イヤーマフのおすすめ9 選!デザインと遮音性で選ぶ【2019年最新版】

嫌な音や気になる音を手軽に軽減できるイヤーマフ。音に悩まされている人にとってはまさに魔法のアイテムと言えるでしょう。しかし、イヤーマフと一口に言ってもさまざまな...

嫌な音や気になる音を手軽に軽減できるイヤーマフ。音に悩まされている人にとってはまさに魔法のアイテムと言えるでしょう。しかし、イヤーマフと一口に言ってもさまざまな種類があります。そこで防音性に優れたものや子供でも使えるものなど、おすすめのイヤーマフ9種類を厳選しました。イヤーマフの選び方や購入する際のチェックポイント、購入するにあたって多くの人が持つ疑問など、イヤーマフに関する情報も満載です。これを読めば、あなたのニーズに応える最強のイヤーマフを見つけられます!

ママアイテム編集部

イヤーマフのおすすめな選び方4つ

騒音や雑音を手軽に遮断できる便利なイヤーマフですが、その性能や形状、デザインにはさまざまなものがあります。ここでは、イヤーマフを選ぶ際に必ずチェックしておきたい4つのポイントをご紹介します。

1.子供や大人のメンズが使うものには差がある?サイズをチェック

イヤーマフには大人用と子供用があります。サイズが合っていないイヤーマフを使用すると、防音・遮音効果が落ちたり、頭や耳、顔が締め付けられて痛くなったりします。

使用者の年齢や頭の大きさを考慮し、その人に合ったものを選びましょう。頭の小さな女性は子供用を選ぶのも手です。

2.音を聞こえなくする!防音性能をチェック

イヤーマフの使用目的は騒音や雑音を軽減することです。そのため、防音性能は非常に重要なチェックポイントになります。

イヤーマフを選ぶ際に注目したいのが、音の強さを表す際に使用するデシベル(dB)値です。自分が遮断したい音の大体のdB値を知り、イヤーマフがそれだけのdB値を減少できるかどうかを確認することをおすすめします。

3.防寒として使えるタイプが欲しい!素材・デザインをチェック

以前は防音に特化したもののみが主流でしたが、最近では防寒もできるイヤーマフがあります。

防音専用のイヤーマフは飛行場や工事現場などの作業員の方がしているような実用性重視のもので、外出時に使うにはあまりおすすめできません。

防寒として使用できるタイプは暖かい素材でできており、見た目もおしゃれなものが揃っています。

厚手のフリースやマイクロファイバー、ボア、発熱繊維などのあったか素材を使用しているか、外出時の防寒に適したデザインか、折りたたみ可能で持ち運びが便利かどうかなどをチェックしましょう。

4.ヘッドバンド以外にもある!装着方法をチェック

イヤーマフと聞くと、ヘッドホンのように装着するヘッドバンド型が真っ先に思い浮かぶでしょう。この他にも、ネックバンド型、マルチポジション型、ヘルメット取付型の計4種類があります。

ネックバンド型は2つのカップがワイヤーで繋がっており、頭の締め付けを感じることなく快適に装着できます。

マルチポジション型は頭上、顎下、首の後ろと3ヶ所での装着が可能となっており、使用場面や用途に合わて装着位置を変えられるのが特徴です。

ヘルメット取付型はその名の通り、ヘルメットへの取り付けができるイヤーマフです。普段ヘルメットを使用する方はこちらがおすすめです。

使用場面や用途、自分の好みに合った装着ができるイヤーマフを選ぶのがポイントです。

イヤーマフのおすすめメーカー・ブランド

イヤーマフを選ぶ際に気になるのがメーカーやブランドでしょう。メーカーやブランドによって性能や特徴が異なります。ここではイヤーマフのおすすめメーカーをご紹介していきます。

1.3M

アメリカ生まれの3Mは、持ち前の科学技術を活かし、多彩な製品を生み出し続けているメーカーです。労働者の健康と安全を守ることをモットーに、製品の研究・開発に取り組んでいます。

イヤーマフにも数多くの製品があり、幅広いラインナップから用途に応じた最適モデルを選ぶことができるのが魅力です。

2.レミントン・アームズ

1816年創業のレミントン・アームズは、アメリカの有名銃器メーカーで、その歴史は200余年とされています。レミントン・アームズの銃器はいつの時でもベストセラーとなり、常に時を先駆けているメーカーです。

以前は拳銃の製造も手掛けていましたが、現在は小銃やライフル、ショットガンの部品や弾薬、ケア用品の製造を主に行っており、昔と変わらず高品質な製品を提供し続けています。

銃器メーカーが作るだけあって、イヤーマフ製品は主に狩猟時の射撃音の遮断を目的として製造されています。

3.HOWARD LEIGHT(ハワード・レイト)

