アドラー心理学の子育て法。やる気と勇気を育てる方法まとめ

(c)Picture-Factory - stock.adobe.com

アドラー心理学の子育て法。やる気と勇気を育てる方法まとめ

子育てなどにアドラー心理学を取り入れることでスムーズな人間関係を作る方法が注目を浴びています。書籍やドラマにもなった『嫌われる勇気』もアドラー心理学を元にしたもの。アドラー心理学を応用した、子育てに必要な「勇気づけ」や「やる気を育てる方法」をまとめました。

子どもの自立を目指すアドラー心理学のススメ

叱らない子育ては放任主義ではない!勇気づける子育てを最近よく耳にする「叱らない子育て」。アドラー心理学をベースにした育児法ですが、なんでもかんでも叱らないでいいのでしょうか?そこで、放任との違いがわかりにくい「叱らない子育て」の取り組み方について、専門家に聞きました。「叱る」以外の選択肢を知るのが第一歩そもそも、「叱らない子育て」はなぜ人気になったのでしょうか。「“叱らない子育て”の逆である“叱る子育て”がこれまでの主流でした。でも叱ることで、子育てが思い通りに進むわけではない。そこで、叱る子育てに疑問を感じるママが増えてきたのではないでしょうか。」こう答えてくれたのは、アドラー心理学カウンセリング指導者の岩井俊憲さん。岩井さんは、従来の「叱る…
放任も介入もしない! 子どもの自立を目指す“アドラー式子育て”の方法こんにちは、保育士ライターのyossyです。書籍やドラマの『嫌われる勇気』で話題になった“アドラー心理学”。近年、「アドラー式子育て」という言葉もよく聞かれるようになりました。どのような子育て法なのでしょうか。メリットとともにご紹介します。●『嫌われる勇気』で注目されるようになったアドラー心理学アドラーというのは、オーストリア出身の心理学者・精神科医です。有名な『嫌われる勇気』の著者(古賀史健氏との共著)でもある岸見一郎氏は、『子どもをのばすアドラーの言葉子育ての勇気』のなかで、『子育ての目標は“自立”である』と述べています。そのためには下記の3つがポイントになるそうです。・子どもが自分で決め…
自分で考え判断できる子どもに育つ!アドラー心理学に学ぶ子育て子どもと接していると、どうしてもイライラしたり怒ることが増えて疲れたりしてしまうと思います。そんな状況を解消するために、心理学者アドラーの本が人気となっています。「嫌われる勇気」などはベストセラーとなり、ドラマ化もされましたよね。心理学というと難しいイメージがありますが、実は子育てにも応用できるということで注目を浴びています。どんな内容で、どのように活用すればよいのか見てみましょう。アドラー心理学とはアドラーとは1900年代に生存した精神科医で、同時期に心理学者として活躍したフロイト、ユングと並び“心理学の三巨匠”と呼ばれています。人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下して…
【アドラー心理学に学ぶ】感情を抑えても意味はない? 「子どもの理性」を育てるためには親なら「我が子には理性的な人間になってほしい」と願うでしょう。そのためにも「もう泣かないで!」「我慢しなさい!」などと言い、子どもに我慢を覚えさせれば理性が身に付く、と考える人もいるのでは?ところが押さえつけられた感情は、欲求不満という形で蓄積するだけ。後にキレる、摂食障害、うつ病、自傷行為……といった形で出てきていまいます。単純に感情を抑えることが理性、というわけではないのです。今回はアドラー心理学を用いて、本当の理性を育てる方法をご紹介します。鍵は「感情」よりも「性格の形成」アドラーは、そもそも「感情はライフスタイル(=性格)の排泄物でしかなく、コントロールできない」と言います。大人でさえ…

ママの気持ちも軽くなる!自分を責めない子育てを目指そう

アドラー心理学に学ぶ「ママが自分を責めないと子どもへのイライラも減る」フロイト、ユングと並んで評されることの多い心理学者「アルフレッド・アドラー」。アドラー心理学は子育てでも活かせることとして有名です。今回は「1日中子どもに怒ってばかり」「子育てにストレスが多い」と悩むママに、アドラー心理学を用いた解決法をご紹介します。ママになると自分を責めやすくなるママとしては、我が子可愛さゆえ「子どもには出来る限りのことをしてあげたい」と思いますよね。この想い自体はいいのですが、同時に「自分に厳しくなりすぎる」というデメリットも生まれます。少しの失敗で自分を責めたり、子どもの成長・発達を心配しすぎてしまうのですね。実際は、子育ては生き物相手。生まれつきの性格・能力・体力・好…

もちろんママ自身のためにもなる「アドラー心理学」!

