神戸市立森林植物園「シアトルの森」のモミジバフウ

2019年11月20日



モミジバフウがいい感じに色づいていました。



モミジバフウは、北米及び中米を原産地とする落葉高木で、正式にはアメリカフウというとのことですが一般的にモミジバフウと呼ばれています。



モミジの仲間のように見えますが、5~7つに裂ける葉がモミジに似ているだけで、実はマンサクの仲間だそうで、モミジのような葉を持つフウの木ということでモミジバフウと名付けられたそうです。



日本へ渡来したのは大正から昭和初期で、アメリカ庭園協会から寄贈されたそうです。ちなみに、神戸市立森林植物園のモミジフウも神戸市の姉妹提携先の米国ワシントン州の州都であるシアトルから寄贈されたもの。



紅葉の美しさは、今の時期、神戸市立森林植物園の樹木の中では木の中でも際立つ存在。紅葉が進むにつれ、緑→オレンジ→赤→紫などと葉色が変化していきます。


(撮影:11月3日)
Text & Photo by 
たんぶーらんの戯言

とても綺麗な秋の色(^^♪葉色がだんだん変化していくのが楽しみですね☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
届かなかった雲海@八木 紅葉峠>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.