子どもの学費いくらかかる? 必要な金額と準備方法 まとめ

(c)Monthira - stock.adobe.com

子どもの学費いくらかかる? 必要な金額と準備方法 まとめ

子どもができると、家計の中で大きなウェイトを占めるようになる学費。子どもが生まれてから大人になるまで、進路によっては数千万円かかると言われています。これだけの大金ですから、早いうちに計画的に準備しておきたいですよね。そこで、子どもの学費の準備方法や、知っておくとよい制度などまとめました。

子どもの学費って、いくらかかるの?

子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション「大人になるまでにお金がいくらかかるかわからなくて不安」という声におこたえして、幼稚園から大学までの学費をご紹介します。生まれたばかりで、子どもの進路なんてまだ...
子どもの習い事の費用を負担と感じるも学費や塾の支出がトップにウーマンエキサイトが子どもを持つ親を対象に「現在お子さまの教育にかかる費用で、負担が大きいと感じているものは何ですか?」という質問に6625人が回答しました。

負担が大きいと感じているものはお稽古・習い事の費用と学費の票が拮抗し、次いで塾・家庭教師の費用、保険・学資保険と続きます。
子どもの教育費貯蓄プランは進路から考えよう!公立・私立で教育資金はどれだけ違う?『子どものためにいくら貯金すべきか』は家族計画を立てる際に考えておきたいことの1つですよね。特に気になるのが教育費。「家1軒建つ」などとよく言われますが、大金だ...
小学生から社会人になるまでに必要な"教育資金"はいくら!?ソニー生命保険は13日、子どもの教育資金と学資保険に関する調査結果を発表した。それによると、子どもが小学生から社会人になるまでに必要な教育資金の平均予想金額は1...

学資保険で学費を貯める

満期前に一時金“祝い金”のある学資保険でプチボーナス気分!学資保険とは子どもの学費のための保険です。生命保険などと同じように毎月決めた保険料を支払い続ければ、子どもが加入時に決めた年齢になった時に主に祝い金や満期金とい...
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント子どもに満足な環境を与えるには、学費や教育費などの費用がかかります。子どもの進路によっては多額の資金が必要になることもあるので、「どうやって資金をねん出しよう…...
「自由に使える100万円」就学前の子どもがいる親は学資保険にもしかして、定期預金を放置していませんか?超低金利時代にそれは「もったいない」の極致。高リスクの投資でなくても“価値を上げる”方法はあるのです。
学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?子どもの将来の教育資金を考えた時に、自分たちで貯金をするのか学資保険を活用するのか迷うという家庭も多いものです。学資保険は必要なのでしょうか?それとも必要ないも...
郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」とはどのような商品?学資保険といえば、郵便局のかんぽを思い浮かべる方も多いかもしれません。かんぽ生命の学資保険はどのような特徴があるのでしょうか?他の生命保険会社の学資保険と比べて...
学資保険は必要?いつ加入したらいい?家計を圧迫しない方法家計管理の観点から考えると、子どもが産まれたからといって、学資保険への加入は必須ではありません。将来的な家計状況を見据えた上で加入を検討することが、一番重要です...

ジュニアNISAを利用する

子どもの教育資金をお得に作るには?2016年4月から始まる子どものためのNISA、「ジュニアNISA」を知っていますか? 消費税などの増税の流れが続く中、2016年4月から子どものための少額投資非課税制度がスタートします。小さい子どもがいるパパやママが、おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さんの資金的協力を得て、今後のわが子の教育資金を準備することができる仕組みです。
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック (42) 子供や孫ができたら「ジュニアNISA」口座を開設して教育資金の準備をする!?連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウを、ファイナンシャルプ...

日々の節約と運用で必要なお金を貯金しよう!

食費を削るより効果的!固定費削減で賢く教育資金を早めに準備子育て世代は、習い事など出費も多く、将来の教育資金のことも心配。できれば早い時期から、将来に備えて貯蓄をしておきたいですね。ファイナンシャルプランナー加藤貴司さ...
5分でわかる!家計簿相談室 『あと10年で教育資金と老後資金を準備したい。貯蓄目標額はどう考えたらよい?』41歳男性です。妻は39歳で自営業です。現在は、妻の収入が多く、私の収入からすればぜいたくな生活をしていると自覚しています。ただ、この状態が長く続く保証もないた...
子どもの大学入学までに貯めておくべき金額は!? 貯金をふやすための3つの方法教育費の中で最もかさむのが大学の学費。国公立で約890万円、私立理系では約1240万円もの学費が想定されます。そんなに教育費がかかるなんて!とびっくりしたママも...

教育資金作りのために知っておくとよい制度

【知って得する!保険の基本】教育資金準備計画の死角長女の大学の費用をやっとのことで準備したF家であったが、伏兵は思わぬところからやってきた。伏兵の名は、「国民年金」である。
節税&将来の学費にも! 教育資金贈与の特例【お金と子育て】マネーのプロが解説する「お金と子育て」の話。第7回は、祖父母などからの教育資金の贈与が非課税になる「教育資金贈与の特例」について。お孫さんにお金をあげるなら、教...
低金利に無利子も…自治体「教育ローン」活用のすすめ「春めいてきました。お子さんのいるご家庭では、進級・進学の季節ですね。学年が上がるほど『教育費が上がる』『高すぎる』と、お嘆きの声が聞こえてきそうです」
月5000円支給される? 主婦の50%が知らない「こども保険」とは「こども保険」って知っていますか?「保険」という言葉がついているため、つい学資保険などの、子どもに関する保険商品の一種だと考えてしまいがちですが、実は違うんです...

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.