人気ブランドスカーフのおすすめ11選!素材とサイズで選ぶ

ワンポイントとしてもメイン使いでも取り入れやすいスカーフは、おしゃれなブランドものもがおすすめ。今回は素材や質感がよくて人気のあるブランドスカーフでママアイテム...

ワンポイントとしてもメイン使いでも取り入れやすいスカーフは、おしゃれなブランドものもがおすすめ。今回は素材や質感がよくて人気のあるブランドスカーフでママアイテム編集部一押しのものを11種類お見せしていきます。デザインやカラー・サイズなど、ベーシックなものから最近のトレンドものまで幅広く厳選したので、きっと気になるブランドスカーフが見つかるはずです。おすすめな選び方や購入時によくある疑問点なども細かくお伝えしているので、見所満載でボリュームたっぷりな内容になっていますよ。自分にぴったりなブランドスカーフを見つけて、いつもよりワンランク上のオシャレなコーディネートを楽しんでみて下さい。

ママアイテム編集部

ブランドスカーフのおすすめな選び方4つ

まずは、ブランドスカーフのおすすめな選び方を4つ見ていきましょう。素材やサイズ・デザインなど、自分が重要視したい部分をしっかりと確認するのがポイントです。

1.光沢たっぷりのシルク?サラッと爽やかに麻?素材をチェック

スカーフの素材はにはいくつか種類があり、それぞれ質感の違いや使い勝手の違い、メリットデメリットがあります。

一般的にスカーフによく使われているのは、天然繊維であるシルク・コットン・麻・ウールや化学繊維のレーヨン・ポリエステル・アクリルなどです。

天然繊維は、合成繊維よりも取り扱いが難しいと言われていますが、自然のよさや馴染みのよさがあるとされています。一方化学繊維は、取り扱いやすいということや常に計画した数量が生産できて価格が安いという特徴があります。

2.バッグにつける?サラッと羽織る?サイズをチェック

サイズ感もスカーフによって変わってきます。まずはミドルサイズですが、大体50×50cm程度が主流で、バッグに付ける・髪に結ぶ・ブレスレットにするなど、普段のオシャレにワンポイントプラスする用として使えます。

次に大判サイズですが、100×100cm程度が主流で、ストールとして使う・カーディガン代わりにする・端を結んでバッグ代わりにするなどの1枚使いがおすすめです。

そして最後にロングサイズですが、30×100cmなどさまざまですが形は長方形で、マフラー代わりにする・スカートやパンツのベルトにするなどの長方形という形を活かした使い方がおすすめです。

3.可愛いのが好み?かっこいいのが好み?デザインをチェック

デザインもさまざまですが、スカーフに多く用いられているのはペイズリー柄やアンティーク調・ダマスク柄などです。最近では、小花柄やモダン調・ボタニカル柄・無地にロゴのみというデザインがトレンドになっています。

4.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

ここではブランドスカーフの価格相場を見ていきます。

最安値価格帯
売れ筋価格帯
高級価格帯
〜10,000円
30,000円〜50,000円
100,000円〜

最安値価格帯に該当するスカーフの大半はアウトレット品やノーブランドのものが多く、ブランドスカーフでもサイズが小さい場合や素材が化学繊維であることがほとんどのようです。

売れ筋価格帯が人気の価格帯ですが、素材にこだわりたいという人には高級価格帯のブランドスカーフが人気です。

この商品の比較ポイント

この商品の比較ポイントとして、以下の2つを挙げました。特に素材は好みが別れる部分なので、しっかりと比較しましょう。
  • 素材
  • サイズ

今、編集部がおすすめするブランドスカーフはコレ!

今、ママアイテム編集部が一番おすすめするブランドスカーフとして、グッチのグッチゴーストスカーフを厳選しました。

GUCCI(グッチ)「グッチゴースト スカーフ」

  • 素材:モダール・シルク
  • サイズ:140×140cm

トレンドのフリンジも施されているスカーフ

肌触りのよいシルク混のモダールを使用したイタリア製のスカーフ。スカーフの端処理がフリンジエッジになっているので爽やかさが感じられてオシャレです。フリンジはここ数年トレンドのデザインになっているので、ワンポイントとしてやコーデのアクセントに取り入れるのもおすすめ。カラーは、サーモンピンク・ブラック・ホワイトなどとなっているので、羽織りで使いたい・バッグに付けたい・首回りや髪を結びたいなど、それぞれが使いたい用途に合わせて選ぶのが理想的だと言えます。特に、サーモンピンクは明るめのカラーとなっているので、シンプルなコーデをしたときにバッグや首もとなど、部分的にアクセントとして取り入れると色味が栄えるのでぴったりです。また、明るいカラーのコートやジャンパーなどの羽織りものは普段使いしにくいということもあり、購入する人が少ない傾向にありますが、たまにはカラーもののアウターを着たいと思うときもありますよね。このようなときにもサーモンピンクのスカーフを活用することができるので、普段使わないような色味でも使い回ししやすいです。

