学資保険にデメリットはある? 控除や契約者などについても解説

妊娠して子どもが生まれるとそれまでの生活環境がガラリと変わってしまいますよね。

子ども中心の生活になり、お金や住居の面に関しても自分たちだけではない、将来の子どもと共に生活していく環境を考えたり、将来の子どもの教育資金なども考えていかなくてはならなくなります。

生まれたばかりの子どもを抱えていらっしゃる方は、まだまだピンと来ないかもわかりませんが、保育園や幼稚園に通い始めると急激に教育にはお金がかかるということを実感していき、教育資金を準備しなくてはと考え始めるのではないでしょうか。

そして、周りの人からの助言などもあり、子どもができたら様々な保険に加入しようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、学資保険を考えているみなさんに、学資保険にはデメリットがあるのかどうなのかを、そしておすすめの学資保険も含めて詳しく解説していきます。

  • 学資保険の特徴
  • デメリット
  • メリット
  • 学資保険がおすすめな人
  • 学資保険がおすすめでない人
  • おすすめの学資保険を紹介
  • 学資保険以外で教育資金を準備するには?
このような項目について、そして学資保険の特徴や内容についてわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 学資保険には仕組となる特徴がある
  2. 学資保険のデメリットは長年続けるためインフレリスクや途中解約ができない
  3. 学資保険のメリットは資金を準備しやすくて資産運用にも利用できる
  4. コツコツ貯金が苦手な人には学資保険はおすすめ
  5. 学資保険以外で備えたいという人にはおすすめできない
  6. おすすめの学資保険を比較するなら無料保険相談を利用するのがおすすめ 
  7. 無料保険相談を利用すれば、プロと一緒に複数の保険を比較して入る保険会社を決められる 
  8. いまならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう! 
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

学資保険とは? その仕組みとなる大きな特徴2つ


学資保険は子どもを持つ方には耳なじみな保険の一つではありますが、結婚して初めてお子さんを持つ方にとっては、聞いたことがあるようなないようなという方もいれば、聞いたことはあるけれどどんな保険かしらないという方もいらっしゃることでしょう。


そこで、ここでは学資保険の仕組みや特徴をみていくことにしましょう。

  • 満期保険金を受け取れる
  • 契約者に万が一のことがあった場合保険料は免除となる
  • 主な保障内容
学資保険の仕組みや特徴を知れば、検討したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特徴①設定したこどもの年齢に合わせて祝い金や満期保険金を受け取れる

学資保険の特徴の1つ目は、設定した子どもの年齢に合わせてお祝い金や満期保険金を受取ることができますので、年齢に応じた教育資金としてあてがうことができます。


全て私立に進学するようであれば、入学時には必ず予期せぬ出費がかかってくるものです。たとえ、公立に進学したとしても、制服や体操服など細かい出費がかかってきます。


お祝い金があれば、卒業の時期に合わせて保険金を受取れますので、学資保険を備えておけば安心することができます。

特徴②契約者に万が一のことがあった場合、以後の保険料の支払いが免除される

学資保険の特徴の2つ目は、契約者に万が一のことがあった場合に、それ以後の保険料の支払いは免除されるということです。


たとえ契約者の方が生命保険に加入していたとしても、万が一のことがあれば教育資金までは手が回らないのが実情です。


そんなときに、学資保険を辞めてしまわずに生命保険とは別に教育資金を備えることができれば、残された遺族にとってもありがたいはずです。


そのうえ、子どもが小さければ将来の入学に合わせて保険金を受取ることができれば、とても心強いですよね。

学資保険の主な保障内容

それではここで、学資保険の主な保障内容を見ておきましょう。


先に述べたようにメインの大きな保障は満期保険金ですが、満期までの間のタイミングで入学祝金を組み合わせたり、各保険会社によっては特有の特則や特約を組み合わせることもできますので、それぞれで自分に合ったさまざまなプランを組み合わせることもできます。



保障内容
満期保険金あらかじめ設定した年齢の満期時に受取る保険金
入学祝金小学校から大学まで進学する際に一時金として受取ることができるお祝い金
保険料免除特則契約者が死亡・高度障害となった場合にその後の保険料が免除される
入院給付金特約子どもが入院した際に入院給付金を受取れる
手術給付金特約子どもが手術を受けた際に手術給付金を受取れる

上記の内容をみてもわかるように、教育資金と医療保障の両方で手厚い保障が手に入るのも学資保険ならではかもしれません。

学資保険に加入するならデメリットを把握しておこう! 


