働き方を見直すまとめ。残業が多いのはナゼ? 損するって本当?

働き方を見直すまとめ。残業が多いのはナゼ? 損するって本当?

毎日残業続きでヘトヘト…なんて、あなた! 残業が続くとお肌に悪いだけではないのです! 金銭的にも損をし、周りからも実は白い目で見られている可能性も?! 新年度となる会社が多い春、お仕事の仕方を見直してみましょう!

残業はデメリットばかり?

収入アップするには「春の働き方」が重要! 社会保険を抑える方法毎日頑張って働いているのに、なかなか上がらないお給料。給料日に通帳を見て、ついため息が出てしまう人も多いかもしれません。でも、お給料アップとは、何も額面の金額を上げることだけではありません。重要なのは、実際に使うことができる手取り金額。額面のお給料は変わらなくても、手取り額をアップさせる方法があるんです。■お給料の額面と手取りの違いを知ろう毎月の給料日に渡される給料明細。それをよく見てみると、いわゆる「額面」と呼ばれる総支給額と、実際に振り込まれる「手取り」の金額にはかなり差があることが分かります。総支給額とは、基本給に加え、残業代や各種手当などすべてを合わせた金額のこと。そこから社会保険や税…

残業しないで帰りたい人は…

上司からの困った“お願い”を上手に切り抜けるテクスムーズに仕事をするためにも、職場の人間関係は良好に保ちたいもの。特に上司からのお願いは「断ったら仕事に差障りがあるかも」と考えて、つい無理をして引き受けてしまいがちです。でも無理をすると、負担が大きかったり、要望にこたえられずに周りに迷惑をかけたりする結果になってしまうことも。上司の困った“お願い”に、角を立てずに「NO」と伝えるテクニックを身につけておきましょう。■予定がある日の急な残業を断りたい今日は大切な予定があるから早く帰りたい! そんなときに限って、上司から頼まれる残業。プライベートな用事を理由に仕事を断るのは勇気がいるし、だからといって、ただ「無理です。できません」だけでは、上司…
定時に終わればみんなが嬉しい!「ノー残業デー」を実現する方法ここ数年、「ノー残業デー」を実施する企業が増え続けている。ビジネスマンの業務効率化を考えさせる契機としてもらうため、あるいは余った時間をスキルアップの時間として使うため、さらには残業時間の削減のため、といった具合にメリットが多々あるとされている。また現場の本音を言えば、誰だって「早く仕事を終わらせて飲みに行きたい」「趣味の時間にあてたい」など、限りある時間を有効に使いたいと考えるものだ。しかし、「ノー残業デー」なのに残業をせざるを得ない状況におかれることが多かったり、そもそも残業を削減することが難しかったりという理由で、思い通りに進んでいない企業も多いのが実情だ。そんな悩みを抱えている企業にと…
仕事がデキると言われる人のポイント5ついつも定時で帰っているのに周囲の評価が高い人、かたや、仕事が多いわけでもないのにダラダラ残業をしている人…。職場で「仕事がデキる」「仕事が速い」と言われている人には、いくつかの共通点があります。真似できるところを見習って、“デキる女”を目指しましょう!■01. メールの返信が早い「あの人は仕事がデキる」と言われている人は、メールの返信が早いことが多いです。もちろん、常にメールチェックをしている訳ではないですし、内容によっては返信に時間がかかることもあるでしょう。でも、その場ですぐに返事ができることなら後回しにしない、というのがデキる人の行動パターン。返信が早ければその分相手の時間を無駄にするこ…
残業を減らすコツは? - 「優先順位」「周りを説得する」「貸しをつくる」毎日のように残業続きでは、身も心も疲れ果てて弱ってくるもの。今回はマイナビニュース会員のうち男女300名に、残業を減らすために工夫していることについて尋ねた。たまには定時で帰るぞ! という意気込みで参考にしてほしい。Q.残業を減らす工夫があれば教えてください■タスク管理とスケジューリング・「前日もしくは当日の朝に、その日にやる業務を書き出し、優先順位を付けること……それだけでも効率を上げられる」(33歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)・「定時内で終わらせる前提で、逆算して仕事の段取りや優先順位を決める」(30歳女性/学校・教育関連/クリエイティブ職)・「時間配分を必ず行う」(26歳男性…
キャリア重視なだけではほんとうの成功にならない! ビジネスエグゼグティブたちが目指す“パーソナル・リーダーシップ”の4大ファクターとは??連日残業や休日出勤が当たり前、そんなにあくせく働いて目指すものはなんでしょうか?昇進、年収アップ、起業などさまざまな目的があると思いますが、今の世の中ただがむしゃらに働いたあげく、“燃え尽き症候群”となってしまうようでは本当の意味で“成功”したとは言えません。今アメリカでは、優秀なビジネスエグゼクティブこそ、仕事最優先な価値観を見直し、もっとより広い意味でライフスタイルを考えることが公私ともに充実した生活のためには不可欠であると考えられ、評価されています。そのためのスキルが“パーソナル・リーダーシップ”と呼ばれるもの、自分の人生を主体的に切りひらいていく能力ということもできます。それは単に表面…
1日の目標は50%できればOK!作業効率が上がる時間の使い方10個いつも頑張っているのに、なぜか仕事が一向にはかどらない。「今日は定時に帰ろう」と決めても、なぜか残業してしまう……。こんな風に、何だか時間と労力だけが無駄に費やされているように感じることってありませんか?仕事でもプライベートでも、やりたいこと・やらなければいけないことをサクサクこなせる自分になりたいですよね。すると、きっと人生も大きく変わってくるはず!そこで今回は、アメリカの雑誌『Entrepreneur』Web版が発表した、自分の時間をもっとうまく管理できるようになるテクニックを10個ご紹介します。この中のどれかひとつでも試すと、あなたの1日が今よりうまく回り出しますよ!■1:スケジュール帳…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.