子どもの学費いくらかかる? 必要な金額と準備方法 まとめ

(c)Monthira - stock.adobe.com

子どもの学費いくらかかる? 必要な金額と準備方法 まとめ

子どもができると、家計の中で大きなウェイトを占めるようになる学費。子どもが生まれてから大人になるまで、進路によっては数千万円かかると言われています。これだけの大金ですから、早いうちに計画的に準備しておきたいですよね。そこで、子どもの学費の準備方法や、知っておくとよい制度などまとめました。

子どもの学費って、いくらかかるの?

子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション「大人になるまでにお金がいくらかかるかわからなくて不安」という声におこたえして、幼稚園から大学までの学費をご紹介します。生まれたばかりで、子どもの進路なんてまだまだと思うかもしれませんが、おぼろげながらでも希望する進路とかかる学費を計算してみましょう。将来のわが家に必要な教育費はどれくらい?選ぶ進路でかかるお金は変わる!子どもの教育費は選ぶ進路によって大きく変わります。行く・行かないは別にして、まずは大学の学費を用意するのは基本。子どもが18才までに貯金400万円を目指しましょう。使わなければ貯めた400万円はそのまま老後資金にすればOK。大切なのは高校までの学費は毎月の家計から出すこと。中学…
子どもの習い事の費用を負担と感じるも学費や塾の支出がトップにウーマンエキサイトが子どもを持つ親を対象に「現在お子さまの教育にかかる費用で、負担が大きいと感じているものは何ですか?」という質問に6625人が回答しました。負担が大きいと感じているものはお稽古・習い事の費用と学費の票が拮抗し、次いで塾・家庭教師の費用、保険・学資保険と続きます。教育は知識だけではない、子どものやる気やコミュニケーションの発達を期待お稽古・習い事と回答した人たちに「お子さまの教育について、最も大切だと思うことを教えてください」と質問したところ、「本人の意志を尊重しながら、常識やあるべき姿を教える」「習い事は無理やりじゃなく、楽しく習うことが一番大切だと思います」「やり甲斐」「や…
子どもの教育費貯蓄プランは進路から考えよう!公立・私立で教育資金はどれだけ違う?『子どものためにいくら貯金すべきか』は家族計画を立てる際に考えておきたいことの1つですよね。特に気になるのが教育費。「家1軒建つ」などとよく言われますが、大金だからといってやみくもに倹約するだけではストレスが…そこでまず、『いついくらかかるか』を把握することから始めてみました。『教育費』って一体ナニ?『子どもの教育にかかるお金』って具体的には何のことでしょうか?文部科学省の『平成28年度子供の学習費調査』によると、教育費は学校教育費・給食費・学校外活動費の3つに分けられます。学校教育費は文字通り、学校での教育に関わる費用。授業料はもちろん、入学金や通学費もこれに含まれます。学校外活動費というと…
小学生から社会人になるまでに必要な"教育資金"はいくら!?ソニー生命保険は13日、子どもの教育資金と学資保険に関する調査結果を発表した。それによると、子どもが小学生から社会人になるまでに必要な教育資金の平均予想金額は1,156万円となった。同調査は、2月15日~2月16日にインターネット上で行われ、大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる20~69歳の男女1000人に有効回答を得た。未就学児の親(248名)に、子どもが小学生から社会人になるまでに必要な教育資金はいくらくらいだと思うか聞いたところ、「500万円~900万円くらい」(14.1%)、「1,000万円~1,400万円くらい」(36.7%)、「2,000万円~2,400万円くらい」(14…