いくら学資保険が良いといっても、当然メリットがあればデメリットもありますので、学資保険に加入するのならデメリットについて把握しておくことが大切です。 


たとえ加入当初はわかっていたとしても、長年かけ続けていると何が起こるかわかりませんから、学資保険のデメリットについて忘れないためにも理解して覚えておく必要があります。  

  • インフレリスクがある
  • 途中解約は損をする
  • 自由に引き出せない
これらのデメリットを理解し把握することができれば、果たして自分は学資保険に加入すべきかどうかということがわかるでしょう。

デメリット①インフレリスクに弱い

デメリットの1つ目はインフレリスクに弱いことです。


インフレとは、物の値段が上がりお金の価値が下がっていくことをいいますが、貯蓄性の保険はすべてに該当しますし、もちろん普通に貯金しているだけでもインフレが加速してしまうと、実質の資産の価値が減ることとなってしまいます。


長期間払い続けて、固定金利しかつきませんので仕方ないといえばそれまでですが、貯蓄性があるという商品は堅実に支払った分が戻るという感じで受け止めた方が良いかもしれません。

デメリット②途中解約をした場合、元本割れをして損をする場合がある

デメリットの2つ目は、途中解約をしてしまった場合に、元本割れをして損をする場合があるということです。


ある程度払い続けていれば途中解約をしても元本割れをしない程度の返戻金があるかもしれませんが、大半は満期まで待たずに解約してしまうと損をしてしまいます。


特に、契約からの日にちが浅いほど払込金額も少ないため、元本割れのリスクが高くなってしまいます。


長期で払い続けていれば何が起こるかわかりませんから、無理をして学資保険に加入するのはおすすめできません。


せっかく払っていても、払った分も戻ってこないとなると加入した意味さえ無くなってしまいます。

デメリット③お金を途中で自由に引き出すことができない

デメリットの3つ目は、お金を途中で自由に引き出すことができないことです。


長年払込んでいれば何が起こるかわかりませんし、突発的な出費があるかもわかりませんが、学資保険は解約するか続けるかどちらかを選択しなければなりません。


学資保険はいくら貯蓄性の高い商品とはいえ、保険であり貯金ではありませんので、自由に引き出せないのは当然のことですが、やはり長年に渡って払込まなければならないとなると、不安が残ります。


そのため、毎月の掛け金に関しては無理のない範囲で設定することが大切です。最初からあてにならないお金であると考えた方が賢明ではないでしょうか。

デメリットだけじゃない! 学資保険の魅力的な4つのメリット


デメリットをそれぞれみてきましたが、学資保険にはもちろんメリットもたくさんあります。


デメリットのところでも述べたように、学資保険は貯蓄性の高い保険商品ですから、満期まで掛け続けていれば、受取保険金は保険料の総額を上回るケースがほとんどです。


そこで、ここでは魅力的なメリットについてみてみましょう。

  • 教育資金を準備しやすい
  • 受取保険金には税金がかからない場合もある
  • 生命保険控除が受けられる
  • 資産運用としても活用できる

メリット①教育資金を計画的に準備しやすい

メリットの1つ目は、教育資金を計画的に準備しやすいということです。


教育資金目的に貯金をしようと思っても、なかなか当初の計画通りにいく方は少ないのではないでしょうか。


特に自分でコツコツと貯金をするのが苦手でお金を貯められないという方にとっては、途中で引き出しもできず毎月決まった日に引落しをしてくれるので、自然にお金が貯まっていきます。
  


学資保険なら貯蓄しやすいはずですから、計画的に準備しやすいでしょう。


そして、もしも途中で辞めようと思ってしまったとき、いま辞めたら損をしてしまうということになれば、解約も思いとどまり満期まで続けられるかもしれません。

メリット②受け取った保険金には税金がかからない場合もある

メリットの2つ目は、受取った保険金には税金がかからない場合もあることです。


学資保険の場合満期時に受取る保険金は一時所得として扱われますが、一般的な税率の計算方法だと利子所得20%の税金がかかってきます。


けれども、学資保険の場合は利子所得と違って特別控除が適用されています。


受取る金額から特別控除額の50万円が差し引かれますので、払込総額と満期保険金の額の差額が50万円以内なら税金はかかってこないのです。


学資保険は元金を上回るとはいえ、よほど率の良い学資保険でないと50万円以上は望めないことが多いので、ほとんどの方は税金がかからないでしょう。

メリット③年末調整・確定申告で生命保険料控除を受けられる

メリットの3つ目は、年末調整確定申告生命保険料控除を受けられることです。


学資保険の場合は一般生命保険料として扱われますので、年間8万以上の保険料を払込みしているという方は、所得税で4万円住民税では28,000円の生命保険料控除が受けられます。


多くの所得税や住民税を納められているいる方たちにとっては節税にもなりますよね。


保険料控除の場合は同居の夫婦どちらが控除を受けてもかまいませんので、もしもご主人が住宅取得控除などを受けているという場合には、奥さんが保険料控除を受けることで、少しでも節税に繋がります。

メリット④返戻率が高い学資保険は資産運用としても活用できる

メリットの4つ目は、返戻率が高い学資保険の場合は資産運用としても活用できるということです。


何度も述べていますが、学資保険は満期時元金を上回る商品が多く、保険会社によっては返戻率が110%120%となるものも出ています。


返戻率だけを見れば、そこら辺の定期預金などに資産を置いておくより数段にお得です。


学資保険に加入する場合には、資産形成や資産運用も視野に入れて返戻率の良い商品に加入することをおすすめ致します。


せっかく長期間預けておくのですから、加入前にはしっかりと商品を確認して賢くお金を増やしていきたいですよね。

メリット⑤契約者の万が一に備えながら教育資金の準備ができる

メリットの5つ目は、契約者の万が一に備えながら教育資金の準備ができることです。


学資保険の大きな特徴としても述べていますが、保険料の払い込み免除はとても大きなメリットです。


もしも教育資金を貯金で用意をしている家庭のご主人に、万が一のことが起こった場合、その後も同じように貯金を続けていくことはできるでしょうか。


そう考えれば学資保険に加入しておけば、もしものときにはその後の保険料が免除になり、教育資金については払込をしなくても備えることができるのです。

学資保険に入るべき? 学資保険がおすすめ(必要)な人の特徴 


デメリットを考えると、自信がなくて学資保険に入るべきかどうか自分では決められないという方もいらっしゃるはずです。

また、保険はもう手一杯加入しているからと敬遠する方もいらっしゃるでしょう。 

そこで学資保険を必要とされる人特徴をあげていきます。 
  • 貯金をするのが苦手な人 
  • 教育資金も万が一にも備えたい人 
このような方には、学資保険をおすすめ致します。

自分でコツコツ貯金をするのが苦手な人

子どもが生まれた時点で、我が子のために教育資金を貯めていかなければと考えられる人は多いと思います。


けれども自分でコツコツと長年に渡って貯金をするのが苦手な人も大勢いらっしゃるでしょう。


そんな方には途中で引き出すこともできないし、毎月決まった日に引き落としもしてくれる学資保険は、着実に資産を形成してくれますので、過ぎてしまえば知らないうちに18年も経ってしまったという印象かもしれません。


貯金はできないけれど、保険料は支払わなければならないと言い聞かすこともできるため、おのずと教育資金の積立ができるでしょう。

教育資金を準備しながら万が一にも備えたい人

学資保険すべてに該当するとは限りませんが、学資保険は教育資金を準備しながら死亡保障を備えることができる保険であり、契約者に万が一のことがあればそれ以降の保険料が免除になるといった特約が付帯している商品は多く存在しています。

ですから、子どもがいる家庭であれば一般的な生命保険よりも教育資金を準備できる上に、万が一にも備えられるということで普通に貯金するよりもお得だと考える方には必要な保険といえるかもしれません。

万が一の保障が生命保険だけでは足りないという方は、学資保険を有効に活用することも視野に入れて検討してみましょう。

学資保険は必要ない? 学資保険をおすすめしない(必要ない)人の特徴


学資保険が必要な人をみると自分にもあてはまるようにも思ってしまいますよね。


けれども実際に学資保険にこだわらなくても大丈夫な方もいますので、ここではあえて学資保険は必要ないという方の特徴をみておきましょう。

  • すでに資金準備ができている人
  • 自分で準備できる人
  • 学資保険以外で準備したい人

このように、もうすでに準備できているという方や、将来に向けて自分で資金をすべて準備できるという方、学資保険以外の方法で準備をしたいという人には学資保険は必要ないといえますので、自分にもあてはめて考えてみてください。

すでに教育資金の準備ができている人

すでに子どもの教育資金の準備ができている人は、当然ですが特に学資保険に加入する必要はありませんよね。


もしも万が一のことを考えるのであれば他の保険を検討すれば良いですし、学資保険にこだわる必要もありません。


教育資金にこだわらなくても、あらゆる方法で将来の資金準備ができているのであれば、たとえ子どもができたとしても慌てて加入しなくても済みます。

普通預金や定期貯金などで教育資金を準備できる人

さらに、貯金が趣味と言われる方や、自分でちゃんと普通預金や定期預金などで貯蓄をして、管理できる方には学資保険は必要ないでしょう。


たとえば貯金を始めても途中でお金を使い込んだりせずに、自分で教育資金のために長年貯蓄ができる人にとっては、別に保険を掛けなくても心配ないですよね。


率直に言えば、どんなことがあってもこれだけの金額は貯めると自分で決めたらやり通すことのできる人なら、学資保険は必要ありません。

株式投資や投資信託などで資産運用をしながら教育資金の準備をしたい人

また、株式投資投資信託を活用して資産運用をしながら教育資金を準備したいという人も学資保険は必要ないでしょう。


実際投資には元金保証はないとしても、18年間もの長い間運用していると学資保険よりも利率は高くなる可能性もあります。


学資保険は固定金利ですから、契約したときの利率が満期時に反映されます。もしも金利が上がったとしても、満期時の利息は変わりませんので、そんな低い固定利率よりも自分で運用を行って資金準備ができる方ならば、あえて学資保険を選ぶ必要はないでしょう。

デメリットが少ないおすすめの学資保険を紹介! 


学資保険だけではなく、すべての保険にデメリットはあるものの、ここでは学資保険のなかでもデメリットが少ないおすすめ学資保険を紹介していきます。


特徴や保障内容そして保険料などは、各保険会社によって本当に少しづつですが違いがありますので、それぞれを比較しながら自分に合う学資保険を見つけてみましょう。


  • 「はじめのかんぽ」
  • 「学資金準備スクエア」
  • 「つみたて学資」
  • 「みらいのつばさ」
ぜひ参考にしてみてください。

かんぽ生命(郵便局)「はじめのかんぽ」

まず始めに紹介するのは、かんぽ生命(郵便局)の「はじめのかんぽ」です。


はじめのかんぽの特徴は、0歳~12歳まで加入が可能で、特に出産140日前なら妊娠中でも加入が可能となっています。


さらに払込期間を短縮すれば、返戻率も高くすることもできますし、郵便局といえば全国各地にありますので、相談しやすかったり保険金の請求などもしやすいでしょう。


受取金額保険料
大学入学時学資金準備コース200万円9,760円
お祝い金を受取りながら学資金を準備するコース10・20・20・200万円12,740円
大学4年間の学資金準備コース50・50・50・50万円9,700円

上の表は、30歳の男性契約者が0歳男子の子どものために学資保険に加入した場合の金額です。


お祝い金は、小・中・高・大と受取るコースで、大学4年間の学資金準備コースは、大学1~4年まで毎年受取るコースですが、それまでの間の保険金は大学入学時学資金準備コースと同じでいっさい受取れません。

ソニー生命「学資金準備スクエア」

次に紹介するのは、ソニー生命の「学資金準備スクエア」です。


学資金準備スクエアの特徴としては、返戻率が高く、かんぽ生命と同じく払込期間を短くすることで、さらに返戻率が高くなります。


I型II型Ⅲ型
加入制限年齢0〜1歳0〜3歳0〜3歳
満期年齢17•18•20•22歳17•18•20•22歳22歳
保険料払込期間10•15歳•満期年齢10•15歳•満期年齢10•15•17•18歳

このように、I型・II型・Ⅲ型と3つのプランがあり、すべてに保険料払込免除特約がついています。


学資金準備スクエアのI型は、中・高・大と進学時に保険金が受取れ、II型は、大学入学時に保険金が受取れ、Ⅲ型は、大学入学時から5年間にわたり保険金が受取れます。


契約者を30歳の男性として0歳の子どものためにⅢ型に加入したとすれば、保険料は下記のようになります。


Ⅲ型
保険料9,020円
返戻率102.6%
払込み18年


明治安田生命「つみたて学資」

次に紹介するのは、明治安田生命の「つみたて学資」です。


つみたて学資の特徴は、保険料の払込みが15歳に設定されているので、通常の学資保険に比べて早めに終了することで返戻率も高くなり、さらに契約者に万が一のことがあれば保障はそのままで保険料の払込みが免除となります。


ここで30歳の契約者で0歳の子どものためにつみたて学資に加入したとき、どれくらいの保険料でどれくらいの返戻率が期待できるのかみてみましょう。


つみたて学資I型
保険料10,814円
返戻率102.7%
受取総額200万円

つみたて学資のI型は、21歳満期で18•19•20歳に保険金を受取ることができます。 


もちろん4回の保険金をすえ置くことも、満期日から最高で5年間はすえ置くことも可能ですし、保険料を一括で払込んだり、払込み期間を短縮することで、最高の返戻率は109%が期待できます。

