モンテッソーリ教育ってなに? 家でも実践できるの?

(c)Tierney - stock.adobe.com

モンテッソーリ教育ってなに? 家でも実践できるの?

20世紀初頭に医学博士のモンテッソーリ女史によって提唱されたモンテッソーリ教育は、子どもの自主性を重んじ、知的好奇心を育むなどの教育方針が特徴です。英国のジョージ王子がモンテッソーリ教育を行う幼稚園に入学したり、藤井聡太六段が幼少のころ受けていたりしたことで、日本でも話題になっています。そこで、モンテッソーリ教育を家庭に取り入れる方法をまとめました。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリとはどんな教育方法? 家庭でも実践できる?「子育てに取り入れるといいらしい」と耳にすることもあるモンテッソーリ教育が気になっているという方も多いのではないでしょうか。モンテッソーリとは、教具を使った「お仕事」(遊びの時間)や個別活動による自主性を重んじた教育活動が特徴の教育法のことです。保育所や幼稚園で取り入れられることもある“モンテッソーリ”がどんな教育方法なのか、家庭でも実践できるのか、など詳しくご紹介します。モンテッソーリとは? そもそもモンテッソーリとは、マリア・モンテッソーリ(1870〜1952年)というイタリア人女性医師が開発した教育方法のことです。「モンテッソーリメソッド」「モンテッソーリ教育」などさまざまな呼ばれ方をし…
数の概念は体で感じさせる!子どもの力を引き出す5つの基本教育子育てをしている人なら、一度は「モンテッソーリ教育」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。イギリスのジョージ王子がモンテッソーリの保育園に入園したことでも話題になりました。そもそもモンテッソーリ教育とは、イタリアの女性医師が創始した教育メソッドで、子どもの自主性を大切にし、子どもが本来持っている力を引き出すというもの。この教育法は欧米だけではなく、日本を含むアジア諸国でも多く導入されています。『ふじようちえんのひみつ』(加藤積一著、小学館)の、ふじようちえん(東京都立川市)も、1972年からモンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園です。今回は本書の中から、モンテッソーリ教育の5つ…
藤井聡太四段も受けた!? モンテッソーリ教育の特徴と注意点こんにちは、保育士ライターのyossyです。皆さんは、『モンテッソーリ教育』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。イタリア人女性医学博士のマリア・モンテッソーリが開発した教育法のことです。実は、バラク・オバマ、ピーター・ドラッカー、マーク・ザッカーバーグ、ビル・ゲイツら世界の著名人もモンテッソーリ教育を受けたと言われており、長きに渡り注目されています。最近の日本では、将棋で最多連勝記録を達成した藤井聡太四段もモンテッソーリ教育を受けていたということで話題になっていますね。●モンテッソーリ教育は、“自立”を目的にしているそもそも、モンテッソーリ教育というのはどのような教育なのでしょうか。日本モ…

幼稚園や学校でのモンテッソーリ教育

幼稚園選びの参考に! 知っておきたい幼児教育法&メソッド6選棋士・藤井聡太四段が受けていたことで今年話題となった「モンテッソーリ教育」をはじめ、現在はさまざまな幼児教育法やメソッドが確立されており、その教育法を取り入れる幼稚園が数多くあります。そこで、幼稚園選びに役立つ、代表的な幼児教育法の特徴についてまとめました(監修:教育コンサルタント・All About「幼児教育」ガイド 上野 緑子氏)。モンテッソーリ教育■モンテッソーリ教育とはモンテッソーリ教育は、イタリア最初の女性医学博士「マリア・モンテッソーリ」によって開発された教育法です。「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力を持っており、保護者や教育者といった周囲の大人は、子ど…
モンテッソーリ教育ってどうなの? タイのモンテッソーリ学校に娘を通わせるママの本音(前編)Woman.exciteママでは、海外在住のママライターも活躍してくれています。そのお1人が、ご家族でタイのプーケットに住んでいる徳武加奈子さん。自然豊かなプーケットで、今年10歳になる娘さんを、今話題のオルタナティブ教育法、モンテッソーリ教育を行う学校に通わせています。そんな徳武さんに、モンテッソーリ教育のこと、そして、娘さんが通っている学校のことについて、赤裸々に語ってもらいました。前編である今回は、娘さんの通っている学校のことや、モンテッソーリ教育によって娘さんがどのように成長していったかに焦点を当てます。■「モンテッソーリ学校ってどうなの?」日本に住むママの関心は高いこんにちは。Wom…
モンテッソーリ教育ってどうなの? タイのモンテッソーリ学校に娘を通わせるママの本音(後編)自然豊かなタイのプーケットで、今年10歳になる娘さんを、モンテッソーリ教育を行う学校に通わせている、ライターの徳武加奈子さん。そんな徳武さんに、モンテッソーリ教育のこと、そして、娘さんが通っている学校のことについて、赤裸々に語ってもらいました。前編に続き、後編の今回は、娘さんの通っているモンテッソーリ学校で実際に行われている授業の内容をご紹介します。■心が確立する年齢になるまでは順位づけをせず、自分に自信を持たせる「ラワイ・プログレッシブ・インターナショナル」では、シンガポールカリキュラム(※)に移行する高学年になるまでは、テストというものが存在しません。もちろん、テストらしきもの(たとえば、…

モンテッソーリ教育を家庭で実践する方法

藤井聡太棋士も受けた「モンテッソーリ教育」を家庭で行う方法って?source:将棋界の藤井棋士が五段に昇段してから、わずか半月で六段に昇格しましたね!抜群の集中力と思考力の持ち主である藤井棋士が、「モンテッソーリ教育」を学んでいたというのは有名なお話です。ところで、モンテッソーリ教育ってなんでしょうか?今回は、幼稚園教諭の経験があり、4人の子どもがモンテッソーリ幼稚園に通っている筆者の目からみたモンテッソーリ教育についてお伝えします。▼「モンテッソーリ教育」って何?モンテッソーリ教育とは、20世紀初めにイタリアの医師マリア・モンテッソーリが生み出した教育法です。「子どもたちは、自主的に成長できる存在だ」という考えに基づいて、大人がコントロールするのではなく…
モンテッソーリ教育に注目!子の自発性を育む「親の接し方」Photo by It Mamaママはお子さんの服を着せてあげていますか?手を洗ってあげていますか?“○○をしてあげること”が、子どものお世話だと思っている方も多いかもしれません。そこで今回は、わが子を「モンテッソーリ幼稚園」に通わせ、モンテッソーリ教育が大好きな元幼稚園教諭の筆者が、本来の「子どものお世話」についてご紹介したいと思います。子どもは「ママに手を洗って欲しい」と思っているのでしょうか?Photo by It Mama突然ですが、子どもは“ママに手を洗って欲しい”と思っているのでしょうか?「だって、まだ小さいからやってあげないと……」と、思っているママたちがたくさんいると思います。…
世界2大幼児教育法「モンテッソーリ教育」10の子育てポイントモンテッソーリ教育は、シュタイナー法と並び「世界2大幼児教育法」と称される教育法です。根底にあるのは、子どもの「敏感期」がどういうものかを知り(→知る)、子どもをきちんと観察し(→見守る)、子どもに適切に声がけ、働きかけをする(→ときどき助ける)という子育てメソッド。欧米で実績のある手段なのだそうです。『知る、見守る、ときどき助けるモンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方』(神成美輝著、百枝義雄監修)は、そんなモンテッソーリ教育を子育てに取り入れるためのコツを紹介した書籍。3章「『観察→発見→見守る』から始まる、今すぐできる10のこと」から、要点を引き出してみましょう。■1:観察する観察の目…
海外で話題の教育法「モンテッソーリ教育」を習慣づけるための、家庭環境作りの3つのポイントAmazon.comの創立者ジェフ・ベゾス、英国王室のウイリアム王子とヘンリー王子。国外の多くのロイヤルファミリーや著名人が特に実は幼少時代にモンテッソーリ教育を受けていることをご存知でしょうか? 特に、Google.com の創業者、ラリー・ペイジ&サージェイ・ブリンは、かつて受けたインタビューで「幼児期に受けたモンテッソーリ教育なしでは、現在の成功はありえない」と語っているほどです。このように近年、海外で注目されているオルタナティブ教育法「モンテッソーリ教育」。国内でもこの教育方法を導入している幼稚園もありますが、日本ではまだ、馴染みが浅いのが現状です。そんなに素敵な教育方法であれば、試し…

外遊びにも一工夫

モンテッソーリ的環境の整え方★外遊び編★子どもたちがわかりやすいように。取り出しやすいように。そして、美しく並べる。子どもが育つ環境だからこそ、その場所を整える。モンテッソーリ教育を学んでから、このことについては、目から鱗でした。子どもは汚すもの。子どもがいるから散らかって当然。そう思っていましたが、そうではない。美しく整えられた環境は、子どもを確実に伸ばす。もちろん完璧ではありませんし、あくまでも家庭であり、幼稚園ではありません。ですが、できることだけを実践しています。さて、玄関横に備えられた、お外の教具棚ともいうべきこちら。上段2つは夏真っ盛りということで、水遊びの道具です。スーパーボールや、水鉄砲、救い網などです。真ん中はお仕…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.