予算は1万円~3万円!可愛いデザインのブランドスカーフのおすすめ4選

ここでは、お手軽に購入できる可愛いデザインのブランドスカーフを見ていきましょう。今回は、エトロ・コーチ・エミリオプッチ・ドットワイの4ブランドをピックアップしてみました。

1.ETRO(エトロ)「スカーフ」

ETRO(エトロ) スカーフtarget

  • 素材:リネン・シルク
  • サイズ:42×130cm

肌触り抜群のふんわりスカーフ

リネンとシルクで作られているので通気性に優れていて、柔らかくてふんわり軽やかなスカーフとなっています。さらりと爽やかな使い心地なので肌触りが抜群です。また、サイズ感は大きめなので、羽織りにもぴったりな1枚です。カラーはピンクやサファイアブルー・ライトブルー・レッド・ホワイトなどが混ざり合っているので華やかできれいな色柄となっています。他には無いエトロらしさが出ているので、オシャレなのはもちろんですがエレガントさを出すこともできます。

2.COACH(コーチ)「Floral Oblong Seaglass」

COACH(コーチ) Floral Oblong Seaglasstarget

  • 素材:コットン・シルク
  • サイズ:66×193cm

上品な仕上がりになるスカーフ

エメラルドグリーンをベースカラーとしたスカーフで、他のブランドには無い爽やかな色使いが印象的です。ホワイトやレッド・ブルーの花柄がプリントされていて、上品な雰囲気に見せることができます。おすすめな使い方は、首に巻いてマフラーやストールのように使うという方法ですが、長さが2m近くあるので、お好みに合わせて色々な使い方をすることができるようになっています。カジュアルなファッションや抜け感のあるコーディネートをしたいという場合には、ぜひ取り入れたい1枚です。

3.EMILIO PUCCI(エミリオプッチ)「大判シルクスカーフ」

  • 素材:シルク
  • サイズ:90×90cm

世代問わず人気のスカーフ

カラフルで万華鏡のように美しい色彩やグラフィカルで抽象的なデザインが印象的なエミリオプッチのプッチ柄スカーフです。落ち着いている色使いの中にも華やかさがあるデザインなので、上品な感じはもちろん、カジュアルな感じにも見せることができ、コーディネートに取り入れやすいでしょう。色使いやデザインなどに定評があるので、若い世代から年配世代まで、世代を問わず幅広く人気が高くなっています。

4..Y(ドットワイ)「フローラルポルカドット スカーフ」

  • 素材:シルク
  • サイズ:88×88cm

個性的なスカーフがよいという人におすすめ!

日本製ということにこだわっていて、世界的にも有名な横浜シルクを用いて作られているスカーフです。ドット柄やお花柄などが混ざり合った個性的なデザインとなっていて、スカーフをどこで結ぶかによってスカーフの見え方がかなり変わります。また、カラーはシエスタブルーとボヌールピンクの2色展開なので、気分や着こなしに合わせてカジュアルにも上品にも使うことができます。

予算は3万円~5万円!売れ筋価格帯の人気ブランドスカーフおすすめ2選

ここでは売れ筋価格帯に該当しているブランドスカーフを見ていきましょう。今回は、エトロ・セリーヌの2ブランドをピックアップしてみました。

1.ETRO(エトロ)「スカーフ」

ETRO(エトロ) スカーフtarget

  • 素材:リネン・シルク・ナイロン
  • サイズ:132×132cm

シンプルなデザイン・カラーで初心者にも使いやすい

大判で存在感のあるペイズリー柄にラメが施してあるタイプのスカーフです。カラーはブラック・シルバー・グレー・シルバーラメが混ざり合っている仕様で、シンプルになっています。シンプルなデザイン・カラーなので、いろいろな使い方をしてもしつこい感じがなく、使いやすいです。

2.CELINE(セリーヌ)「スカーフ」

CELINE(セリーヌ) スカーフtarget

  • 素材:シルク
  • サイズ:138×138cm

アクセントにピッタリな柄スカーフ

オーソドックスなホワイト・ブラウン調のスカーフです。内側が千鳥格子柄になっているので、普段使いにはもちろんですが、アクセントとして取り入れるのもよいですね。特に、無地のトップスやボトムス・スカートなどのシンプルなコーデのときなどに首元にワンポイントとして取り入れるのがおすすめです。また、レッドやイエローなどの色味が濃い洋服と合わせるときは、シンプルなバッグのアクセントとして入れるのもおすすめです。

予算は5万円以上!細部にもこだわりたい!ハイブランドスカーフのおすすめ2選

ここではハイブランドのスカーフを見ていきましょう。今回はエルメス・グッチの2ブランドをピックアップしてみました。

1.Hermes(エルメス)「Jeu des Omnibus Remix《オムニバスゲーム・リミックス》カレ90」

Hermes(エルメス) Jeu des Omnibus Remix《オムニバスゲーム・リミックス》カレ90target

  • 素材:シルク
  • サイズ:90×90cm

世界中の女性から支持され続けているスカーフ

このカレは、エルメスの名作と言われているスカーフで、長年世界中の女性から人気となっている1枚です。爽やかな柄と色使いが特徴的で、自分用だけでなくプレゼント用としても人気が高いです。エルメスの上品らしさを残しつつも可愛らしさを兼ね備えているので、普段使いに取り入れるのはもちろん、オシャレをするお出かけようのコーディネートにも取り入れやすくなっています。首元に巻く・ベルト代わりに使う・バッグに巻く・ヘアアレンジに使うなどの使い方が、特におすすめされています。

2.GUCCI(グッチ)「スペースアニマルプリント モダールシルク スカーフ」

  • 素材:レーヨン・シルク
  • サイズ:130×126cm

珍しい動物柄プリントのスカーフ

グッチの定番であるGGマークを背景に、動物たちがプリントしてあるデザインのスカーフです。スカーフの端はフリンジ仕様になっているので、さりげないオシャレ感を出すことができます。また、動物モチーフのスカーフはなかなか無く珍しいので、オシャレ上級者に特におすすめしたい1枚です。カラー自体は派手な色味ではなく落ち着いているので、オシャレ上級者だけでなく初心者でも比較的取り入れやすいようになっています。

オシャレ好きな男性に!メンズのブランドスカーフおすすめ2選

ここでは男性におすすめなブランドスカーフを見ていきましょう。今回はエトロ・アルテアの2ブランドをピックアップしてみました。

1.ETRO(エトロ)「スカーフ」

ETRO(エトロ) スカーフtarget

  • 素材:リネン・シルク
  • サイズ:65×165cm

鮮やかなカラー展開で爽やかな印象に仕上げられる

エトロは、オシャレ好きな男性の中で1番人気のあるブランドです。今回ピックアップしたスカーフは、アンティーク調の柄で存在感もしっかりと感じられるものとなっています。カラーは鮮やかなブルーとオレンジの2色展開なので、爽やかで清潔感のあるファッションを手軽に楽しむことができる1枚です。

2.ALTEA(アルテア)「スカーフ」

ALTEA(アルテア) スカーフtarget

  • 素材:シルク・コットン
  • サイズ:106×140cm

コーデに気軽にスカーフを取り入れたい人はコレ!

カラフルな色使いや柄が人気のブランドであるアルテアからは、ピンクとオレンジのグラデーションが印象的なスカーフをピックアップしました。スカーフにはシワ加工や切り替えが施されているので、シワを気にせずに気軽に使うことができ、カジュアルコーデにぜひ取り入れたい1枚となっています。

ブランドスカーフを購入時の気になる疑問・質問

最後に、ブランドスカーフを購入時や着用時によくある疑問や質問を3つ見ていきましょう。

Q1:スカーフの上手な使い方は?

どこに付けてもオシャレに見えるのがスカーフです。スタンダードな使い方である「首に巻く」という方法以外に、腕にブレスレットのように巻く・腰にベルトとして使う・チョーカー代わりにする・髪に結ぶ・バッグに結んでワンポイントにするなどの使い方があります。

Q2:ブランドスカーフのプレゼント予算平均はどれぐらいなの?

5,000円〜20,000円です。プレゼントする相手の年齢層にもよりますが、一般的には5,000円〜20,000円程度が平均値とされています。

Q3:マフラー、ストール、ショール、スカーフの違いは何?

大きさ・用途・生地の違いです。それぞれの違いとしては、マフラーは基本的には防寒用、ストールは肩掛け用、ストールより大きいものはショール、そして小ぶりで装飾用なのがスカーフです。

まとめ

スカーフとひとくくりに言っても、小さめでワンポイントとして使えるスカーフから大判で1枚使いできるスカーフまでさまざまで種類が豊富にあります。また素材もそれぞれ特徴があり、肌触りにこだわりたい・お手入れしやすいものがよいなど、自分が普段から使いやすいものや取り入れやすいものを選ぶのが理想的です。スカーフは季節を問わず使えるアイテムなので、1枚だけでもブランドスカーフなどのよいものを持っておくのがおすすめですよ。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします