男性の妊活事情まとめ 夫婦で足並みそろえて始めるために!

(c)silverkblack - stock.adobe.com

男性の妊活事情まとめ 夫婦で足並みそろえて始めるために!

妊活は夫婦の共同作業。不妊の原因は実は男性にも多いというのをご存知ですか? 男性不妊の場合は、約9割が精子をうまくつくれない造精機能障害なのです。しかし男性は「妊活」というものにまだまだ消極的な方が多いよう。男性も妊活の知識を身につけ、二人三脚で妊活に取り組んでいくためのポイントをまとめました。

男性の妊活・不妊に対する意識調査

「原因はオレ?」と感じる男はまだ4割超 男性不妊の意識調査出典:最近、ますます妊活への関心が高まっている。実際の治療はもちろんのこと、それに伴うお金のこともそうだ。すべてが“卵の状態”次第だから、急な通院は当たり前の世界。そのため、女性自身の“働き方”の問題も関わってくる。様々な問題がクローズアップされているが、これらすべては「女性の目線」だ。元来、不妊治療とは夫婦一緒に取り組むべき問題であるのに、悲しいかな、男性の当事者意識の低さは否めない。そうしたなかで、こんなデータが出てきた。リクルートライフスタイルが17年5月に発表した『男性の不妊に関する意識調査』。ここに衝撃のデータがあった。男どもはまだまだ余裕ぶっこいてるこのアンケートは「今後子どもが欲…
不妊を自覚しても受診しない理由、男性は「不妊だと認めたくない」が多いメルクセローノはこのほど、「妊活および不妊治療に関する意識と実態調査」の結果を発表した。同調査は4月14日~18日、20~40代の男女2万6,689人を対象に、インターネットで実施したもの。子どもを「授かりたい」か尋ねたところ、男性の44.5%、女性の45.1%が「授かりたい」と回答した。特に20代の女性は70.1%が「授かりたい」と答えている。不妊で悩んだ経験があるか尋ねると、既婚女性の32.9%、既婚男性の25.7%が「悩んだ経験がある」と答えた。妊活経験については既婚男性の23.5%、既婚女性の30.5%が「経験した」と回答している。不妊治療を経験したことがあるかという問いに対しては、既…
妊活に協力したいけど医療機関には抵抗 【男性の不妊に関する意識調査】不妊治療というと「女性がするもの」という意識を持たれがちですが、原因は女性だけにあるわけではありません。リクルートグループの「リクルートライフスタイル」はこのほど「男性の不妊に関する意識調査」をインターネット調査で実施しました。そこから見えてきたのは、妊活には協力したいけれど、医療機関に行くのは恥ずかしいという男性の本音でした。「自分に不妊の原因」と思う男性は4割超まず、「本人あるいは配偶者(パートナー)の健康状態」*について聞いたところ、自分の健康状態を「良好」(「大変良好」31.6%「まあ良好」58.1%の合計)だと思う男性は89.7%という結果でした。*男性は「自分」のことについて、女性…
「不妊症の約半数は男性に原因がある」と認識している男性の割合は?ゲンナイ製薬はこのほど、「20代男性の妊活に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は8月31日~9月2日、20~29歳の男性1,000名を対象にインターネットで実施したもの。妊娠のしくみを初めて知ったきっかけを聞いたところ、「学校の授業でならって」(69.2%)が最も多く、「インターネットで調べて」(9.0%)、「友人・知人から聞いて」(5.9%)は1割未満だった。「親から聞いて」は3.2%となっている。避妊しない場合、排卵に合わせた一度の性交渉で妊娠する確率はどのくらいあると思うか尋ねると、「100%」が4.8%、「80%~100%未満」が12.5%、「60%~80%未満」が24.5%、「…
子どもはすぐ“デキル”と勘違い 20代男性の3人に2人、妊娠しやすいタイミングを「知らない」妊活応援サプリメントを展開するゲンナイ製薬は、20歳から29歳の男性に対し「20代男性の妊活に関する意識調査」をインターネットリサーチで実施した。(実施日時:2016年8月31日〜9月2日、有効回答:1,000名、調査協力会社:ネットエイジア)■調査結果●子どもについて全回答者に、現在子どもが何人いるか聞いたところ、「子どもはいない」が95.4%、「1人」が3.6%、「2人」が1.0%という結果だった。配偶者がいる場合は、「子どもはいない」が48.2%、「1人」が39.8%、「2人」が12.0%となり、平均人数は0.64人。既婚男性の半数は子どもがいるが、20代全体だと9割半が子どもがいないと…
妊活のために取り組んだことの1位、男性は「情報収集」 - 女性は?バイエル薬品はこのほど、「妊活・妊娠と夫婦に関する実態調査」の結果を明らかにした。同調査は9月19日~22日、既婚者かつ妊活中(開始から3カ月以上)の30歳~39歳の男女400名を対象にインターネットで実施したもの。妊活を助けるために重要な栄養素である「葉酸」について尋ねたところ、49.8%が「重要である理由まで知っている」と回答した。38.3%は「理由までは知らないが重要であることは知っている」と回答しており、合わせると88.1%が葉酸の重要性を認知していることがわかった。葉酸をいつから摂取するのがよいか聞くと、41.0%が「妊娠の3カ月前から」、13.5%が「妊娠の1カ月前」からと回答した…
15人にひとりが該当! 「男性不妊症」の原因と治療法、妻のサポート方法などを専門家に聞いてきた晩婚化や平均初産年齢の高齢化から「妊活」という言葉が一般的になり、「不妊症」への理解も高まりつつあるように感じられます。しかし、女性の「不妊症」に関する関心が高まる一方で、未だに広く認識されているとは言えないのが男性の不妊症。この問題について、『男性不妊症』(幻冬舎)の著者で医療法人仁寿会リプロダクションクリニック大阪の医師、石川智基先生に話を聞きました。12人~15人にひとりは男性不妊症の可能性あり!不妊症は女性に多い、という先入観から、男性不妊症を疑わない結果として肩身の狭い思いをする女性は多いでしょう。しかし、石川先生はこう言います。「男性不妊症と診断される男性は、約12~15人にひとり…

妊活は夫婦の共同作業!妊活を前向きに進めるポイント

ぴりぴりムードを脱却! “妊活離婚”を避けるために有効な取り組み4選こんにちは、ママライターのましゅままです。妊娠と出産には、女性にとっては年齢のリミットがあるため、男性に比べて向き合い方がシビアになりがち。「妊活」という言葉にとらわれすぎて、生活そのものを破滅させてしまう『妊活離婚』も増えているのです。夫婦で幸せに向かうために妊活をするのですから、なるべく円満に進めていきたいですよね。今回は、妊活夫婦4組に聞いた“妊活離婚にならないための取り組み ”をご紹介します。●妊活離婚にならないための取り組み●(1)妊活を始めるまえに具体的なルールを決めておく『わたしたち夫婦は、妊活を始めよう!と決めたときにいくつかのルールを決めました。ルールといっても厳しいものでは…
加藤貴子さん46歳で妊活を明かす 40代から始める妊活5つのポイント女優の加藤貴子さんが、現在妊活中であることをブログで公表されております。先日、旦那様の男性不妊についてもせきららに語られ話題になりました。(参考)加藤さんは現在46歳で妊活を行っているそうですが、40代から始める妊活はどのような点に注意が必要なのでしょうか。そこで今回はクリニック選びや、不妊治療内容など、40代から始める妊活の5つのポイントを医師の松本先生に解説していただきました。追記)3/19に更新された加藤貴子さんのブログで、第2子を妊娠された旨のご報告がありました!(参考)40代で妊活を始める難しさ今は社会的事情で35歳から高齢出産と呼びますが、以前は30歳から高齢出産と定義していました…
妻だけ必死にならない! 「夫婦で妊活」をするためのコツ4つ「子どもがほしい!」そう思って夫婦ではじめることといえば、避妊をしないこと。ですが、そう簡単に子どもができるとも限りません。なにせ、6組に1組が不妊治療をしている現代。ほしい!と思ったからといって、すぐに授かれるわけではないのです。とはいえ、妊活についての知識を得ている男性は少ないもの。「今日排卵日なんだけど……」と毎回妻から誘って必死になるのも気がひけますよね。子どもは夫婦ふたりのものです。私は常々、「妊活をするなら妻だけが必死にならないようにしたい」とこだわってきました。ここでは自身の経験で得た、「夫婦で妊活をするためのコツ」をご紹介します。妊活コミックをふたりで読む妊活を始める前に、妊娠…

アプリから食べ物まで!男性の妊活を支えるアイテムとは

男性の妊活に特化したサプリメントが誕生「マイシード-亜鉛配合-for Men」パスクリエイト株式会社は、妊活・妊娠をサポートするブランド、ベビーライフ研究所より、男性妊活に特化したサプリメント「マイシード-亜鉛配合-for Men お試し 10 日分(20 粒)」を 2/13(月)から販売開始する。値段は、毎月100名限定で2980円(税抜き、送料込み)。不妊は男性側にも原因アリ!晩婚化に伴い、日本では不妊に悩む夫婦の数が増えている。不妊の原因は女性側にあると思われがちだが、実は男性側に原因がある場合も多い。WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊原因が女性のみにある場合は41%に過ぎず、男性のみに原因がある場合が24%、男女と…
妊活アプリ「コウノトリ」に新機能 - 男性に妊活のベストタイミングを通知アマネファクトリーは9日、同社が提供する妊活サポートアプリ「コウノトリ- 妊娠&妊活応援アプリ」の最新バージョンを公開し、新機能として「基礎体温機能」や、「優先通知機能」を追加した。入力した基礎体温データをグラフなどで閲覧可能なほか、女性が妊活のベストタイミングをパートナーに通知できる。「コウノトリ- 妊娠&妊活応援アプリ」は、排卵日/妊娠可能日をカップルに同時に通知することで、妊活をサポートするアプリ。新たに追加された「基礎体温機能」は、入力した基礎体温データをカレンダーとグラフで閲覧できるほか、生理を基準とした排卵予測日も同時に表示される。基礎体温のほか、日々の体調や出来事…
セックスミネラル●●で男性の妊活力UP!毎日食べたい妊活レシピ●夫婦で「妊娠力」をあげるには?「妊活」というと、まだまだ「女性だけのもの」という認識の男性が多いかもしれませんがそれはもはや古い話。今の「妊活」は、女性と一緒に男性も積極的に行うべきものですよね。男女2人がそろって初めて可能になる神秘的な「妊娠」という出来事。夫婦の妊娠力をUPするのに不可欠なのは毎日の食事。この「食事妊活」こそ、夫婦で気軽に取り組める妊活の第一歩なのです。●「セックスミネラル」って、何?!アメリカで「セックスミネラル」と呼ばれる栄養素をご存知ですか?これこそ男性の性的機能を高め、妊活力をUPするために不可欠な栄養素。この「セックスミネラル」とは、「亜鉛」のこと。カラダの各機…

妊活は計画的に!始める前に夫婦で話し合っておきたいこと

妊活離婚も……妊活という「真っ暗なトンネル」を通り抜くためにしたい準備とは?<連載第5回>「あなたの子どもが産みたいの」そんな言葉から始まった、アラフォー夫婦の妊活奮闘記。だが今だから言える、ギャンブルとも言える妊活を始める前に夫婦で絶対に決めておきたいことがある。連載第5回目の今日は、自身の妊活を綴った『俺たち妊活部~「パパになりたい!」男101人の本音』が大好評の著者村橋ゴローが、“妊活離婚”にも発展しかねない、妊活が夫婦に及ぼす影響と事前にしておきたい準備についてお話します。 ■8年で3,000万円…!妊活前に夫婦で絶対に決めておくべきこと僕は3年という時間、250万円というお金をかけ、奇跡的に子どもを授かることができました。そして経験してはじめてわかったのが、自分…
体外受精・顕微授精にかかった平均費用は?CURUCURUが運営するWebメディア「妊活ボイス」はこのほど、「妊活・不妊治療」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月11日~30日、10年以内に妊活経験のある20~49歳までの女性300名を対象にインターネットで実施したもの。妊活全般にかかった費用を尋ねたところ、全体の平均は約35万円だった。ただし、人工授精・体外受精・顕微授精のいずれかを経験した人に限定すると、平均費用は約134万円まで上昇した。また、不妊治療の中でも高額となる高度不妊治療(体外受精・顕微授精)の経験者だけに絞ると、その治療費の平均は193万円となった。中には「300万円以上」という回答も16.1%あった。妊活…
妊娠までのサポート保証! 6カ月で妊娠を目指す妊活サポートプログラムとは妊娠前デトックスラボは12月1日、赤ちゃんを望む夫婦を対象とした保証付の妊活サポートプログラム「妊活のコタエはここ! 」を開始する。事前エントリーは11月下旬から受け付ける。同社では、これまでにない妊活の概念で妊娠を望む夫婦をサポートし、高い妊娠率を実現しているという。40代の妊娠率は約5%と言われているが、同社のサロンを利用した40歳以上の妊娠率は78.5%になっているとのこと。今回提供するプログラムは、6カ月間で妊娠を目指す体質改善プログラム。125項目の体質チェックを行い、不妊要因になりうる全要因を明らかにするとのこと。そのうえで、同社が独自調査した「100発100中の奥様に学ぶ体つくり…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.