コーヒーゼリーのおすすめ12選!容量と味で選ぶ

コーヒーゼリーは甘みと苦みを兼ね備え、さっぱりと食べることができる食品です。そんなコーヒーゼリーについて、おすすめの商品を12点選びました。市販されていてすぐに...

コーヒーゼリーは甘みと苦みを兼ね備え、さっぱりと食べることができる食品です。そんなコーヒーゼリーについて、おすすめの商品を12点選びました。市販されていてすぐに購入できるお手軽商品から、カフェインレスのコーヒーゼリー、贈り物に最適な高級志向の商品まで、幅広く網羅しています。各商品は容量や消費・賞味期限の他、カロリーについても記載しているので、参考にしてみてください。ゼラチンと寒天の違いや、コーヒーゼリーで気になるカフェインや糖質について、コーヒーゼリーおすすめのアレンジもまとめています。食べたいコーヒーゼリーや、アレンジが見つかることでしょう。

ママアイテム編集部

コーヒーゼリーのおすすめな選び方3つ

甘みと苦みを兼ね備えた、さっぱりライトに食べられるのが魅力のコーヒーゼリー。好みのコーヒーゼリーが見つけられるように、3つの選び方を紹介します。コーヒーゼリーで欠かすことのできない、ゼラチンや寒天などのゲル化剤についても、わかりやすくまとめています。ゼラチンや寒天の成分から食感の違いまで触れているので、気になる方はぜひご一読ください。

1.食べられる量に合わせて容量をチェック

まずチェックすべきポイントは容量でしょう。大容量のものから小分けになったものまで、商品によって大きさはバラバラです。小さいものだと100gくらいから、大容量は大体250gのゼリーが多いです。ライフスタイルに合わせて、合った容量のコーヒーゼリーを探しましょう。コーヒーゼリーは固める時に、ゼラチンや寒天などのゲル化剤を用いています。ゼラチンは動物のコラーゲンから成り立っており、ぷるぷると弾力があります。熱には弱く、冷蔵が必要です。寒天は海藻の成分から作られており、弾力はあまりなく、口溶けが良いです。海藻由来のため食物繊維が多く含まれており、健康に気を配る人には最適の材料です。コーヒーゼリーも、材料に使用されているのがゼラチンか寒天かで、食感は大きく変わります。寒天の方がすっきりと食べられます。ゼラチンが材料の大容量ゼリーは、食べられる量かよく考えましょう。

2.食べきる期間に合わせて消費期限・賞味期限をチェック

消費期限と賞味期限は、同じような使われ方をしている別の概念です。消費期限とは安全に食べられる期間のことで、5日以内の日付です。消費期限が過ぎた食品は食べないようにしましょう。対して賞味期限はおいしく食べられる期間のことで、大きく過ぎていなければ、食品の安全性には問題なく食べることができます。コーヒーゼリーの消費・賞味期限ですが、商品によって千差万別です。保存料など食品添加物の有無や、カップが密閉されているかどうかなどの要素で、消費・賞味期限は大きく変わってきます。消費期限が5日以内のコーヒーゼリーから、賞味期限が長く1ヶ月を超えるコーヒーゼリーまで幅広く、冷蔵か常温保存かも商品によってまちまちです。初めて買う商品の場合は、購入前に必ず確認をしましょう。密閉かどうかで大きく左右されるので、一概には言えませんが、基本的にゼラチンが材料のゼリーは熱に弱い傾向があります。常温保存でも食べる直前に冷やすと、より美味しく食べられるでしょう。

3.好みの味にこだわるならクリームの有無をチェック

コーヒーゼリーを語る上で欠かせないのが、クリームの要素です。コーヒーゼリーのクリームは、ゼリーの上か下に入っているもの、いないものの他に、クリームのみパックされて付属しているタイプもあります。クリームは苦手で、ない方がさっぱり食べられるという人もいるでしょう。そういう場合は、クリームがないタイプか、中に入っていない付属しているタイプのコーヒーゼリーをおすすめします。クリームが苦手でも、牛乳をかけるというアレンジは、クリームよりさっぱりと食べることができるので、おすすめです。食べ方について悩んだ時には、参考にしてみてください。

