子どもの鼻づまりが辛そう…鼻水の原因を知って正しくケアするコツまとめ

(c)silentalex88 - stock.adobe.com

子どもの鼻づまりが辛そう…鼻水の原因を知って正しくケアするコツまとめ

気温が低く、空気が乾燥する今の時期には風邪などの感染症が増えますね。小さい子どもは免疫力も低いので風邪にかかりやすく、心配なママも多いはず。鼻水だけなら初期症状だし、いつものことだからと放っておかないで。鼻水の色は健康のバロメーター。正しく知って正しく対処できるようポイントをまとめました。

鼻水・鼻づまりはどうして起きる?

赤ちゃんの鼻づまりについて教えて!冬の間、小さなお子さんは常に鼻水を垂らしていますよね。薬を飲んでも劇的によくなるわけでもなく、治ったと思ったらすぐにぶり返し、子どもは何故こうもすぐに鼻づまりを起こしてしまうのか、不思議に感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんや幼児の鼻づまりにいて、医師に解説していただきました。赤ちゃんが鼻づまりしやすい理由は?通常、大人でも風邪などで鼻粘膜が腫れたり、鼻水が出ると鼻づまりを起こしますが、赤ちゃんや幼児が鼻づまりしやすい原因としては、以下の点があげられます。・鼻の中が狭い・生後しばらくは鼻毛がない・自分で鼻をかむことができない・上記理由により大きな乾いた鼻くそが詰まりや…
子供の鼻水が透明じゃない⁉ 段階別・鼻水の色で分かること鼻水の色は七変化します。なぜ鼻水は変化するのでしょうか? 鼻水を知ることで、子どもの健康のバロメーターとして役立てることができます。鼻水は生体防御のひとつ鼻の中は粘膜に覆われています。粘膜には、分泌腺、毛細血管、神経、リンパ組織がたくさんあり、鼻から入ってきた空気に適度な湿り気を与えるために、常に少量の分泌液を出していて、バイ菌や冷たい空気などの異物を排除する働きがあります。異物が入ってきて、粘膜に炎症が起こると、鼻の粘膜は風船のようにパンパンになります。そして分泌腺から出る分泌液が、大量の鼻水となって流れ出してきます。炎症が強くなると鼻の粘膜はさらに膨れ上がり、空気の通り道(鼻腔)を詰まらせ…
【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 咳を伴う時は病院に行くべき?赤ちゃんの鼻水がずっと出ていると「病気かしら?」と心配になりますよね。いつもと違う緑色の鼻水が出ている時や、咳、涙やくしゃみを伴う時も、病院に行くべきか迷ってしまいます。ただ、小児科は感染症の赤ちゃんも多いので、必要がなければ行かないに越したことはありません。治療が必要かどうか、鼻水の状態や他の症状から原因を探ります。この記事の取材先ドクター向洋こどもクリニック梶梅 輝之先生子どもの病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子どもの成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。症状で赤ちゃんの鼻水の原因が分かる赤ちゃんは刺激に敏感なので、ちょっと…
【小児科Q&A】鼻水の色で見分ける風邪の症状って?source:いよいよ冬将軍が到来!週末は“雪マーク”が並ぶ地域もありましたね。急な寒さに体調を崩されているお子さんも多いのではないでしょうか?そこで今回は風邪の症状のひとつである「鼻水」について、ママの気になるギモンを小児科医の剣木聖子先生に伺ってみましたのでご紹介します。Q1:「鼻水」にはどんな役割があるのでしょうか?鼻水は、鼻粘膜にある鼻腺(びせん)というところで作られます。鼻の中に入ってきたホコリや花粉、ウイルスなどの刺激、温度の変化などに反応して、分泌されます。分泌された鼻水は、吸い込んだ空気を加湿し、ホコリやウイルスなどを包み込んで鼻粘膜を守ります。つまり、“身体を守る働き”をして…

鼻水が出たときの対処法と上手にケアするコツ

赤ちゃんの鼻水を取る方法! 鼻吸い器(吸引機)の使い方やコツ季節の変わり目や風邪を引いたときなど、“赤ちゃんの鼻から鼻水が出ている”ことは意外と多くあります。いつもキレイな状態を保ってあげたくて、しっかり拭いてあげたいのに、鼻水を拭こうとすると嫌がったり、泣いてしまったりとなかなかうまくいかず、鼻の下がカピカピになってしまうこともありますよね。赤ちゃんの鼻水ケア風邪の初期症状のひとつでもあり、季節の変わり目などにも出やすいのが鼻水です。赤ちゃんは自分で鼻をかむことも拭くこともできないため、ママやパパがこまめに拭いてケアしてあげなければならず、鼻水が出ているときにはティッシュが手放せなくなります。しかし、赤ちゃんは鼻水を拭くのを嫌がる子が多いですよね。拭…
【医師監修】赤ちゃんの鼻水トラブルの原因と5つの対処法赤ちゃんの鼻水は原因によって透明だったり緑色だったりします。よく出ると不安に感じてママが涙目になることも。原因が分からなかったり、なかなか治らなかったりする鼻水は対処法に困りますよね。「寝れない時は薬?」、「治らない時は病院?」、「直接吸っても良いの?」、「お風呂はOK?」などよくある疑問に答えます。この記事の監修ドクター木村聡子先生日本耳鼻咽喉科学会専門医、医学博士。女医+(じょいぷらす)所属。赤ちゃんの鼻水の色で原因をチェック赤ちゃんが鼻水を垂らしていることは珍しくありませんが、いつもと違う鼻水、咳など他の症状を伴っている時は注意が必要です。放置は禁物!鼻水のせいで赤ちゃんが中耳炎に赤ちゃ…
赤ちゃんの痰は放置すると危険!痰をスムーズに出す効果的な方法赤ちゃんの風邪が長引くと、咳・鼻水が中々止まらず、痰がつまった苦しそうな咳をしたりして、そばにいるママたちは安心して夜も眠れず本当に大変だと思います。また、熱がない時は、どのタイミングで病院に連れていくべきなのかも、ママたちを悩ませるポイントですね。今回はそんなママたちのために、赤ちゃんの咳と痰について、その種類と気をつけなけらばならないポイント、病院に連れていくタイミングや、ママができる痰を出しやすくする方法など、医師に詳しく解説していただきました。赤ちゃんの痰の主な原因気道感染症のどから気管、気管支、肺に至る空気の通り道に感染や炎症、異物があると、気道の分泌物が増えて痰となります。副鼻腔炎…
子どもの鼻水がつらそう。大人ができることってありますか?子どもが鼻水と鼻づまりの対応として、保護者ができることはあるでしょうか。今回のテーマは「子どもの鼻水」です。気をつけることを医師に聞きました。子どもが鼻水と鼻づまり、どうしたらいい?子どもが鼻水と鼻づまりでつらそうなとき、とにかく詰まった鼻汁や痰を体外に排出することが重要です。そのためには鼻の中を加湿することがひとつの方法です。具体的な方法は以下のようなものがあります。・部屋を加湿する・水やお湯で濡らしたガーゼやハンカチを鼻の上に置く・入浴やシャワー浴をする。鼻水がたまってしまうことで、鼻閉感が出て、呼吸困難を感じてしまうことがあります。また、鼻をすすって、鼻の奥に鼻水が溜まった状態が長く続く…

やっぱり電動が便利? 鼻水吸引アイテム

風邪の季節に大活躍!? 「電動タイプの鼻水吸引器」おすすめアイテム3選出典:長引きやすい赤ちゃんの鼻風邪。ほっておくと中耳炎などのトラブルにも発展するため心配ですよね。「今すぐスッキリさせてあげたい」と対処法を調べてみても、ネットには情報が多すぎて、どれを試せばいいかわからないというママも多いのではないでしょうか?筆者も、息子が鼻風邪を引くたびにいくつかの対処を試してきましたが、それぞれにデメリットがあり納得のいく対処法を見つけられずにいました……。そこで今回は、そんな筆者が最近ようやく出会えた“本当に便利な鼻水対処法”をご紹介します!子どもの鼻水、オススメの対処方法とは息子が生まれ、筆者が初めて試した鼻水の対処法がお口で吸える鼻水吸引器。おるおそる吸い込んでい…
《スポイト、ママが吸引、電動…》 これからの季節にひとつは持っておきたいアイテム“鼻水吸引器”は、結局どれが使いやすい?2月生まれで、今月10ヶ月の娘にとっては、今まさに初めて冬!寒さが厳しくなってくるにつれて鼻水が出るようになりました。ティッシュやガーゼで拭くだけでは追いつかないし、自分で鼻をかめないので息苦しそうでかわいそう。大人だって鼻水はつらいのに……そう思い、ついに鼻水吸引器を使ってみることにしました。今回はいろいろなタイプの鼻水吸引器と、その使い心地をレポートします。優しい吸引力、生まれてすぐに使えるスポイトタイプ新生児の頃から使えるスポイトタイプ。鼻を傷つけることがないので安心ですが、吸引力が弱いので、新生児のころも少し大きくなって鼻水がたくさん出るようになっても我が家ではあまり活躍しませんでした…
双子の鼻水対策に電動吸引器を導入したパパ。これで完全無敵なるか…!?出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By ミハイロ出典 : Upload By …

正しい鼻のかみ方を子どもに教えよう

赤ちゃんあるある!? 吸ったはずの鼻水がまさかの展開に…【良妻賢母になるまでは。 第4話】寒い日が続いておりますね。我が家の子どもたちは、元気で丈夫なことが(唯一の)取り柄ですが、末っ子モモは、現在鼻垂れ祭りでわっしょいです。夜寝る時は添い乳をすることもあって、鼻が詰まっていると致命的な訳ですよ。ですので、強制鼻水吸い取り器で奥の奥までキレイさっぱり取り尽くしたつもりが…まさかの顔面かっぺかぺ。鼻の下だけならまだしも、目のまわりや眉間まで鼻水付けてかっぺかぺ。鼻水パックで逆スキンケア。赤子摩訶不思議。

風邪・鼻づまりの予防のためにできること

みんなどうしてる? 寒い時期の子供の寝冷え対策だんだんと朝晩の冷え込みが冬の訪れを感じさせるようになってきましたね。この季節に気になるのが、子どもの寝冷え。暑がりの子どもはすぐに布団から出てしまい、翌朝鼻水が…ということも多々あります。子どももママもぐっすり眠りながら寝冷えさせない対策法やアイテムをご紹介します。■子どもが熟睡する頃がカギ! パジャマの素材も見直してみよう寝冷えをさせると咳や鼻水、のどの痛みや発熱などの症状をはじめ、下痢や腹痛を引き起こすおそれもあります。寝冷えを防ぐには、しっかり布団をかけて、温かくして眠ることが大切です。とはいえ、寝かしつけた時には布団をかけていても、子どもはすぐに嫌がって蹴とばしたりはねのけたりしてし…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.