フコク生命「みらいのつばさ」

最後に紹介するのは、フコク生命の「みらいのつばさ」です。


みらいのつばさにはS(ステップ)型とJ(ジャンプ)型の2つのコースがあって、それぞれお祝い金を受取るタイミングが違ってきます。


また特徴としては、2人目以降の子どもも加入する場合は割引が適用されますので、保険料の比較をする際にはお得になるかもしれません。


下の表は30歳男性の契約者で0歳の子どもで加入したときの内容で22歳満期となっています。


S(ステップ)型J(ジャンプ)型
払込期間11歳11歳
保険料15,186円14,354円
戻り率104.7%105.5%
受取総額210万円200万円

どちらも契約年齢は7歳までで、契約者に万が一のことがあれば以後の保険料の払込が不要となりますのでその点もとても安心できます。

デメリットが気になる方向け 学資保険の代わりになる教育資金準備方法


学資保険も、会社や商品ごとに良い面がありますが、それでも学資保険よりほかの商品を選択したいという方には、別の教育資金の準備方法をみてみましょう。 

確かに教育資金を準備するのに学資保険がすべてではありませんので、あせらず自分に合った方法で教育資金を形成していきましょう。 
  • 低解約返戻金型終身保険 
  • 外貨建て保険 
  • 定期預金 
現在の低金利時代には学資保険に頼らずとも教育資金を準備する方法はありますので、その他の貯蓄性のある商品を検討してみても良いでしょう。

低解約返戻金型終身保険に加入する

まず始めは解約返戻金型終身保険で、通常の終身保険に比べて解約返戻金が抑えられている期間があり、その頃の返戻率はというと、通常の終身保険の解約返戻金の70%ほどとなっています。


それだけなら全然貯蓄性があるとはいえませんが、ところが、保険料の払い込みが終わってしまうと解約返戻率が上がりますので、払込期間の設定次第では教育資金にも活用することが可能です。 


また、低解約返戻金型終身保険は毎月の保険料が割安となっていて、同じ保障でもお得に将来に備えることができますから、十分学資保険の代わりになる保険といえるでしょう。

外貨建て保険(ドル建て・ユーロ建てなど)に加入する

次に外貨建て保険ですが、外貨建保険とは、保険料の支払いから運用、そして受取まで外貨で行う保険です。


外貨とは一般的にドル建てとユーロ建てを扱っている会社が多く見られます。


最近は低金利の影響もあり、円建保険よりも高い利率が期待できるため外貨建保険も人気があり、商品によっては学資保険よりも利率の高いものもたくさん出ています。


外貨建保険には円建の保険と同じように、さまざまな保険があり、各保険会社もこぞって外貨建保険の商品を展開し営業を行っています。


  • 為替の変動リスクがある
  • 保険料の支払い時や受取時には両替手数料がかかる
ただし、外貨建保険では上記のような点に注意が必要です。

定期預金で備える

その他、定期預金でも備えることが可能です。


ご存知のとおり、現在の定期預金の金利は微々たるものではありますが、定期預貯金やネット定期また自動積立定期などの定期預貯金は、指定した期間は解約しない限り途中で出金はできません。


そのため、自分自身で管理できる方なら子ども名義で作ってみたり自動的に振り替えられたりできる機能を使えば、無理なく教育資金として備えることができるでしょう。


小さな額からでもコツコツと続けていけば、年月を経るにつれて金額も大きくなるため、なかなか辞められなくなるかもしれませんね。

損をしないために、学資保険のメリット・デメリットを事前に把握しよう


ここまで学資保険に関する内容をみてきましたがいかがでしたでしょうか。


確かにデメリットに対しての注意は必要ですが、どれをみても返戻率が高く払込総額を上回っているため、十分に教育資金を準備できるアイテムだということがおわかりいただけたと思います。


記事の要点は下記のとおりです。

  • 大きな特徴は保険料免除制度がある
  • デメリットは途中解約をすれば必ず損をする
  • メリットは満期までかけると返戻率が高い
  • 自分の力で教育資金を準備できない人には必要
  • すでに教育資金の準備ができている人には必要ない
  • おすすめは返戻率が高く自分に合ったものを選ぶことが大切
  • 教育資金の準備は学資保険以外でも備えられる
損をしないためにもデメリットやメリットを事前に把握して、学資保険を選択することをおすすめ致します。

ただし種類が多いため自分ではどうしても決められなかったり、どれを選んでよいかわからないという方は、保険相談を利用してぜひご自分に合ったプランを見つけましょう

おすすめの記事