チャイルドシート おすすめに関するまとめ

チャイルドシート おすすめに関するまとめ

チャイルドシート おすすめについて知りたい方のためのまとめです。チャイルドシート おすすめ メーカーについてお伝えします。

チャイルドシート おすすめについての記事

ふるさと納税でチャイルドシートがもらえる!?  おすすめ納税先減税につながり、返礼品がもらえる「ふるさと納税」。やってみたことはありますか?特産物や家電が有名な返礼品ですが、チャイルドシートがもらえる自治体があることをご存知でしょうか。子どもがいるご家庭なら、車に乗せるときに必要になるチャイルドシート。どの自治体でもらえるのか、ご紹介いたします。ふるさと納税の返礼品がチャイルドシート?ふるさと納税の返礼品は、自治体によってさまざま。その中には、チャイルドシートがもらえるところもあるんです。寄付金額は?チャイルドシートをもらうために必要な寄付額は、3~8万円程度。自治体・チャイルドシートによって異なります。ふるさと納税の基本情報ふるさと納税とは、寄付金額の…
安全基準で選ぶおすすめチャイルドシート5選チャイルドシートとひと口にいっても、各メーカーからたくさんのチャイルドシートが発売されているから、選ぶ際には悩んでしまいがち。そんなママパパに参考にしてほしいのが、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が発表している、チャイルドシートアセスメント。新生児向けチャイルドシートの安全基準チャイルドシートアセスメントとは、各メーカーのチャイルドシートを前面衝突試験と使用性、2軸で評価試験を行い、その結果を安全性能評価として公表しているもの。前面衝突試験では、破損状況やシート底面の傾き、頭部の移動量など9項目を評価。使用性評価試験では、着座のさせやすさや車への装着性など、5項目で評価検証を行い、そ…
機能性バツグンのチャイルドシート、コンビ(Combi)の特徴とおすすめ商品ベビーや育児用品を買うときの選択肢のひとつとして、大手ブランドかどうかがありますよね。コンビ(Combi)は中でも人気のブランドなので、よく目にするかたも多いのでは。今回はそんなコンビの「チャイルドシート」に注目しました。特徴やどのようなタイプがあるのかをまとめたので、チャイルドシート選びの参考にしてみてください。 コンビとは?コンビという名前の由来として、公式サイトにこう記載がありました。1968年、“お母さんと赤ちゃん”というコンビを応援する企業でありたいと願い、 現在の社名「コンビ株式会社」となりました。「コンビブランドとは」より現在では、「育児をするすべての人と赤ちゃんのコン…
安全で快適なチャイルドシート、Aprica(アップリカ)の特徴とおすすめ商品育児用品や子ども用品を探しているときに、「アップリカ」というブランドをよく目にしませんか?身近にいる先輩ママたちが使っている商品も、よく見ると「Aprica」というタグがついていたり。使っている人が多いと気になりますよね。今回は、アップリカの中でも人気の「チャイルドシート」について、特徴やおすすめポイントをご紹介します。ぜひチャイルドシートを選ぶときの参考にしてくださいね。 アップリカとは?アップリカは1947年に創業しました。創業以来「すべては赤ちゃんの笑顔のために」という想いで、物や環境を届けているそうです。赤ちゃんの笑顔はママやパパの幸せでもあるので、商品を通して、そんな大切な…
チャイルドシートは「レンタル派」!おすすめショップ5選source:ゴールデンウィークは実家に帰省したり、旅行に出かけるなどして、マイカー以外の自動車を利用することも増えることと思います。そんなとき、小さいお子さんがいる家庭はチャイルドシートの装着が不可欠になります。チャイルドシートは購入すると結構高いですが、レンタルも可能です。今回は、おすすめのレンタルショップをご紹介します。▼チャイルドシートレンタルのメリットは?自家用車に設置する場合は、長期的にみてチャイルドシートを購入したほうが安い場合もありますが、休暇や帰省中といった短期間にはレンタルが圧倒的におすすめです。次のようなメリットがあります。・月齢に合ったものを選ぶことができる・購入すると…

チャイルドシート おすすめ メーカーについての記事

チャイルドシートの選びかた決定版! おすすめの人気メーカーはどこ?赤ちゃんや子どもを車に乗せるときの必需品である「チャイルドシート」。ですが、いざ購入しようと思っても、メーカーも種類も豊富にあるのでどれがいいのか悩んでしまいませんか?やはり命を守るものなので安全性を重視したいですし、使いやすさなどの機能性も気になるところ。今回はチャイルドシートの選びかたについて、購入時期や種類、どのポイントを見たらよいのかについてご紹介します。また、人気メーカーの商品などもそれぞれまとめてみました。 チャイルドシートって本当に必要?なにかと物入りな新生児期ですが、チャイルドシートは安くない買い物なので、購入に戸惑ってしまいますよね。確実に子どもを車に乗せないのなら…

チャイルドシートについての記事

チャート診断で分かるあなたにぴったりなチャイルドシートは?【2017年度版チャイルドシート人気機種まとめ】たくさんあって迷ってしまうチャイルドシート。初めてのママでも自分にぴったりのチャイルドシートが迷わず選べる「チャイルドシートチャート診断」をご用意しました。チャイルドシート診断は、簡単な質問に答えるだけでおすすめのチャイルドシートが見つかる、妊娠・出産・育児期のパパ・ママさん向け診断です。あなたにぴったりなチャイルドシート診断チャイルドシート購入にお悩みの方に向けて、全4話にわたってチャイルドシート特集をお届けしました。ベビーカーやラック&チェアとしても活躍する5wayのトラベルシステムタイプのベビーカーは、ここ数年ぐっと人気が高まっています。>>チャイルドシート人気ランキング(売れ筋商品)「…
チャイルドシート「新生児から使える」人気ランキングベスト10機能優先のチャイルドシート選びは、難しい用語やスペック表とにらめっこになりがちで、頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。そんなときに頼りになるのは、先輩ママたちから支持を得ている人気商品のランキング。今回は、ウーマンエキサイト独自のアンケート調査でランクインした上位10商品をご紹介します! ※アンケート実施期間2017年3月16日〜3月23日/日本在住の子育て中のパパママ188人が回答【人気チャイルドシートランキング第10位】コンビ クルムーヴシリーズコンビ史上最小サイズの回転型チャイルドシート。新生児から4歳頃まで使え、軽量でコンパクト。全身をすっぽり覆ってくれるサンシェードもあり…
新生児から使えるチャイルドシートは? 選び方のコツと人気商品&口コミをチェック!退院時、自宅まで自家用車で帰る人は必ず必要になるのが、新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)。妊娠中にチャイルドシートだけは買っておいた、という声も聞きます。今回は、新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)の選び方について、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしてみました! 新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)、選び方のコツは? チャイルドシート(ベビーシート)は安全第一。ほとんどの商品は安全面(ECE基準)をクリアしていますが、中には未認証のものも。Eマーク(ECE基準適合)か自マーク(旧基準適合)のついたものを選びましょう。基本的な安全面を…
チャイルドシートの回転機能って必要? 先輩ママに聞いた人気ランキング「乗せおろしが楽!」「高級感がある」とママたちの支持を得ている回転式のチャイルドシート。ベビーカー兼用のトラベルシステムタイプと共に、人気のチャイルドシートです。今回は、回転式チャイルドシートについて、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしてみました! 回転式チャイルドシートとは? 文字通り、シートが回転するタイプのチャイルドシートです。赤ちゃんを横向きにしてチャイルドシートに乗せるのは大変ですよね。まだ首のすわらない新生児ならなおさらです。このタイプなら、ママが乗せやすい向きにシートを回転させることができるので、とっても便利。ただ、構造上重くて大きなものが多く、車2台を行…
人気のベビーカー兼用チャイルドシート、メリットとデメリットは? 口コミ満足度も紹介!数あるチャイルドシートの中で、ここ数年ぐっと人気が高まっているのは、ベビーカーやラック&チェアとしても活躍する5wayのトラベルシステムタイプ。今回は、このトラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートについて、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしてみました! トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートとは?ベビーシート(チャイルドシート)、対面式ベビーカー、背面式ベビーカー、キャリー、ラック&チェアとあらゆるシーンで5つの使い方ができるのがトラベルシステム。子育て中は何かと出費がかさみ、物も増えるので、兼用できるとお得感があり省スペースになりますよね…
帰省バッグにスッポリ! 持ち運べるチャイルドシート知ってる?持ち運べるチャイルドシート「マイフォールド」子どもたちの待ちに待った夏休み!旅先や帰省先で車にのる機会がなにかと増えますね。祖父母や親戚の車にはチャイルドシートがなかったり、レンタカーでチャイルドシートの追加料金を払ったり…など何かと心配事も多いもの。レンタカーや、帰省先の車に簡単に取り付けられる「チャイルドシート」があるのをご存知ですか?大きなシートは不要の、コンパクトで場所を取らない、携帯できるジュニアシート、それが「マイフォールド」です。“ベルトを子供に合わせる”発想従来のチャイルドシートは、「背丈の足りない子供がシートベルトを使えるように、座高を上げる=厚みがある」商品が一般的でした。…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.