ボジョレー・ヌーボー2014解禁!イベント、お料理、ワイン情報  まとめ

ボジョレー・ヌーボー2014解禁!イベント、お料理、ワイン情報 まとめ

ワイン愛好家の皆さん、ついにやってきましたボジョレー・ヌーボー解禁日!2014年もお決まりの第三木曜日(11/20)に解禁されます。イベント情報はもちろんのこと、ワインの飲み方、ビールが大好きな方にまで、幅広くボジョレー&お酒情報をお届け!

ボジョレー・ヌーボーのイベントで素敵な人に出会えちゃう!?

ボジョレー・ヌーボーイベントは出会いの宝庫!?11月といえば、なんといってもボジョレー・ヌヴォーの解禁です。毎年、あちらこちらで大々的にイベントが催されていますね。せっかくのお祭り騒ぎを、恋活に応用し、来月のクリスマスに向けて弾みをつけちゃいましょう! ■2014年の解禁日はいつ?まずは基本中の基本、解禁日からおさえておきましょう。ボジョレー・ヌヴォーは、第三木曜日の午前0時解禁とされています。余談ですが、日本は時差の関係で、ほかの国よりも解禁時刻が早めに訪れるため、ボジョレー・ヌヴォーの本国フランスに勝るとも劣らないほど盛り上がるのでしょう。さて、今年の解禁日は11月20日木曜日の午前0時ということになります。感覚的には、19日水曜日…

ぜひ行きたい!ボジョレー・ヌーボー2014のイベント

解禁日は飲み放題!銀座『ワインホールグラマー』にてボジョレーヌーボーイベント開催!期間限定コースも提供!ダイヤモンドダイニングが運営する銀座『ワインホールグラマー』では、11月20日(木)のボジョレーヌーボー解禁日に合わせ、ボジョレーヌーボー飲み放題のイベントと、期間限定のコースを提供する。ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月第3木曜日で、今年は20日に解禁となる。銀座『ワインホールグラマー』で行われるイベントは19日深夜、日付の変わった午前0時から開始され、4時間限定でボジョレーヌーボーがセルフサービスで飲み放題というもの。予約が必要で、受付は19日23時15分から。料金は、一人1,000円(税別)、別途チャージ料金500円(税別)がかかる。また『ワインホールグラマー』と、イタリアンダイニン…

ワインによく合うレシピとスイーツ

ボジョレーにも、おもてなしにも! 電子レンジでつくる簡単チーズポトフ秋、美味しいものが溢れる季節です。そして、ワインLOVEな皆さまにおかれましては、待ちに待ったボジョレーヌーヴォーがついに解禁です。今やレストランや店頭などで、秋の恒例イベントとなりましたが、今年はお家で簡単おつまみと一緒にいかがでしょうか?寒さが少しずつ増し、温かいものが恋しくなってきました。今回は、体がポカポカに温まるポトフを、ボジョレーにも、おもてなしの一皿としても使えるようなアレンジを加えてご紹介します。野菜を切ったら、あとは電子レンジ任せの簡単ポトフ。そこに、これまた電子レンジでチンして作る秘密兵器のチーズソースをとろ~りとかければ、シンプルなポトフもあっという間に、おしゃれでワイン…
秋の夜長はワインとおいしい料理でステキな時間を過ごしては? よしもと芸人が教えるボジョレー・ヌーボーにぴったりのレシピ [PR]秋の夜長に、おいしいお酒を飲みながら、彼とDVD鑑賞なんていいですね。まして、11月20日はボジョレー・ヌーボーの解禁日。ワインを飲む機会も増えるのでは? やっぱりワインだけではさびしいですよね。ワインに合うひと品をささっと作れたら、彼の見る目が変わるかもしれません。料理は苦手なのという人も大丈夫。Y’sキッチンを参考にすれば、誰でもささっとおいしい料理が作れるのです。Y'sキッチンとは、「忙しくても美味しいものは食べたい。毎日の生活をちょっとだけ楽ちん&豊かにできれば…」という声に応えたもの。だから、時間をかけることなく、楽ちんに料理が作れるというわけ。毎日忙しく過ごしている“よしもと芸人”…
簡単!ワインに合う秋レシピ 丸ごとサンマとオリーブのトマト煮込み塩焼きで食べることが多い旬のサンマ。もちろん、脂ののったサンマの塩焼きは絶品ですが、栄養価も抜群なので、この時期いろいろな食べ方で楽しんでもらいたいところ。たくさん手に入ったら洋風メニューにも活用してみましょう。サンマとブラックオリーブの入ったトマト煮込みはワインのおつまみにもぴったり! 圧力鍋なら短時間で骨までやわからく煮ることができます。圧力鍋を使わない場合も、少し時間はかかりますが、お酢を加えて煮るのでやわらかく仕上がります。それでは、さっそく作り方です。●サンマとブラックオリーブのトマト煮込み(4人分)<材料>サンマ…4尾ブラックオリーブ(種なし)…16粒にんにく…1かけたまねぎ…1/…

ボジョレーの豆知識~ワインが飲みたくなる本まで

まもなく解禁!オトナ女子が知っておきたい「ボジョレー・ヌーボー」豆知識今月20日に解禁を迎えるボジョレー・ヌーボー。広告や宣伝などでよく耳にしますが「実際のところ、よく知らないかも」という人も多いのではないでしょうか。どんなワインなのか、解禁前におさらいをしておきましょう。旬のトピックなので、知っておけば重宝すること間違いなしですよ。そもそも、ボジョレー・ヌーボーとは?フランスを代表するワインの産地ブルゴーニュ。この地方には「ワイン街道」と呼ばれる、ぶどう畑が広がる一帯があります。このひとつを構成するボジョレー地区で作られるボジョレーワインの新酒を「ボジョレー・ヌーボー」と呼びます。独特の製法に加えて、短期間の醸造工程で作られることもあり、フレッシュで軽やかな味…
ボジョレーだけじゃない! 日本固有のぶどう品種ワインに注目11月第3木曜日は、ワインの新酒の解禁日。まっさきに「ボジョレー・ヌーボー」を思いうかべる人も多いと思いますが、ことし、国産のヌーボーに目を向けてはいかがでしょう?「ボジョレー・ヌーボー」とは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地域でつくられる新酒のこと。ここ数年の日本での盛り上がりはすさまじく、本場フランスよりも日本のほうが盛り上がっていると言われることもあるほど。ワインの地酒ともいえる「ボジョレー・ヌーボー」を堪能するものいいですが、 ことしは、日本のヌーボーもおすすめです。日本固有のぶどう品種でつくるワイン日本が世界にほこるワイン産地といえば、山梨。今から130年前の明治初期からワイ…
11月15日ボジョレー解禁! イオン・西友・ドンキなど各社のイチオシは?11月15日にボジョレー・ヌーヴォー解禁を迎えるにあたり、イオン、西友、ドン・キホーテは、今年販売する各社オリジナルの「ボジョレー・ヌーヴォー」を発表した。イオンは「トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」を発売。同商品は、特に優れた生産環境を備えた一部の産地だけが名乗ることを認められている「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」として、国内初のPB(プライベートブランド)商品となる。価格は680円より。同社のワイン輸入を担っているコルドンヴェールのボジョレー・ヌーヴォー輸入量は、日本最大の110万本(750ml瓶換算)となった。その感謝の気持ちと東北エリアの復興への願いを込め、本…
人が持つやさしさと、人と人とのつながりのせつなさに思わず涙する小説『ぶどうのなみだ』で癒されては? [PR]誰もが毎日の生活を生きる中で、いろいろなものと“折り合い”をつけながら生きていることでしょう。仕事や、親や周りの人との人間関係、子どもの頃からの夢など。私のようなアラサー女子のように、毎日の生活に追われ、“折り合い”をつけることにすっかり慣れて、自分の本当の心にさえ気づかないほどの人もいるのでは。小説『ぶどうのなみだ』のヒロイン、エリカは“折り合い”をつける人生を飛び出し、世界中をキャンピングカーで旅し、各地でアンモナイトを探し続け、北海道のソラチにたどりつきます。そこで出会ったのは、絶対に“折り合いをつけない、つけられない”男、アオ。土を掘り、アンモナイトを探すエリカと、ピノ・ノワールを育て…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.