学資保険で学費を貯める

満期前に一時金“祝い金”のある学資保険でプチボーナス気分!学資保険とは子どもの学費のための保険です。生命保険などと同じように毎月決めた保険料を支払い続ければ、子どもが加入時に決めた年齢になった時に主に祝い金や満期金といった形でお金が給付されます。満期を迎える前に「祝い金」などの名目で一時金が降りるタイプの商品もあります。一体、どういう仕組みで祝い金をもらえるのでしょうか?学資保険には満期前に一時金が出るタイプもある学資保険では満期を大学受験~入学時である17歳~18歳に設定することが多くなっています。満期金を受験のための塾費用に当てたり、大学の入学金や授業料、一人暮らしのための資金に当てようと考える契約者が多いからです。一方、満期を迎える前に「祝い金…
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント子どもに満足な環境を与えるには、学費や教育費などの費用がかかります。子どもの進路によっては多額の資金が必要になることもあるので、「どうやって資金をねん出しよう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで活用したいのが「学資保険」と呼ばれるものです。今回はこの学資保険の概要に加えて、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介していきましょう。■学資保険ってどんな保険?学資保険は生命保険の一種であり、主に子どもの教育費を目的としてお金を積み立てられる保険です。学資保険に加入すると「満期」が設定されて、その満期を迎えるとまとまったお金を受け取ることができます。この際に受け取れるお金は、「給付金」…
「自由に使える100万円」就学前の子どもがいる親は学資保険に もしかして、定期預金を放置していませんか?超低金利時代にそれは「もったいない」の極致。高リスクの投資でなくても“価値を上げる”方法はあるのです。仮に100万円があったとしたらーー。 「現在、空前の低金利です。一昔前の金融商品のように、複利計算で年利3%あれば、お金を預けただけで、24年後には倍に増えていました。ところが今の普通預金の金利は、わずか0.001%です。預けたお金が倍に増えるまでに、なんと7万2000年もかかってしまいます。たとえ100万円というまとまったお金を預けても、1年の利息はわずか10円。“これでは預けても意味がない&…
学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?子どもの将来の教育資金を考えた時に、自分たちで貯金をするのか学資保険を活用するのか迷うという家庭も多いものです。学資保険は必要なのでしょうか?それとも必要ないものでしょうか?学資保険についての参考として、学資保険加入のメリットやデメリットをご紹介します。学資保険ってそもそもどういうもの?学資保険とは、将来必要となる子どもの教育資金を、毎月の保険料を納めることで積み立てをしていき、満期やその他のタイミングで保険金として受け取るというものです。保険会社を活用した先取り貯金のようなイメージを持てば分かりやすいでしょう。学資保険のメリット確実にお金をためやすい学資保険の必要性を考えるためには、メリット…
郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」とはどのような商品?学資保険といえば、郵便局のかんぽを思い浮かべる方も多いかもしれません。かんぽ生命の学資保険はどのような特徴があるのでしょうか?他の生命保険会社の学資保険と比べてどのような位置づけなのでしょうか?郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」についてご紹介します。郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」とは?郵政民営化に伴い、郵便局から独立した株式会社かんぽ生命保険が運営する学資保険が「はじめのかんぽ」です。郵便局という圧倒的な知名度と信頼性、全国どこにでもあるため加入がしやすいことや、発売された当初は補償が手厚かったことなどから、抜群の人気を誇っていました。今では、他の生命保険会社も返戻率の良い学資保険をたくさ…
学資保険は必要?いつ加入したらいい?家計を圧迫しない方法こんにちは、家計管理プランナーのあきです。『子どもが産まれたので、学資保険に入ろうと思います』そのような相談は比較的多く寄せられます。子どもが小さいうちに加入するほど、1年の負担額が小さいこともあって、子どもが産まれたと同時に学資保険に加入するというケースも多くみられます。子どもが小さいうちからお金を準備しなくては…と焦ってしまうようです。私は、「つけるだけで貯まる家計簿の書き方」の書籍を出版し、全国から家計やお金に関する相談メールをたくさんいただいたり、それに答えたりしています。また、現在3人の子どもを育てている主婦でもあります。家計管理の視点から、学資保険について一緒に考えてみましょう。家…

ジュニアNISAを利用する

子どもの教育資金をお得に作るには?文部科学省と日本学生支援機構のデータによると、幼稚園から大学まで19年間の教育にかかる費用がいかに大きいかがわかります。ひとりでも大変ですが、2人3人と増えると、その費用は2倍3倍…となります。早いうちからコツコツ計画的に貯蓄していきたいですよね。でも、どうせならできるだけ「お得」な資金作りをしませんか。2016年4月から始まる子どものためのNISA、「ジュニアNISA」消費税などの増税の流れが続く中、2016年4月から子どものための少額投資非課税制度がスタートします。小さい子どもがいるパパやママが、おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さんの資金的協力を得て、今後のわが子の教育資金を準備…
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック (42) 子供や孫ができたら「ジュニアNISA」口座を開設して教育資金の準備をする!?連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウを、ファイナンシャルプランナーの中村宏氏が、独断も交えながらお伝えします。○「NISA(少額投資非課税制度)」と「ジュニアNISA」の違いは?2016年4月から新たに「ジュニアNISA」が始まります。これまでのNISA(少額投資非課税制度)が20歳以上の成年向けの仕組みなのに対して、ジュニアNISAは0歳から19歳までの未成年者が口座名義人になります。まず、NISAの仕組みをおさらいしましょう。NISAは、20歳以上の人が自分名義のNISA口座を証券会社や銀…

日々の節約と運用で必要なお金を貯金しよう!

