バランスボールのおすすめ10選!体格にあった大きさとトレーニング方法で選ぶ

使ったことはあるけど、バランスボールのおすすめのアイテムってあるの?そんな疑問からバランスボールを購入するときに重視しておきたいポイントを集めてみました。さらに...

使ったことはあるけど、バランスボールのおすすめのアイテムってあるの?そんな疑問からバランスボールを購入するときに重視しておきたいポイントを集めてみました。さらにそのポイントを参考にして、トレーニング用や普段遣いなど利用目的にあわせたおすすめのアイテムを、専門家の意見を参考に厳選してみました。バランスボールを発売しているメーカーや、大きさの違いも注目しておきたいポイントです。調べてみるとバランスボール専門店で販売されているものや、フィットネスクラブが開発したものもありました。購入を考えている人にぜひ読んでほしいです。

ママアイテム編集部

バランスボールのおすすめな選び方

バランスボールを選ぶ時に重視しておきたいポイントです。重要なポイントなので、購入前にはぜひチェックしてください。

1.重要なのは膝の角度!自分の身長にあった大きさをチェック

バランスボールを効果的に使用するには、「正しく座る」ことが大切です。正しく座っている目安となるのが、膝の角度。座ったときにひざ裏が90度になるようにしましょう。さらに腰も90度を維持し、頭の上から引っ張られているようなイメージで軽くお尻を引き締めながら座るのもポイントです。サイズがあわず、膝裏の角度が90度にならないバランスボールを使用していると猫背になり、内臓を圧迫してしまったり、腰痛の原因にもつながります。バランスボールはおおよその身長の目安でサイズが展開しています。自分の身長にあった大きさのものを使用するのが大切です。

バランスボールのサイズ選びの目安

45cm55cm65cm
身長150cm以下150cm~165cm165cm~185cm

2.激しいバウンドをしても大丈夫!耐荷重をチェック

トレーニングでバランスボールを使用すると激しいバウンドをしたり、体重全体をのせて使用することがあります。そんな時に、バランスボールが体重に耐えられなければケガにつながる可能性もあります。安全に使用するためにも、耐荷重はチェックする必要があります。バランスボールの素材には、ほとんどのメーカーがポリ塩化ビニルを使用していますが、製造するときの素材の厚さによっては耐荷重が変わってきます。耐荷重は80kgから300kgまで幅があります。素材は同じでも耐荷重は大きく変わってきますので、チェックしておく必要があります。

3.破裂しても安全!アンチバースト機能があるかチェック

バランスボールは割れる可能性があるので、割れた時でも安全な機能がついているものを使用する必要があります。「アンチバースト機能」といって、万が一穴が空いてしまった場合でも、一気に弾けて割れるのではなく、空気が抜けるようにゆっくりとしぼんでいく安全に配慮した機能があります。割れた時にけがをしないためにも、アンチバースト機能を搭載しているバランスボールの購入がおすすめです。最近販売されている商品のほとんどは機能を搭載していますが、念の為購入する時はチェックしておきましょう。

4.簡単に使い始めたい!空気入れがついているかチェック

初めて購入する場合や、購入後すぐに使い始めたい場合は、空気入れがついているかをチェックしましょう。商品によっては空気入れが付属していないものがあります。その場合は、別途用意する必要があるので注意しましょう。空気入れの種類にもいろいろありますが、おすすめしたいのはフットポンプです。バランスボールは大きくなればなるほど膨らます作業が大変になります。その点、フットポンプであれば一度に多くの空気を入れられて手軽にできます。

この商品の比較ポイント

バランスボールを購入する時にチェックしておきたいポイントです。ポイントをおさえておけば、比較するのも簡単です。

  • サイズ
  • 重量
  • 耐荷重
  • アンチバースト機能の有無
  • 付属品(空気入れ)の有無

今、編集部がおすすめするバランスボールはコレ!

いろいろ商品が販売されていますが、その中でも一番おすすめしたいバランスボールは、イタリア製の専門店で販売されているものでした。

ギムニク「Fit Ball」

  • サイズ:55cm、65cm、75cm
  • 重量:900g、1,300g、1,600g
  • 耐荷重:300kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:✕

バランスボールの専門店が販売!信頼の厚いアイテム

もともとは身体機能の回復促進のために研究開発された医学療法器具で、現在では世界40カ国以上で幅広く使用されています。パールカラーが特徴的なイタリア製のバランスボールです。耐荷重は300kgで、世界で最も厳しいと言われているヨーロッパ製造物製造基準に適し、厳重な加重テストもクリアしていますので安全に使用できます。安全性を高くするために、素材は肉厚のものを採用し、空気をいれるときには時間をかけて膨らますのがポイントです。ほどよい柔らかさと心地よい触り心地が特徴で、弾力もあるので、トレーニングにも最適です。日本でも多くのフィットネスジムで使用されているため、信頼性が高いのも魅力のひとつです。シェイプアップや健康体操、リハビリなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

