小学生の塾選びで失敗しないためのポイントまとめ

(c)Paylessimages - stock.adobe.com

小学生の塾選びで失敗しないためのポイントまとめ

中学受験を考えているのであれば、気になるのが子どもの塾選び。最近では4年生からの入塾は基本と言われており、早い人ではもっと下の学年からの春から塾選びをスタートしているそうです。志望校などにもよりますが、子どものことを考えるとやはりその子にあったところがいちばん。そこで、失敗しない小学生の塾についての記事や中学受験を体験した先輩ママの本音をまとめました。

いつからどんな塾を選べばいいかをチェック

成功する「塾」の選び方! 受験するなら小学何年生からが正解?中学受験を志したら、やはり重視するべきは塾選びです。実際にわが子が中学受験に挑戦したママたちの意見を参考に、進学塾の選び方と大手進学塾・個別指導の特徴をご紹介します。
難関中学を受験するためには、いつから勉強しないといけないと思う?「1位 小学校4年生」少子化が進み、子供の教育費が増加しているとか。とくに都市部では、小さなころから「お受験」するケースが目立ちますよね。難関中学を受験するためには、いつごろから勉強...
小学生の塾通いはまさに下克上。中学私立受験ってアリ? それともナシ?【パパママの本音調査】 Vol.71ドラマでも取り上げられている中学受験。都市部などでは多くの子どもたちが塾に通い、私立受験に向かって勉強しているようです。小学生が毎日のように塾通いをすることや、夜遅くまで勉強しなければならないことに批判的な意見もあるようですが、実際のママたちはどのように考えているのでしょうか?
教育大改革を先取り! 子どもの発想力を引き出す「新型学習塾」のユニークな授業いま、自由研究にも通じる『探究ラボ』という新しいスタイルの授業を展開する学習塾が注目を集めている。ここでは従来の“知識つめこみ型”ではなく、子どもたち個々人の才...
最新「中学受験塾」ガイド (2) 大学入試変革で中学受験にも変化が!?子どもの中学受験を考える親世代にも中学受験経験者はいるかもしれない。だが30年前の受験と今の受験は大きく異なる。最新の中学入試の傾向を日本初の「塾ソムリエ」とい...

知っておきたい受験の本当のところをチェック!

【パパママの本音調査】小1でも5人に1人が塾に行く時代! 学習塾のメリットとは?塾といえば、一昔前は高校生が大学受験のために行くものがメインでした。ところが今では低年齢化しているようです。もっとも塾に行っているのは中学生。そして、驚くことに小学1年生でも20%の子どもが塾に通っていることがわかりました。
小学校・中学校受験、本当に大変なのは子どもか親か夏が終わり秋の風を感じるころ、年中さんや小学校3年生の子どもを持つママ達はある決断を迫られます。小学校(もしくは中学校)受験をするか、しないか。親子で受験すると決めた場合、「大変な受験」にするか「実りある受験」にするかは、ママ・パパ次第ということをご存知ですか?
中学受験に見る首都圏の沿線格差「路線ブランドと進学率は一致する」「人生は、途中からじゃ変えられねぇーってことだよ!絶対、無理なんだよ!」これは、TBS系ドラマ『下剋上受験』の中で、中卒の父(阿部サダヲ)が叫んだセリフである。...
3年後に英語は小学5年生で教科化、中学受験に英語は必須に?【第19回 細川珠生の「ママは政治1年生」】安倍政権になって、最初に始めた議論は、大学入試改革、道徳や英語の教科化、そして幼児教育の無償化でした。幼児教育の無償化は、幼児期の義務教育化が期待されていましたが、現在は財源の関係で、年収要件を付けた経済的支援という形になっています。教育というよりは子育て支援の一つと考えた方が正しいでしょう。最近になって、「教育の無償化」として、高校や大学まで、希望する人すべてが進学できるように、義務教育の後も無償化すべきという意見も聞かれるようになりました。ただ、幼児教育を無償化する財源の8000億円ですらなかったのですから、全ての教育を無償化するために必要な5兆円を国が配分するとは思えず、これはあまり期待しない方がよいと思います。
中学受験はお金がかかる? - 6割が「受験関連費用は100~200万円」スーパーウェブが運営する中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」は3月3日、中学受験を終えた家庭を対象とした調査結果を発表した。○最終的な受験校数は3...
中学受験を目指す子どもは、1日に何時間勉強してる?スーパーウェブは、同社が運営する中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」にて、中学受験を目指す子どもを持つ家庭へのアンケート調査結果を発表した。同調査...
親が子どもの中学受験をやめさせようと思った理由-中学受験の意識調査通信教育事業などを行っている「ベネッセコーポレーション」の社内シンクタンクである「ベネッセ教育研究開発センター」は、2012年9月、首都圏の公立小学校の子ども(...

ママたちの受験&塾の本音トークをチェック

ADHD息子、私立校へ…学費はどうする?わが家はこうして乗り切った!ADHDがある息子リュウ太は「こうと決めたらこうしたい!」と妥協ができない男。高校受験も普通科ではなく、大好きな車の整備が学べる私立の高等専修学校に行くんだ!同...
公立にすればよかった!? 中高一貫&エスカレーター式体験ママの本音トーク小学校や中学受験を考えるママにとって、一貫校や大学の附属校を選ぶかどうかは、かなり悩むところではないでしょうか。そこで、ママ自身がお受験をしたことがある人、子どもがお受験を経験したママたちに話を聞きました。
「中学受験」って実際どうなの? 親子のリアルエピソードわが子の中学受験。「もし、第一志望に入れなかったら?」と心配する親も少なくありません。しかし、第一志望には不合格だったものの、結果的には中学受験自体を「成功だった」と感じている親もいるようです。中学受験をさせたママたちの“第一志望不合格”に関するエピソードをご紹介します。
準備はいつから? 志望校選びのポイントは? 先輩ママたちに聞いた「中学受験のリアル」「中高一貫校で、のびのびと思春期を過ごしてもらいたい」「内気な性格で内申点が心配だから、学力だけで判断してくれる私立中学も視野に入れたい」など。わが子を地元の公立中学ではなく、私立中学に通わせたいと考える親は少なくありません。中学受験をするなら、それなりの対策が必要です。私立に行きたいのか、公立がいいのか、小学生の本人には判断がつけられませんから、親がわが子の資質を見極めてあげる必要がありますよね。でも、どうやって? そこで、わが子の中学受験を経験された先輩ママふたりにお話を伺いました。

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング



ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.