マッサージを利用しました。私は日焼けに有効と言われたフェイシャルマッサージを受けました。45分で30ドルでしたので、かなりお手頃価格だなぁと感じました。気持ち良すぎてあっという間に終わってしましました。相棒ちゃんはフットマッサージを体験。こちらは60分で30ドルでした。とても気持ちが良かったようです。

昼間は遺跡観光、夜はホテルでゆっくり。快適なホテルでのんびりと過ごすことができました。
Text & Photo by 
ワタシの旅じかん Go around the world!

リゾート感たっぷりで贅沢な時間を過ごせそうです(^^♪お食事もとても美味しそう☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
白藤の里の彼岸花・2♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.