確定申告は大丈夫?  損をしないポイントや書き方、基本知識 まとめ

(c)hanack - stock.adobe.com

確定申告は大丈夫? 損をしないポイントや書き方、基本知識 まとめ

確定申告の提出期限は毎年3月15日(平日の場合)と決まっていますね。税金の申告書となると書き方が難しそう…と、なかなか仕組みやルールについて理解できていない方も多いのではないでしょうか。確定申告について、今さら聞けない基本の基礎情報や、知っておいて決して損にはならない税金についての情報などご紹介します。

確定申告の基本情報

独立・開業に必要な経営ノウハウが知りたい!【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】独立・開業を目指す時に必ず気になるのは“お金”のコト。いざ開業したのは良いけれど、どのくらいの年収になるのか、確定申告などどうしたらいいのか、そもそもどんな時に...
馴染みないけど…会社員でも「確定申告」をした方が良いケースがあるって本当?年末調整も終わり、自分の税金関係については一区切りしたという会社員の方は多いと思います。ただ、一方で確定申告という言葉がありますが、会社員にとってはあまり馴染み...
勤務先の年末調整に間に合わなかったら…自分で確定申告し所得税を取り戻す!年末調整の書類提出は、すでに終わっていることでしょう。多くの会社員は、年末調整によって所得税の過不足が調整されるので、確定申告の必要はありません。しかし年末ぎり...
太陽光発電での売電収入にも確定申告が必要?税金について押さえておこう太陽光発電は家庭用の場合でも経済産業省への設備認定が義務付けられています。では、電力会社との間で発生する太陽光発電による電力の買取や設備にはどんな税金がかかるの...

住宅関連は金額も大きいので見逃さないで

会社員でも家購入したら確定申告!住宅ローン控除で払った税金が還ってくる確定申告とは税金を納める事は国民の義務なので、所得があった人は、所得に応じて所得税を払う必要があります。所得税を払うために「いくら所得がありました。その結果、所...
住宅ローン控除だけじゃない!住宅関連のおトクな制度と控除5選年末調整・確定申告の時期になると、気になるのが控除による節税方法や関連するお得な制度です。住宅関連の中では「住宅ローン控除」がよく知られた制度ですが、ほかにも意...
今年の注目は住宅関連の控除!確定申告でトクするポイント「会社員やパートの方も、確定申告することで、還付金が手に入るかもしれません。申告漏れはもったいないですよ」そう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。今月1...
マンションの売却益にも税金はかかる!課税率や特別控除、確定申告の方法を解説マンションの売却を検討している人にとって、意外な盲点になっているのが「税金」です。税法上、売却によって得たお金は課税対象とみなされます。このことを忘れていると、...
マンションを買い替える場合も特例は受けられる!条件と確定申告の方法を紹介マイホーム(居住用財産)を買い替えたときに、税金に関して適用される特例があることをご存じですか。ここでいう「マイホーム」とは「持ち家」のことで、マンションも含ま...
マンションを売却した後の確定申告では減価償却が必要。計算のポイントを解説しますマンションを売却したら、その年度末に確定申告をする人が多いはずです。確定申告をするときには、減価償却費の計算が必要となります。しかし、減価償却って何?という方も...

医療費で損をしていませんか?

妊娠出産でかかった医療費も「医療費控除」で申告すると、税金が戻ってくる【妊娠・出産でもらえるお金一覧2017 Vol.5】かかった医療費を確定申告することで、お金が戻ってくる制度が「医療費控除」。手続きの概要と初心者にオススメの申告時期を紹介します。
医療費のかかった一年。会社員でも確定申告は必要?【40代からのマネー計画】春先に骨折して入院。それ以外には歯のインプラント治療を行ったり、喘息の症状が出て通院したり。今年は医療費が結構かかりました。私は会社員ですが、確定申告をしたほう...
税金が戻ってくる「セルフメディケーション税制」って?個人事業主が確定申告をする際に、意外と盲点になっているのが『セルフメディケーション税制』だ。2017年から開始されたばかりの税制度で、名前は何となく聞いたことは...

ふるさと納税をしたら確定申告は?

ふるさと納税をしたら確定申告が必要? わかりやすく解説! ふるさと納税で寄附をすると、額に応じて所得税と住民税が戻ってきます(控除されます)。そのための手続きの一つが確定申告。今まで行ったことのない人にとっては難しいイ...
ふるさと納税は確定申告が必要?税金控除の仕組みやメリットを紹介ふるさと納税はお得と聞いたことがある方でも、その仕組みを詳しく理解していない方が多いのではないでしょうか。何となく難しそうと思わずに、ふるさと納税の仕組みを理解...

申告漏れにならないように、税金について学びましょう

確定申告前に知りたい“節税テク” 元国税局職員の芸人が指南「このお金何に使ったっけ?でも、経費でいっか!」などとテキトーに計上していると、「税務調査」で痛い目に遭うことに……“正攻法”はキチンとあるんです!
勘違いしていない!? 配偶者控除103万円の落とし穴税金は上がるし、子どもの教育費も夫婦の老後のことも心配…。「少しでも家計の足しになれば」と、仕事を始めるママもいるのでは?ところで、パートやアルバイトをするとき...
贈与税を回避!人気FPに聞く「孫へのおこづかい」の賢い渡し方孫へのおこづかいの渡し方可愛い孫には財布のヒモがゆるみがち。でも余計な税金を国に取られるのは絶対イヤ!お得な援助方法を、人気FPに聞きました。■『贈与税』をいか...
【専門家・先輩ママ 教えて!】産休・育休中の健康保険や年金、税金の支払いはどうなるの?産休・育休中の健康保険や年金、税金の支払いはどうなるの?専門家の回答産前産後休業の期間中(ただし、産前42日(多胎の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠出産を...
二世帯住宅のメリットは税金対策!プライバシーの確保は大丈夫?【不動産用語集】二世帯住宅は、法律的な定義でいえば「重層長屋」と称しますが、実は最近話題の「テラスハウス」もこの長屋だったりします。二世帯住宅には主に3つのタイプがあり、そして...
保険加入でおトクに? 相続しても税金がかからない“非課税財産”7つこんにちは、金融ライターの齋藤惠です。資産があっても、そこから引かれる税金って結構高いものです。自分の財産を少しでも多く家族に残すには、どうすれば良いのでしょう...
知らなきゃ損!育児休暇中は税金が7万円もお得!フルタイムの共働きだと、配偶者控除に対して無縁のように思ってしまいますよね。ところが、産休、育児休暇中に対しては夫の扶養に入れる可能性が高く、簡単な手続きで配偶...
身近な「医療費控除」も新制度がスタート! 家計を元気にする節税のきほん【知っている人だけトクする税金術 2017 第6回】税金の制度の中で、ママにとってはもっと最も身近な税金、「ふるさと納税」と「医療費控除」について説明したい。この税金のおトクを知ることについて、税理士の湊 義和さんは、「『税金に親しむキッカケ』にしてみては?」と話す。

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.