アウトドアジャケットのおすすめ11選!デザインと防水性で選ぶ

この記事ではアウトドアジャケットを選ぶ時に何を基準に選ぶべきかという、基本的なことがわからない方でも簡単に良いものを知ることができます。そして、レディース、メン...

この記事ではアウトドアジャケットを選ぶ時に何を基準に選ぶべきかという、基本的なことがわからない方でも簡単に良いものを知ることができます。そして、レディース、メンズ、キッズを網羅した情報で家族全員のおすすめを一気に見ることができるのが特徴です。ここで得た知識をもとに、あらゆるシーンで使いやすいお好みのアウトドアジャケットを見つけられることでしょう。寒い冬に欠かせない、人気のおしゃれな街着を探してみてください。

ママアイテム編集部

アウトドアジャケットのおすすめな選び方4つ

買ってから後悔しない、アウトドアジャケットを購入する際に必要な4つのポイントです。機能性やニーズに合ったデザインで、長く使える良いものを見つけましょう。

1.アウトドアの必須条件!防水性や通気性をチェック

防水加工のジャケットを選んでも、見落としがちなのがファスナーです。防水加工のないファスナー部分から水が入らないように、昔はファスナーを覆うデザインが多いように思いました。

しかし、今人気なのは「止水ファスナー」というファスナー自体が防水加工になったものです。

そしてファスナーだけではなく、縫い目に「シームテープ」がついているものを選ぶと防水対策はバッチリです。通気性に関しては、脇の下に「ピットジッパー」があるものを選ぶと快適でしょう。

動いて汗をかくと冷えるので、熱を逃がすことが大切です。「ピットジッパー」があれば開け閉めすることで蒸れを防ぎ、煩わしい着脱を繰り返すことも減ります。

2.とにかく寒さを防ぎたいならハードシェルが最強

アウトドアジャケットを選ぶ際に知っておきたいのが、「レインウェア」「ソフトシェル」「ハードシェル」とあるそれぞれのウェアの特徴です。

「レインウェア」はツルツルの手触りで防水性、防風性があり、軽いのが特徴です。「ソフトシェル」は柔らかく滑らかな生地で、他の二つよりも通気性やストレッチ性があります。

そして「ハードシェル」は防水性、防風性、耐久性に優れていて、寒さを防ぐために最適といえるでしょう。

「ゴアテックス」が揺るがぬ人気を集めていますが、「ハードシェル」の中にも手触りや着心地の良い「NeoShell」もおすすめです。ゴワゴワ感の軽減には、40デニールなど糸の細いものを選ぶと良いでしょう。

耐久性の面は細い糸でも編み方などで、布の強度が落ちることは防げるので安心です。

3.街着で使うならデザインにもこだわりたい

街着としてアウトドアジャケットを取り入れた、おしゃれファッションが近年増えてきています。日常使いとしてアウトドアジャケットを取り入れたい方は、色やシルエットに注目してお気に入りのものを探しましょう。

蛍光色や自然の中で映えるカラーは目を惹きますが、普段使いには少し落ち着いた色合いが合わせやすくて良いでしょう。機能的に抜群の「ハードシェル」はゴワつきの少ない、スッキリしたシルエットのジャケットを選ぶと使いやすいです。

「ソフトシェル」のように柔らかい素材を選ぶと、体になじみやすく自然に着こなせるでしょう。どちらも様々なデザインがあり、それぞれ魅力があるので、自分らしいタウンユースを見つけてみてください。

4.価格相場と買うべき値段をチェック

アウトドアジャケットをそれぞれタイプ別に、最安値、売れ筋、高級と価格帯を比べてみました。自分に合った予算やニーズで、どれを購入するか検討すると良いでしょう。

ハードシェルソフトシェルレインウエア
最安値価格帯8,000~10,000円4,000~6,000円4,000~6,000円
売れ筋価格帯 12,000~20,000円7,000~13,000円6,000~12,000円
高級価格帯  30,000~40,000円20,000~25,000円18,000~25,000円

商品展開が幅広く、機能性やデザイン性にこだわれば相応の価格になります。ハードシェルは15,000円前後、ソフトシェルやレインウェアは8,000円前後からが購入相場のようです。

ハードシェルの特徴としては、しっかりした作りで機能性が抜群です。続いてソフトシェルは体になじむきれいなシルエットのものが多く、通気性のあるものはスポーツ向きでしょう。レインウエアは軽量なものが多いので、持ち歩きに便利です。

