アフラック「生きるためのがん保険All−in」の評判・口コミは?デメリットは?

今やがんは誰がなってもおかしくない身近な病気であり、がん保険の需要も年々高くなっています。

そんな中、がん保険を検討中の人の中には「どのがん保険がいいのか分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

現在、がん保険は様々な保険会社より発売されていますが、その中でもアフラックはがん保険をいち早く取り入れたがん保険の先駆け的な存在です。

そのため、がん保険といえばアフラックというほどメジャーな存在といえますが保障内容については詳しく知らないという人も多いと思います。

そこでこの記事では、アフラックの「生きるためのがん保険All−in」について
  • 商品内容
  • 保険料
  • 評判や口コミ
  • メリット、デメリット
  • 他のがん保険との比較
について詳しく解説していきます。

今、がん保険への加入を検討中の方や加入中のがん保険について見直したい人は参考になると思いますので最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. アフラック「生きるためのがん保険All−in」はがんの治療費と治療関連費に特化したがん保険
  2. 治療給付金は、通算600万円まで保障されるので長期闘病にも安心
  3. 女性特有のがんの保障も手厚く、無料の「がん治療相談サービス」があり、幅広いがん治療の悩みを相談できるというメリットがある
  4. 上皮内がんの保障が薄く保険料払込免除の条件が厳しいことがデメリット
  5. 現在加入している保険が自分にベストか確かめるには、無料保険相談を利用するのがおすすめ
  6. 無料保険相談を利用すれば、プロと一緒に複数の保険を比較して自分にベストな保険に加入できる
  7. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!  

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in(旧days 1)」の基本情報




はじめに、基本的な情報として「生きるためのがん保険All-in」の


  • 保障内容
  • 保険料シュミレーション
  • 「生きるためのがん保険Days1」との違い
を詳しく説明していきますので是非しっかり確認していきましょう。

保障内容

まず保障内容についてです。


「生きるためのがん保険All−in」の保障内容は

  • 治療費
  • 治療関連費
の2つに大きく分かれます。


治療費は文字通り治療にかかるお金を指します。それに対して治療関連費とは、個室を選んだ際の差額ベット代や通院にかかる交通費、外見のケアにかかる費用のことを指します。


それぞれの保障内容は以下の表のとおりです。


<治療費>


治療内容保障内容
治療給付金(手術・放射線・抗がん剤・ホルモン剤・緩和療養)
月10万円/通算600万円上限
がん先進医療給付金自己負担と同額/通算2,000万円まで
がん先進医療一時金15万円/年1回

(※特約給付金額10万円の場合)


<治療関連費>

給付金保障内容
診断給付金がん→50万円
上皮内新生物→5万円
(初回診断時)
特定診断給付金がん→50万円
(入院・通院が所定条件と合致した場合。給付金額の設定により
異なる)
複数回診断給付金がん→50万円
上皮内新生物→5万円
(最初に診断されたから2年経過後)
入院給付金10,000円/日
通院給付金10,000円/日
外見ケア①顔・頭部手術②手足切断術→20万円/各1回ずつ
③頭髪の脱毛→10万円(1回のみ)


このように「生きるためのがん保険All−in」は、がん治療特化して治療費はもちろん長引く闘病や通院治療、再発にも備えることのできる保障内容となっています。


もっと詳しく保障内容について知りたい人は以下のアフラックの公式サイトも参考にして下さい。


参考:アフラック 「生きるためのがん保険All−in」

保険料シミュレーション

次に気になる保険料をシュミレーションして比較していきます。


以下の表に30歳から60歳の各年代の男女の保険料を表にまとめました。



<保険料シュミレーション一覧>

年齢男性
入院日額1万円/(入院日額5千円)
女性
入院日額1万円/(入院日額5千円)
30歳3,005円/(2,380円)3,288円/(2,713円)
40歳4,538円/(3,658円)5,361円/(4,611円)
50歳7,585円/(6,275円)7,179円/(6,264円)
60歳13,584円/(11,589円)8,855円/(7,720円)


この表からも分かるように、年齢があがるごとに保険料が上がっていきます。特に、男性は50代になるとがんの罹患率が上昇することから保険料がぐんとあがることが分かりますね。


