血行促進で体ぽかぽか、今すぐできる「温活」まとめ

(c)mashiki - stock.adobe.com

血行促進で体ぽかぽか、今すぐできる「温活」まとめ

温活とは血流を良くし、体を温めるためのちょっとした習慣のこと。寒い季節になると「冷え対策が欠かせない」という人も多いのでは? 手足が冷たくなり、身体の芯から寒くなる冷えの症状は、病気とまではいかなくてもつらいもの。体を内部から温め、つらい冷えとさよならするために今年こそ温活を取り入れてみませんか? 冷えに負けない温活の方法やレシピ、おすすめのグッズなどをまとめました。

手軽にできる温活術

痩せ体質や美肌への近道!「腸の温活」にはメリットがいっぱい!冷えると不調が出てくる!「腸の温活」をするメリットとは?美容や健康にとって大敵である「冷え」。それは、身体だけでなく「腸」にも言えることです。手足の冷えなどは気付きやすいですが、「腸」の冷えは自覚症状がなく、意外と気付きにくいもの。手足が冷えてないからと言って、腸が冷えていないとは限らないのです!自分のお腹を触ってみて、下腹部が脇よりも冷たいと感じる場合は、腸が冷えている可能性があります。その他にも、疲れやすい・顔色が悪い・風邪をひきやすい・便秘、下痢になりがち・シャワーで済ませてしまう、という方も要注意です。腸は「第2の脳」と呼ばれる程大切な臓器で、身体の約6~7割の免疫細胞が集まっている為…
温活で効率良くダイエット!冬も冷えない体を作る温活の方法ダイエット効果もある温活は女性にイチオシ!◆温活とは温活は、食事や運動、入浴など、体を温めるのに効果的な活動を積極的に行うことで冷えを予防、改善していく活動です。女性はもともと男性より筋肉が少なく冷えやすいですが、ダイエットやストレス、運動不足などが重なり、知らず知らずのうちにより冷えやすくなっている現代女性が増えています。冷えは肩こりや頭痛、生理痛、不妊など、様々なトラブルの原因となるので放置は禁物です。体を温める温活を意識して行いましょう。◆温活とダイエットの関係温活で体が温まると代謝が上がり、エネルギーが消費されやすくなるので痩せやすい体質になります。また、温活には胃腸など、内臓の働きを…
むくんだ大顔とサヨナラ!小顔に導く「温活」マッサージ「最近なんだか顔がむくんでいる……」その原因は、寒暖差の大きな気候や環境のストレスにあるかもしれません。むくみやすい梅雨だからこそ体液循環を整えて、むくみ知らずの小顔づくりをおこないましょう。梅雨はむくみやすい!気圧の変化やストレス、冷えは体液循環を滞らせてむくみを引き起こす大きな原因の一つ。食生活や睡眠時間が乱れることもむくみ顔を招きます。むくみやすい季節だからこそ、ケアを大切に。むくむ前に、そしてむくんでしまったら、体液循環を整えて水分や老廃物をしっかりと流しましょう。むくみ撃退にはこれ!ホットタオルで「温活」体液循環をスムーズにして溜まった水分を流すためには、リラックスした状態で顔を温め…
美人の合言葉は「冷やさない!」今日からできる温活のヒント3つ10月23日:今日は「霜降」日がどんどん短くなり、東京都内はぐっと冷え込みはじめている今日このごろ。霜降(そうこう)と呼ばれ、この時期あたりから、霜が降りたり、冬の訪れを感じるようになるといわれています。寒くなってくると、嫌でも向き合わないといけないのが「体の冷え」。特に女性は男性と比べて冷えを感じやすといわれています。そこで今日は、今すぐ簡単にできる「体を温める」方法について調べてみました!体温上昇で免疫力もアップ!冷えない自分になろう♪体温が1℃でも上がると免疫力がアップする、代謝がアップして痩せやすくなる…と聞いたことはありませんか?体を温めることで、体の不調が改善されたりストレスが解消…
欅坂46の佐藤詩織「抜き方が少しわかった気が…」 呼吸法温活にトライ!無意識に、一日中ずっと行っていること―それは呼吸。深く吸って吐く腹式呼吸には、体を内側から活性化させる効果が。江戸時代にルーツのあるZEN呼吸法を毎朝5分半実践すれば、内側からマッサージされたように全身温かに!普段、何気なく行いがちな呼吸だけれど、呼吸アドバイザーの椎名由紀さんが考案した「ZEN呼吸法」を取り入れると、体の内側からぽかぽかに。「これは姿勢や体内を意識しながら行う腹式呼吸法です。まず大切なのが姿勢。現代人は、長時間に及ぶデスクワークや心理的ストレスなどで日頃から体に力が入りがちですが、それによって血流が滞り、体は冷えてしまいます。一方、ZEN呼吸法は体にとってラクな姿勢をとるので…
ヒートテックだけじゃない! 体がポカポカする最強「温活アイテム」5つ冷たい風がぴゅーっと吹いたら、温活アイテムの出番。今年こそは「ツラい冷え」ともおさらばしましょう!今回は編集部が注目した機能性抜群の温活アイテムをお届けします。■ボトムスにひびかせず、お腹まわりをしっかりカバー!体にフィットし、もたつかずにはきこなせるウエストウォーマーパンツ。薄手の素材なので、ボトムスにひびきにくいのがうれしいポイント。カプサイシンやローズヒップが配合された生地を使用しており、肌にやさしい一枚です。【アイテム詳細】gelato piqueカプサイシン・ローズヒップオイルウエストウォーマーパンツ4,536円■徹底的に「見せない!」脱・着ぶくれ軽くてあたたかいアクリル×レーヨンベ…

温活レシピで、おいしく体を温めよう!

しょうがで冷えを改善!料理家が教えるカンタン温活レシピ体をあたためる食材といえば、まず思い浮かぶのが生姜。わたし自身も、長年冷えに悩まされていましたが、生姜を意識してとりいれるようになって以来、冬でも体がぽかぽかするようになり、苦手だった冬の朝も平気に。今回は、そんなわたしの冷え克服体験から、生姜といえば、薬味程度にしかつかったことがないという人にも、普段の生活の中で上手に生姜をとりいれられるレシピのアイデアをご紹介します。生姜とさつまいも、りんごのジャムレシピ【材料】つくりやすい量生姜30gさつまいも 1/2本りんご1/4個水 150ccきび砂糖120gレモン汁小さじ1バター10g 【作り方】生姜は皮を剥き、千切りにする。さつまいもは…
肩こり解消にも◎!温活食材「シャケ」でぽかぽか朝食レシピ5選脂がのって美味しそうな生鮭がお店に並んでいますね♪通年食べられる塩鮭と違って身が柔らかく、美味しさも栄養価もアップしています。さらに、いま鮭をおすすめしたい理由は他にもあります!鮭は血行を促進し、からだを温めくれる働きがあるので冷え予防や肩こり対策にもぴったり♪もちろん、皆さんご存知のアスタキサンチンはその強力な抗酸化力でお肌のうるおいを逃がしません!それでは、生鮭を使った朝食レシピを早速チェックしてみましょう♪自家製ソースにやみつき!「簡単鮭グラタン」市販のホワイトソースを使ってもよいのですが、自家製ソースはとっても優しい味わいでやみつきになるのでぜひ試してみて!作り方もとっても簡単。小麦粉…
あたため食材で冷えない体になる!簡単「温活朝ごはん」レシピ6選西日本でも雪がちらつく日があるほど、寒さがぐっと進んできました。特に女性は「冷え」に弱いと言われており、腰に貼ったり靴底に仕込むカイロが欠かせない!なんて方も多いはず。今日は、そんなカラダを内側から温めてくれる、以前の記事でご紹介した温活食材=「食べるカイロ」(根菜・かぼちゃ・味噌・鮭や魚介・豆乳・チーズ)を使った朝ごはんレシピ6選をピックアップしてみました♪おもち入り照りマヨグラタン【かぼちゃでホカホカ!】お正月を待たずに食べたくなる「おもち」とホクホクの温活食材かぼちゃを使った、一品でお腹があたたまりそうなココットグラタン。おもちとかぼちゃに、照り焼き味のマヨネーズソース、チーズをかけてオ…
冬の朝はコレでしょ!カラダぽかぽか「生姜」活用レシピ6選さむ~い冬の朝。ストーブやエアコンをつけても、カラダの内側はなかなかあたたまりませんよね…。今日は、一口食べればお腹の中からじんわりホカホカ温まりそうな、温活素材「生姜」をつかったおすすめ朝食レシピ6選をご紹介します♪きのこの旨みたっぷり!ヘルシーな「しょうがご飯」具材は千切りのしょうがときのこだけ。味つけもしょうゆとみりんで簡単、スイッチポンでできるしょうがご飯♪炊きムラを防ぐため、生姜としいたけを入れたあと混ぜずに炊くのがポイントだとか。海苔や刻みねぎをトッピングしてもおいしそう♪(しょうがご飯by:イクコさん)詳しいレシピをチェック>>シンプルの極み!「生姜とキャベツのポタージュ」続いて…
冷えやすい夏は食べて温活!カラダをあたためる健康スープ3選夏は冷房や冷たい食べ物・飲み物などが原因で、意外と身体が冷えていることも。冷えは女性の大敵です。身体の冷えを感じたときに頼りたいのが、身も心もあたたまるスープ。今回は「身体が冷えている…」と感じた時に取り入れたい、女性におすすめのスープを3つ紹介します。プラスメディ「ON!活スープ」/+medi生姜や根菜などの体温上昇に効果があるといわれる食材たちがゴロゴロ入った温活スープ。根野菜や鶏そぼろ、キノコやオニオン、かぼちゃ、古代米の酒粕汁といっためずらしい味のラインナップ。カロリーや塩分にも配慮がされているのでダイエット中の人でも安心して飲めそう。全国の量販店や、百貨店や駅チカ・駅ナカに多い+me…
「みかん」で温活&美活♡身体を温めて代謝を高めるケアに大活躍!「冷え」は代謝を低下させ、肌トラブルや太りやすい体質を招きます。この時季は特に、手足の冷えや内臓冷えが起こりやすく、代謝を低めやすい季節。そんな時の温活には「みかん」やアロマの「オレンジ」がおすすめです!「オレンジスイート」の香りに秘められた効果とは柑橘系のアロマオイルは、ダイエット効果を高めたいときにおすすめ。すっきりと爽やかな香りには、リラックス効果やリフレッシュ効果が期待できます。また、体液循環を促進して代謝を高める効果や、老廃物をスムーズに排出できるようにする効果が期待できると言われていて、肌やボディラインを整えたいときにおすすめです。お風呂上がりのボディマッサージや頭皮マッサージに活…
【時短レシピ】温活にもなるヘルシーな「里芋の豆乳グラタン」寒い時期に食べたくなるグラタン。いざ作るとなると、ホワイトソース作りは面倒だしカロリー高いし……とあきらめていませんか?でも大丈夫!今回ご紹介するのは、材料さえあれば平日の遅い夕食にだってチャチャッと作れてしまうクイックレシピです。里芋・長ねぎ・鶏むね肉・豆乳で作る、超ヘルシーさもポイント。体の中からあったまる【里芋の豆乳グラタン】Photo by Naruse Yuuko面倒なホワイトソースは作りません。里芋のとろみと片栗粉でヘルシー&優しい味わいのグラタンレシピです。お鍋に材料を入れていくだけだから、面倒な手順は一切なし!白味噌が味の決め手です。【材料】(2人分)里芋・・・2個長ね…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.