四季を楽しもう 節句の由来と祝い方まとめ

(c)cassis - stock.adobe.com

四季を楽しもう 節句の由来と祝い方まとめ

お雛様に五月人形、そして1月7日にいただく七草粥。これらはみな、節句のお祝い行事です。七夕の節句や端午の節句に比べてあまり知られていませんが、人日の節句や重陽の節句など、節句は1年に5回あります。節句のことを知れば、四季の移ろいをさらに楽しめるでしょう。そこで、節句の由来と祝い方をまとめました。

変わりゆく季節を楽しもう 節句の意味と由来

節句の歴史や由来は? 今さら聞けない節句の基礎知識!子どもが生まれると、ぐっと身近になるイベント、それが節句。しかし、節句について歴史や由来、お祝いの仕方など詳しいことは意外と知らない方のほうが多いのではないでしょうか? そこで節句の歴史や豆知識についてご紹介します。節句の歴史を知ってる!?初節句のルールとは節句とは節句と聞くと、5月5日の端午の節句や、3月3日の桃の節句を思い浮かべると思いますが、実はそれだけではないことご存知でしたか? 節句とは、日本の四季や季節の節目を、伝統行事を踏まえて祝う式日のこと。1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句(桃の節句)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句と、全部で5つ存在…
節句 (せっく) - 季節が変わる節目の日季節の節目といえば二十四節気 (にじゅうしせっき)がありますが、節句はこれとは別に、豊作を祈る祝祭の日を意味する年中行事として設けられました。もともとは中国から伝来したならわしですが、日本古来の年中行事 (節会) と結びついたものが現在の節句になったとされています。節句の「節 (せつ)」は「節目」という意味です。季節が変わる節目の日が節句というわけ。古来の日本では、節句の日はハレの日として労働を休み、神様に供物をささげたと言われています。と同時に、自分たちも供物を食すことで、霊力をつけたそうです。端午の節句にちまきを食べる習慣など、現在でもそのならわしが残っているのはそのためです。○五節句とは…

桃(上巳)の節句

桃の節句は邪気払いの節句桃を飾って1週間。桃は他の枝物に比べて水の吸い上げがよいほうだと聞きます。それでも最近は水の吸い上げが悪くなってきたので、小枝に分けようかなと思っているこの頃です。それにしても桃はKawaii☆ピンクを見るたびに心踊る数日でした。季節の先取りは、感性がきめ細やかな日本文化の特徴でもあり、粋な暮らし方のヒントになります。桃の節句の翌日3月4日(土)に、新座市の平林寺の旧坐禅堂にてワークショップ「春のヨガと瞑想」を開催します。桃の節句は邪気払いの節句とも。ヨガと瞑想でリフレッシュして新しい年度を迎えませんか。まずヨガのポーズで体の緊張をほぐすところからスタート。そのあとヨガの瞑想「サンカルパ瞑想」…
ひな祭りの由来、雛人形の飾り方、食べ物の意味を子どもに正しく伝えよう春の訪れを感じさせる「桃の節句」こと、ひな祭り。小さい時に家族とひな人形を飾るのを楽しみにしていた方も多いのでは。そんなひな祭りですが、その由来や意味をどこまで子どもに説明できますか。とても深いひな祭りの世界をご紹介します。子どもに伝えたいひな祭りの由来禊と厄払い中国では古くは、3月の最初の巳の日を忌日として災厄から逃れ、不浄を除くために「踏青」と言って青い草を踏み、川に入って川の流れで禊をして、お酒を酌み交わし穢れを払うことが行われていました。それが日本に入ってきて、平安期のころからあった子どもの人形(雛遊び)遊びが、禊や中国の三月の上巳の払いの行事と一緒になって、人形や撫でものに身体の穢れ…

端午の節句

5月5日は端午の節句(こどもの日) 本当の由来と正しいお祝いの仕方端午の節句は、五節句のひとつです。3月3日は女の子の「桃の節句」、それに対する男の子の節句と認識している方も多いと思います。また、「こどもの日」として男女を問わず子どもの健やかな成長を願う日でもあります。端午の節句の由来と意味端は「初め」の意味で、端午とは月の初めの午の日のことです。中国では、ふるくから五月は悪月で、月の初めの午の日に野にでて草を摘んで、草を武器として野で遊び、舟で競争などし、またヨモギで人形や虎を作って、門にかけ、菖蒲をひたした酒を飲んで、蘭を入れた湯に浸るなど穢れや災厄をはらうための行事が行われていました。日本では、5月は、皐月または早苗月と言って、早乙女が田んぼに稲を植え…

七夕の節句

七夕の由来やはじまりとは?日本人なら知っておきたい基礎知識7月は別名文月(ふづき)と呼ばれています。そのいわれは、七夕の日に詩や歌などの文を添えて、七夕さまにまつる風習があったからだと言われています。今回は七夕にまつわる話をお伝えしましょう。どうして七夕は「たなばた」と読むの?­­お盆(旧暦の7月15日)は新暦の8月になります。この時期は水不足が深刻なため水神(すいじん)信仰も盛んでした。水辺の小屋に籠もり、祖霊に着てもらうための服をはた織で織るという女性を棚機女(たなばたつめ)と呼ばれ、できあがった布は笹につけて立てたといわれています。この棚機女(たなばたつめ)を七夕と書いて「たなばた」と読まれたのが始まり。七夕はいつ飾るの?前日6日の夕方軒先に飾…

重陽の節句

菊を使うイベント!? “重陽の節句”の由来と家庭で楽しむコツ夏休みが終わって子どもが学校に登校し、やれやれという日々を過ごしております、フリーライターのパピルスです!夏休みの間、学校で育てている植物の鉢を家に持ち帰ってお世話をしていたご家庭も多かったのではないでしょうか?わが家の子どもが今年育てているのは“菊”です。調べてみると高学年で“菊”を育てる小学校が結構多いようですね。夏休みはうっかり水やりを忘れてしまったり、長期の旅行に出かけたりして、萎れた姿を見て慌てて水やりをしたりと奮闘しました。これから秋には一生懸命育ててきた菊が花を咲かせる楽しみなシーズンになりますね。日本では昔から秋に“菊”を楽しんできました。特に江戸時代に定められた五節句の一つ“…
いいことが重なる日「9月9日」。菊の節句の過ごし方9月9日は「重陽の節句」。五節句の一つであり、1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「菖蒲の節句」、7月7日の「笹の節供」に対し、「菊の節句」とも呼ばれています。五節句をしめくくる行事として、昔は最も盛んだったものの、今では、あまりなじみがなくなってしまった「重陽の節句」についてご紹介します。 「9月9日」は最高の数が2つ重なる特別な日数字は、1~10であらわされ、最も大きな数は「10」です。古代中国では、頂点を極めると、後は後退していくだけなので、頂点を最高とするのはよくないという思想がありました。そこで、最高の数は、「10」ではなく「9」とされました。この最…

初節句のお祝いマナー

初節句は何をする ? お祝いの仕方や気になるマナーを解説!子どもが生まれると、一年の中でもお七夜・お宮参り・お食い初めとたくさんのイベントごとがありますが、その中のお祝い行事のひとつ、初節句。何を用意すればいいか、お祝いを頂いた時のお返しについてなど基本情報をまとめました。初節句とは?何をするか知ってる?初節句とは?節句の「節」は、季節の変わり目という意味を持ちます。日本では、古来から季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていました。そのため、季節の節目には無病息災を祈願する行事が行われていました。これを五節句と言います。男の子の成長を祈願する5月5日の端午の節句と、女の子の成長を祈願する3月3日の上巳の節句(桃の節句)はその中の一つで、様々な…
初節句のお祝い金!正しい祝い方や金額の相場を確認しておこう!七五三や雛祭りなど、日本では子どもを祝う機会が数多くあります。「初節句」もそのひとつであり、初節句の際には家族だけでなく親戚なども集まって、子どもにお祝いを渡すケースも見られます。では、初節句のお祝い金はどれぐらいの金額が相場なのでしょうか?ここでは初節句の概要に加えて、お祝い金の相場などについてご紹介していきます。そもそも初節句とは?どんな意味があるお祝いなの?初節句とは、子どもが誕生して最初に迎える節句のことです。女の子では3月3日の桃の節句、男の子では5月5日の端午の節句が初節句です。節句とは、季節の変わり目に邪気をはらう行事をする日のこと。中国の唐時代が起源とされており、まずは宮中の行…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.