先ほど、添付した公式HPから簡単に保険料のシュミレーションが出来ますので、もっと詳しく計算したい人は確認してみて下さいね。

「生きるためのがん保険Days1」との違いは10ごとの更新型になったことで見直しができる

「生きるためのがん保険All−in」は、2020年4月から発売された新プランです。そのため以前の「生きるためのがん保険Days1」とどこが違うの?と疑問に思う人も多いと思います。


簡単に言うと、両者で基本的な保障内容にはあまり違いがありません


ただし、大きな変更点が1つあります。それは「10年の更新タイプ」に変更になったという点です。


そのため保険料が見直しになるようになったので保険料がだんだんと高くなることになります。


一見、これはデメリットに感じるかもしれませんが、悪いことばかりではありません。


がん保険は、終身タイプが多いのですが、更新タイプの方が終身タイプと比較すると保険料が安くなります。「生きるためのがん保険All−in」では、治療費に備える部分の方が10年更新になっています。


つまり、特に若いうちは保険料が安いわりに保障内容が手厚いと言えますので、これは更新型のメリットと言えます。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in(旧days 1)」の評判・口コミ




商品を選択する時に特に参考になるのは実際に購入した人の口コミですよね。


ここでは、「生きるためのがん保険All−in」に加入している人の口コミを紹介していきますので是非参考にして下さいね。


※クラウドワークスで調査

保険料が安くて嬉しい

終身型ではなく10年ごとに更新されるので、他と比べて保険料が安くて良かったです。更新型なので徐々に保険料が高くなるかとは思いますが、若いうちはまだ良いかなと思っています。

保障が幅広く安心できました

万が一ガンになって長期治療する場合の治療費だけではなく、差額ベッド代や病院までの交通費なども保障してくれる幅広さに惹かれました。保険会社の知名度も高く安心できます。ステージ0の場合の給付金が少し少ないと感じますが、長期の治療に備えるなら良いですね。

付帯サービスが心強い

もしものときに備えてがん保険の加入を検討していました。がん保険は入ったことがなかったので何が良いかわからなかったのですが、アフラックのこちらの商品はがん治療相談サービスがあり悩みなどを相談できるというので心強いと思い即決しました。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」のメリット・デメリット


アフラックの「生きるためのがん保険All-in」の保障内容や評判について説明してきましたが、ここではこの商品の

  • メリット
  • デメリット
を分かりやすく説明していきます。

アフラックの「生きるためのがん保険All−in」のメリット

「生きるためのがん保険All−in」のメリットは大きく4つです。


  1. 治療給付金が通算600万円までなので長期闘病でも安心
  2. 先進医療を受けた場合、実費プラス一時金を受け取ることが出来る
  3. 無料でついているサービスが充実
  4. 更新タイプなので終身と比較すると保険料が安い
 
まず、1つ目は治療が長期間に渡っても安心の保障です。  「生きるためのがん保険All−in」は、治療給付金が通算で600万円まで保障されます。

この保障対象となる治療は 
  • 所定の手術

  • 放射線治療 

  • 抗がん剤治療 

  • 緩和治療
になります。

月10万円ずつ受け取ったとすれば、年間で120万円となり5年間は上記の治療が保障されます。がんは、闘病が長引くことが多く、再発のリスクもありますので、長期闘病に備えることができるのは大きなメリットです。

 2つ目は、先進医療に対する保障の充実です。先進医療については通算2,000万円までが保障されますが、それとは別に一時金として15万円をうけとることが出来ます。

 先進医療は、治療自体も高額ですが、治療が出来る病院が近くにないことも多く、その場合交通費等もかかってきますので、一時金があるのは非常に助かります。

 3つ目は、無料でついてくるサービスの充実です。 

これは、「がん治療相談サービス」のことで詳しくはこの後の「アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」がおすすめな人」のところでもう一度説明していきますが、がんの治療に関する幅広い相談をすることが出来ます。

 治療をしていく中では分からないことも出てくると思いますが医師に聞きにくい場合もあるかと思います。そんな時に相談することの出来るサービスがついてくるのは心強いですよね。

 そして4つ目は、保険料の安さです。先ほど、説明した通り「生きるためのがん保険All−in」は、10年更新タイプです。そのため、終身タイプと比較すると保障内容に対して保険料が安いというメリットがあります。

