非常識な人にならないために、お葬式のマナーとルールまとめ

© hanack - Fotolia.com

非常識な人にならないために、お葬式のマナーとルールまとめ

お葬式への参列は突然にやってきます。しかも宗派によってマナーやルールが違うことが多く、すべてを把握しておくのはなかなか難しいもの。いざというときに慌てないように、お通夜や告別式といった、いわゆるお葬式に参列する際のマナーをチェックしておきましょう。お焼香の作法や挨拶の言葉など、お葬式のマナーに関する情報をまとめました。

失礼にならないために知っておきたい、葬式のマナー

お葬式だけどジェルネイル、どうすれば? 対処法は黒の手袋! 基本の葬式マナー冠婚葬祭のマナーは、なかなか難しいもの。特にお弔いは若いときは参列する機会が少ないだけに、いざというときに戸惑う人も多いのでは?エンディングプランナーの古家崇規さんに教えていただきました。本来、葬式は親族などが故人のそばで過ごす「通夜」と、故人を葬る「葬儀」、最後のお別れをする「告別式」に分かれている。「現在は葬儀と告別式が一緒に行われるだけでなく、通夜と告別式の差もなくなり、友人・知人は告別式ではなく通夜に参列するのが主流になっています」(古家さん)ただ、葬式事情がどんなに変化しても、故人をしのぶ時間であることは変わらない。「家族葬という小規模な形式が増え、明るい雰囲気の葬式も少なくありませ…
正しい作法を知っていますか? 絶対に失敗できないお葬式のマナー訃報はあるとき突然やってきます。プライベートだけではなく、仕事の関係で葬儀に出席することになるかもしれません。でも、同じ仏教でも宗派によってお焼香の回数が違ったりします。葬儀のマナーに自信がある人は少ないのでは?結婚式なら多少のミスは笑ってすむこともあるけれど、お葬式での失敗は避けたいですよね。そこで、冠婚葬祭をプロデュースする小山セレモニーの相談役、小山高夫さんに、絶対にはずしてはならないポイントをうかがいました。――お通夜や葬儀に参列するとき、いつもアタフタしてしまいます。洋服はやはり喪服がよいのでしょうか?「葬儀・告別式当日は、男性は黒いスーツに黒いネクタイ、女性はそれに準じた格好が一般…

お葬式でのコソコソ声は逆に目立つ?

大人女子が身に着けたい“葬式マナー” コソコソ声は逆に目立つ?若いときは参列する機会の少ないお葬式。いざというときに慌てないよう、昨今のお葬式事情と心がけるべきことを知っておこう。礼儀作法への考え方も変わってきているなか、改めて出席への心構えから振る舞いまでを、エンディングプランナー・古家崇規さんに話をうかがいました。Q.<遺族の方に話しかけてもOK?どんなお話をすればよいでしょうか?>遺族が近くにいらっしゃったら、挨拶をしないのも不自然だし、悲しませるような会話もしたくない。どんなお話が無難でしょう?A.<故人の思い出を語ってあげましょう>「たとえば会社関係の方のお葬式の場合、職場の方々はご遺族の知らない故人の一面を知っていることがよくあります。状況に…

子連れでのお葬式・お通夜参加は問題なし?

子連れでお葬式や通夜に参列していいの?結婚式以上に厳粛な場である、お葬式やお通夜。かわいがってくれた親戚だから、お世話になった上司だから、お別れに行きたいけれど、子どもはどうしよう。預けたほうがよい? 連れて行っても大丈夫? 多くの方がイマイチ自信を持って答えられないことでしょう。そこで今回は、子連れでのお通夜やお葬式について、実態やマナーなど、ママたちが疑問に思う点について整理してみましょう。身内はもちろん親戚の葬儀では、子どもにもしっかりとお別れしてもらいましょう昔に比べて核家族化が進み、おじいちゃんやおばあちゃんと同居するケースも大変少なくなってきました。そのため、「死」をきちんと実感する機会が得にくくなっていることは否めま…

お葬式にふさわしくない女性の装い

お葬式にふさわしくない女性の装いは?【今さら聞けない社会人のマナー】今さら聞けない社会人のマナーをクイズ方式でお届けします。覚えておけば役に立つことウケアイですよ。Q:お葬式にふさわしくない女性の装いは次のどれでしょうか?A:黒いストッキングB:黒無地で光沢のないバッグC:二重の真珠のネックレス(答えは矢印の下です!)↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓解答:C:二重の真珠のネックレス解説:二重になったものは不幸が「重なる」ことを連想させるので、ふさわしくありません。【拡大画像を含む完全版はこちら】

弔辞の際のタブー用語

知っておきたい! 弔辞の際のタブー用語お葬式やお通夜には、さまざまなマナーがあります。こういったマナーは、守らないとあなたの立場が悪くなりかねないものです。また、悲しみで胸を痛めているご遺族の感情をさかなでしかねませんので、弔辞の際に使ってはいけない言葉などは、ぜひとも知っておくべきだと言えるでしょう。例えば、お葬式で不吉なことを連想させる単語を使用することはNGとされています。このような言葉を『忌み言葉(いみことば)』といいます。続けて不幸なことが起きないように、病人などが出ないようにと縁起を重んじて使われるものです。■「重ね重ね」「たびたび」「またまた」つい口にしてしまいがちな「重ね重ね」「たびたび」「またまた」といった単語。…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.