食費を削るより効果的!固定費削減で賢く教育資金を早めに準備子育て世代は、習い事など出費も多く、将来の教育資金のことも心配。できれば早い時期から、将来に備えて貯蓄をしておきたいですね。ファイナンシャルプランナー加藤貴司さん(ブロードマインド株式会社)に、賢く節約して貯蓄を増やす秘けつを聞きました。貯蓄を増やすには、支出をコントロール!「教育費を早めに準備しておくためにも、貯蓄は必要です。<収入>-<支出>=<貯蓄>になるわけですから、貯蓄を増やすためには、支出をコントロールすることが重要です」と加藤さん。支出をコントロールと聞いて、まず思い浮かぶのが、毎日の買い物で意識せざるを得ない食費ではないでしょうか。ところが加藤さんは、「食費などの変動費の削減も…
5分でわかる!家計簿相談室 『あと10年で教育資金と老後資金を準備したい。貯蓄目標額はどう考えたらよい?』【ご相談】あと10年で教育資金と老後資金を準備したい。貯蓄目標額はどう考えたらよい?41歳男性です。妻は39歳で自営業です。現在は、妻の収入が多く、私の収入からすればぜいたくな生活をしていると自覚しています。ただ、この状態が長く続く保証もないため、今後10年間で教育資金、老後資金を蓄えたいと考えています。10年後、妻の収入が月10万円程度に減少するとした場合、貯蓄目標額についてアドバイスいただきたいです。また、保険についても過剰に契約しすぎていないか、住宅ローンを全額繰り上げ返済した方がよいかについてもアドバイスをお願いいたします。福岡県在住 橋本忠寛さん (仮名)【回答】お子さまの進学プラン…
子どもの大学入学までに貯めておくべき金額は!? 貯金をふやすための3つの方法教育費の中で最もかさむのが大学の学費。国公立で約890万円、私立理系では約1240万円もの学費が想定されます。そんなに教育費がかかるなんて!とびっくりしたママも今から貯金を始めれば大丈夫。コツコツお金を貯める具体的なコツを、お金のプロが教えてくれました。大学入学までに400万貯めることを目標に!進路によっても変わりますが、幼稚園から大学までずっと公立の場合で約1000万円、ずっと私立の場合では約2500万円かかるといわれています。ただし、これはあくまで平均値。受験や留学をした場合は、さらに+αでお金がかかります。「そんなお金、払えない!」と思いがちですが、貯めるべきは「大学費用」だけ。高校まで…

教育資金作りのために知っておくとよい制度

【知って得する!保険の基本】教育資金準備計画の死角長女に届いた一通の手紙長女の大学の費用をやっとのことで準備したF家であったが、伏兵は思わぬところからやってきた。伏兵の名は、「国民年金」である。平成3年4月から、学生であっても20歳になった時から国民年金への加入が義務付けられたのであるが、当時すでに大学を卒業し、社会人になっていた両親はそのニュースに接することもなく、日本年金機構から長女あてに届いた「国民年金被保険者資格取得届書」を見て、初めてその事実を知ったのであった。1カ月15,590円(平成27年度)。これが、これから長女が毎月支払っていく国民年金の金額だった。長女の大学の費用をぎりぎり用意できたF家にとって、この金額は衝撃的であった。…
節税&将来の学費にも! 教育資金贈与の特例【お金と子育て】マネーのプロが解説する「お金と子育て」の話。第7回は、祖父母などからの教育資金の贈与が非課税になる「教育資金贈与の特例」について。お孫さんにお金をあげるなら、教育資金への用途限定がお得なようです。ファイナンシャル・プランナーの大林香世さんに詳しく解説していただきました。「教育資金贈与の特例」ってどんな制度?教育資金贈与の特例は「贈与税を免除する制度」教育資金贈与の特例とは、具体的にはどのような制度なのでしょうか?「簡単に説明すると、使い道を教育費に限定して、金融機関を通じて祖父母などがお金をあげる場合に限り、贈与税を免除する制度です」「個人からお金などの財産をもらうと、もらった金額の合計が年間…
低金利に無利子も…自治体「教育ローン」活用のすすめ 「春めいてきました。お子さんのいるご家庭では、進級・進学の季節ですね。学年が上がるほど『教育費が上がる』『高すぎる』と、お嘆きの声が聞こえてきそうです」 こう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。実際、教育費は高騰している。今50代半ばの人が学生だった40年前と、大学の入学金や授業料などを含む初年度納入金を比べてみると……。 「私立大学では、’78年度は約44万4,000円でしたが、’16年度は約132万円になりました。およそ3倍です。国立大学に至っては、’78年度の約20万4,000円から’16年度には約82万円とおよそ4倍に…
月5000円支給される? 主婦の50%が知らない「こども保険」とは「こども保険」って知っていますか?「保険」という言葉がついているため、つい学資保険などの、子どもに関する保険商品の一種だと考えてしまいがちですが、実は違うんです。「こども保険」というのは、小泉進次郎衆議院議員など若手議員で構成されている「2020年以降の経済財政構想小委員会」が提言した、社会全体で子育て世帯を支援するという社会保障の案のこと。あなたはこの「こども保険」についてどう考えますか? 1. 「こども保険」とは「こども保険」というのは、未就学児1人当たり月額5000円を支給して、将来的に保育・幼児教育を実質無償化するなど、子育て世帯の負担を軽減することを目的とした社会保障の案で…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.