アウトドアジャケットのおすすめメーカー・ブランド

おすすめのメーカーやそれぞれのブランドの得意分野を把握して、自分の好みにピッタリな商品を探しましょう。

1.AIGLE(エーグル)

元々フランスのロワール地方でラバーブーツを発売し、受け継がれてきたのがAIGLE(エーグル)です。洋服はもちろん、シューズやブーツも力を入れています。オーセンティックなデザインと機能性を両立させた魅力的なメーカーです。

2.Columbia(コロンビア)

ドイツのシャツ縫製工場を経て、アメリカで「3ウェイの着こなしができるジャケット」を販売し、アウトドアメーカーとして人気を確立しました。インナーアウター共に機能性が高く、スキーウェアやキャンプ用品に特化しています。

3.THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

社名の由来が登山が困難な北側をさすTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)であるように、登山アイテムやウェアを得意とします。アメリカだけではなく日本でも人気で、リュックは学生から大人まで幅広い支持を集めています。

今回の商品の比較ポイント

購入を考えたら比較してどの商品がニーズに合っているか見極めると、買った後に「やっぱり違った!」という失敗がなくなります。着用してから気が付く重量やポケット数、気になるカラーやサイズの展開を見てみましょう。
*重量
*カラーバリエーション
*ポケット数
*サイズ展開

今、編集部がおすすめするアウトドアジャケットはコレ!

商品情報をいろんな角度から調査し、「コレだ!」というものを独自に選びました。流行りに左右されず、長く着られるお気に入りのアウトドアジャケットに、出会えるきっかけになると嬉しいです。

AIGLE(エーグル)「撥水加工 W WR CLフーデッドダウンジャケット」

*重量 不明
*カラーバリエーション カーキ、インディゴブルー
*ポケット数 3つ
*サイズ展開 S、M

街着に最適のおしゃれ普段着に!

アウトドアジャケットといっても表地は綿95%に麻5%と天然素材です。柔らかな優しい印象で、タウンユースとしても活躍のアイテムになります。カーキ色はコーディネートがしやすく、デニムや黒系、茶系のボトムスのどちらでも魅力的な着こなしを楽しめます。

着丈はお尻が隠れるので、カジュアルコーデに最適で使い勝手は抜群でしょう。また、腕にデザインされた牛皮でできたロゴプレートがワンポイントになっていて、シンプルながらおしゃれ度が上がります。

見た目だけではなく、ダウン80%にフェザー20%なので温かさも問題ないのが人気で、冬のレディースアウターにピッタリです。寒い日の通勤や通学に無理せずおしゃれを楽しめます。

冬の着こなしに最適!おしゃれで機能的なレディースアウトドアジャケットおすすめ4選

自分にピッタリのアウトドアジャケットを見つけるだけで、冬の着こなしをワンランクアップできます。各ブランド一押しのウェアを4つに厳選しました。

おしゃれなデザインや、機能性について細かくリサーチして絞り込んだ4アイテム。彼女へのプレゼントにしても外さない、人気が高い冬の贈り物です。

これからアウトドアジャケットを購入する人がより良いものを知るお手伝いが出来れば嬉しいです。

1.AIGLE(エーグル)「撥水加工 W WR CLフーデッドダウンジャケット」

*重量 不明
*カラーバリエーション 2色(カーキ,インディゴブルー)
*ポケット数 3つ
*サイズ展開 S,M

コクーンシルエットで可愛さアップ!

おしゃれ度を断然アップするコクーンシルエットは、タウンユースに持って来いのアイテムです。また、カジュアルな中にも可愛らしさを忘れない、素敵な着こなしに一役買うでしょう。

ふんわりとしたお尻まで隠れる形のダウンコートなので、厚着をしても気太りすることなく人気です。そして合わせるブーツやシューズも選ばず、いろんなシーンに普段着として使用できます。

アウトドアジャケットに初挑戦する人でも安心して購入できる、おすすめの一着です。カーキはカジュアルな普段使いに、インディゴブルーならビジネスシーンや少しキレイめなコーディネートにも活躍するでしょう。

