“老けない”ために今から始めるアンチエイジングの習慣まとめ

© naka - stock.adobe.com

“老けない”ために今から始めるアンチエイジングの習慣まとめ

「美人」とか「かわいい」とか、そういった美の基準も大切ですが、ある程度年齢を重ねると「老けない」というのも美しさの一つの基準になってきます。あなたの周りにも「年齢を重ねているはずなのに、まったく老けない人」が1人や2人いるでしょう。何歳になっても年齢を感じさせない人には、きっと何かヒミツの習慣があるはずです。アンチエイジングは年齢を重ねた後よりも、まだ間に合う、まだ若いという時期からケアをすることがポイント。老けない人を見習って、今日からさっそくアンチエイジングの習慣を始めてみましょう。

若さを保つ、アンチエイジングに欠かせない習慣

美魔女に学ぶ!ずっとキレイでいられる老けない生活習慣6つ30代になると俄然、視野に入ってくるのがアンチエイジング。目尻のしわや法令線、白髪など気になるところがじわじわと増えてきますよね。そろそろ同級生の間でも、老けて見える人と若く見える人の差が出てきているのでは?誰でも年はとるものだけど、無理に若作りをせず、歳相応でいつまでも美しくいたいもの。そこで今回は、エステティシャンの筆者が数多く見てきた美魔女たちの共通点から学んだ「老けない生活習慣」をご紹介したいと思います。■美魔女に学ぶ!ずっとキレイでいられる老けない生活習慣6つ●基本的に自炊美魔女といわれる人たちの食事内容を聞いてみると、三食自炊している人がとても多いです。コンビニ食やファーストフード…
まだ早い?いいえ!若さを保つためのアンチエイジング4つの習慣こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!若いうちから老化はできるだけ防ぎたいけれど、「一体、何から始めればいいの・・・・・・?」という人も多いのではないでしょうか。老化は見えない敵。なにも知らないままではいつの間にか手遅れになってしまいますよ。心や体内のはたらきを活性化して、若々しさをキープする方法を知っておきましょう。■1.酸化・糖化を防ぐ“体内のサビ”と言われる「酸化」と“体内のコゲ”と言われる「糖化」は、老化の二大要因。酸化は、体内に取り入れた酸素が「活性…
海外の医療プロたちが実践する、アンチエイジングのためのマスト習慣“アンチエイジング”というと美容のイメージがありますが、でも本来は体全体をトータルな視点で健康管理し、若さを保つことにあるのだと思います。そこで今回は海外の医療プロたちが実践しているアンチエイジング習慣に注目!彼らはどんなことを普段から心がけているのでしょうか。毎日ナチュラルヨーグルトを食べる……Catherine Itsiopolousさん(栄養学博士)胃腸は“第二の脳”と言われるほど、心身のバランスを司るうえで重要な働きをする器官です。だからこそ順調に機能しているか、気をつけたいもの。そこで効果的なのが、胃腸の働きを助ける善玉菌を維持するべくナチュラルヨーグルトを毎日食べるという習慣。胃腸…
歳をとるのが怖くなくなる! アンチエイジング的生活を送るための5つの習慣どんなに頑張っても歳をとることは避けられませんが、老化を避けることは可能。“アンチエイジング的生活”は、ちょっと意識を変えるだけでできちゃう簡単習慣!正しい食生活や生活習慣など小さな積み重ねは、内面から湧き出るようなキレイをつくってくれます。今日はアンチエイジング的生活を送るための5つの習慣をご紹介します。1.柔軟性を保つ体の柔軟性やバランス感覚を保つことは、アンチエイジング的な生活を送る上で欠かせないポイント。柔軟性が高いと運動時に必要な筋肉だけを上手に使うことができ、そのため体力が持続します。また、柔軟性を保つことは筋肉をリラックスさせる効果があるので、疲れや肩こりなどを予防するのに最適。…
やらなきゃ、劣化まっしぐら!? 女子が実践する、アンチエイジング習慣4ついつまでも若々しい肌でいたい、年齢を感じさせない肌のうるおいを保ちたい……女子ならば、誰もがこう考えたことがあるはず。さまざまな方法でのアンチエイジングが注目されている昨今、働く女子のみなさんはどうやってアンチエイジングに取り組んでいるのでしょうか。今回は、そのリアルな声をお届けします!■睡眠をしっかりとる・「よく寝ること。睡眠をしっかりとることが一番の美容液と聞いたので」(31歳/医療・福祉/専門職)・「夜更かししない。次の日、肌やクマが全然ちがうから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)睡眠不足は肌荒れの原因。肌が受けたダメージを回復する時間帯は22時~2時と言われており、できるだ…
いつまでも綺麗なパリジェンヌたちが心がけている 「5のアンチエイジング習慣」年齢を重ねるごとに、どんどん洗練されて美しくなっていくパリジェンヌたち。歳をとることに敏感になっている日本人女性からみるとうらやましい限りですよね。若作りなんて一切していないのに、自然体で美しい……そんなマダムになれたら。今回は、美しいパリジェンヌたちが心がけている5つのアンチエイジング習慣をご紹介します。「内側の輝きが外にあふれ出るものなのよ」1.トキメキを持つ恋愛したり、ワクワクする気持ちを持つことはポジティブな思想につながり、心身ともにアンシエイジング効果があるのだとか。彼や旦那様にいつまでもときめいたり、好きな芸能人にドキドキしたり。どっぷりの恋愛映画を観てみたり。いつもトキメキを忘れ…
おうちで手軽に始められる、アンチエイジング習慣の数々女性ならいつまでも若々しいルックスを保っていたいもの。年齢を重ねても自然な美しさを持っていたいものですよね。そのために大切なのは、日ごろの小さなケアの積み重ね。お金をかけないで、おうちで手軽にできるシンプルな習慣をぜひとり入れてみましょう。習慣1:1日の始まりはレモン水でデトックス睡眠後の体は水分不足に陥りがち。朝起きたらまずはグラス1杯の水を飲んで体を起こしましょう。その際、レモン汁を小さじ1杯ほど注いでレモン水とすれば胃腸をクレンジングするデトックス効果も高まります。習慣2:オリーブオイルとアボカドの天然保湿パック保湿はスキンケアの鉄則、そして保湿効果の高い天然パックを手軽に作ることができ…

美は毎日の食事で作られる、アンチエイジング食習慣

アンチエイジング効果が大! ギリシャ料理に学ぶヘルシー食習慣のいろいろ日本食のヘルシーさは世界的に有名ですが、健康的という意味では地中海諸国の食文化も負けていません。とくに野菜、良質な脂肪分やシーフードが豊富な伝統的ギリシャ料理は、ダイエット向けといえるだけでなく、心臓病、タイプ2糖尿病、アルツハイマー病など脳の病気のリスクを軽減する効果が認められており、長寿の秘訣とも言われています。そこでアンチエイジング効果に優れたギリシャ料理に学ぶヘルシーな食習慣をまとめてみました。ヨーグルトとチーズを楽しむ、ただしほどほどに……。原則、飽和脂肪は控えたほうがよいのですが、ヨーグルトやチーズは適量を守って楽しむことがおすすめ。これらの発酵乳製品に含まれる生細菌(乳酸菌やビフ…
私は『私の食べたもの』でできている!体の中からアンチエイジングケアできる食材って?コスメや生活習慣でのアンチエイジングも大切ですが、日々の食べ物も私たちの体を作る大切な要素。おいしく食べて体の中からアンチエイジングできる食べ物をまとめました。イチジクイチジクは肌を美しくする女性ホルモン・エストロゲンに似た成分をたくさん含むフルーツ。旬は7月から10月ですが、ドライフルーツや、イチジク入りヨーグルトなどは、1年を通じて入手できます。ドライフルーツは甘みもあるのに、老化を進ませる「糖化」を防いでくれる食物繊維も多く含まれています。おやつとしてはもちろん、ワインにも合いますよ。ショウガ女子はスイーツやパンが大好き。でも、血液中に余分な糖分がある状態は「糖化」といわれる作用を引き起…
アンチエイジングが期待できる食べ物とその理由を医師が解説●毎日のビタミンC摂取の重要性「いつまでも若々しくいたい」という願いは、男女問わずにもっているものだろう。漫画などでよくある「不老不死」は無理だとしても、食事や運動、睡眠などの観点から見て適切なライフスタイルを保てれば、加齢の進行を多少なりとも遅らせることは可能だ。本稿では、国際アンチエイジング医学会専門医であるAACクリニック銀座の院長・浜中聡子医師の解説をもとに、エイジングケアに最適な食べ物について紹介する。○ビタミンCと副腎ホルモンの関係浜中医師にアンチエイジングにふさわしい食べ物は何かと聞いてみたところ、「ビタミンCを多く含有する食材が当てはまるのではないか」という回答が返ってきた。ビ…
知らないと損! アンチエイジングに役立つ食事とは?■老化はこうして防ぐ!「アンチエイジング」は抗老化医学とも呼ばれ、老化を防ぐために行う行為をいいます。老化は血管の動脈硬化と深くかかわっています。動脈硬化の危険因子は高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満、加齢、喫煙、男性であること(女性の血管は女性ホルモンによって守られていて、閉経後は急速に動脈硬化が進むといわれています)などが挙げられ、そのほとんどがメタボリックシンドロームと関連しています。【「アンチエイジングには、睡眠が一番効果的」―米研究】つまりこれらを抑えることが、アンチエイジングにつながるわけです。■メタボリックシンドロームを抑えるには?老化を防ぐアンチエイジングは、食生活と切り離しては…
医師が実践する、アンチエイジングな食事術#2〜食材編前回のコラム「医師が実践する、アンチエイジングな食事術」でもお伝えしたように、アンチエイジングにおける食事の基本は1)血糖を上げすぎない 、2)酸化を抑える、3)炎症を抑えるの3点です。これを実現するために必要なのが、最近ブームになっている「糖質制限」という食事法。糖質の中には砂糖だけではなく、甘くないでんぷんも含まれるため、炭水化物も意識して摂りすぎないようにすることが必要です。厳格に糖質を制限する「ケトン食」「ケトジェニックダイエット」では、血中に増える“ケトン体”と呼ばれる物質によるアンチエイジング効果も期待できる――と理論上は考えられるのですが、どこまで制限するのが一番良いかはまだ研究…
毎日の食事に取り入れたい。最高のアンチエイジングフード年齢を重ねると、目の前をちらつくのがアンチエイジングの文字。コスメをリッチなものに替えたり、サプリメントを取り入れたりといったことを意識しはじめるかたもいるかもしれません。でも、日々の食事で十分ケアはできます。アンチエイジング博士として知られるオーガスト・ハーゲスハイマー氏の著書『卵は最高のアンチエイジングフード』(三空出版)によると、その秘訣は、なんと「卵」にありました。卵は最高のアンチエイジングフード卵がアンチエイジングに適している理由、それは、栄養素の多彩さ。人間のカラダに必要な約44種類の栄養素のなかでビタミンCと食物繊維以外はすべて含んでいるという、スゴイ食材なのです。栄養素はカラダ…
気になるアンチエイジング!食事とストレス面を改善してみませんか女子も25歳を超えると気になってくるのがアンチエイジング。どれだけ早めにケアを始めても問題ないほどです。それでも具体的なやり方が分からない。高い化粧品を使えばいいの?美容液やアイクリームを取り入れればいいの?そういう悩みを聞いたので、日常生活で簡単にできるアンチエイジングの取り組みをご紹介します。アンチエイジングを意識したときに一番大事なのは、活性酸素の発生を抑えること。この活性酸素とは、紫外線を浴びたり、疲れやストレスの影響から生じて体内に蓄積されていく良くない物質のこと。ちなみに酸素がほんの少し変化した物質ですが、老化や病気の引き金となるといわれています。つまり身体に与えるダメージは相当の…