HOWARD LEIGHT(ハワード・レイト)は防音保護具に特化したブランドであり、30年以上もの間、騒音環境下で製品研究・開発を行なってきました。

「雑音は遮断し、大切な音は聞こえるように」といったコンセプトを掲げ、防音保護具業界を常にリードしています。

新しいデザイン、素材、ワンランク上の快適さと保護技術の開発に継続的に取り組み、騒音障害や職業性難聴から産業従事者を守り続けています。

今回の商品の比較ポイント

今回イヤーマフをご紹介するに当たって、以下の3点を重視して商品の比較・検討をしました。

ニーズに合ったイヤーマフを選びやすいように挙げたポイントですので、上述したイヤーマフのおすすめな選び方と合わせて参考にしてみてください。

  • 防音性能
  • 装着方法
  • 重さ

今、編集部がおすすめするイヤーマフはコレ!

まずは、最もおすすめなイヤーマフをご紹介します。こちらは産業用の防音・呼吸保護製品を専門に製造しているアメリカMoldex(モルデックス)社製のものです。どのようなイヤーマフなのか詳しく見ていきましょう。

Moldex「Z2」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 防音性能:25dB
  • 装着方法:マルチポジション型
  • 重さ:299g


耳に優しいのがウリ!

遮音性能が高いイヤーマフは側圧が強いので締め付けが強い傾向にありますが、こちらの商品にはそれがありません。

メガネやイヤホンと併用しても頭や耳が痛くなりにくく、長時間や睡眠時の使用にも向いています。イヤーマフを使いたけれど、耳が痛くなるのが苦痛という方には特におすすめの商品です。

耳に当たるパッド部分は合成皮革のような素材で、柔らかく、耳に優しい当たりとなっています。耳あて部分は回転させることで調整することが可能なので、自分の耳にフィットさせられ、快適な使用感を得られるでしょう。

その上、耳あては3段階のスライド調節機能が付いているので、大人の男性から小さな子供まで、幅広い年齢層で使用できます。

また、人体に悪影響を与えるダイオキシン類の主要原因となっているポリ塩化ビニル(PVC)を一切含有していないので、環境に優しく安心して使えるのもポイントです。

生活音や周囲の雑音を気にならない程度にまで遮断し、特に中音域から高音域はしっかりと遮音してくれるので、仕事や勉強に集中したいとき、音楽鑑賞を楽しんだり、読書に没頭したいとき、静かな空間が欲しいときなどの使用に最適です。

ヘッドバンドをプラスチック製にすることで軽量化を実現しており、普通のヘッドフォンと変わりないデザインなので、日常使いにぴったりのおすすめイヤーマフです。

防音性能が高いおすすめのイヤーマフ3選

工事現場や建築現場、飛行場といった騒音下で常に仕事をする方や、周囲から出る小さな物音でも気になってしまい、音をしっかりと遮断したいとうという方は、防音効果の高さを重視してイヤーマフを選べば間違いありません。

製品によって防音・遮音性能が異なるので、自分が置かれた騒音環境や音の強さ(dB値)を知り、それに見合ったイヤーマフを選びましょう。正しく装着すれば、ほぼ無音状態を作り出すことができるものもあります。

ここでは特に防音性能の高い3つの商品をご紹介します。それぞれの特徴を掴み、自分のニーズに合ったものを選んでみてください。

1.3M「PELTOR X5A」

  • 防音性能:31dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:351g


防音に関しては最高峰!

3M社製のイヤーマフの中で最も防音効果が高く、その効果は防音保護具業界でも群を抜いて優れています。最高峰の防音性能を誇るだけあって、その遮音レベルは他にはないものがあり、音を31dBまで減少することが可能です。

安全のために完全なる無音状態にはならず、必要な音は聞き取れるので、安心して作業することができます。

遮音性の高いものは締め付けが強いものが多い中、こちらの商品は我慢できないほどの締め付け感はなく、装着時の痛みもありません。

デザインにもこだわっており、シンプルでおしゃれな見た目から、海外デザイン賞、reddot design award、アメリカ工業デザイン協会iDSA銅賞など、数々の受賞歴があるイヤーマフです。

2.OneTigris「JEZ01」

OneTigris JEZ01target

  • 防音性能:30dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:310g


コンパクトで持ち運びしやすい!

主にアウトドア用品を製造・販売しているOneTirgis(ワンティルギス)のイヤーマフです。

こちらの商品は音を30dBまで減少することができ、大切な耳を騒音によるダメージから守ります。適度な締め付け具合と耳あてパッドの素材が柔らかなので、装着中も快適に過ごせるのが特徴です。

頭と耳にしっかりとフィットする設計となっており、ヘッドバンドをスライドすることで長さを調節できます。そのため大人はもちろん子供でも着用でき、一家に一つあれば親子での共有が可能です。

遮音性に優れているのにコンパクトなボディーであることが、この商品の最大の魅力でしょう。専用の収納ケースが付属しているので、持ち運びも簡単です。

シンプルなデザインなので、主に外出先や職場での使用を考えている方には、こちらのイヤーマフをおすすめします。

3.3M「PELTOR H10B」

3M PELTOR H10Btarget

  • 防音性能:29dB
  • 装着方法:ネックバンド型
  • 重さ:285g


装着が快適なネックバンド式

3M社製のこちらのイヤーマフは、2つのカップがワイヤーで繋がっており、そのワイヤーが首の後ろにくるよう設計されています。

首のワイヤー部分が頭の大きさに合わせて拡がる構造となっているので締め付け感がなく、装着が簡単で快適なのが特徴です。

頭頂部を押さえつけられているような圧迫感が苦手な方や、帽子やヘルメットを被りながら使用したい方にぴったりのイヤーマフでしょう、

ネックバンド式はヘッドバンド式と比較すると防音性に劣るように思われがちですが、こちらの商品は二重構造のイヤーカップが高い防音・遮音効果を実現しています。

本体に取り付けられたマジックテープで頭上に止められるのでずり落ちの心配もありません。しっかりとイヤーマフを固定して耳にフィットさせられるのも、防音・遮音により効果をもたらせています。

集中力を上げたい!子供用おすすめイヤーマフ5選

「子供が爆音を怖がるので花火大会やお祭り、航空ショーなどのイベントを一緒に楽しめない」「音が気になって子供が勉強に集中できない」「自閉症で聴覚が過敏な我が子を何とかしてあげたい」、そんな悩みを解決してくれるのが子供用イヤーマフです。

まだ耳が小さく、耳栓が使えない年齢でも使用できるのが魅力です。イヤーマフを装着させて、嫌がったり気になる音を遮断してあげれば、子供は安心感を覚え、集中力もグッと上がります。

また、子供用のイヤーマフはキュートなデザインとカラフルな色のものが揃っているので、「どうしても可愛いイヤーマフが使いたい!」という女性の願いも叶えてくれるでしょう。


ここでは子供が使用するのにぴったりの5つの商品をご紹介します。

1.Fnova「防音イヤーマフ」

  • 防音性能:26dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:195g


折りたためるから携帯に便利!

小さく折りたためるイヤーマフです。たたんだ状態の大きさはなんと大人の手のひらサイズ!持ち運びに便利なサイズなので、飛行機内の轟音対策やライブ・コンサート、スポーツ観戦などのイベント、学校などでの使用を考えている人に最適です。

2層になっているフォームが音を吸収してくれるので、コンパクトなボディーにも関わらず防音・遮音性能は高く、雑音や騒音を一定レベルにまで抑えてくれる優れものです。

完全防音ではなく、着用していても話し声などは聞き取れるので、会話の都度取り外す必要がありません。

ピンク、グリーン、ブルーの3色展開しているので、男の子も女の子も自分の欲しい色を見つけられるでしょう。「買ってよかった」という購入者が多いおすすめイヤーマフです。

2.ペルター「キッズ イヤーマフ」

  • 防音性能:21dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:180g


1歳頃から使える!

小さな幼児でも使えるイヤーマフをお探しであれば、ペルターのキッズイヤーマフをおすすめします。こちらの商品は軽量にできており、重いイヤーマフを装着できない1歳頃の子供でも楽に使うことができます。

対象年齢は1歳から7歳以下となっていますが、最大50cm〜60cmほどまでの頭の大きさに対応しているので、頭が小さめの女性も使用可能です。

不快な音は遮断し、会話や話し声といった必要な音は聞こえるように設計されているので、小さな子供でも安心して使用できます。

「(子供が)このイヤーマフを付けたまま寝てしまいました」という購入者の声があり、装着したまま眠れるほど付け心地も良いようです。

カラーはネオングリーンとネオンピンクの2色あり、男の子にも女の子にも対応できます。

3.EZARC「防音イヤーマフ」

  • 防音性能:30dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:249g


カラフルで可愛い!

