産後クライシスって何? 気になる症状や対処法まとめ

(c)hydraviridis- stock.adobe.com

産後クライシスって何? 気になる症状や対処法まとめ

産後クライシスという言葉をきいたことはありますか。原因は人それぞれですが、出産後のホルモンバランスの急な変化や、育児に対する不安やストレスから、夫婦関係まで悪くなってしまう夫婦がいます。解決する時期も人それぞれ…最悪の場合、解決できずに離婚に至ってしまうこともあります。そんな産後クライシスの症状や対処法をまとめました。自分が「産後クライシスかな?」と思う女性はもちろん、妻が産後クライシスかもと思う男性にもぜひチェックしてほしいです。

誰もがなる可能性がある!産後クライシスの乗り越え方

産後クライシスについて知り的確な対応を産後クライシスとは産後クライシスとは、産後に起こる夫婦の危機のことで「出産後2年以内に、夫婦の愛情が急速に冷え込んでしまう状況」を指します。それまで良好だった夫婦でも、子どもの誕生や、パパとママ双方の心情的な理由などから関係が変化し、一時的から慢性的に至る夫婦不仲や、離婚にまで発展することもあります。産後クライシスが起きる原因って?出産によってママの生活が激変し、自分の心身を顧みる時間が激減することと、対するパパの親の自覚のなさによる夫婦間の意識のずれが原因だと言われています。パパの家事育児参加が期待できなかったり、無遠慮なパパの言動を実感したりしたことから、ママの、パパへの愛情が急激に低下す…
産後に「夫婦の危機を感じた」43% 乗り切る秘訣は?出産後、女性のライフスタイルは大きく変化します。ホルモンバランスの乱れにより、気持ちの浮き沈みが大きくなりやすいだけではなく、寝たいときに眠れない、休憩したい時にできない、やりたいことが思い通りにできない…など多くの我慢を強いられます。しかし、夫である男性は子供が産まれても身体的変化はなく、父親としての自覚が芽生えるのは、女性より時間がかかる傾向があるようです。そのため、帰宅も遅く、休日の趣味も相変わらず…などの出産前と変わらない行動で、妻との溝が広がってしまう場合も少なくありません。このような夫婦間に起こる産後クライシス、それが最悪の場合は、離婚につながるケースもあります。夫の育児参加と、妻…
「産後クライシス」が起こってしまったらもう遅い?夫婦仲が冷え切る前に知っておきたい対処法source:“産後クライシス”という言葉を聞いたことがある人はいるかもしれませんが、それが具体的にどういうことなのか認識していない人もまだまだいます。“産後クライシス”の正確な定義はありませんが、一般的には、“出産後2年以内に急速に夫婦の愛情が冷める現象”のことだと言われています。もしかしたら、「産後クライシスかも!?」と思い当たるママもいるかもしれません。しかし、起こる原因としっかり向き合えば、この危機を乗り越えることはできます。今回は、夫婦問題カウンセラー高草木陽光が、“産後クライシスの原因と乗り越え方”をお伝えします。 ■産後クライシスが起こる原因は?(1)ホルモンバランスの…
産後クライシスに「夫婦関係の改善を考える」のはNG!? 離婚を回避するために必要なことって?赤ちゃんが産まれたら、夫と仲良く子育てするものだと思っていたのに、現実は気が利かない夫にイライラさせられっぱなし……。夫婦仲に思いもよらなかった亀裂が入り、産後クライシスを迎えることは、誰にでも起こりえます。では、そのまま離婚を迎えてしまう夫婦と、そうでない夫婦は何が違うのでしょうか?今回は、心理学博士である筆者が、産後クライシスを乗り切るためのコツについてお話していきます。 ■長く続くカップルは、会話の割合が1:5夫婦関係の研究の第一人者、ワシントン大学のジョン・ゴッドマン博士は、夫婦の会話を分析し、その結果、長く続くカップルは、パートナーへの「否定的な会話」と「肯定的な会話」の割…