冬の温かい防寒着として、一番に取り入れてほしいアウトドアジャケットです。

2.MAMMUT(マムート)「アウトドア ジャケット SOFtech CLIMB Light Hooded Jacket Women」

情報が取得できなかったよ・・・

*重量 不明
*カラーバリエーション 4色(Black,Vapor,crimson-crimson,orion)
*ポケット数  2つ
*サイズ展開  XS,S,M,L,XL

動きやすいストレスフリーなアウトドアジャケット

なんといっても軽量で、動きやすいのが魅力のアウトドアジャケットです。ゴワゴワした動きにくい感じが一切ないので、おすすめの一着です。

ストレッチが効いているのに、撥水性や防風性に配慮された設計なのでトレッキングやクライミングにも使えます。

普段着としてDIYやガーデニング、春や秋の野外スポーツにも最適な機能性を持ったアウトドアジャケットです。またデザイン面では、女性らしい体に沿った曲線を自然に出してくれるので、一枚で様になります。

適度なゆとりと伸縮性があり、動きやすく着心地は最高です。寒い季節の野球など、デートで屋内のスポーツ観戦にも使えそうです。フードや裾もドローコードで調整できるのが嬉しいポイントですね。

3.mont-bell(モンベル)「アウトドア ジャケット ライトシェルパーカ」

*重量 平均265g
*カラーバリエーション 2色(ガーネット,ターコイズブルー)
*ポケット数  3つ
*サイズ展開 S,M,L,XL

軽くて持ち歩きにおすすめ

スポーツウェアやアウトドアウェアとして、また普段着としていろんなシーンで活躍するウェアです。お出かけの時にはカバンの中に入れて、薄いのでくるくると小さくまとめて、持って行けます。そして、畳んでもシワになりにくいのが優秀なところでしょう。

身幅に適度な余裕を持たせたデザインで、使いやすさとスッキリとしたシルエットが特徴です。「ジョギング中も体が冷えない」と評判で、何着も購入している方もたくさんいます。

この薄さと軽さで、温かくて着心地も良いので人気が高い商品です。

ウォーキングや登山、荷物の多い旅行の時にもあると便利ですね。薄手なのでインナーで調整可能で長いシーズン使えます。車の運転などで、コートが邪魔になる方にもおすすめです。

4.patagonia(パタゴニア)「ウィメンズ・ダウン・ウィズ・イット・パーカ」

*重量 不明
*カラーバリエーション 3色(ネイビー,ブラック,グレー)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 M,L,XS,US S(日本サイズM),US XS(日本サイズS)

キレイなラインが際立つ膝丈デザイン!

トレンドに沿った膝丈のダウンで、シルエットが美しいです。着ぶくれしがちなダウンコートですが、後ろから見てもラインがきれいに出ます。

カジュアルになりすぎないので、スカートとのコーディネートもできて、洗練された着こなしができるでしょう。着る人の年代や身長を選ばず、ずっと着られるのでリピーターも多いです。

また、アウトドアジャケットが初めてでもシンプルなので挑戦しやすい一着です。生地には耐久性撥水加工が施されていて悪天候でも使えるので、毎日活躍するでしょう。

また、膝丈デザインに合わせて600フィルパワー・ダックダウンなので、真冬でも温かくて安心です。見た目の素敵さと機能性を兼ね備えた、冬おしゃれの幅が広がる嬉しいアイテムです。

ビジネスにも使える⁈落ち着いたデザインの人気アウトドアジャケットおすすめ3選

アウトドアジャケットと言えば、とてもカジュアルなイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、近年おしゃれ度がアップし続けるアウトドアジャケットの中には、落ち着いたデザインや色味のものが増えています。

機能的で素敵なデザインの3つをチェックしてみると、毎日のおしゃれやビジネスシーンで活用していただけるはずです。

1.Columbia(コロンビア)「アウタージャケット&ブルゾン Columbia Men’s Gate Racer Softshell Jack Black」

情報が取得できなかったよ・・・

*重量 不明
*カラーバリエーション 1色(Black)
*ポケット数 3つ
*サイズ展開 1X,X-Large Tall,2X,XX-Large Tall,3X,XXX-Large Tall,4X,XXXX-Large Tall,S,M,L,XL,XXL

スーツ姿に最適な着こなし!

外回りや寒い季節の野外仕事に、スーツを着ることが多いビジネスマンには、おすすめのジャケットです。ラフに着られますが、黒なのでスーツにピッタリの着こなしができます。

そしてデザインがシンプルなので、年代問わず働く男性たちの間で人気で、ビジネスシーンでも楽しめる一枚です。忙しい朝にも、さっと羽織るだけでサマになるので、おしゃれに自信のない方でも安心です。

またサイズは大きめにできているので、ワンサイズ小さいものをチョイスすると良いでしょう。アメリカサイズで体格の良い方でも、窮屈な思いをしない着心地自慢の商品です。

この冬からお仕事のお供に一着購入してみると、街着としても活用できるので、休日も活躍すること間違いなしです。

2.mont-bell(モンベル)「スペリオダウンラウンドネックベスト」

*重量 106g
*カラーバリエーション 3色(ブラックオリーブ,ブラック,ダークマラード)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 S,M,L,XL

ジャケットの下に温かいおしゃれの味方!

薄手でジャケットの中にでも着られる使い勝手抜群のベストです。中綿にはダウン90%フェザー10%を使用しているので、温かさも申し分なく満足できる商品でしょう。ビジネスシーンでスマートな装いを可能にするベストです。

普段仕事で車や電車に乗る機会の多い方に、邪魔にならなくて良いと評判です。3ピース風に着こなしたり、アウターにもなる街着NO.1候補の一着となるでしょう。

表地と裏地を直接縫い合わせるシングルキルト構造で、軽いのが特徴なので日常づかいにおすすめです。

またダウンプルーフ加工されているので、安心して長く使えます。「この冬は温かいおしゃれを楽しみたい!」というビジネスマンに最適なダウンベストです。

3.THE NORTH FACE(ザノースフェイス)「キャンプシェラショート」

*重量 985g
*カラーバリエーション 5色(K,BE,CM,DL,NK)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 S,M,L,XL

カラーが豊富でおしゃれな着こなし

大きなポケットがポイントになった、シンプルなボックス型のデザインです。コーディネートしやすく、世代問わず人気のシルエットです。普段着として活用している方も多くいます。

見た目はしっかりしていますが、比較的軽いのが購入の決め手になる様です。また撥水加工がされているので、悪天候の日でも安心して外出できるでしょう。そして、カラーバリエーションの多さも魅力です。

ブラックはきっちりした印象で、スーツの上に着ても決まるアイテムです。その他カーキ系やブルー系など、カジュアルなタウンユースに最適なカラーもあります。

中綿にはダウン80%その他の羽毛20%の600フィルダウンを使用しているので、満足度が高い冬コーデを楽します。

子どもを寒さから守るキッズ向けアウトドアジャケットおすすめ4選

子どもの外出や外遊びには欠かせないアウトドアジャケットをお探しの方に、役立つ情報がすぐに見つかります。子どもに良いものを選んであげたい方、友人知人のお子様にプレゼントをお考えの方にピッタリです。

忙しい毎日をお過ごしのお母さんにも喜んでもらえるような、一目でわかる比較をお見せします。

1.THE NORTH FACE(ザノースフェイス)「コンパクトノマジャケット」

*重量 355g(110サイズの場合)
*カラーバリエーション 5色(K,VW,AC,CM,MO)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 100,110,120,130,140,150

オールマイティーな防寒ジャケット

子ども用のアウトドアジャケットはキャンプやアウトドアの時に限らず、寒さ対策にとても重宝するものです。雨風や雪から子どもを守る防寒ジャケットは、通学や公園遊びのように、小中学生の普段着としても活躍するでしょう。

ボア付きのフードはスナップボタンで取り外し可能なので、長い季節使用可能です。保温性もあるので冬でも温かさをキープしてくれる商品でしょう。ストレッチ性に富んだナイロンを使用し、子どもの動きを制限することなくアクティブに活動できます。

撥水性にも強い表地で、子どもたちを守る防水対策も万全です。メンズやレディースもあるので、ファミリーコーデも楽しめるでしょう。そして静電気ケア設計を採用し、快適に過ごせます。

2.mont-bell(モンベル)「クリマエア ジャケット」

*重量 205g
*カラーバリエーション 2色(アイボリー,ライトブルー)
*ポケット数 3つ
*サイズ展開 90,100,110,120

部屋着にもできる着心地の良さ

着心地の良さは、細部にまで配慮されています。ファスナーが直接、あごに触れないように加工されているので、小さな子どもにも安心です。そして柔らかな素材は、室内で少し寒さを感じたときにも、違和感なく使えるデザインになっています。

子ども用のジャケットということで、ポケットはファスナーが付いている設計です。たくさん動き回っても、ポケットの中身を落とす心配がないでしょう。

毛足が長い表地で空気を抱きこみ、「軽量で温かい」を実現。軽やかで邪魔にならないので、子どもたちの快適な毎日を提供してくれます。

アウトドアシーンでも秋冬にかけて、中間着として活躍しそうです。また、寒い季節のサッカーや、外遊びの防寒対策に一役買うでしょう。

3.Columbia(コロンビア)「スペースヒーターⅡジャケット」

*重量 535g(M)
*カラーバリエーション 2色(グレー,ネイビー)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 XXS,XS,S,M,L

断然温かい王道ダウンジャケット

とても使い勝手が良く、寒い冬に普段着として活躍します。シンプルで王道のダウンジャケットで、幅広く使えます。サイズは110センチ相当から155センチ相当まであるので、兄弟で着ても可愛いでしょう。

フードの裏地がロゴやファスナーと同じきれいな色で、オーソドックスな中にデザイン性の高さも際立ちます。グレーの裏地は黄色なので、女の子にもおすすめなカラーです。中綿はダウン60%、フェザー40%のあたたか構造です。

さらに耐久撥水加工で、子どもを雨や雪から守り、外にいる時間の長い子どもたちも温かく過ごせるでしょう。ウィンタースポーツの観戦や寒い日の釣りなどには、頼もしい味方となります。この冬キッズウエアのタウンユースに人気です。

4.adidas(アディダス)「キッズ フード着脱ダウンジャケット」

*重量 不明
*カラーバリエーション 2色(ライトブルー,ダークブルー)
*ポケット数 2つ
*サイズ展開 110,120,130,140,150,160

着用シーンを選ばないデザイン性

程よいゆとりとフィット感で、おしゃれなシルエットを実現しました。フードの取り外しが可能で、アウトドアはもちろん街着としてお出かけの時も、着こなしが簡単です。部活動や休日の外出に、毎日活躍するでしょう。

ブランドロゴが肩にワンポイントとして入っていて、温かさだけではなく洗練されたデザインです。ですから、おしゃれを意識する年齢の子どもたちにも、喜んでもらえるおすすめのダウンジャケットといえるでしょう。

温かいのにモコモコせず動きやすいのも、人気の特徴です。また、後ろの丈が少し長めにできていて、寒い季節外遊びでしゃがむことの多い小学生にも安心な設計です。制服に合わせても、おしゃれなダウンジャケットでしょう。

アウトドアジャケットを購入時の気になる疑問・質問

アウトドアジャケットの購入に大切なことを確認しましょう。見落としがちな情報を、購入前に解消しましょう。

Q1:アウトドアジャケットのタウンユースについて!ハードシェルは普段着には不向き?

タウンユースには基本的に、ゴワゴワ感の少ないソフトシェルが人気です。しかし、ハードシェルの中にも、デザイン性に富んだ街着に向いているものがあります。

ボリュームを絞ったシルエットや、薄手のものを選ぶとハードシェルでもタウンユース向きといえるでしょう。

近年コーディネートの幅も広がり、いろんなタイプのアウトドアジャケットが販売されているので、ハードシェルも視野に入れてタウンユースのジャケットを探してみると良いと思います。

Q2:アウトドアジャケットを買う時のチェックポイントは?

具体的には以下のようなポイントをしっかりチェックしてみましょう

  1. 縫い目や布地の特徴を見て判断する。

  2. フードの取り外しや有無の確認を忘れない。

  3. 中綿に何が使用されているか見て温かさを考える。

  4. 全体のシルエットを用途に応じて選ぶ。

  5. ポケットの数やファスナーがあるかチェックする。

この5点を確認して購入を決めると良いでしょう。

まとめ

自分のものはもちろん、子供たちに快適に過ごせるアウトドアジャケットを選ぶなら、最高なものを選びたいですよね。ここでまとめたおすすめやポイントを念頭において厳選すると、失敗のない買い物ができるでしょう。

長く使える質の良いものをしっかり吟味して、自分のニーズに合った使いまわしの効く一着を選べるといいですね。

アウトドアジャケットについての情報をまとめてきましたが、みなさんのお気に入りのアウトドアジャケットを選ぶときの参考になると嬉しいです。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします