最新ベビーシッター情報まとめ 「高い」「不安」はもう古い?

(c)ucchie79 - stock.adobe.com

最新ベビーシッター情報まとめ 「高い」「不安」はもう古い?

日本ではあまりベビーシッターが普及していませんでした。しかし保活問題や専業ママでも一人時間を確保したいことなどからベビーシッターを雇いたいと考える家庭は以前よりずっと多くなっています。それに呼応するようにベビーシッターを提供する側も変わってきました。マッチングは当たり前、低価格で安心して任せられるシッターを選べる仕組みができています。そんないまどきのベビーシッター事情をまとめました。

知っておきたいベビーシッターサービス

育児を頑張るママへ。知っておきたい「ベビーシッター」サービス11月12日:今日は「育児の日」「育(いく=1)児(じ=2)」と読む語呂合わせから毎月12日は「育児の日」を制定されています。自分1人の生活だけでも大変なのに、子どもをしっかりと育てている全国のお母…
ベビーシッターサービス「キッズライン」でママの晩ご飯も頼めちゃう!?出典:利用料金が1時間1,000円から、前日・当日でも依頼可能という、使いやすさが売りのベビーシッターサービス『キッズライン』が、新サービスとして“お料理サービス”をスタートしました。現在、約1,0…
安心? 高い? 病児保育は? 「ベビーシッターサービス」を調べてみた!インフルエンザや感染症が流行る今の季節は、子どもの体調が一番の心配ごと。「熱はないか?」「咳は大丈夫?」「保育園から発熱の電話がかかってくるかも?」など、ひやひやした日々を過ごしているママも多いので…
保育園に入れない…! そんな時に考えたいベビーシッターの種類と料金設定とは? 美容院に出かけたり、仕事をしたり、さまざまな理由で子どもを預けたいけれど、保育園の空きもないし、両親にも頼れない…と悩んではいませんか? そんなママたちは、ベビーシッターに預けるという第二の選択肢が…

ベビーシッターに対するパパ・ママの本音

【パパママ本音調査】ベビーシッター雇用約8割が「他人が家に入ること」に不安ホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」を発売しているパナソニック株式会社は、“保活”ピークシーズンを迎える今、働くパパママにとって子どもを預ける手段の一つ、「ベビーシッター」についての調査を実施。過去5年以内に「ベビーシッター」依頼経験があるパパママを対象に、依頼理由や不安を感じたことなど意識・実態を調査した。正社員の託児手段として選ばれている「ベビーシッター」パパママが「ベビーシッター」を依頼した背景を探るため、依頼当時の雇用形態をきいたところ、1位の「正社員」が7割を占め(70%)、2位の「働いていなかった」(12%)や3位の「アルバイト・パートタイマー」(9%)を大きく引き…
便利だけど不安も…ベビーシッター、利用したことありますか?【パパママの本音調査】 Vol.182今では、大手だけでなく利用する人と預かる人のマッチングサービスなどもあるベビーシッターやチャイルドシッター。仕事を持つママの味方として利用する人は増えているのか調査してみました。Q.ベビーシッターやチャイルドシッターを利用したことはありますか?1.ある       5.5%2.興味はあるがない 9.0%3.ない       85.1%4.その他      0.5%共働き家庭が増えたとはいえ、まだまだベビーシッターやチャイルドシッターの壁は高いよう。ほとんどの人が利用したことがないという結果になりました。■子どもを預けるのが不安! 信用できないベビーシッターによる犯罪などを聞いてしまうと、どうし…

ベビーシッターを利用する前に知っておきたいポイント

安心してベビーシッターを利用するためのポイント8つ【3歳児神話#10】出典:歳まではママが育てないと子どもの成長に悪影響が生じる……という“3歳児神話”。どこまでがホントなのか気になるところです。この連載では“3歳まで”をキーワードに、よくあるケースを取り上げ、「やっておこう」ポイントをお伝えします。 今回は、安心してシッターを利用するポイントを解説します。「ママが手をかけてあげないと、子どもがかわいそう……」こんなことを言われて、ハッとしたことはありませんか?近年は働くママが増え、育児の負担も高まっています。育児をサポートするシッターの存在は大きく、厚生労働省でも利用を後押しする動きも出てきました。なお厚生労働省でも「ベビーシッターなどを利用するとき…
本当に安全? マッチングサイトでベビーシッターを利用する際の注意点こんにちは、メンタルケア心理士の桜井涼です。待機児童が問題となっている今の時代、保護者の帰宅時間まで子どもの面倒を見てくれるベビーシッターの存在は本当に助かるものです。最近ではネットでベビーシッターのマッチングサイトが多く存在するため、子育て家庭には非常に便利な世の中になったと感じる人もいるでしょう。しかし、ベビーシッターサービスにはまだまだ問題が多くあり、中には死亡事故が起こったケースもあります。そこで今回は、ベビーシッターサービスの実態について調べてみました。●ベビーシッターに対する国や自治体の対応2016年4月から個人シッターは都道府県へ届け出をすることが義務づけされています。省令では、…
国が半額を補助!? ベビーシッターを安心して利用するための注意点8つこんにちは、子育て研究所代表の佐藤理香です。2016年9月30日、厚生労働省が2017年度から子育てサービスを拡充する ということが報道されました。ベビーシッターを利用したときの費用の半額を、国が補助するなど画期的な内容になっています。都心部では待機児童が集中していますので、子育ての受け皿となり、ママたちが外で働きやすくなることを願います。このベビーシッターサービスは賛否両論あるものの、徐々に定着しつつあります。Web上で個人のシッターと家庭をマッチングするサイトも多数でてきています。一方で、不安視する親も多いのが現状です。今回は、ベビーシッターを利用するときの注意点をお伝えします。●(1)ま…
トラブルに発展しがち!「ベビーシッターを利用する前」に注意したい3つのコト子どもと過ごす毎日は楽しいけれど、たまには友達とゆっくりと食事をしたり、一人で美容院へ行ってリフレッシュしたい。ママであれば誰しも一度はそう感じたことがあるのではないでしょうか?産後のリフレッシュだけでなく、子どもをベビーシッターに預けるワーママも増えてきています。ただ、ベビーシッターを利用する前にはある程度の準備をしておかないと、リフレッシュするために預けたはずがなんだか疲れてしまった、ということにもなりかねません。そこで今回は、元認可保育園園長で保育サポート事業を行いながらベビーシッターとしても活躍中の筆者が、ベビーシッターとのトラブルを避けるためにも利用の前にやっておくべき3つのポイント…
安心して任せられるベビーシッターの見極め方仕事復帰を検討しているママにとっての大きな問題といえば、「子どもをどこに預けるか」という点。「近くの保育園は待機児童でいっぱいだし、親族からはなかなかサポートしてもらえないし…」というママもいるのではないでしょうか。そんなピンチの時には、最近浸透し始めているベビーシッターを利用してみては? ベビーシッターというと、昔はお金持ちが利用するサービスというイメージがありましたが、少しずつ一般の人も利用するようになり、今では多くの家庭で取り入れられているようです。ただ、ベビーシッターを利用した事件もあり、利用する際はどれだけ安心できるベビーシッターを選ぶかが重要なカギを握るといえます。そこで今回は、ベ…
共働き継続のためのベビーシッター利用 実際のところはどう?女性の社会進出が推進される一方、待機児童問題など、そのための環境がなかなか整わないというのが現状。そんな中、ママが働きに出るための選択肢のひとつとして、ベビーシッターの利用を検討する家庭も増えているようです。そこで今回は、ベビーシッター利用の体験談を集めてみました。働くママたちの声から、そのメリット・デメリットや、注意点について考えてみましょう。■単発の利用が可能!「平日は保育園を利用していますが、夫婦ともに休日出勤となることがときどきあり、その日は単発でベビーシッターを依頼しています」こちらは、広告会社に勤務する30代女性・Hさんの体験談。ベビーシッターと聞くと「継続して利用する」というイメ…

ベビーシッター体験談

「産後ドゥーラ」の資格も!我が家をサポートしてくれる“神シッター”0歳の男の子のパパである「オムツ王 」さん。出典 : Upload By コノビー編集部オム王さんの子育て漫画では、「産後ドゥーラ」という資格を持つベビーシッターさんのエピソードが紹介されています。産後ドゥーラとは、産後間もないママを支えて、家事や育児をお手伝いしてくれる専門家のこと。どんな風にお手伝いしてくれるのかというと…!?ご本人に許可をいただいたので、ぜひオムツ王さんの漫画を通してご覧ください。ご紹介します。出典 : Upload By コノビー編集部出典 : Upload By コノビー編集部「慣れている」ってありがたい!出典 : Upload By コノビー編集部出典 : Uplo…
深入りは厳禁!? “ベビーシッター”で働いた人の体験談と注意点3つベビーシッターの仕事は、育児が一段落ついたママたちが「もう一度働こう」と思ったときに気になるパートのひとつ。求人広告を見ると、自分の子育て経験を生かせる、勤務時間が自由でプライベートがしっかり確保できる……といった華々しい謳い文句が並びますが、実際のところはどうなのでしょうか?そこで、ベビーシッターとして働いたことのあるママさんたちに経験談をインタビューしてみると、意外な“落し穴”が見えてきたんです。今回は、ベビーシッターとして働き始めるときにハマってしまいがちな落し穴3つを挙げながら、対策についても考えていきましょう。●(1)仕事のドタキャンが多い『仕事が急になくなることは、しょっちゅうあり…
さあ困った、双子がいるのにパパが出張! 初めてのベビーシッター依頼体験現在、双子育児で産休中の私、ついに初めて家人に宿泊出張が入ってしまいました! 週末はかなりのイクメンぶりを発揮している家人が泊まりで不在! さあ、どうする…。慣れない双子育児で心配な私は、家人不在の間、シッターさんを頼むことにしました。ベビーシッターの探し方初めてベビーシッターを依頼するにあたり、依頼先を以下の4つに絞り込みました。それぞれのメリット・デメリットを、感想とともに挙げてみます。<方法1>シッター会社に依頼 ~とにかく高い!でも、お金で安心を買える・メリット:シッターの登録人数が多いため、よほどの緊急でない限り依頼が可能。何か起こった時にも保険加入等での対応が可能。・デメリット:高…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.