産後クライシスでセックスレス……夫婦の危機をどうのりきる??妊娠してめでたく出産、新生児の赤ちゃんはとってもかわいいのですがお世話も大変……。慣れない育児に苦戦しているうちに、あらゆることの最優先が子どもになり、夫とはロマンティックな気分になれなくなる……ということは珍しいことではありません。とりわけ育児に積極的に関わってくれない夫に対しては不満も高まりやすく、産後セックスレスになる夫婦もじつはかなり多いようです。子どもが生まれてわずか数年で離婚してしまうカップルもたくさんいるそう。せっかく家族が増えて幸せになるはずなのに、家庭が壊れてしまうというのはとても悲しいこと。それに今の日本でシングルマザーとして生きることは女性としてもけっして生易しいものでは…
産後クライシスで夫婦関係をギクシャクさせないためにできること3つ出産後、夫の何気ない一言でイライラしたり、育児に対する協力が見られないことがストレスとなったりして、夫への愛情が薄れてしまうことを「産後クライシス」と呼んでいます。出産後の女性は、急激なホルモンバランスの変化で、体だけでなく精神的にもデリケートになる時期。そんな大切な時期に夫の理解が得られないと、その後の夫婦関係に亀裂が生じてしまい、夫に対する愛情がなくなってしまうことも。最悪の場合、離婚に至るケースもあるようです。産後クライシスは事前の工夫で、防ぐことができます。今回は、産後クライシスに陥らないためにしておきたい3つのポイントをピックアップしてみました!■1.実母や義母など、家族に協力しても…
誰にでも起こりうる「産後クライシス」 その乗り越え方とは?NHKの「あさイチ」で放映され、反響を呼んでいる「産後クライシス」。「出産後に妻の夫への愛情が急激に減少する」ことをいいます。第一子の産後は離婚の第一関門ともいわれており、離婚をする人がとても多い時期。離婚までには至らなくても、この時期のわだかまりは、その後の夫婦関係に長~く影響するのです。誰にでも起こりうる「産後クライシス」をうまく乗り越える方法を考えてみましょう。産後は妻→夫への愛情を保てる人は半数以下!?ベネッセ次世代育成研究所が妊娠期、0歳児期、1歳児期、2歳児期に『夫(妻)を心から愛していると実感する』という夫婦の割合を追跡調査したところ、妊娠中に妻→夫へ愛情を実感していた人は74.…
子どもが生まれると、離婚のリスクが高まるってホント? 結婚、出産…女の描く幸せの裏に潜む「産後クライシス」という闇赤ちゃんの愛らしいほほえみ、穏やかな寝顔。誰もが見ているだけで幸せな気持ちになります。でも、赤ちゃんの存在が女史の幸せを脅かすとしたら……?にわかには信じられないと思いますが、実は、子どもが生まれると、離婚のリスクが高まるというデータがあるんです。厚生労働省が全国のシングルマザーを対象に行った調査によると、離婚と子どもの年齢に大きな関係があるそうです。シングルマザーの3割近くは、下の子どもが0~2歳のときに離婚をしているのです。なぜ、結婚や家庭の幸せの象徴ともいえる赤ちゃんが、離婚につながってしまうのか?それは、出産後には夫婦の愛情が急激に冷え込んでしまうから。これを「産後クライシス」といいま…

産後クライシスに陥りやすい人の特徴

産後、妻に避けられている気がする…「産後クライシス」はホルモンバランスが原因だった?! 長い妊娠期間を経て、我が子が生まれた瞬間…その喜びは他の何にも代えがたいもの。「新たな家族を迎えて幸せな家庭を築いていこう」そう決心するはず…ですが夫婦生活において夫が最も注意すべきは妻の産後という、このタイミングなのです。 産後、妻に避けられているように感じる?出産した後、妻が目を合わせてくれず、コミュニケーションも最低限のものしかできない。ましてや夜の営みなんて…そんなことを感じている旦那さんは多いのではないでしょうか。「産後クライシス」という言葉もあるように、出産後の亀裂から夫婦仲が悪化していき、離婚に至ってしまう…そんなケースも少なくありません。「子育てが忙しくストレスが溜まっているの…
「産後クライシス」はある意味正常な現象 - 医師が解説出産後、夫婦仲が急激に冷え込む状態を指す言葉として、昨今メディアで取り沙汰されることが多くなった「産後クライシス」。医学的にこの現象を説明することはできるのだろうか。産婦人科医で性科学者の宋美玄医師に、医学的知見から解説してもらった。○産後に起きる急激なホルモンバランスの変化「産後の女性に起こる変化として、まずは出産直前は平常時の150倍ぐらい出ていたエストロゲンが一気に低下します。そうなると、更年期と同じようなメカニズムでうつ症状が出ることがあります。産後うつやマタニティブルーとも呼ばれるように、精神的に不安定になります」。また、産後の妻は夫婦生活に消極的……という話もよく聞くが、これも女性…

意外と知られていない!妊娠初期クライシスとは

意外に知られていない!? 妊娠初期クライシスの存在最近では、出産を機に夫婦仲に亀裂が生じ、良好な夫婦関係が築けなくなるという「産後クライシス」なる言葉をよく耳にするようになりました。身を削って子どもを産んだ女性にその後待ち受けているものが“24時間休みなしの育児”であれば、精神的にも肉体的にも追いつめられるのも仕方がありません。それを尻目に何も変わらない夫の姿を目の当たりにしてしまえば、憎さ100倍。怒りとともに、相手への失望を止めることができなくなります。しかしながら、このシナリオはすでに妊娠初期から始まっているのです。SNSで見られる友人たちの幸せ満開の妊娠報告にだまされてはいけません!なぜならば、妊娠初期の女性の“こころ”と“からだ”の…
大袈裟じゃない! 妊婦が夫に「これくらい理解して」と思うツラさ3つこんにちは、ライターの佐原チハルです。『産後クライシス 』という言葉が一般的になるくらい、妊娠・出産やその後の育児にともなう夫婦間の溝は、大きなものとして認識されるようになってきました。少し前には、“陣痛の痛み・苦しみを夫に「大袈裟すぎる、うるさい」と言われた”という視聴者の悩みの声に、テリー伊藤氏が「(女性が)大袈裟だったんでしょう 」と発言する、ということもありましたね。スタジオの女性・産婦人科医には批判されたそうですが、こうした男性の残酷なほどの無理解 に対する悩みは、後を絶ちません。そこで今回は、「最低限、これくらいはわかれよ!」と感じた事柄について、妊娠中・妊娠経験のある女性に尋ねて…

