美容、ダイエットに ココナッツオイルの使い方 まとめ

美容、ダイエットに ココナッツオイルの使い方 まとめ

最近テレビでも話題のココナッツオイル!美容効果だけではなくダイエット効果もあったりと、ココナッツオイルはとても優れたオイルなんです!コあなたも生活に取り入れてみては?ココナッツオイルを使ったレシピも紹介!

■ココナッツオイルとは?ココナッツオイルは美容にいい事が沢山!

ハリウッドセレブに話題沸騰中のオイルで、ナイスボディと美肌が同時に手に入る?今、私たちがスーパーで購入して使っているサラダ油やコーン油、紅花油やキャノーラ油などの植物油やマーガリン、炒め物に使ったりパンに塗って食べていますが、これらの油は熱を加えたり長期で保存すると酸化してしまいます。酸化した油は、過酸化脂肪酸になりコレステロールの蓄積を助長。さらに、老化の主な原因になるので、油を選ぶ際には注意が必要なのです。そこで、最近注目されているのが地球上最高のオイルといわれている“ココナッツオイル”。日本では、あまり聞き慣れない名前ですよね? しかし、世界では古くからココナッツオイルが「健康な身体や皮膚とつくる油」として使用されていました。ハリウッドセレブのアンジェリーナ・ジ…

■ココナッツオイルの使い方と美容について

ミランダ・カーもご愛用! キレイになれるココナッツオイルの使い方先日来日し、キュートな笑顔とセクシーなボディで多くの日本人を魅了した大人気モデル、ミランダ・カー。ファッションや美貌、私生活だけでなく、その美肌も注目を集めている昨今、彼女が「これなしではいられない!」と毎日愛用しているココナッツオイルの豊富な使い道をご紹介したいと思います。ココナッツオイルの使い方1、サンオイルとしてココナッツオイルは紫外線をカットする効果があるため、サンオイルの原料として使用されています。その紫外線カット率は20%とも言われています。日焼け止めと上手に併用して紫外線から肌を守りましょう。2、スキンケアにココナッツオイルには抗酸化作用があるため、肌の乾燥やシワを防ぐ効果があり…
海外セレブ御用達「ココナッツオイル」でキレイになる方法ミランダ・カーやアンジェリーナ・ジョリーなど、海外セレブも愛用しているという『ココナッツオイル』。美にストイックな海外セレブを魅了している「ココナッツオイル」には、どんな魅力があるのでしょうか?今回は、「ココナッツオイル」についてご紹介したいと思います。■「ココナッツオイル」って何?ココナッツオイルは、熟した茶色いヤシの実の胚乳(白い部分)を絞ったのち、発酵もしくは遠心分離によってオイル分だけを取り出したもの。ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸を多く含む珍しいオイルです。■「ココナッツオイル」で美しくなれる理由3つ(1)身体サビを予防!ココナッツオイルの脂肪分の約60%が中鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸は、…

■ココナッツオイルはダイエットにも効果的

ダイエットにも! 海外セレブも注目のココナッツオイル、そのとり入れ方は!?今や、海外セレブを中心に注目を集めているココナッツオイルですが、食用、美容用と用途も多く、数々の嬉しい効能も発表されているのです。画像:Pavel Timofeev - Fotolia.com■ココナッツからとれるオイルココナッツはヤシ科の植物で、ココナッツオイルは白い果肉(胚乳の部分)から抽出され、作られます。ココナッツオイルは、脂肪酸の分類では、飽和脂肪酸という動物性の脂肪酸に多いグループに属します。動物性脂肪酸は通常、体内で固まりやすいこともあり、過剰な摂取には注意が必要ですが、ココナッツオイルは、他の動物性の油に比べて融点が低く、25度くらいで固体から液体に変わるため、血流を悪くする心…

■ココナッツオイルを使ったレシピを紹介!

バター不足の救世主。話題のココナッツオイルで作る「ヘルシー・ココナッツバナナケーキ」バター不足が深刻な昨今、バターの代わりにお菓子やパン、料理に活躍してくれる話題のココナッツオイルを使ったヘルシーなココナッツバナナケーキをご紹介! ココナッツオイルは代謝アップや便秘解消、免疫力の向上などに効果があると言われている優れもの。体にいいだけでなく、バターに負けず劣らずおいしく使えるのもうれしいですよね。今回ご紹介するココナッツバナナケーキも、しっとりとして、ほどよい甘さなので、朝ごはんにもおすすめ。それでは、材料から。●ココナッツバナナケーキ(18cmのパウンド型1台分)<材料>バナナ…1本(100g)A薄力粉…100gAベーキングパウダー…小さじ1ココナッツオイル…40gきび砂糖…
子供でも安心! まろやかでおいしいココナッツカレーのレシピココナッツには必須脂肪酸といわれる飽和脂肪酸がたくさん含まれています。飽和脂肪酸は、バターやラードにも含まれていますが、子どものお腹の負担を考えると、ココナッツで摂取することが好ましいとされています。というのも、バターやラードよりも、ココナッツは融点が低く、体温でも簡単に溶けるので、お腹の中で固まらない脂として有名なのです。子どものお腹の温度はだいたい38~39度。この状態でも溶けていられるココナッツオイルで必須脂肪酸を摂取するように心がけましょう。そして、カレーのルウにも注意。実は市販のカレールウには、動物性の油脂と植物性の油脂、小麦を使ったものや米粉を使ったものまで、さまざまな種類がありま…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.