コーヒーゼリーのおすすめメーカー・ブランド


様々なメーカーやブランドから発売されているコーヒーゼリーですが、気になるメーカーのコーヒーゼリーについてまとめてみました。他のメーカーやブランドからもコーヒーゼリーは発売されていますが、最近の動向が気になる3社に絞って解説します。森永は、森永製菓と森永乳業がそれぞれ独立しており、ゼリーは森永乳業の担当です。全体的な傾向として、現在カップ系のデザートは各社共にヨーグルトへ注力されており、コーヒーゼリー市場は縮小している印象です。ただし、商品はリニューアルや改良を重ね、どんどんとおいしくなっています。今後のコーヒーゼリーにも期待しましょう。

1.森永乳業

かつては3パック入りなど複数の商品を取り扱っていた森永乳業ですが、現在は1種類のみの取り扱いです。「カフェモカプリン」という類似商品はありますが、コーヒーゼリーは1つのみです。

2.EMIAL

EMIALとは、安曇野食品工房の食品ブランドです。コーヒーゼリーをはじめ、デザート類の取り扱いが多いブランドです。コーヒーゼリー3種類の他、「カフェゼリーホワイトモカ」という類似商品も。

3.グリコ

コーヒーゼリー2種類の他、飲むスイーツ「ドロリッチ」もグリコの商品です。コーヒーゼリーそのものより、コーヒーゼリーとクリームを混ぜて食べることに、主眼が置かれている商品が多いです。

今回の商品の比較ポイント

容量、消費・賞味期限といった基本情報から、気になるカロリーとクリームの有無について、すぐにわかるよう表記しています。

クリームはありなしの他、付属の場合は別という表し方をしています。クリームが苦手な方は、なし、もしくは別の表記をお探しください。コーヒーゼリーそのままを食べることができます。

  • クリームの有無
  • カロリー
  • 容量
  • 消費・賞味期限

今、編集部がおすすめするコーヒーゼリーはコレ!

数多く販売されているコーヒーゼリーの中から、1番のおすすめゼリーを紹介します。ずばり、こちらの商品です。

森永乳業「リッチソースプラス キャラメルラテ風コーヒーゼリー」

  • クリームの有無:別
  • カロリー:77kcal
  • 容量:110g
  • 消費・賞味期限:90日間

コーヒー×キャラメルの贅沢なコラボレーション

ヘンテコな形のユニークなカップです。大きなカップの横に、小さなカップが添えられています。実は小さなカップの中にキャラメルソースが入っており、カップを折ってゼリーにソースをかけるという仕組み。カップを折るのは食べる直前にしましょう。折ってすぐの方が、キャラメルの芳しい香りを楽しむことができます。香りを楽しんだまま、コーヒーゼリーをぱくりとどうぞ。リッチな気分を味わえます。甘いキャラメルソースをたっぷりとかけることで、キャラメルラテ風の宣伝文句の通り、今までにはなかった、キャラメル風味のコーヒーゼリーを実現しています。コーヒーとキャラメルが合わないわけがありません。むしろどうして今までこの組み合わせがなかったのかと思ってしまうほど、とろけるようなおいしさ。ソースの量も十分です。ただ甘いわけでも苦いわけでもなく、キャラメルの甘さとコーヒーの苦みが、絶妙にブレンドされています。キャラメルの甘さといってもくどくはなく、さらりと食べられてしまいます。キャラメルソースの量を自分で調節できるのも、嬉しいポイントです。甘すぎるソースはちょっと、という場合は、少しだけかけてみてください。香ばしいキャラメル風味が楽しめます。

市販で買える美味しいおすすめのコーヒーゼリー5選

こちらでは市販で簡単に買えるコーヒーゼリーを紹介します。市販でも十分においしいコーヒーゼリーを食べることができます。欲しいと思った時にすぐ買えるのも、良いポイントです。コーヒーゼリーが家にないと落ち着かないという人、久しぶりにコーヒーゼリーを食べてみようと思った人も、こちらの5選を参考にしてご購入ください。

1.明治「午後のくつろぎカフェゼリー」

  • クリームの有無:別
  • カロリー:49kcal
  • 容量:74g
  • 消費・賞味期限:40日間

手軽に楽しめるコーヒーらしいコーヒーゼリー

3連パックで販売されていて、スーパーで手に入れることも可能な、気軽に楽しめるコーヒーゼリーです。ただしコーヒー豆を厳選して原料として使用しており、しっかりとコーヒーの味がする本格派です。クリームシロップが添えられており、クリーミーな味わいを楽しむこともできます。甘さも甘すぎず苦すぎない、万人受けする味をしています。逆に、苦みの強いコーヒーゼリーが好きな人は、少し甘めに感じるでしょう。甘みのない牛乳と合わせると良いかもしれません。