パパに見て欲しい!産後クライシスを防ぐためには

脱・産後クライシス!現役パパが講師の父親学級に潜入取材出産2~3年後に訪れると言われる夫婦関係の危機…。産後クライシスとも呼ばれていますが、そんな状況に陥らないためにも“夫婦会議”を勧める“父親学級”が注目を浴びています。講師は現役パパだというから興味津々!潜入取材決行です!産前・産後の子育て力アップセミナーある月の日曜日、千葉県流山市の福祉会館にて「産前・産後の子育て力アップセミナー」が行われました。主催は子育て支援団体Nakocco(なこっこ)。“子育てを共に楽しむ・考える・助け合う”ことを目的として活動する特定非営利活動法人です。この日は夫婦8組と、パパが急遽参加できなくなったママ1人が参加。実母が広報誌でセミナーを見つけて勧められ参加した…
パパよ、産後クライシスを防げ!僕たちが心掛けておきたいこと~産後編~前回「パパよ、産後クライシスを防げ!僕たちが心掛けておきたいこと~産前編~」にて、産後に女性が男性への愛情を急激に減らす「産後クライシス」への心掛けをご紹介しました。今回は「産後編」。産後の女性の体・心のこと、パパが心掛けておきたいことをご紹介します。保健の授業では習わなかったことも多いので、これを機に女性の変化を知ってくださいね!知っておきたいこと産後の体・大きくなった子宮が収縮する際、強く痛みます。kろえを「後陣痛」と言い、2~3日続きます。子宮が戻りきるのには、約6週間かかります。・産後には「悪露」という出血が、約1ヶ月間続きます。その間湯船にはつかれません。・ほぼ全員が、出産時に「会陰…
パパよ、産後クライシスを防げ!僕たちが心掛けておきたいこと~産前編~産後に妻が夫への愛情を激減させる「産後クライシス」。第一子出産後に激増する離婚の主な原因であり、例え離婚に至らなくても、この時期の不仲は長年尾を引くと言われています。産後の夫婦の不仲の主な原因は、「コミュニケーション不足」。しかし体も戻らず、睡眠不足で疲れきり、精神状態も不安定なママに、コミュニケーションの全てをゆだねるのは無理な話。どうしても男性側の協力も必要なんです。今回は産後クライシスを防ぐために、妊娠中にパパたちが知っておくべきこと、心掛けておくべきことをご紹介します。知っておきたい女性の心身の変化妊娠中は体の変化が激しく、様々な部位で痛みなどの不調が起こります。またホルモンバランスも…
男性心理をおさえたパパ向け情報に注目 イクメンプロジェクトで産後クライシスも怖くない最近、流行語になりつつある「産後クライシス」。夫婦の価値観や育児への関わり方のちがいによってケンカが絶えずに、夫婦の危機が訪れるというものです。しかし、そもそも男女の長所はそれぞれちがうもの。ママが、こちらの状況を見て気を配ってほしいと求めても、パパのほうは、してあげたい気持ちがあっても何をしていいのかわからず、結局夫婦ゲンカになってしまいます。そこで、注目したいのが、男性視点でパパのできることや、やるべきことについて書かれた書籍やサイトです。■約500企業が参加、パパや社会を変えるムーブメントが起きつつある2010年6月、育児・介護休業法で男性も育児休業を取得しやすい「パパ・ママ育休プラス」…
「出産後、妻が変わってしまった」 産後クライシスを解決するのは「家事」ではなく「共感」?昨年末からじわりと話題になっている「産後クライシス」の問題。出産後、夫婦仲が急激に悪化する現象を指す言葉で、特に妻から夫への愛情が減ることが指摘されています。「産後クライシス」に関する書籍は、昨年11月に『産後クライシス』(内田明香、坪井健人/ポプラ新書)、『産後クライシスなぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか』(岡野あつこ/角川フォレスタ)の2冊が出版されています。それぞれの書籍でも、さまざまな「産後クライシス」の例を読むことができますが、今回はより多くの例を集めるために、子どものいる夫婦に「産後クライシスを体験したことがあるか」について聞きました。「妻が出産前と違う」夫側の声まずは夫側の意見…