EZARC(イザーク)の防音イヤーマフの魅力は、なんと言ってもそのカラーバリエーションの豊富さです。よくあるピンクやグリーンはもちろん、ブルーにホワイトと子供好みの4色展開となっています。

「他の子と同じ色は嫌!」「他にはない色で目立ちたい」というオリジナリティを求めるニーズにぴったりです。

もちろん、こちらの商品はただカラフルで可愛いだけではなく、防音・遮音性能も優れています。音を30dbまで減少できるので、子供が嫌がる不快な音を大幅に軽減することができます。

はっきりとした対象年齢はありませんが、ヘッドバンドに調節機能が付いているうえ、拡げることも可能なので、2歳近くの子供から大人の女性の頭のサイズに対応できます。

4.Mpow「防音イヤーマフ」

Mpow 防音イヤーマフtarget

  • 防音性能:22dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:288g


金属を使ってないから子供の肌に優しい

ほとんどのイヤーマフには金属が含まれていますが、Mpow(エムポウ)のこちらの防音イヤーマフには金属は一切使用されておらず、強化プラスチックが代用されています。

そのため、金属アレルギーや、肌の弱い子供でも安心して使用できます。

また、金属を含んだイヤーマフを屋外で使用した場合、雷などの影響で感電する恐れがありますが、こちらの商品を使えば安全です。航空ショーやモーターショーなどのイベントのように、主に屋外でのご使用を考えられている方には特におすすめです。

両方のイヤーカップがヘッドバンドの中に収まるように設計されており、コンパクトに折りたたむことができます。また、付属品として専用の収納袋もあるので、片付けや持ち運びが楽々です。

ただ、本体重量が288gと他に比べると少し重めにできており、対象年齢も3歳〜12歳程度までとなっているので、1歳〜2歳の小さな子供には不向きでしょう。

5.Banz「EM-BPK」

  • 防音性能:31dB
  • 装着方法:ヘッドバンド型
  • 重さ:142g


軽くて使いやすい!

オーストラリア発祥、子供用品を専門に取り扱うBanz(バンズ)の製品であるこちらのイヤーマフは、とにかく軽いのが魅力です。その本体重量はなんと驚きの142g!イヤーマフの中で最軽量です。

推奨対象年齢は生後3ヶ月〜2歳までとなっていますが、新生児での使用もテスト済みで、生まれて間もない0ヶ月の赤ちゃんから使える優れものです。

物音に敏感な赤ちゃん、近所や自宅の犬の鳴き声や兄弟姉妹の声で眠れない赤ちゃんにはもちろん、飛行機内の轟音やライブ・コンサートといった大音量のイベントへの対策に最適なイヤーマフでしょう。

カラー、デザインともにバリエーションが豊富で、英国王室のジョージ王子をはじめ、ビヨンセやマライア・キャリーといったセレブ、水泳選手のマイケル・フェルプス等の子供たちも愛用しているおすすめイヤーマフです。

イヤーマフを購入時の気になる疑問・質問

気がかりなことがあると、購入をためらったり、慎重になってしまうものです。そこでイヤーマフ選びをする上で出てくる、よくある質問にお答えします。

購入前に気になる疑問や心配事を解決しておきましょう。

Q1:汚れたら洗うことができるのでしょうか?

イヤーマフの素材にもよりますが、たいていのものは水洗いが可能です。

イヤーマフを頻繁に使えば、汚れが気になるところでしょう。特に暑い夏場は汗をかきやすいので、ヘッドバンド部分や耳あて部分が汚れがちになりますし、臭いも気になります。

軽い汚れは水やぬるま湯で湿らせたタオルなどで拭き取ればOKです。それでも汚れが落ちない場合は、マイルドソープ、もしくは薄めた中性洗剤をタオルや布に少量含ませて拭き取りましょう。

水洗いは汚れが酷い場合にします。イヤーカップや耳あてのクッション部分、ヘッドバンの頭が当たる部分は特に汚れがちです。マイルドソープや中性洗剤を用い、水またはぬるま湯で洗いましょう。

つけ置きは耳あてのクッション部分にダメージを与えたり、耐久年数を縮めてしまう恐れがあるので、防水性のものでない限りおすすめしません。

汚れはイヤーマフの寿命を縮める原因の一つです。注意書きをしっかりと読み、その製品に適した方法でお手入れをして、お気に入りのイヤーマフと長く付き合っていきましょう。

まとめ

おすすめのイヤーマフ9選を、防音性能、装着方法、重さの3つの点を踏まえてご紹介しました。騒音環境に合ったイヤーマフを選び、正しく装着することが、騒音対策の鍵となります。

イヤーマフは防音・遮音を目的として作られているので、どのタイプも多少の締め付けや圧迫感がありますが、自分の頭の形や好みに合ったタイプを選択し、それを使い続けているうちに少しずつ慣れていくことでしょう。

この記事を参考に、イヤーマフのどの点を重視すべきかをしっかりと考慮し、納得できる商品を選んでみてください。騒音や雑音などの煩わしい音から解放され、ノイズフリーのより快適で心地よい毎日を過ごせますように!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします