おばさんとお姉さんの境界線まとめ

おばさんとお姉さんの境界線まとめ

おばさんとお姉さんの境界線はどこだと思いますか?男性と女性では、おばさんとお姉さんの境界線の考え方が違います。今回は、知りたいけどちょっと怖い…そんなリアルを紹介。年齢だけではなく言動も男性は判断規準にしています。自らおばさんの境界線を越えないようにしましょうね。

男性の本音ここからがおばさん、 ここからがお姉さん

「お姉さん」と「おばさん」 男子が思うおばさんとは!?「いつまでもキレイでいたい」、「おばさんなんて言われたくない!」。女性なら、誰でもそう思いますよね?同じ年齢の女性でも、「お姉さん」と呼ばれるような人と、つい「おばさん」と呼びたくなるような人、あなたの周りにもいませんか? でも、いったい「お姉さん」と「おばさん」の境目、違いはどこからなのでしょうか!?今回は、男子が思う「お姉さん」と「おばさん」の境目、違いについて、数名に聞いてみました。【化粧】25歳/美容師「おばさんは、一昔前の化粧をずっとしている。お姉さんと呼べるような女性は、化粧にも気を使っている」 22歳/大学生「買い物に行く時に化粧をしていない女性は、おばさんだと思います」 女性と…
年下男子はココを見ている!おばさんとモテるお姉さんの違い!4つ若くても「おばさんっぽい」と感じる女性もいれば、30代、40代になっても「キレイなお姉さん」に見える女性もいます。この2つの違いはどこにあるのでしょう?そこで今日は、男性に「年上の女性を見た時、おばさんかキレイなお姉さんかを判断する材料」についてインタビューしてきました。■1.声が大きくて同じことを何度も言う「女性の上司が、見た目はキレイな人なんですけど、しゃべったら声が大きくておばさんっぽいんです。怒ったらキーキー言っているように聞こえてヒステリックに見えるし。黙ってればモテそうなんですけどね・・・」(25歳/IT)年を重ねるに連れて耳が遠くなっていくので、おばさんやお婆さんになると自然と声…

当然お姉さんって思われたい!見た目年齢を若くするために

マイナス5歳も若く見える簡単メイクテク3つ「顔のたるみが気になって、メイクをしてもカバーしきれない」「数年前と同じメイクをしているのに、仕上がりの印象が違って顔がボヤケてきた気がする」こんな悩みに直面しているアラサー世代の女性のために、顔の印象を5歳は若返らせてくれるメイクテクをご紹介します。■メイクテク1:高めチークでリフトアップ効果を狙うチークはニコッと笑ったときに一番高くなる部分に入れるのが一般的。このチークの位置をいつもより1cmほど上に入れてみましょう。ほお骨というより目の下あたりに入れると視線が上にいき、顔がグッとリフトアップして見えるんです。形は丸でも斜めでもなく、横長の楕円形を意識してふんわりと入れるのがベスト。カラー…
ショック! ふけて見られる!? 「見た目年齢」を若くする、アラサー女子のお助けテクアラサー女子にとって、他人から実年齢より上に見られることほどショックなことはありません。ちょっとしたポイントで、見た目年齢は大きく左右されます。これを取り入れれば即! 見た目年齢を若返らせる、そんなテクニックをご紹介します。 ■メイクでアンチエイジング肌のきれいさが見た目年齢を左右する、というのはよく知られています。でも、お肌のケアは長期戦。それよりも、一瞬で印象を若くしてくれるのがメイクです。ポイントは目元と口元です。アイメイクは、黒目がちに見えるような工夫を。まつげの隙間をアイラインで埋め、アイシャドーを黒目の上にだけ幅広に入れるなどすると、目の印象がアップします。また、口角が下がっている…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連恋愛まとめ

新着まとめ


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.