アフラックの『生きるためのがん保険All−in』のデメリット

『生きるためのがん保険All−in』のデメリットは3つです。


  1. 上皮内がんの保障が薄い
  2. 特定保険料払込免除の条件が厳しい
  3. 更新することで保険料が高くなる

まず1つ目は、上皮内がんの保障が薄いことです。上皮内がんについてはこの後の「アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」がおすすめではない人」のところでも説明しますが、簡単に言うと細胞の表面的な部分にできたもののことを言います。


生きるためのがん保険All−in」では、上皮内がんについては保障対象外であったり保障金額が悪性新生物よりも大分低く設定されていますので保障が薄いというデメリットがあります。


2つ目は、特定保険料払込免除の条件が他社と比較して厳しいということです。がんと診断されると以後保険料が免除になる商品もある中で、「生きるためのがん保険All−in」は免除されるにはがんと診断され以後の通院や入院の日数などの条件が設定されています。


そのため、条件に該当しない限りは、治療しながらも保険料は支払い続けることになります。


3つ目は、更新することで保険料があがるということです。「生きるためのがん保険All−in」では、保障内容によって10年更新の都度保険料が変更になるものがあります。


そのため、更新の都度保険料があがるため将来いくら保険料を支払わなくてはいけないのか見通しを持つことが難しいというデメリットがあります。


これは、更新タイプのメリットでもありデメリットともいえる部分と言えます。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」がおすすめな人



ここまで、アフラックのがん保険『生きるためのがん保険All−in』について商品内容や実際に加入している人の口コミを紹介してきました。


このことを踏まえたうえで「生きるためのがん保険All−in」は、とくにおすすめなのが

  • がんやがん治療に詳しくない人
  • 女性特有のがんに備えたい人
です。


メリットの部分と繰り返しになるところもありますが、ここでは、どうしてこのような人におすすめなのか以下で詳しく説明していきます。

がんやがん治療に詳しくない人

紹介済みの通りアフラックには、がん保険に加入している人向けに「がん治療相談サービス」があります。


このサービスは、対象のがん保険に入っている人であれば誰でも利用できますが「生きるためのがん保険All−in」も対象であり、どのようなプランでも使うことが出来るようになています。


相談できる内容は

  • がんに対する幅広い悩み
  • 病院や医師の選択等の悩み
  • 治療の選択の悩み
  • 治療中の生活の悩み
などです。


がんと診断されると、それぞれに色々な悩みが出てきますよね。どこの病院で治療を受けたらいいのか、またセカンドオピニオンが欲しいという人もいるでしょう。また、治療中の育児や家事、仕事をどうしようという悩みもあります。


そんな時に利用できるのが、このサービスです。


アフラックは、がん保険の先駆者として多くに情報を持っています。そのため、がんについて詳しくない人には特におすすめなのです。


女性特有のがんに備えたい人

「生きるためのがん保険All−in」では、女性特有のがんに対する保障も手厚くなっています


保障内容の中の治療給付金は、

  • 所定の手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • ホルモン剤治療
  • 緩和療
の治療が給付の対象となっていますが、この中には

  • 乳房再建術
  • 乳房観血切除術
  • 子宮全摘出術
  • 卵巣全摘出術
などの女性特有のがん手術も含まれています。


また、女性の場合は特に、抗がん剤治療で髪の毛が抜けることを気にされる方が多いですが、外見ケアのための給付金も使うことが出来るので、ウイッグ等の購入費に充てることが可能です。


このようなことからも「生きるためのがん保険All−in」女性特有のがんに備えたいという方には特におすすめです。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」がおすすめではない人



反対に、アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」がおすすめではないのは

  • 上皮内がんを手厚く保障してほしい人
  • 特定保険料払込免除を受けたい人
です。


デメリットの部分と重なる部分もありますが、ここではなぜこのような人にはおすすめではないのか以下で詳しく説明していきます。

上皮内がんを手厚く保障してほしい人

「生きるためのがん保険All−in」は、デメリットのところで説明しましたが表皮内がんも保障の対象ではありますがあまり手厚くありません。


まず、がんには

  • 上皮内がん(上皮内新生物)
  • 悪性新生物
の2種類があります。


この2つの違いを、簡単にいうと上皮内がんは、がんが細胞の表面にある状態で悪性新生物は奥にある状態をいいます。その境界は「基底膜」と呼ばれる薄い膜になりますが、この膜より上なのか下なのかでどちらになるかが決まります。


一般的に、多くの人が思い浮かべるがんは「悪性新生物」のことで、転移などのリスクを伴います。


上皮内がんでは、細胞上部であり血管やリンパがない部分なので転移などのリスクはほとんどありませんので取り除くことで完治することがほとんどなのです。


がん保険の中には、上皮内がんも悪性新生物と同額の給付金のものもあれば出ないものなど様々ですが、「生きるためのがん保険All−in」は診断給付金は上皮内がんの場合は10%のみです。また、がん先進医療給付金と特定診断給付金および外見ケア給付金は保障対象外となります


このことから上皮内がんの保障も手厚いものを希望する人には「生きるためのがん保険All−in」はおすすめではありません。

特定保険料払込免除を受けたい人

特定保険料払込免除とは、保険会社が決めた条件に該当した場合に、保障は継続しながらも保険料の支払いが免除になるという制度です。


この条件は、保険会社や商品ごとに異なりますが、アフラックの「生きるためのがん保険All−in」では、この条件が厳しいという声が多く聞かれます。


条件は大きく2つに分けられます。


まず、1つ目が初めてがんと診断された月から2年以内に

  • がん治療のための入院
  • がん治療のための通院
の合計は30日を超えた時。


2つ目は、初めてがんと診断された月から2年経過後に

  • 「がん」でありと確定診断されたこと
  • がん治療とために手術・放射線治療・抗がん剤治療の通院または入院していること


つまり、アフラックでは、この制度は基本的に再発に備えたものになっているということです。


一見、厳しくないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、他社の場合には一度がんになると以後の保険料が免除になるというところも多いです。


そのような商品と比較すると『生きるためのがん保険All−in』の特定保険料払込免除の条件は厳しいといえます。そのため、特定保険料払込免除を受けたいので条件が緩い商品を希望する人には不向きと言えます。

アフラックのがん保険『生きるためのがん保険All−in』の加入方法や注意点



では、実際に「生きるためのがん保険All−in」に加入する場合にはまずどうしたらいいのでしょうか。


ここでは、「生きるためのがん保険All−in」で加入するにあたっての

  • 注意点
  • 手続きの流れ、告知内容
  • 給付金、保険金の請求手続き
について解説していきます。

加入する前の注意点!保険金が出ない場合や免責期間について

加入する前に必ず確認しておかなくてはならないのが

  • 保険金のが出ない場合
  • 免責期間
です。


『生きるためのがん保険All−in』は、がんの治療についてを保障しますが保険金が出ない場合もあります。


例えば

  • 告知内容を偽った場合
  • がんを含める複数の病気の治療するために入院した場合
についてです。


告知義務違反については、がん保険に限らず、給付金の受け取るができない場合があることは多くの人が知っていることと思います。


次に、複数の病気の治療を目的として入院した場合です。


アフラックのHPに記載してあるように例えば「前立腺がん」と「糖尿病」を同時に羅漢している人の場合、「前立腺がん」の摘出手術のために入院した場合は給付の対象となりますが、「前立腺がん」の摘出術を行うために「糖尿病」のインスリン治療が必要となりそのために入院した場合は支払いの対象外となります。


少し、ややこしくなりましたが、あくまで「がん」の治療目的でない場合は、支払いの対象外ということになります。


また「免責期間」についても注意が必要です。『生きるためのがん保険All−in』では、契約をしてから3カ月間はがんになっても保障されない期間というものが設定されています。


そのため、例えば契約した翌月にがんと診断されても給付金は支払われません。


せっかく契約しても、給付金の支払い対象外だったということのないように予めこのように保険金が支払われない場合についてはよく確認しておきましょう。


このことについてもっと詳しく知りたい人は、以下のアフラック公式HPの「ご契約にあたっての注意点」を参考にして下さいね。


参考:アフラック 「ご契約にあたっての注意点」

加入手続きの流れや告知内容

では、実際に加入したいと思った場合にどのような手続きをすればよいのか説明していきます。



スケジュールは、

  1. 資料請求(HPから、または電話)
  2. 資料送付
  3. 申し込み
  4. 審査
  5. 保険証券送付(契約成立)
という流れになります。


まず、資料請求をして詳しい商品内容を確認します。その後、アフラックまたは代理店に

  • 申込書
  • 告知書
  • 意向確認書
を記入し専用の返信用封筒にて返送します。


書類がアフラックに到着し、審査が行われます。条件に合致して、引受が出来るとなった場合には第一回の保険料の入金が確認された後で保険証券が自宅に郵送で届きます。このような流れで契約していきます。


告知内容については以下の通りです。


<『生きるためのがん保険All−in』告知内容>

  1. 今まのでがんにかかったことがあるか
  2. 現在、入院中であるか。また3カ月以内に医師に入院、手術をすすめられたか
  3. 過去5年以内に規定①※の病状や病気あるいはその疑いで医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがあるか
  4. 現在 の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中か。 または 最近3ヵ月以内に 規定②※の病状や病気あるいはその疑いの指摘をうけたことがあるか
  5. 現在 規定③※の病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?
    または 最近3ヵ月以内に 規定③※の病状や病気あるいはその疑いの指摘をうけたことがあるか

※規定は、以下のアフラックHP内にあります。規定①→表A・規定②→表B・規定③→表C

参考:アフラック「生きるためのがん保険告知書概要」



告知については、病状が細かく決められています。基本的には、がんに対するリスクのある病気についての告知になっていますが、さきほど添付した公式HPから確認してみて下さいね。

給付金・保険金の請求手続きを流れで解説

給付金の請求は

  • 郵送
  • インターネット
の2つの方法があります。


まず、郵送の場合は

  1. HPからダウンロードするか電話で問い合わせをして請求手続きに必要な書類を入手
  2. 必要事項を記入
  3. 本人確認資料や入院証明書などの請求書類のコピーを一緒に返送

という流れになります。


インターネットでオンライン申請する場合は

  1. 証券番号や治療状況等の必要事項を入力
  2. 入院証明書などの請求書を写真に撮影しアップロード
という簡単な流れになります。


オンラインでの申請は、パソコンからだけではなく専用アプリからも簡単に行うことが出来るのでおすすめですよ。

がんを経験した方は「生きるためのがん保険寄りそうDays」がおすすめ



ここまで、「生きるためのがん保険All−in」について詳しく説明してきましたが、告知事項の部分でお分かりいただけるように、過去にがんと診断されたことがある人は加入することが出来ません。


しかし、再発に備えてがん保険へ加入したいと考える人もいますよね。


そんな人におすすめなのが、がん経験者向けのがん保険「生きるためのがん保険寄りそうDays」です。


ここでは「生きるためのがん保険寄りそうDays」について

  • 引受基準緩和型保険とは
  • 保障内容、保険料
  • 口コミ
を説明していきますので是非参考にして下さいね。

「生きるためのがん保険寄り添うDays」は引受基準緩和型保険

生きるためのがん保険寄り添うDays」は、引受基準緩和型のがん保険です。


引受基準緩和型とは、過去の病歴がある人や持病がある人向けの告知事項を緩くして加入しやすくしている保険です。引受基準が緩いかわりに保険料は少し割高にはなりますが、健康に不安があり入れる保険がないとお悩みの方におすすめです。


「生きるためのがん保険寄り添うDays」は、このがんバージョンということで、過去にがんを経験していても加入することの出来るがん保険になっています。


一度、がんになると再発が心配ですよね。「生きるためのがん保険寄り添うDays」は、そんな人にぴったりのがん保険なのです。

「生きるためのがん保険寄り添うDays」の基本情報

「生きるためのがん保険寄り添うDays」の保障内容は以下の表のとおりです。


<入院日額5,000円を選択した場合の保障内容>

給付金保障内容
入院給付金がん・上皮内新生物→日額5,000円
(日数無制限)
通院給付金がん・上皮内新生物→日額5,000円
(3大治療日数無制限)
(退院翌日から365日以内日数無制限)
手術給付金がん・上皮内新生物→1回10万円
放射線治療給付金がん・上皮内新生物→1回10万円
(60日に1回無制限)


この保障を基本として

  1. 抗がん剤治療特約…通算300万円(10年更新)
  2. がん先進医療特約…通算2,000万円(10年更新)
の2種類の特約の付加が出来ます。


このように、がんの再発時に備えた保障内容となっています。気になるのが保険料を

入院給付金5,000円の場合の保険料を年齢、性別ごとに以下の表にまとめました。


  • 基本の保障→A
  • 抗がん剤治療特約→B
  • 先進医療給付金特約→C

として各金額と合計金額を記載しています。


<保険料シュミレーション・入院日額5,000円の場合>

年齢男性女性
30歳A/2,465円
B/1,175円
C/241円
合計3,881円
A/2,240円
B/1,910円
C/241円
合計4,391円
40歳A/2,760円
B/1,335円
C/241円
合計4,336円
A/2,500円
B/2,080円
C/241円
合計4,821円
50歳A/3,300円
B/1,865円
C/241円
合計5,406円
A/2,710円
B/2,005円
C/241円
合計4,956円
60歳A/4,020円
B/2,505円
C/241円
合計6,766円
A/3,085円
B/2,330円
C/241円
合計5,656円


このように、『生きるためのがん保険寄り添うDays』も年齢があがるごとに保険料は高くなっていきます。

「生きるためのがん保険寄り添うDays」の口コミ

※クラウドワークスで調査

資料もわかりやすく安心

歳を重ねるにつれてがん保険を考え始めて探していました。がん保険と言えばアフラックというイメージがあったので資料請求しました。自宅でじっくり検討できるのがとても良かったです。担当してくれた方も親切でわからないことを丁寧に教えてくれました。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All-in」と他のがん保険の比較

ここまで、アフラックのがん保険について説明してきて、他のがん保険と比べたらどうなのか気になった人もいると思います。


ここでは、アフラックのがん保険『生きるためのがん保険All-in』と

  • セコム損保のがん保険「自由診療保険メディコム」
  • メットライフ生命のがん保険「ガン保険ガードエックス」
の2つのがん保険を比較していきたいと思います。


それぞれのがん保険の口コミも紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

セコム損保のがん保険「自由診療保険メディコム」

セコム損保のがん保険「自由診療保険メディコム」は、5年更新型のがん保険です。この保険の大きな特徴は「治療費にかかった全額を保障」という点です。


しかも、その支払い対象は保険診療だけではなく自由診療も対象となっているというのが他のがん保険との違いです。ただし、通院については上限が決められており5年で通算1,000万円となっています。


<保障内容>

給付金金額
がん診断保険金一時金100万円
(前回の診断日から3年経過していれば何度でも)
がん外来保険金治療費最大1,000万円
・通院日数無制限
・入院の有無関係なし
・セカンドオピニオン外来の費用も保障
(契約更新後は再度1,000万円が復活)
がん入院保険金かかった分全て保障
(入院日数無制限)


かかった治療費が全て保障されるので、治療費を気にせず治療に専念できますね。そこで気になるのが保険料です。


年齢、性別ごとの保険料は以下の表にまとめました。


<保険料シュミレーション一覧>

年齢男性女性
30歳1,430円1,920円
40歳1,930円3,350円
50歳4,460円5,460円
60歳8,310円6,080円


この保険料を見ると、年齢の上昇と共に保険料があがるのはどの保険でも同じですが『自由診療保険メディコム』の場合、この上がり方が急であるということに気づくと思います。


若いうちであれば、保険料も安く保障内容にも申し分ないのですが50歳以降、特にも男性の保険料は急に高くなるという特徴があります。この保険料はあくまで現在の手術となっており、更新の都度、その時の情勢によって変わっていく可能性もあります。


そのため、将来的に保険料がどのくらいなるのか分からないというデメリットはありますが、やはりかかった治療費を診療の種類に関係なく保障してくれるところは安心感がありますよね。


「自由診療保険メディコム」についてもっと詳しく知りたいという人は以下の公式HPも参考にして下さい。


参考:セコム損保のがん保険 『自由診療保険メディコム』

メットライフ生命のがん保険「ガン保険ガードエックス」

メットライフ生命のがん保険「ガン保険ガードエックス」は、がんの「治療費」に焦点をあてて作られたがん保険です。


<保障内容>

給付金金額
ガン治療給付金①3大治療
②ステージIV(最上位)と診断された後の治療
100万円
(1年に一回一括、通算5回まで)
ホルモン剤治療給付金1回10万円
(1年に一回、通算10回まで)


この他に保険料払込免除があり一度がんと診断されるとその後の保険料の払い込みが不要になります。


そして、今紹介したものがお手頃タイプとよばれるプランで充実タイプとして次の4つのオプションをつけることが出来ます。

  1. ガン先進医療保障…通算2,000万円まで
  2. ガン通院保障…日額5,000円(入院関係なく)
  3. ガン診断保障…悪性新生物→50万円(1回のみ)・上皮内新生物→25万円(2年に1回)
  4. ガン入院保障…60日まで日額5,000円、61日以降日額10,000円(日数無制限)

『ガン保険ガードエックス』は、終身タイプの保険ですが先進医療保障をつけた場合には、特約部分は10年更新になります。


この他にも、自由設計として必要な特約のみを組み合わせることも可能です。


そして気になる保険料ですが100万円コースの年齢、性別ごとの保険料は以下の表のとおりです。なお、上段の金額はお手頃タイプの保険料で下段のカッコ内の金額が特約をつけた充実タイプの保険料を記載しています。


<保険料シュミレーション>

年齢男性女性
30歳1,788円
(3,440円)
2,910円
(4,410円)
40歳2,813円
(5,352円)
4,402円
(6,170円)
50歳4,520円
(8,609円)
5,209円
(7,971円)
60歳7,004円
(13,525円)
6,404円
(9,901円)


この保険料を見て気づいた方もいるかもしれませんが、がん保険にしては50代までは珍しく男性の保険料が女性と比較すると安めという特徴があります。逆に40代までは女性は高めです。


このことからも、『ガン保険ガードエックス』はがんの治療に特化した保険を希望する男性に特におすすめな保険となっています。

【参考】過去には「がん保険フォルテ」という商品も



アフラックでは、様々ながん保険を発売してきましたが2007年から発売していた商品に「がん保険f(フォルテ)」という商品があります。


現在は、既に販売終了していますが保障内容は以下の通りです。


<「がん保険f(フォルテ)」保障内容>

給付金金額
診断給付金一時金100万円
(上皮内新生物の場合は10万円)
診断給付年金50万円/年
(5年目まで最高4回限度)
入院給付金日額10,000円
手術給付金20万円/回
通院給付金日額10,000円
特定治療通院給付金日額10,000円
先進医療給付金6万円~140万円
死亡保険金10万円
(がんで死亡した場合)

参考:アフラック『生きる気持ちに、本気で応える アフラックのがん保険f(フォルテ)』 


この保険の特徴としては、「診断給付年金(ライフサポート)」がついていたことやがんで死亡した際の保障がついていたことです。


この2つは、「生きるためのがん保険All-in」にはない部分ですね。


また、「生きるためのがん保険All-in」と違い更新型ではないので若いうちに加入すれば安い保険料で保障をうけることが出来るのでお得でした。


ただし、先進医療給付金の金額が今の比べると少額です。治療内容は日々進化しており、先進医療となると金額が高額となります。その点、「生きるためのがん保険All−in」は現代のがん治療の特徴に沿った保障内容となっていると言えますね。


もし、「がん保険f(フォルテ)」に加入してそのまま契約を継続をしている人は今一度契約内容を確認してみて下さいね。

まとめ:アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」は10年ごとの更新型で、保険初心者の方におすすめ




以上のように、アフラックのがん保険「生きるためのがん保険All−in」について詳しく説明してきましたがいかがだったでしょうか。


この記事のポイントをまとめると「生きるためのがん保険All−in」は

  • 10年更新型のがん保険なので特に若い人は保険料に対して保障内容が手厚い
  • がん治療特化して治療費はもちろん長引く闘病や通院治療、再発にも備えることのできる保障内容
  • 「がん治療相談サービス」では様々ながんに関する相談が無料で出来るので、がんの知識が薄い人におすすめ
  • 女性特有のがんに対する保障も手厚いので女性にもおすすめ
  • 上皮内がんに対する保障は薄めである
  • 保険料免除の条件が他社と比較して厳しい


がんは今や2人に1人がかかる国民的な病気です。その治療方法も日々進化しています。是非、今の治療形態に沿った自分に合うがん保険を見つけましょう。


是非、この機会にこの記事を参考にがん保険について考えてみて下さいね。

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

おすすめの記事