彼へのLINEが既読スルーで切ない時の対処法 まとめ

彼へのLINEが既読スルーで切ない時の対処法 まとめ

LINEで一番切ないのが既読スルー。「返事くらい返してくれればいいのに」と思っていても、重たい女だと思われたくないから心の中でモヤモヤが溜まってしまいがち。LINEで既読スルーされて切ないとき、寂しさを感じたときにどうやって切り抜くのがいいのかを考えてみて。

既読スルーにはこれで勝負

放置してごめんネ!既読スルーへのかわいすぎる催促LINE・4選こんにちは、ぽこひろです。LINEの既読スルーと聞くとそれだけで少し気分が落ち込んでしまうような感じですよね。とくに、好きな相手からの既読スルーはより辛いでしょう。そんなとき、おとなしく待つのもいいけど、それでもやっぱり一番の本音は「返してほしい」なはず。だったら、返させましょう。今回は20代男子30人に「ついついすぐに返信してしまう『既読スルーへのかわいすぎる催促LINE』」について聞いてみました。■1.「さみしくてお腹壊しちゃう」「半日くらいスルーしてたら彼女から『返してよー。さみしすぎてお腹壊れそう・・・・・・』とかきて、かわいいからすぐに返してやった。この、そこまで深刻じゃないけどダメ…
これなら重くならない!彼氏に「既読スルー」させない3つの方法ゆとり世代のコミュニケーションツールとしてすっかり浸透しているLINE。このLINEの大きな特徴が“既読”表示機能ですよね。これにより、メール時代に「見たかな~まだかな~」とメッセージ受信ボタンを連打していたあの不便さが無くなる一方、「既読になってるのに返信が無い!なんで!?」という新たな不安要素も生まれました。そこで今回は、彼氏や意中の人とLINEを弾ませ、「既読スルー」されない方法をお届けします!■とにかく、選ばせる!返信させたいなら質問系で、というのは良く聞くセオリー。でもその質問の仕方を変えることで、より楽しいコミュニケーションができるのです。たとえば、あなたがあるワンピースを買おうか…
LINEの既読スルーを気にしすぎるあなたへ。LINEでモメた時の処方箋 前編「LINE」に既読機能がなきゃいいのに……そんな愚痴をよく耳にしますけれど、あるんだから仕方ないじゃないですか。身も蓋もないことを言いますが、機能がある以上それとうまく付き合っていくしかないのです。彼のいびきと同じようにね!さて、今回はLINEの「既読スルー」を気にしすぎるあなたに捧げます。筆者も一度、LINEに関しては修羅場を経験したことがありまして。あの、独特なヤキモキする感情はよく分かります。お恥ずかしい話ですが、LINEを返しただの、既読スルーがなんだので大ゲンカをしたことがあるのです。その後、大ゲンカした相手と今日ご紹介する方法を実践し、なんとか崩壊しかけた関係を修復することができま…

LINEが原因で仲が悪くならないために

既読スルーの原因はワタシ?!「彼女とのLINEがしんどい」彼氏の本音・4つ友人同士や恋人同士の連絡手段として大活躍のLINEですが、LINEの手軽で便利な機能が逆に足かせになってしまっているカップルが続出しているのだとか。「なんで返信くれないのよ!」とついイライラ・・・。でも、その原因はあなたにあるのかもしれません。「彼女からのLINE、これがしんどい」という男子の本音を見て行きましょう!■1.SNSか!「毎日のように彼女から「ねむい」とか「おなか減った」とか送られてくるんだよね。「寝ろ」「食べろ」としか思えない。正直面倒くさい」(学生/23歳)「TwitterとかFacebookに投稿するようなつぶやきをLINEで事細かに送られて来るのは、話題が無いからなの?無理…
終わりよければ全てよし!印象の良いLINEの終わらせ方今やメールより使用頻度が高くなったLINE。既読やスタンプなど、独特のルールがあるので使い方次第で彼からの評価がかわるかもしれません。今回は、印象の良いラインの終わらせ方をご紹介したいと思います。■1.終わりをにおわせるスタンプ「スタンプの使い方にユーモアのセンスがでる。会話の終わりにスタンプがあると可愛げがある」(25歳/銀行員)LINEの特徴であるスタンプ。有効活用できると男性との会話が盛り上がり、女子力が高いと思われます。会話の終わりを感じさせる手を振っているスタンプなどで、可愛く切り上げましょう。ちょっとした金額なので、スタンプは可愛いものを一通り揃えましょう。モテへの出費だと思ってく…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連恋愛まとめ

新着まとめ

人気恋愛まとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.