四季を楽しもう 節句の由来と祝い方まとめ

(c)cassis - stock.adobe.com

四季を楽しもう 節句の由来と祝い方まとめ

お雛様に五月人形、そして1月7日にいただく七草粥。これらはみな、節句のお祝い行事です。七夕の節句や端午の節句に比べてあまり知られていませんが、人日の節句や重陽の節句など、節句は1年に5回あります。節句のことを知れば、四季の移ろいをさらに楽しめるでしょう。そこで、節句の由来と祝い方をまとめました。

変わりゆく季節を楽しもう 節句の意味と由来

節句の歴史や由来は? 今さら聞けない節句の基礎知識!子どもが生まれると、ぐっと身近になるイベント、それが節句。しかし、節句について歴史や由来、お祝いの仕方など詳しいことは意外と知らない方のほうが多いのではないでし...
節句 (せっく) - 季節が変わる節目の日季節の節目といえば二十四節気(にじゅうしせっき)がありますが、節句はこれとは別に、豊作を祈る祝祭の日を意味する年中行事として設けられました。もともとは中国から伝...

桃(上巳)の節句

桃の節句は邪気払いの節句桃を飾って1週間。桃は他の枝物に比べて水の吸い上げがよいほうだと聞きます。それでも最近は水の吸い上げが悪くなってきたので、小枝に分けようかなと思っているこの頃で...
ひな祭りの由来、雛人形の飾り方、食べ物の意味を子どもに正しく伝えよう春の訪れを感じさせる「桃の節句」こと、ひな祭り。小さい時に家族とひな人形を飾るのを楽しみにしていた方も多いのでは。そんなひな祭りですが、その由来や意味をどこまで子どもに説明できますか。とても深いひな祭りの世界をご紹介します。

端午の節句

5月5日は端午の節句(こどもの日) 本当の由来と正しいお祝いの仕方端午の節句は、五節句の一つです。3月3日の女の子の桃の節句に対する男の子の節句と皆さん認識なさっていると思います。また、子供の日として男女を問わず子供の健やかな成長を願う日でもあります。

七夕の節句

七夕の由来やはじまりとは?日本人なら知っておきたい基礎知識7月は別名文月(ふづき)と呼ばれています。そのいわれは、七夕の日に詩や歌などの文を添えて、七夕さまにまつる風習があったからだと言われています。今回は七夕にまつわ...

重陽の節句

菊を使うイベント!? “重陽の節句”の由来と家庭で楽しむコツ夏休みが終わって子どもが学校に登校し、やれやれという日々を過ごしております、フリーライターのパピルスです!夏休みの間、学校で育てている植物の鉢を家に持ち帰ってお...
いいことが重なる日「9月9日」。菊の節句の過ごし方9月9日は「重陽の節句」。五節句の一つであり、1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「菖蒲の節句」、7月7日の「笹の節供」に対し、「菊の節...

初節句のお祝いマナー

初節句は何をする ? お祝いの仕方や気になるマナーを解説!子どもが生まれると、一年の中でもお七夜・お宮参り・お食い初めとたくさんのイベントごとがありますが、その中のお祝い行事のひとつ、初節句。何を用意すればいいか、お祝...
初節句のお祝い金!正しい祝い方や金額の相場を確認しておこう!七五三や雛祭りなど、日本では子どもを祝う機会が数多くあります。「初節句」もそのひとつであり、初節句の際には家族だけでなく親戚なども集まって、子どもにお祝いを渡す...

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.