花粉に勝つ!くしゃみ、鼻水、肌荒れ対策まとめ

(c)Yusei- stock.adobe.com

花粉に勝つ!くしゃみ、鼻水、肌荒れ対策まとめ

本格的な花粉シーズンが到来し、くしゃみや鼻水、喉の痛み、せき、さらには肌荒れまで…。皆さん、日々さまざまな症状に悩まされているのではないでしょうか。毎年のこととはわかっていても、これといった決定的な対策がいまだ打ち出されていないのが花粉の悩ましいところでもあります。そこで花粉シーズンに有効とされる、最新の花粉対策情報をご紹介します。

資生堂から大人気のWeb限定アレルバリアミスト

Web限定アレルバリア ミスト 体感セット[PR]花粉の季節はメイクもよれよれになりがち。マスクの下で汗だく、なんてことになっていませんか。そんな時には資生堂dプログラムのアレルバリア ミストがおすすめです。化粧のり、もちを良くします。さらに微粒子から肌をバリアしてUVカットも期待できるエッセンスが試せるお得なセットを発売中。

医師に聞く、正しい花粉の対処法

【医師取材】花粉症の原因と症状、正しい対策・治療まとめ季節によってはとても辛い「花粉症」。今回は、花粉症のメカニズムと症状、正しい対策方法や、病院での治療等についてご紹介します。この記事の取材先ドクター武田クリニック 武田寿之院長当院では、出来る限り患者さんの目線になってお話を伺うことを大切にしています。ささいなことでも何でも相談していただき、本当の意味での「家庭医」を目指しております。何故、花粉症になるの!?花粉症とはくしゃみ、鼻水、目のかゆみ…。不愉快な症状で私たちを悩ませる「花粉症」。花粉症の患者数の正確な数は分かっていませんが、近年急激に増えているとも言われています。また、2002年と2008年の疫学調査を比較すると、小児スギ花粉症の増…
花粉症ストレスは「満員電車」以上!?眼科医の薦める対策方法は「アレルギー用目薬」×「人口涙液」生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、このたび、働く男女の「花粉症」事情をテーマにレポート。花粉症に悩む方々の症状と、その正しい対策方法を調査した。働く男女の「花粉症」事情とははじめに、花粉症を発症したことがある20~40代有職者男女500名を対象に、その実態を調査した。まず「花粉シーズンは、ストレスを感じやすいと思いますか?」と質問したところ、実に96%が「そう思う」と回答し、大多数の人が「花粉ストレス」を感じていることがわかった。具体的に「ストレスの度合い」を聞いたところ、「花粉ストレス」は、暑さ・寒さのほか、満員電車・残業・長時間の会議など以上にストレスを感じる人が多い…
鼻水チーン、ティッシュねじねじはNG!正しい鼻のかみ方【耳鼻咽喉科専門医に聞く】春先は風邪なのか鼻炎なのか花粉症なのか、鼻のムズムズが止まりません。ティッシュペーパーが手放せないという人も多いでしょうが、スッキリしたいために強引に鼻をかんでいないでしょうか。耳鼻咽喉科専門医で、とおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長によると、「鼻は正しくかまないと、感染症をまねいたり耳を傷めたりすることがあります」とのことです。ひんぱんに鼻をかむ季節、正しい方法を教えてもらいました。鼻水は異物が体内に侵入するのを防いでいる鼻水がダラダラと出るのは、不快で面倒なばかりか人目にも悪く、いいことはひとつもないと思っていませんか。はじめに遠山医師は、「鼻水は健康を守るために重要な役割があ…

子どもの花粉症対策

花粉症の子どもは3人に1人 - 年々増加傾向にあり低年齢化も進むロート製薬はこのほど、花粉症対策への啓発を目的に、0歳~16歳の子どもを持つ親を対象として11月に実施した「子どもの花粉症」アンケート調査の結果を発表した。0歳~16歳の子どもを持つ親1,589人(その子どもは2,618人)に「お子様は花粉症だと思いますか?」と質問したところ、「花粉症である」と親が実感している子どもは、「花粉症」(21.5%)、「花粉症も通年性アレルギー性鼻炎も両方」(12.0%)を合わせると33.4%。2012年に行った同様のアンケートでは25.7%であり、以降から年々増えていることが分かった。また、現在子どもが該当すると思うアレルギー症状について聞いたところ、「花粉症」の…
もしかして、うちの子「花粉症」?花粉症のシーズンが到来しましたね。鼻はグズグズ、目はかゆく、なんだか微熱っぽい。スッキリしない日々ほど苦痛はありません。そんな花粉症は大人だけではありません。今や子供が花粉症にかかるのは珍しいことではなく、乳児期から発症する子供もいるほどです。鼻水が止まらない、風邪がなかなか治らないといった症状に、「うちの子花粉症だったら可哀想だな」と目をそむけたくなりますが、可能性は否めません。ぜひ早めに受診してみましょう!どんな症状が出るの?子どもの症状は大人と同じ、いわば目が赤くはれて痒みがあったり、鼻がつまってグズグズしたり、くしゃみが出たりと風邪に似た症状です。鼻がつまっているので、食欲が落ちたり夜…
マスク以外にも種類豊富!子どもの「花粉症対策グッズ」6選source:春が近づくと共に、花粉症の人にはキツく長い季節がやってきました。子どもが花粉症を持っている親にとっては、鼻水や鼻づまり、目が痒そうな姿を見ているのはとても辛いですよね。また、症状が出ないように、予防として花粉症対策を取っているという方もいるかもしれません。今回は、花粉から身を守るための“花粉症対策グッズ”をご紹介します。▼花粉を寄せ付けない!? 「花粉症対策グッズ」6選(1)99%カットフィルタがスゴイ「フィッティ® 7DAYSマスクEX」source:「フィッティ® 7DAYSマスクEX」は、なんと不織布が立体3層になった”99%カットフィルタ”。花粉やホコリだけでなくPM2.…
【医学博士が解説】「子どもの花粉症」は中耳炎に繋がるのか?source:現在、スギの花粉症患者さんの総数は3,000万人以上いると言われています。日本の人口が1億3,000万人ということを考えると、実に4人に1人の割合です。4人家族であればそのうちの一人が花粉症であるという計算になります。花粉症は日常生活に著しく影響を与えてしまいます。またそこから併発する症状にも注意が必要となってきます。今回は、医学博士の筆者が、“子どもの花粉症と中耳炎”についてお話します。通年性アレルギー性鼻炎患者の4人に1人が「0~9歳」の子ども花粉症と言うとこの時期、春先を想像してしまいがちなのですが、実際には1年間を通じて症状を呈してしまう“通年性アレルギー性鼻炎”もありま…
《春先に気をつけたい!》子どもでも花粉症になるの? お家での対策や、お出かけ時の注意って?花粉症や黄砂、PM2.5から子どもを守るために冬もそろそろ終わりに近づいてきています。暖かくなる春は、花粉症の人にはつら〜い季節…。最近では小さい子どもでも発症することが多くなってきたそう。スギやヒノキの花粉は赤ちゃんでも注意が必要です。「うちの子は花粉症になってないから大丈夫!」と油断してると、気づいたら鼻水や目の痒みなど発症してる…なんてことも。また、春先は花粉だけでなく、黄砂やP2.5の飛散も気になりますよね。備えあれば、憂いなし!お家やお出かけの時の予防対策などを、いろいろまとめてみました。お家の中で出来る、花粉対策あれこれ我が家が気をつけている対策をまとめてみました。空気清浄機はある…

花粉は持たない・持ち込まない! 花粉を家からシャットアウトする方法

「持ち込み花粉」って知ってる? 室内に入る前に気をつけたいこと「認めたくないけど、花粉シーズンの到来……」そんなつぶやきがちらほら目にとまる2月中旬。2018年の花粉の量は2017年の2倍*という東京都の発表もあり、今年も万全の花粉ケアが必要になりそうです。*(プレス発表)平成29年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果よりこのたび、パナソニックは全国の花粉に敏感な男女計800人に「花粉に関するアンケート」を実施しました。その結果、8割以上の人が室内でも花粉を感じると回答し、人が外から持ち込む花粉(持ち込み花粉)を感じていることがわかりました。「持ち込み花粉」8割超が感じるまず、「室内でも外から持ち込まれる花粉(持ち込み花粉)で花粉を感じることは…
また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第17回目は「花粉」の話。2月も中盤に差し掛かり、本格的な花粉シーズン到来前に知っておきたい花粉ケア。今や国民病と言われる花粉症トラブル解消の秘訣はずばり「髪」にあるんです! ヘアケア製品の総合メーカー『デミ コスメティックス』の担当者の方に、対策をお聞きしました。洋服や肌だけじゃない!花粉は「髪」にもベッタリついています。【tamae beauty】vol. 17今や日本人の約4割が花粉症と言われている現代。気温が上がるにつれ、マスクやめがねで鼻やのど、肌への対策はしていても髪や頭皮は無防備なままという人も多いのでは。実は、髪や頭皮にも花粉は付着するもの…
そろそろ花粉の時期です!〔ヨドバシカメラ〕に聞く空気清浄機の選び方寒い日が続き、春の訪れが待ち遠しい今日この頃。でも、春は花粉症の人にとってはつらい季節でもあります。みなさんはどんな対策を立てていますか?マスクにメガネ、目薬に鼻炎薬、うがいに手洗い……。今年は、家に空気清浄機を置いてみようかと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで、〔ヨドバシカメラ〕の家電製品アドバイザーに空気清浄機の選び方を教えてもらいました。もっとも重要なポイントは「風量」の大きさ空気清浄機コーナーにたくさんの空気清浄機が並んでいます。空気清浄機にいろいろなシールが貼られ、それぞれの特徴や機能、スペックなどが書かれています。でも、正直、それを見たところで“特徴”や“差”はわからな…

肌荒れの原因にも…花粉による肌荒れ予防に効果的な方法

花粉シーズンのスキンケアのポイント今年も花粉に悩まされる季節となりました。今年は例年に比べ花粉の飛散量が多いようで、関東の多い地域では昨年の5割増しともいわれています。くしゃみ、鼻水などの鼻炎症状や目のかゆみなどの結膜炎症状にとどまらず、最近は花粉症による皮膚症状を訴える人が増加しています。なぜなら外部刺激から皮膚を守るための「バリア機能」が低下することにより、花粉などのアレルゲンが反応しやすくなってしまうのです。敏感になった肌は水分が蒸発しやすくなり皮膚のかさつきが生じてきます。その結果、乾燥、赤み、かゆみ、皮むけなどの症状が現れ、ちょっとした刺激でヒリヒリ感を感じやすくなります。花粉症の季節にしてほしいスキンケアでは、花粉…
肌荒れは花粉でも起こる!花粉による肌荒れ予防に効果的なアイテムを大公開☆今から対策しないと遅い?!「花粉」と「肌」は密接に関係している!1.その肌荒れ、乾燥だけじゃないかも?!季節特有の「花粉」トラブルBudimir Jevtic/shutterstock.com今の時期、一般的な肌トラブルといえば「乾燥」と答える方が大多数。確かに、1月は1年の中で最も空気が乾燥し、角質層のバリア機能が一時的に低下。角質内の水分が一定の状態に保てず、いわゆる「ゆらぎ肌」になりがちです。しかし、実はこの乾燥以外にも大きな要因があります。それが「花粉」!え、まだ花粉の情報なんてまだどこにも出ていない・・・と思われがちですが、1月中旬ごろから、ごく微量の花粉は飛び始めているのです!そし…
早くも花粉シーズンに突入!春の「肌荒れ対策」3つのポイントおはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。お正月が明けて1月中旬。まだ先のことだと思われているかもしれませんが、花粉が微量に飛び始めるのは1 月上旬!花粉症の方はもちろん、そうでない方も気をつけて頂きたいのが「花粉による肌荒れ」です。資生堂「d プログラム」()による『働く女性の花粉による肌荒れとスキンケア方法」の意識調査(※)によると、花粉の季節、働く女性の約7割は、肌が「無防備」状態という結果になりました。今から気をつけたい「花粉による肌荒れ対策」とは?春は一番肌が荒れやすい季節「私は花粉症ではないから大丈夫」と思っていたら大間違い!花粉症ではなくても春は一番肌が荒れやすい…
花粉の本格シーズン前に知りたい!今から始める美肌を維持する方法「d プログラム」は、春先に肌荒れを感じる女性が多いことを受け、花粉が微量に飛散し始める 1 月を前に、春先に肌荒れを経験したことがある、全国の20~30 代の働く女性(化粧品/医薬品関連従事者を除く)を対象に、<「働く女性の花粉による肌荒れとスキンケア方法」に関する意識調査>を実施。その結果、働く女性の約 7 割は、肌が「無防備」状態であるとわかりました。銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生によると、花粉対策は、1月上旬からはじめるべきとのこと。慶田先生のアドバイスと意識調査の結果、そして、花粉対策にぴったりの新商品、敏感肌用化粧水『d プログラム アレルバリア ミスト』・『d プログ…
花粉が飛び始める1月上旬 今から春先の肌荒れ対策を厳しい寒さが続くと、春が待ち遠しくなりますが、春といえば花粉症。この時期に目や鼻がむず痒くなるだけでなく、肌荒れに悩む人も多いのではないでしょうか。資生堂「dプログラム」は、花粉が微量に飛散し始める1月を前に、春先に肌荒れを経験したことがある、全国の20~30代の働く女性*を対象に、「働く女性の花粉による肌荒れとスキンケア方法」に関する意識調査を実施。*…化粧品/医薬品関連従事者を除くその結果、約半数の女性が、「花粉などの微粒子」をその一因として認識しているにもかかわらず、「花粉による肌荒れの対策方法がわからない」などの理由で、約7割が花粉による肌荒れ対策をしていないことがわかりました。6割の…
花粉症が引き起こす肌荒れは食べ物で対策!花粉症は肌荒れもひきおこす!今年も花粉症の季節がやってきましたね。花粉症は原因となる花粉が鼻、目、のど、皮膚等に接触してアレルギー症状をひき起こしている状態をいいます。1年中、様々な花粉が飛んでいますが、特に春先のスギやヒノキの花粉で悩まされる方が多いので、これからの季節が一番ツライ!という方が多いのではないでしょうか。花粉症のツライ症状というと、くしゃみや鼻のムズムズ、目のかゆみなどの苦しさの症状ばかり注目されがちですが、実は肌荒れに悩まされる方も少なくありません。肌が乾燥すると、皮膚の膜が薄くなり、刺激に弱い肌になってしまいます。花粉は顔の皮膚に付着し、弱った肌の刺激となることが多いので、…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.