体幹を鍛える!フィットネス用バランスボールのおすすめ5選

フィットネスに使いたいと思った時、どんなバランスボールがいいのでしょうか?フィットネスジムが開発したものや、女性にも嬉しいデザインにもこだわったものなど、いろいろな商品がありました。

1.アルインコ株式会社「エクササイズボール」

  • サイズ:30cm、55cm、65cm
  • 重量:900g、1,100g
  • 耐荷重:300kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

ポンプ付きですぐに使える!初心者におすすめのバランスボール

エアロバイクなどフィットネスマシンの開発や製造、販売をしている会社で作られたバランスボールです。サイズ展開では、小さいサイズの30cmを展開しています。安全性も考慮し、アンチバースト機能を搭載。骨盤運動や筋力トレーニング、ストレッチなど、バランスボールに大きく体重がかかる運動で使用しても安心です。専用のエアポンプが付属しており、購入したその日から使用できる利便性があります。またトレーニングマニュアルも付属しているので、バランスボールでこれからトレーニングを始めようとしている人にもおすすめです。

2.株式会社シールズジャパン リミテッド「ジムボール65」

  • サイズ:30cm、65cm
  • 重量:750g、1,250g
  • 耐荷重:300kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

スポーツする人を応援する会社が作ったバランスボール

「カッコヨクへ!!アセヲカケ!」をコンセプトにしている株式会社シールズジャパンが製造販売しているバランスボールです。スポーツをする人をサポートするために、バランスボールの他にもトレーニング機器なども販売しています。サイズには子どもでも使用できる30cmのボールがあります。耐荷重は300kgでアンチバースト機能が搭載されていて、安全性もあります。スポーツをするだけではなく「カッコヨク」をコンセプトにしているので、デザイン性にもこだわっており、シルバー、ゴールド、パープル、ピンクのカラーを展開しています。女性にも人気があり、部屋のインテリアとの相性も考えて選べるのが魅力です。

3.ACTIVE WINNER「バランスボール」

  • サイズ:55cm、65cm
  • 重量:-
  • 耐荷重:150kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:✕

製造に自信あり!メーカーの一年保証付き

2014年に設立された新しい会社が作り出したバランスボールです。品質にこだわった製品づくりで、多くの人から高い評価を獲得しており、バランスボールでも安全性と耐久性を重視した素材を使用しているので、トレーニングでも安心して使用できます。付属品としてフットポンプがついているので、簡単にふくらませることができます。素材はさらさらとしていて、触り心地がいいのも魅力です。さらに品質に自信があるからこそ、メーカー保証が1年ついているのも大きなポイントです。カラー展開も豊富でゴールド、シルバー、ピンク、ブルーがあります。明るめのパールカラーで女性にも人気です。

4.(有)ラッキーウエスト「アンチバーストヨガバランスボール」

  • サイズ:55cm、65cm
  • 重量:1,000g
  • 耐荷重:300kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

販売実績1万個以上!人気のバランスボール

ホームエクササイズマシーンを専門に手がける会社が「女性でも運動しやすい」をコンセプトに作ったバランスボールです。専門的な分野の会社が作るからこそ、トレーニングする上での安全性と耐久性がしっかりと考えられています。従来のバランスボールのゴムの厚みが0.8mmだったのに対し、このバランスボールは2.0mmと通常の2倍の厚さになっています。これにより安全性と耐久性があがり、さらには厚みがあることで反発力が上がっているので、反発力を生かしたトレーニングも可能です。体重全体をのせて使用する難しいヨガポーズでも、耐荷重が300kgなので安心して利用できます。ハンドポンプとピンもついているので、届いたその日から使用できます。

5.東急スポーツオアシス「フィットネスクラブがつくったバランスボール」

  • サイズ:55cm、65cm、75cm
  • 重量:1,000g
  • 耐荷重:300kg、400kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

豊富なラインナップが魅力!

フィットネスクラブのスポーツオアシスが開発したバランスボールは、本格的なエクササイズはもちろん、ながら運動にもおすすめのバランスボールです。カラー展開は8種類あり、好みに合わせて選ぶことができるのも魅力のひとつです。椅子として使用できるように固定リングが付属しています。エクササイズ付きのDVDもついているので、初めてバランスボールを使って運動をしてみようと思っている人にもおすすめです。さらにシェイプアップやエクササイズだけでなく、育児にもおすすめしています。フィットネスクラブが開発したもので、信頼性が高いです。

パソコンをしながらエクササイズ!椅子型バランスボールのおすすめ4選

普段は忙しくて、エクササイズをする時間を作るのは大変!そういった人におすすめなのが、椅子タイプのバランスボールです。家にある椅子をバランスボールに変えるだけで簡単にエクササイズができます。

1.株式会社スパイス「JELLYFISH CHAIR」

  • サイズ:51cm
  • 重量:2,800g
  • 耐荷重:360kg
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:✕

インテリア性も抜群!座ることで理想の体に近づける!