2.グリコ「とろ~りクリームonカフェゼリー」

  • クリームの有無:あり
  • カロリー:217kcal
  • 容量:210g
  • 消費・賞味期限:22日間

クリーム×練乳ソースの濃厚コーヒーゼリー

こちらの商品は上層にクリームがあり、下層には練乳ソースがあるという、贅沢な3層仕立てです。その分ゼリーそのものはやや苦めで、クリームを絡めることで、ほど良い甘さとなります。特筆すべきはやはり練乳ソースです。最初はコーヒーゼリーとクリームを絡めて食べ、次に練乳ソースもすくい上げてみましょう。上品な甘さが口に広がります。1つで2度おいしいコーヒーゼリーです。

3.雪印メグミルク「CREAM SWEETS ほろにがコーヒーゼリー」

  • クリームの有無:あり
  • カロリー:130kcal
  • 容量:110g
  • 消費・賞味期限:18日間

コーヒーの香りと苦みを楽しめる逸品

名前の通り、コーヒーらしくしっかりと苦みのあるコーヒーゼリーです。まろやかなクリームと一緒に口の中へ入れると、両方のおいしさが引き立ちます。コーヒーゼリーに、もっとコーヒーの風味と香りが欲しいという、お客様の要望をくみ取り、リニューアルしたという商品です。開けた瞬間コーヒーの香りが漂うのは、すごいの一言です。ゼリーには弾力もあり、食べ応えがあります。市販品にしてはやや賞味期限が短めですので、購入後は素早く食べるようにしましょう。

4.EMIAL「SWEET CAFÉ 珈琲ゼリー ~北海道産生クリーム使用~」

  • クリームの有無:あり
  • カロリー:154kcal
  • 容量:230g
  • 消費・賞味期限:30日間

飲めるさっぱり感覚のコーヒーゼリー

細長いカップに入っていて、カットされたゼリーを飲むという商品です。ソースには北海道産生クリームがたっぷり使用されており、なめらかな口触りです。カットされたゼリーの大きさも絶妙。生クリームを使ってはいますが、味にしつこさはなく、さっぱりと食べることができます。コンビニで購入することができ、片手だけでコーヒーゼリーを食べることができる、画期的な商品です。

5.アサヒ飲料「ワンダ シェイクゼリーコーヒー ほろ甘ブラック」

  • クリームの有無:別
  • カロリー:34kcal
  • 容量:280g
  • 消費・賞味期限:約5ヶ月間

シェイクの加減で食感が変わるクラッシュゼリー

口の広い小ペットボトルで売られている商品で、粉末状のミルクパウダーが添えられています。ミルクパウダーはシェイクしている内に自然と溶ける、水溶性のパウダーなので安心です。食べる時は先にペットボトルを振って、コーヒーゼリーをクラッシュさせます。10回でごろごろとしたゼリー、20回でとろとろ、30回でとろふわな食感になるということで、食べ比べてみたいところ。ほろ甘とありますが、ゼリー自体の味は甘め。ミルクパウダーの量を調整して、色んな味を楽しみましょう。数量限定発売なので、購入できない場合もあります。その点は注意が必要です。

カフェインが気になる方へ!おすすめのカフェインレスコーヒーゼリー2選

カフェインレス、あるいはデカフェとは、カフェインが微量にしか含まれていない商品を指します。カフェインの摂取が気になる方へ向けて、おすすめのカフェインレスコーヒーゼリーを紹介します。カフェインが全く含まれていないものはノンカフェイン、もしくはカフェインフリーと表記しますが、コーヒーゼリーでノンカフェインの商品はなかなかありません。ノンカフェインコーヒーゼリーが欲しい方は、できるだけカット量の多いカフェインレス商品を選ぶか、ノンカフェインコーヒーを使って、コーヒーゼリーを自作するということになります。

1.EMIAL「SWEET CAFÉ 珈琲ゼリー カフェインレス」

  • クリームの有無:あり
  • カロリー:137kcal
  • 容量:190g
  • 消費・賞味期限:30日間

さっぱり風味のお手軽カフェインレスゼリー

カフェインを97%カットした、飲めるコーヒーゼリーです。カフェインレスですがコーヒーの風味は失っておらず、さっぱりと飲むことができます。こちらも上記の「SWEET CAFÉ 珈琲ゼリー ~北海道産生クリーム使用~」同様、細長いカップに入っており、ゼリーはダイヤ型にカットされています。細かすぎず、食べ応えのある絶妙な大きさです。クリーミーな飲料部分と一緒に、飲むように片手だけで食べることができる、コーヒーゼリーです。コンビニのみでの取り扱いとなっています。

2.辻本珈琲「クラッシュド デカフェゼリー」

  • クリームの有無:なし
  • カロリー:不明
  • 容量:1000ml
  • 消費・賞味期限:6ヶ月間

無農薬コーヒー豆を使用したクラッシュゼリー

なんとカフェイン99.9%カットという、カフェインレスコーヒーゼリーです。容器に入ったまま振ることで、中身をクラッシュ。細かくしてから食べるというタイプです。コーヒーゼリー自体のこだわりが強く、使われているのはバリ島の無農薬コーヒー豆、完熟のアラビカです。アラビカ特有の豊かな風味が、コーヒーゼリーにも含まれています。クリームは付いていないので、何もかけないストレートで食べた後は、牛乳や生クリームを絡めて食べたい一品です。細かなクラッシュゼリーがクリームとよく混ざり合い、絶妙なハーモニーを醸し出します。カロリーの情報はありませんでした。

お祝い事にも!ギフトにおすすめのコーヒーゼリー4選

特に暑い夏場におすすめしたい、コーヒーゼリーのギフトを4商品紹介します。お祝いごと、季節のあいさつにも、コーヒーゼリーの贈り物は最適です。ともすればマンネリになりかねないギフト品。今度の贈り物にはコーヒーゼリーを選んでみませんか。お相手も新鮮で、きっと喜んでくれることでしょう。

1.加賀彩「金澤珈琲の生ジュレ」

  • クリームの有無:なし
  • カロリー:63.8kcal
  • 容量:約85g
  • 消費・賞味期限:10日間

本わらび粉を使ったもちもちとぅるんなゼリー

贈り物にはぴったりの、特別感あふれるコーヒーゼリーです。国内産の本わらび粉を使用した、食感がもっちもちのゼリーです。コーヒーゼリーに食べ慣れている方も、ぜひ一度お召し上がりください。食べたことのない食感です。もちもちしていますが、歯にくっつきやすいということはありません。柔らかく飲み込みやすいです。コーヒー豆も、コロンビアの最高級ランクであるスプレモを使っています。甘い香りとなめらかさが、コーヒーゼリーになっても活きています。味も確かな一品なので、喜ばれること間違いなしです。

2.三喜屋珈琲「北海道羊蹄山名水珈琲ゼリー」

  • クリームの有無:別
  • カロリー:53.8kcal
  • 容量:110g
  • 消費・賞味期限:90日間

北海道羊蹄山の湧水でドリップしたコーヒー

こちらは水からこだわり抜いたコーヒーゼリーです。北海道羊蹄山の湧水を使用し、コーヒー豆を丁寧にネルドリップで抽出しました。おいしさがしみるようにわかる、特別な一品です。コーヒーゼリーを固める作業にて、寒天自体もコーヒーにて溶かしており、コーヒーの味が強め。市販のものよりはやや苦めに仕上がっており、コーヒー好きな方にぜひ差し上げたいギフトです。クリームとシロップは別添えで、両方絡めるとお子様でも食べやすい味に早変わり。寒天が材料のゼリーですので、口溶けが良いのが特徴です。

3.ダートコーヒー「和三盆金澤珈琲ゼリー」

  • クリームの有無:なし
  • カロリー:不明
  • 容量:83g
  • 消費・賞味期限:180日間

和三盆糖を使ったまろやかな甘さが引き立つゼリー

徳島県にて作られた和三盆糖を材料に使い、和三盆糖独特のまろやかでほのかな甘みを感じることができる、コーヒーゼリーです。和の要素を感じられる、珍しいコーヒーゼリーと言えるでしょう。コーヒー豆には最高級アラビカを使用し、しっかりと苦みを感じることができます。和三盆糖とアラビカの織り成すハーモニーを、ぜひ体感してみてください。贈り物にぴったりの贅沢なゼリーです。なんと金箔付きで、見た目からして豪華。金箔は食べても健康上に問題はありません。どうぞ見た目の美しさを十分に味わってください。カロリーについての記載は見当たりませんでした。

4.サクラ食品「BRIJU」

  • クリームの有無:別
  • カロリー:153kcal
  • 容量:169g
  • 消費・賞味期限:30日間

マサマ産キリマンジャロを使った雑味のない味わい

英国王室御用達という、マサマ産キリマンジャロを使用した、極上のコーヒーゼリーです。マサマとはタンザニア国内にある、キリマンジャロ山麓に位置する村で、世界的に有名なコーヒー豆の産地です。付属の砂糖にもこだわりがあり、砂糖にカラメル成分を加え、2週間かけてじっくりと結晶化させました。味もさることながら、ゼリーにかけて食べると、じゃりじゃりとした食感も楽しめます。何もかけないストレート、クリームのみ、砂糖のみ、クリームと砂糖両方がけと、様々な楽しみ方ができるのもポイント。ストレートも、雑味のないキリマンジャロが味わえるので、おすすめです。

コーヒーゼリーを購入時の気になる疑問・質問

コーヒーゼリーを購入する前に、解決しておきたい疑問についてまとめました。カフェインについての疑問や、糖質の疑問にもお答えしています。ぜひ一度読んでから、購入してみてください。ぴったりの商品を見つけることができるでしょう。

Q1:コーヒーゼリーにカフェインは含まれていますか?

はい、含まれています。原料にコーヒーを使用しているため、基本的にカフェインはコーヒーゼリーの中に含まれています。ただし、カフェインが微量だったり含まれていないコーヒーゼリーも、存在します。ノンカフェイン、もしくはカフェインフリーと書かれているコーヒーゼリーには、カフェインが入っていません。カフェインレス、デカフェという表現は、含有しているカフェインが微量という印です。この4点の表現に気を配り、コーヒーゼリーを探しましょう。カフェインレス(デカフェ)コーヒーは、こちらの「カフェインが気になる方へ!おすすめのカフェインレスコーヒーゼリー2選」でも紹介しています。味もおすすめできる2商品です。

Q2:コーヒーゼリーのおすすめアレンジはありますか?

コーヒーゼリーのアレンジでまずおすすめしたいのが、アイスクリームのトッピングです。特にバニラアイスとは、甘さと苦みの相性が抜群。暑い夏にはもってこいのアレンジです。コーヒーゼリーを細かくクラッシュして、クリームの代わりに牛乳を加えるのも、おすすめです。クリームよりも牛乳の方が、さっぱりと食べることができます。甘さ控えめなのもポイントです。牛乳の量を増やせば、苦い味が多少苦手な方でも、苦めのコーヒーゼリーをおいしく食べることができます。お好みに合わせて、砂糖を一緒にどうぞ。自分で好きな甘さに調節できます。

Q3:コーヒーゼリーに糖質はありますか?

あります。容量によりますが、クリーム込みでコーヒーゼリーの糖質は、大体10g~30gほどです。糖質とは、炭水化物から食物繊維を引いたものを指します。ゼラチンが材料の場合、食物繊維は含まれていないので、栄養表示されている炭水化物量が、そのまま糖質と考えて良いでしょう。寒天が材料の場合は、食物繊維が含まれています。ただし、食物繊維量については、栄養成分表示で義務付けられてはいません。もし記載がない場合、正確に糖質量を計算することは不可能です。一方、炭水化物量は栄養成分表示で義務付けられているので、必ず表示されています。ひとまず、糖質と炭水化物の量を同じとして計算しましょう。

まとめ

現在、コーヒーゼリーには様々な商品があります。手軽にスーパーやコンビニで買える商品から、贈り物やハレの日にぴったりな高級志向の商品まで、種類豊富です。近年では飲むタイプのコーヒーゼリーが出現し、改良が続けられています。しっかりとした食感、柔らかな食感の他、飲める細かいコーヒーゼリーが増え、消費者として選択肢の幅が増えました。バリエーション豊かになった今、自分にぴったり合ったコーヒーゼリーを探すことも可能です。食感、甘さの度合い、クリームの有無、カフェインの含有量などに気を付けて、選んでみましょう。最近は様々な健康上の理由から、カフェインレスあるいはノンカフェインのコーヒーゼリー需要が高まっています。今後もこれらの商品は増加することでしょう。コーヒーゼリーの進化と改良に期待します。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします