東京都でインフルエンザの「流行警報」! 冬を元気に乗り切る予防まとめ

(c)Halfpoint - stock.adobe.com

東京都でインフルエンザの「流行警報」! 冬を元気に乗り切る予防まとめ

東京都内のインフルエンザ患者が急増し「流行警報」が出されました。インフルエンザが原因の学級閉鎖や休校は、今シーズンの累計で、2017年の同じ時期を大きく上回るようです。妊婦さんやお子さんのいる家庭では何とかして防ぎたいものですよね。そこで今回はインフルエンザ予防に役立つ情報や、いざかかってしまった時にどうしたらよいかまとめました。

まずは予防接種を

【小児科Q&A】卵アレルギーでも「インフルエンザワクチン」は接種できる?source:筆者がインフルエンザの予防接種外来をしていてよく頂く質問に、「卵アレルギーでも接種できますか?」というものがあります。なぜこのような質問をされるかというと、インフルエンザワクチンの製造には、鶏卵が使用されるからです。オーストラリアのコホート研究では1歳児の8.9%が卵アレルギーだと報告されており、わが国でも卵アレルギーを有する子どもは少なくありません(※1)。そこで今回は、小児科医でありアレルギー科医でもある筆者が、卵アレルギーのお子さんでもインフルエンザの予防接種ができるかどうかをお伝えします。 インフルエンザワクチンに含まれる「卵の量」はどれくらい?先の通り、インフ…
予防接種は毎年受けるべき? 内科医が教える、おとなのためのインフルエンザ講座毎年、冬の寒さが本格化すると、「流行注意報」や「猛威」などのキーワードとともに、インフルエンザについてのニュースをよく耳にします。大人はどういったことに気をつければいいのでしょうか。大阪府内科医会理事で今井内科小児科医院(大阪府狭山市)の今井真院長に、予防接種や受診の目安など、「インフルエンザの4つの疑問」について尋ねてみました。インフルエンザ予防接種の受ける意味は?——はしかや結核のワクチンとは違って、インフルエンザは「毎年」のように予防接種を受けるように勧められるのはなぜですか?今井医師:はしか(麻しん)の予防接種や結核を予防するBSGワクチンを毎年受ける必要がないのは、ウイルスに対する免…

インフルエンザを予防する習慣

手洗いうがいの習慣化ができている家庭は●●% 親ができてないことも!?【パパママの本音調査】 Vol.191冬になり、寒さも厳しくなりつつあります。空気が乾燥しだすと風邪やインフルエンザの心配も出てきますよね。そこで、風邪予防のための手洗いうがい習慣について、パパママ世代に聞いてみました。Q.お子さまの手洗い・うがい、毎日できていますか?1.毎日できている       31.7%2.だいたいできている     38.7%3.あまりできていない     24.2%4.できていない         5.5%もっとも多いのは、だいたいできているの38.7%という結果になりました。風邪予防は毎日できていないとあまり意味がないので、習慣化することが大切です。■習慣化できている子は風邪をひかない!?幼稚園や学校…
歯科衛生士が伝授! 風邪やインフルエンザ予防に効果的な歯磨きのコツこんにちは、歯科衛生士の鈴木ハナコです。今日もワンオペ育児がんばってます!同志のみなさまいかがお過ごしですか?ワンオペ育児で交代要員がいないと、子どもの不調もさることながら自分自身の体調にも悩まされますよね。中でも一番避けたいのはインフルエンザ!実は私も、予防接種をしていたにも関わらずかかりまして、大変な目に遭いました。今回は手洗いうがいなどの基本的な病気予防に加えて気軽にできる予防法を紹介します。●普段の予防法に一工夫、インフルエンザは歯磨きで予防する!手洗いうがいが基本のインフルエンザ予防ですが、流行期にはさらに一工夫していつもより丁寧に歯磨きをしましょう。口の中にはインフルエンザのような…
「マスクを玄関先ではずす」 内科医が実践する、風邪・インフルエンザの予防習慣18「医師にとって、自分の風邪とインフルエンザの予防は重大な仕事の一つです」と話すのは、大阪府内科医会副会長で、泉岡医院(大阪市都島区)の泉岡利於(いずおか・としお)院長。医師はどのように自分の風邪を予防しているのでしょうか。詳しく教えてもらいました。マスクの表面にはウイルスがついていると想定する「風邪とインフルエンザでは、主に2つの感染ルートがあります。人のせきやくしゃみによって飛び散ったウイルスが自分の口や鼻、目の粘膜にくっつく『飛沫(ひまつ)感染』と、ドアノブや便座などからウイルスに直接触れる『接触感染』です。私は、これらを防ぐために次のようなことを心がけています」と話す泉岡医師は、具体的に…
鼻をほじるのはダメ 内科医に聞く「これだけは避けたい」インフルエンザの感染源7つ毎冬、インフルエンザが大流行中という情報が飛び交いますが、自分で予防するためには、いったい何に注意をすればいいのでしょうか。「まずは感染源を知って、感染の経路を断つことがポイントです」と話すのは、大阪府内科医会副会長で、泉岡医院(大阪市都島区)の泉岡利於(いずおか・としお)院長。詳しいお話を聞いてみました。口、鼻、目からウイルスに感染するーーインフルエンザに感染するのを防ぐには、何にどう気を付ければいいのでしょうか。感染経路が関係するとのことですが、インフルエンザはどのようにうつるのでしょうか。泉岡医師:主な感染経路は、「飛沫(ひまつ)感染」と「接触感染」の2種類です。「飛沫感染」とは、感染し…

食事で元気な体作り

おかゆやうどんにトッピング! 管理栄養士が教える、体を温める栄養素体の冷えがつらい、また風邪やインフルエンザを予防するために、「まずは日々の食事で栄養を適切にとっておくことが重要です」と話すのは、管理栄養士として食事指導を行う西山和子さん。そこで、それらのために摂取するべき栄養素と、働き女子がさっと作って食べられるよう、うどんやおかゆのプラスアレンジメニューを教えてもらいました。体の冷えは免疫力の低下をまねくまず、体を温めて風邪やインフルエンザを予防、またかかっても悪化させないための食生活について、西山さんは次のように説明をします。「体が冷えるのは、寒くて体温が低下すること、運動不足などで血流が悪くなること、またダイエットで筋肉量が減っている、やせすぎで体脂…
気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?乾燥が厳しく、風邪やインフルエンザなどの感染症が流行しつつあるこの季節。気になるのはその予防法です。β-カロテンで粘膜を健康に感染症予防で大切なことの1つに、粘膜を健康に保つことがあげられます。鼻や喉の粘膜が乾燥していると粘膜の防御機能が低下し、ウイルスも侵入しやすくなるから。そこで味方になるのが、人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つとされる栄養素「β-カロテン」。管理栄養士・豊田愛魅さんがレシピ監修した石原新菜医師による書籍「にんじんドレッシング健康法」によると、β-カロテンは体内に入るとビタミンAに変わり、優れた抗酸化作用で活性酸素を除去して、血圧を下げ、免疫力を高める働きもあるのだそう…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.