スウェーデンのデザイナーが手がけたデザイン性が豊かなバランスボールタイプのチェア。クラゲのような見た目はとても印象的で、インテリアとして楽しむのにもおすすめです。椅子の中にはバランスボールとバランスボールを支える固定リングが隠されていて、座るとふわふわしています。普段の生活の中で座るだけで、自然にバランスをとろうとするため、体幹をトレーニングでき、いい姿勢をキープできます。椅子としてはもちろん、いろんな部位を鍛えるエクササイズポーズが公式サイトで紹介されていますので、エクササイズも楽しめます。気分転換できる楽しい座り心地は毎日を楽しくしてくれるはずです。違った色を楽しみたい時用に、取り換え用カバーも販売されています。

2.秦運動具工業株式会社「バランスボールチェア」

  • サイズ:50cm
  • 重量:5,300g
  • 耐荷重:-
  • アンチバースト機能の有無:◯
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

背もたれ付きでバランスボールチェア初心者でも安心!

スポーツ・フィットネス・トレーニング・健康用品の専門メーカーがつくった背もたれ付きのバランスボールです。普段座っている椅子の代わりに使用することで、ながら運動が可能です。アンチバースト機能を搭載しているので、穴が空いた場合でも安心です。専用ポンプが付属していてすぐに使用できます。さらにバランスボールを椅子から取り外すことができるので、トレーニングでも利用できます。別売りのチューブを使用することで、トレーニングの幅が広がるのも魅力です。椅子タイプを初めて利用する人や、バランスをとるのに少し不安がある人におすすめです。

3.株式会社アテックス「ルルド バランスツールLX」

  • サイズ:53cm
  • 重量:1,500g
  • 耐荷重:90kg
  • アンチバースト機能の有無:✕
  • 付属品(空気入れ)の有無:✕

バランスボールに見えないおしゃれなデザイン

かわいくて心地良いがコンセプトのブランド、ルルドが展開しているバランスボール型チェア。カバーの中には、中心部分がくぼんだ楕円形のエクササイズボールが入っています。楕円形なので普通のバランスボールよりも安定感があり、座り心地がいいのも魅力の一つです。テレビを見ながら足を上げたり、腹筋をするなどのながら運動で使用するのにも便利なアイテムです。見た目からはバランスボールであることが全くわからないおしゃれなデザインは、どんな部屋にもあわせやすいです。エクササイズとして使用しないときは、椅子やオットマンとして利用できます。インテリアにこだわりたいと思っている人におすすめです。

4.FitElite「バランスエリートチェア」

  • サイズ:55cm
  • 重量:1,200g
  • 耐荷重:90kg
  • アンチバースト機能の有無:✕
  • 付属品(空気入れ)の有無:◯

姿勢矯正やコア強化を目指す人に!

背もたれ付きのバランスボールチェアです。普段の椅子をバランスエリートチェアにかえることで、姿勢を矯正したり、体幹を鍛える効果が期待できます。背もたれがついているので、バランス感覚に不安がある人でも安心して使用できるのも魅力です。空気を入れる量を変えることで、高さの調節も可能です。キャスターが付いているので、移動も簡単に行なえます。土台の部分とバランスボールは別々で使用でき、バランスボールだけでのトレーニングも楽しめます。さらに土台を使用しない時は折りたたむめるので、収納にも困りません。普段から机で作業することが多い人におすすめのバランスボールチェアです。

バランスボールを購入時の気になる疑問・質問

バランスボールを購入するときに気になる疑問をまとめてみました。

Q1:バランスボールは座るだけでも運動になるの?

運動になります。バランスボールはボールの上に座る形になるので、普段使用している椅子よりも安定感がありません。不安定になっている分、自分でバランスをとろうとするため、自然とインナーマッスルが鍛えられます。また座るだけでなく、座りながらバウンド運動を続けたり、足を上げてみるだけでもエクササイズに繋がります。

まとめ

バランスボールにもいろいろな種類がありました。エクササイズを本格的に始めたいという人には耐荷重が大きい安全性のバランスボール、普段の生活の中で鍛えたいという人は椅子タイプのものがおすすめです。普段何気なく使用するだけでも、効果が期待できるので、バランスボールはなにか運動を始めたいなと思っている人にもおすすめです。ぜひ自分の用途にあった最適なバランスボールを見つけてみてください。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします