SNSで嫌われる人の特徴まとめ

SNSで嫌われる人の特徴まとめ

SNSで嫌われる人の特徴は、いくつか共通点があるようです。便利で楽しいSNSですが、使い方によっては周りから面倒がられたり、嫌われてしまうことも…。SNSを利用する上でのマナーや在り方、SNSで嫌われる人の特徴などを今一度チェックして、気持ちよくSNSを利用できるようにしましょう。

あなたは大丈夫?1つでも当てはまるならご注意を

ゲッ! やってるかも? モテない女にありがちなSNS投稿4つ最近では直接連絡を取り合わなくてもSNSで多くの友達と交流ができるようになりました。友達の近況を聞かなくても知ることができるし、自分のことも簡単に写真で友人に配信できるメリットがある半面、SNSの投稿内容で男性が引いてしまうケースも多くあることをあなたはご存知ですか?1.自分の顔・ネイル等自分の話ばかりUPするファッションや美容は女性に興味がある内容かもしれませんが、男性からすると「だから何?」と思われがち。「自分の写真ばっかりUPしているナルシストな女」「自意識過剰な女」という具合に男性から思われてしまうのでマイナスイメージになりがち。2.「○○しています♪」とか「○○買いました♪」等の自慢…
こんなに違う! モテ女子と非モテ女子のSNS投稿パターンFacebookやtwitterなどのSNSを通して、男性に「この子いいな。仲良くなりたいな」と思われる女子の投稿とは? 逆に、「こういう子、引くわ。」と思われてしまう、非モテ女子の投稿とは?●これではモテない!ダメダメ例・やたら投稿数が多いタイムラインがあなたの投稿でいっぱい…そんな状態になっていませんか。いくら内容に凝っていても「暇だな」「友達いないの?」というむなしい印象に。自分を注目の的だと思い込む勘違い女にも見えかねません。情報発信のしすぎに要注意!・時事ネタをソッコー拡散ニュースや話題になっているネタを、内容もよくわらないままただ拡散するパターン。情報に敏感どころか、逆に思慮がなく…
SNSでイラッとされる女性の投稿【前編】SNS疲れを起こしてTwitterやFacebookをやめる人が増えている反面、まだまだハマッている人も多いことと思います。Facebookで「いいね! 」の数をいかに多く獲得するかに心を砕いている人もいるのではないでしょうか。でも、その「いいね! 」が欲しいあまりに、自分では気づかないうちに友人からはイラッとされている場合もあるのです。一体、どんな投稿をする女性が周囲からウザがられてしまうのでしょうか。■自分が最もかわいく見える角度の写真を頻繁にアップするもっとも嫌われやすいと言われているパターンです。あまりに頻繁にアップされると、見ている側はお腹いっぱいになり「はい、はい。分かりましたよ」…
SNSでイラッとされる女性の投稿【後編】前編に引き続き、今回も、Facebook等のSNSでイラッとされる女性の投稿をお伝えします。■頻繁に私服写真をアップする前編の自分写真&料理写真同様、あまり歓迎される投稿ではありません。「今日の私服~」などと題して写真をアップしている女性を見かけますが、一般人の私達が私服に興味を持つ対象者は、芸能人やモデル、服飾関係者等。同じ一般人の私服にはそれほどソソられないのが現実です。これは、Facebookを仕事でも活用している女性が陥りやすい例。「自分の仕事を宣伝しなくちゃいけないけどネタがない! 」と困った時に繰り出してしまいがちな作戦ですが、自分が思うほど受けはよくないと頭に入れておいたほうが無…

SNSからちょっと離れてみては?

SNS疲れを感じたらゲームで時間つぶしをしては? 初心者でも楽しめるゲームアプリ電車を待っているときや、特に何もしたくなくてぼんやりしているようなとき、スマホに手が伸びることは多いですよね。SNSのチェックもいいですが、SNS疲れという言葉があるぐらい情報に振り回されるのがイヤになるときも。そんなときはゲームを楽しんでみるのはいかがですか?女性の中にはゲームにあまり興味がないという人もいるかもしれませんが、「ドラゴンヒーローズPZ」ならとっても簡単にプレイできるから大丈夫。「ドラゴンヒーローズPZ」の舞台は、2000年前の異世界アーネストウェル。ドラゴンが存在し、他の生き物と共存していた時代です。プレイヤーは選ばれし「ドラゴンランナー」として各地のモンスターを倒しながら世…
「SNS疲れ」な人必見! プライバシー重視のいいとこ取りSNS「MakaMaka App」誕生!ブログ、ミクシー、ツイッター、フェイスブック、ライン……とさまざまなサービスがインターネット、モバイルの普及によって爆発的に誕生し、進化を遂げている。便利な一方で、個人情報の流出、投稿したコメントに対する責任、不特定多数に対する不本意な交流など、そこにはさまざまな問題も生じている。ライフスタイルを充実させようと始めたものの、いつの間にか「SNS疲れ」になっていることも……。それらSNSサービスが抱える問題点を解決し、さらにネット上の交流と現実世界の交流をしっかりとリンクさせることを目的にした「MakaMaka App」が11月30日に誕生した。さまざまな人々との交流を楽しむ従来のサービスとは違…
あなたのネット交流法は危険?SNSトラブル度占いSNSの使い方を間違えると大変な事態に!

上手に使えばSNSはとっても便利!

使い分けが大切! まだまだ使えるモテる「LINEスタンプ」の特徴昨年、爆発的に普及したSNSアプリ『LINE』。以前はデフォルト機能として付随する無料スタンプの使用が主流でしたが、このところその機能性の高さゆえ、感情をより効果的に伝えるためには「有料コンテンツへの出費も惜しまない」という方が急増しているんだとか。そこで今日は、いったいどのようなスタンプを選べば男心に響くのか。恋愛ライターとして活動する筆者おすすめの3ポイントをご紹介していきましょう。折角購入するのであれば、“モテるスタンプ”を選びたいと思いませんか? ■特徴1:まずは挨拶入りで“可愛さ”をアピール現在、クリエイターズスタンプと呼ばれる一般制作の『LINE』スタンプが、35,000種類を突破…
これで彼氏ができました! SNSで恋人を作った人の投稿とは?いまや連絡をとる手段は、メールや電話ではなく、SNSという人も多いのでは。そこでたびたび話題になるのが、投稿の内容。食べ物の写真、旅行や飲み会の報告など、リア充アピールばかりという批判的な話が挙がりますね。しかし中には、ひょんな投稿から恋人を作った人も。今回は、どんな投稿で恋人をゲットするまでに至ったのか、実際に恋人を作った人に聞いてみました。■適度に趣味についての投稿をするSNS経由で恋人を作ったのは、Rさん(20代女性)。日頃は、友達との写真などを投稿している彼女。見た目もコンサバ系の服装で華やかでかわいく、一見、リア充のように思えます。しかしそんなRさんは、実は大の漫画好き。しかも国民的…
一期一会! 今こそ絶対使うべき「LINE」恋の必勝法とは?近年、驚異的なスピードで日々の連絡ツールとして普及しているSNSアプリ・LINE。世の若者たちを中心に、その使い方は角度を変えて様々な方向へと発展を遂げています。そこで今日は、恋愛ライターとして様々な媒体で活動する筆者直伝。中でも特に“恋愛面”における使い方の注意事項をいくつかご紹介していきましょう。「既読無視」なんて用語は今や常識!? 彼の気を引くためにテクニックを駆使するのではなく、彼に引かれないために、ある程度のルールは守る必要がありそうです。■ステップ1:アカウント画像はよ~く考えて選ぼうまず第一に、個人のアカウント画像についてです。自分サイドのチャット画面を見ているとよくわからないの…
今や「アカウントは5つ持ち」が常識!世界の驚くべきSNS利用状況あなたは1日に何時間SNSを見ていますか?SNSのアカウントはいくつ持っていますか?アメリカでインターネットの調査を行っているGlobalWebIndex (通称GWI)から、SNSとインターネットの閲覧に関して、驚きの結果が発表されています。なんと、今はSNSの平均アカウント所持数は5つもあるのだとか!また、インターネットを閲覧する時間の実に4分の1がSNSを見ている時間だそうです。そんなSNSの平均閲覧時間は、毎日およそ1時間40分くらい。数字で見ると、いつの間にか相当の時間をSNSに費やしていることがわかりますね。それでは、どんなSNSが今ポピュラーなのでしょうか?今回は、世界のSNS利…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.