たるみ、シミ、しわを防いで「老けない」顔になる習慣

毎日の習慣がイキイキした目元を作る! 目元のアンチエイジングを癖付けよう。肌のケアは念入りに行いがちですが、肌全体のケアを行うことですっかり目元もケアした気になっていませんか?目元は第一印象でも大切なパーツであり、日中いろいろなものを見て察知するため疲れやすいため、シワやクマなど老化も促進しやすく、本来は他のパーツよりも労わってあげるべきところなのです。本日は簡単に行えて習慣付けやすい目元のアンチエイジングについてお伝えしていきます。目元のアンチエイジングを習慣化しよう!目元のストレッチを取り入れるPC作業など長時間していると目の奥がズーンと重くなることはありませんか?これは近くを見るときにピントを合わせるため、毛様体筋が収縮している状態が続いて力の入りっぱなしが原…
老化は20歳から始まっている!? 若いうちから始めるお肌のアンチエイジング法「まだ20代前半だから、老化という言葉には無縁!」…そう思っている方も少なくないですよね?実はお肌の老化は20歳から始まっています。いくら今のお肌がキレイでも、日々浴びている紫外線や、冷房や暖房による乾燥、洗顔やクレンジングでの摩擦など、皆さんが普通に過ごしているだけでもお肌への悪影響は蓄積されていきます。スキンケアこそ「備えあれば憂いなし」!今回は、20代から始められるお肌のアンチエイジング法をご紹介させていただきます。20代のうちから絶対に忘れてはいけない鉄則は「潤い」兎にも角にも、これからご紹介するアンチエイジング法のすべての基本になるのは「潤い」です。乾燥からお肌を守るということは、2…
30代からのアンチエイジング。お肌に潤いと輝きを与える化粧水特集!1.30代の肌には「保湿」が大切!保湿重視の化粧水を選ぼう出典:aslysun/Shutterstock.com30代は家庭でも仕事でも様々な変化が訪れる時です。仕事をしているなら責任のある仕事を任され、家庭の中では妊娠・出産・子育てなどを経験する方も増えていきます。30代は女性ホルモンの分泌がとても多く、それと同時にホルモンバランスも崩れやすい年代です。ホルモンバランスの乱れは、肌の水分量・皮脂分泌量を低下させる原因にもなるため、肌トラブルも起こりやすくなっていきます。まずは「保湿」にこだわるスキンケアが大切です。肌の水分・油分のバランスを整えるためにも保湿重視の化粧水を選んでいきましょう。…
知らなきゃ損!”老化予防”に効く10の「抗酸化成分」とは?いろいろなアンチエイジング系の化粧品はあるものの、「いったいどんな成分が肌には有効なの?」と疑問に思ったことはありませんか?この疑問は結構重要で、ものによっては、老化予防に効きそうな名前なだけの、自社開発の独自成分があったりするので注意が必要です。そこで、肌の老化予防に効く抗酸化成分についてご紹介します。「活性酸素」が”老化”を引き起こす要因に!シワやたるみの原因は、加齢、肌のコラーゲン不足など様々ありますが、忘れてはならないのが「活性酵素」の存在です。私たちが空気を吸い、酸素を取り入れることで「活性酸素」が生み出されます。活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを退治する「免疫」に関する物質…
肌のアンチエイジングのためのスキンケアポイント肌のアンチエイジングのポイントである「紫外線対策」と「洗顔」について解説します。日焼け止めの選び方と使用方法日焼け止めを正しく使うことによって紫外線の対策ができ、老化の大きな原因である光老化を防ぐことができます。まずは、紫外線について簡単に説明しましょう。老化の原因となる紫外線は、UV-AとUV-B紫外線の種類として、波長が長い順に、UVA、UVB、UVCの3種類に分けられ、地上まで届いて肌に影響をあたえるのはUVAとUVBの2種類です。UV-A波長が一番長く、表皮下の真皮深くまで届くます。 UV-Aは、コラーゲンやエラスチンを変成させ、皮膚の深い部分のシワやたるみといった肌老化の原因となりま…
悩みに合わせて選ぼう!アンチエイジングのための化粧品の選び方間違ったスキンケアは肌トラブルの原因になります。いつまでも若々しい肌を保つためにも、正しいスキンケアの方法を身につけて、アンチエイジング効果が期待できる化粧品を使いましょう。肌トラブルの種類に合わせて選ぼう老けて見える原因には、シミやシワ、たるみなどがあります。シミに対しては、メラニンの還元作用が期待できる「ビタミンC誘導体」を含む化粧品を使いましょう。シワに対しては、「セラミド」や「ヒアルロン酸」など保湿成分を含む化粧品がおすすめです。たるみは真皮のコラーゲンやエラスチンの弾力低下によって起こります。線維芽細胞を活性化してハリを取り戻すことや、弾力低下の原因となる活性酸素を抑制することが効果…
アンチエイジングに効く♡これだけは取り入れるべき!おすすめオイル☆美容オイルは肌や髪にいいことだらけ!美容オイルの嬉しい効果についてAnna Ok/shutterstock.comはじめに少しご紹介しましたが、美容オイルには水分の保持を高め、肌のバランスを整えるというお肌に嬉しい効果がたくさん含まれています。そのため肌のハリや潤いのアップだけでなく、お肌のくすみやたるみ・毛穴の黒ずみ改善・お肌の若返り効果まで期待できると言われています!髪に使用すれば髪にツヤも与えられ、頭皮に塗りお風呂の中で頭皮マッサージをし、オイルクレンジングをすることで抜け毛予防にもつながるんだとか。これだけの効果があるのに美容オイルを使わないなんてもったいないですよね。これからいくつか…
未来の自分のお肌を守れ!「下地」と「日焼け止め」の正しいつけ方アンチエイジングをするのとしないとでは、数年後・10年後の未来に自分にとって全く違う結果になってくるのです。まずはアンチエイジングと言えば、紫外線対策。紫外線を浴びることで受けるダメージを出来る限り抑えて、肌をダメージから守りましょう。毎日つけるものだからこそ、大事な化粧下地と日焼け止め、正しくつけることで、未来に自分のお肌を守れ!!未来の自分のお肌を守れ!アンチエイジングは直訳すると、「抗老化」となります。老化に抵抗する、または老化スピードを緩やかにするものであり。「若返り」ではありません。現在の人間には、若返りを可能にする科学技術はまだありません。あるのは、老化スピードを遅らせる方法と、日…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ビューティまとめ

新着まとめ

人気ビューティまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.