子育てをしながらも夫婦円満でいるために

離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法source:「産後クライシスを回避する方法を教えてください」と、著者は夫婦についての取材などで、最近何度か聞かれました。産後クライシスは今まで恋人気分の関係だった二人が、”子どもを育てるためのチーム”へ変わるための通過儀礼のようなものです。回避するより、うまく利用して下さい。妊娠から産後に、ママの気持ちが不安定であることは、あなたが家事も育児もすべて一人で抱え込んでつぶれてしまう前に、誰かにSOSを出させるための、人間の生物としてよくできた仕組みなのです。この時期は、不満や怒りをぶちまけながら、赤ちゃんとパパとママ、みんなが幸せになれるバランスを家族で探していく時です。山本 ユキコ心理学博士…
脱・産後クライシス! 夫婦愛を復活させる4つのシークレットママになる、という人生最大の偉業を達成したのも束の間、泣き止まない赤ちゃんを横に初めてのことばかりであたふたしてしまうのはよくあること。赤ちゃんと始める新生活はその大変さから時に夫婦間に深い溝をつくってしまうことがあります。今回は産後亀裂の入った夫婦愛を復活させる4つのシークレットをまとめてみました。1: 互いに休息時間をつくる育児を頑張りすぎてしまうのはママの本能ですが、疲労やストレスでネガティブになってしまうのは禁物。ママの機嫌が悪いと自然と家中の雰囲気もネガティブになってしまいます。手抜きの仕方を知ることも楽しく育児する上で大切なポイント!また、仕事が忙しい旦那さんに育児を頼むのは気が引…
子育てをしながら夫婦の関係性を良好に保つ10の秘訣「夫婦二人だけの時は関係は良好だったのに、子供が出来てから急激に変化した」という話、良く聞きますよね。実際に、「産後クライシス」という言葉まである程、産後~育児期は夫婦関係が一番悪化してしまいやすい時期でもあります。そういう時期に、良好な関係を保つ為にはどうすれば良いのでしょうか?なぜ関係が悪化してしまう?夫婦二人の頃は、休日は好きな時間に起きて、夜もゆっくりとお出掛け。どんな所にも身軽に行けていたのに、子供が出来るとそんな普通のことがなかなか出来なくなってしまいます。ペットを飼うのとはわけが違い、私たち人間の子供は何をするにも自分では全く何も出来ません。それが当たり前の生活になった時、どれだ…
寝室が別だと産後クライシスに?“冷房戦争”を避ける夏の「夫婦円満睡眠」4つの対策7月も最終日を迎えいよいよ8月。夏本番というような暑い日が続くようになってきましたね。熱帯夜で寝苦しい夜が多くなってくると、クーラーの設定温度を巡って、夫婦で揉めてしまうなんてこともあるのではないでしょう。そこで今回は、暑い夏を乗り越えるための「夫婦円満対策」について紹介します。 ■男女では快適に感じる温度に差がある夏になると、クーラーの設定温度が原因で、ケンカをしてしまうという夫婦は少なくありません。基本的に、男女や年齢などによって、熱を生み出す筋肉の量が異なります。その筋肉量が少なく比較的熱を生み出しにくい女性は、比較的寒く感じやすく、同じ空間で生活していると、どうしても差が生じ…
「産後クライシス」を回避するには、夫婦の努力が大切「赤ちゃんが生まれたのに、夫が育児をしない」「父親の自覚が芽生えない夫にイライラ…」など、産後の不満から夫婦仲にヒビが入ってしまう「産後クライシス」。なぜこんなことが起こるのでしょうか? 原因や乗り越え方について、産後クライシスに詳しい内田明香さんに聞きました。夫婦の危機!? 最近話題の「産後クライシス」とは?新しい家族が生まれて、パパもママも幸せの絶頂!と思いきや、逆に夫婦仲が最悪になってしまう…。それが「産後クライシス」です。「産後クライシスとは、出産から子どもが2歳ぐらいになるまでの間に、夫婦の愛情が急速に冷え込む現象です。特に女性側は顕著で、初めて子どもを持ったカップルを対象に行った調…
産後クライシスを避けるためには? 夫との関係を見直す「家族育て」の方法「出産後はホルモン分泌量が変わってマタニティブルーになったり、イライラしたりするかも。だから今から謝っておきますね、ごめんなさい」と、私は妊娠中から夫にそう伝えていました。ところが出産してみると、マタニティブルー以前に想像以上の家事の量や育児の負担の変化、赤ちゃんの泣き声にも追われる24時間タイムトライアルのような家事へのストレスのオンパレードでした。「誰か助けて!」と爆発する寸前の絶妙なタイミングに限って、ソファでくつろぐ夫から「晩酌したいからおかず作ってくれない? あ、そっち終わってからで良いから」と追い討ちをかける声をかけられたり、寝かしつけで赤ちゃんがやっと寝そうな時に限って大きな声や…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.