人間関係に失望……でもそれは、あなたの理想を勝手に押し付けているからではありませんか?みなさんはアドラー心理学をご存知でしょうか?ユングやフロイトは有名ですが、それに比べて、アドラーは少しマイナーな印象です。しかし、アドラー心理学をもとにした本を読みすすめていくうちに、あることに気づきました。人間関係の悩みや失望は、相手と自分を同一化してしまっていることに原因があるのではないだろうか、と……。そこで今回は、人間関係に失望する理由と解決法について書いてみました。人間は無意識に相手に理想を押し付けてしまう傾向がある対人関係の悩みは尽きません。上司がもっと優しければいいのに、友達のアドバイスがムカつく、恋人が自分のことを構ってくれない……。でもよくよく考えてみると、すべて自分が思って…
ブームのアドラー心理学を1分で学ぶ - 『1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則「人は努力と訓練によって、何者にでもなることができる」と言われたら、あなたはどう思うだろうか。きっと多くの人は、「さすがにそれは楽観的すぎるのでは?」と感じるに違いない。しかし、このような楽観主義を基本的な考え方として心理学の体系を創りだした人がいる。オーストリア出身の心理学者、アルフレッド・アドラーだ。アドラーの創始した「アドラー心理学」はいま日本でちょっとしたブームになっている。本屋に行けば、アドラー心理学の本がズラリと並んでいる。もしかしたら既にアドラー心理学に関する本を読んだことがあるという人がいるかもしれない。読んだことがなくても、名前ぐらいは聞いたことがあるという人が多いのではない…
才能は1個じゃない!アドラー的「仕事で成功する人」の特徴2つ 「成功するためには、家族や周囲の人々を犠牲にしてでも仕事をしないといけない」、そう考えている人は意外に多いのではないでしょうか?ところが、『人と比べない生き方』(和田秀樹著、SBクリエイティブ)によると、この考え方はどうやら違うようなのです。今回は、この考え方について書かれた終章の一部をご紹介いたします。■仕事で成功する人にはふたつの特徴があるアドラーという心理学者をご存じですか?フロイト、ユングと並ぶ心理学者のひとりです。彼は、「共同体感覚が高く、優越性を追求する意識も高い人が社会的に有用な人である」と考えました。要するに、成功する人は(1)まわりに優しく共同体を大事にするだけで…
7年間で750世帯が片づいた「アドラー流お片付け」6ステップ『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』(かんき出版)の著者・丸山郁美さんは、ストレスを持たずに片づける方法を考案しました。それは、アドラー心理学のエッセンスを取り入れた片づけ術。丸山さんは東京在住の主婦。2013年に、サンケイリビング新聞社主催の主婦の技を競うSHUFU-1コンテストで準グランプリを受賞した片づけの達人です。思い通りに片づけられず、ストレスを抱えていたのに、アドラー心理学を取り入れた片づけ術を実践したところ、きれいに片づけられるようになったというのです。以後7年にわたり、750を超える世帯で「アドラー流お片づけ」のレクチャーやカウンセリングをされています。それはどんな方法…
「アドラー心理学」をダイエットに活用しよう!女性の永遠のテーマであるダイエット。ママにとっても悩ましい問題ですよね。「アドラー心理学」で、一風変わったダイエット法を試してみませんか?■アドラー心理学ってどういうこと?アドラー心理学はオーストリアの精神科医、アルフレッド・アドラーが創始しました。根本としては、人は人、自分は自分として目標や計画を立てるようにする、個人を尊重した考え方をするということ。また、過去よりも未来を見て、目標に向かっていくことを推奨するという考え方です。つまり、「過去の原因探し」をしない、ということ。簡単に言いますと、いまマイナスの状態で悩んでいるなら、プラスにしか向かわないから過去を見なくて良いというようなニュアン…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.