もろみ酢のおすすめ13選!砂糖と公正取引マークの有無で選ぶ

健康、美容、ダイエットなど、さまざまな目的で飲まれているもろみ酢。アミノ酸、クエン酸、GABAなどさまざまな有効成分を豊富に含む驚異の健康飲料としてブームとなり...

健康、美容、ダイエットなど、さまざまな目的で飲まれているもろみ酢。アミノ酸、クエン酸、GABAなどさまざまな有効成分を豊富に含む驚異の健康飲料としてブームとなり、現在でも人気が続いています。もろみ酢にはどのような種類があるのでしょうか。いろいろな飲み方が楽しめる無糖タイプ、飲みやすい加糖タイプ、そしてサプリメントまで、おすすめのもろみ酢をピックアップしました。どのタイプを選んだら良いか迷っているなら必見です。 

ママアイテム編集部

もろみ酢のおすすめな選び方3つ

もろみ酢と一言でいっても、さまざまな商品があります。どのような種類があるのでしょうか。品質が良いものはどのようにしたら分かるのでしょうか。

1.無糖?加糖?砂糖の有無をチェック

もろみ酢は無糖タイプ、加糖タイプの2つに分けることができます。無糖は、ダイエット目的などカロリーを気にする人におすすめです。また、炭酸で割ったり、料理のマリネ液として使うなど幅広く使うことができます。加糖は飲みやすいのがメリット。黒糖やはちみつ、フルーツの果汁などで甘さを加えマイルドになっています。

2.より安心なものが欲しい!もろみ酢公正取引マークをチェック

もろみ酢公正取引マークは、もろみ原液が75%以上使われていることを証明しています。沖縄伝統のもろみ酢の文化、品質を守る目的でつけられている安心の証です。高品質の目安となるので、品質にこだわりがある人はチェックしておきましょう。また、もろみ酢公正取引マークがついている商品のほとんどは沖縄の会社です。また本社が沖縄以外でも生産は沖縄であることが多いです。やはり、もろみ酢の本場といえば沖縄なので、沖縄産もろみ酢を探すマークとしても目印になります。

3.どのくらい入っているの?内容量をチェック

もろみ酢は、瓶だと720mlや900mlのタイプが多いです。紙パックでは1000mlのものなどがあります。賞味期間を気にする必要はあまりありませんが、家族で毎日飲むなどの目的があるときにはまとめ買いしておいたほうが便利です。もろみ酢を習慣的に飲む場合、1日30ml~50mlが普通です。このため、720mlの場合、24日~14日ほどでなくなります。6本、12本セットのもろみ酢も販売されているのでチェックしてみましょう。

もろみ酢のおすすめメーカー・ブランド

もろみ酢のメーカー・ブランドの中には江戸時代から続いているところもあるほどです。ここでは特に人気の2つの会社をピックアップしました。

1.盛田

盛田は名古屋にある、醤油、日本酒、味噌など和食にはかかせない食品をつくっている会社です。その中の健康サポート飲料の分野として、もろみ酢に力を入れています。お客の声を商品に反映させることで定評があり、「もろみ酢 低糖」や飲みやすい「もろみ酢 ROYAL」などがあります。

2.まさひろ酒造

沖縄県糸満市にある会社です。「酒造」とあるように泡盛を作っているメーカーとして大変有名で、工場見学なども行っています。まさひろ酒造に代表されるように、泡盛の蔵元がつくるもろみ酢は格別といわれています。

今回の商品の比較ポイント

今回は以下の比較ポイントを設けました。用途に合わせて無糖/加糖のどちらかを選びましょう。また、もろみ酢公正取引マークは品質の目安にできます。内容量は健康飲料として毎日飲む場合や料理用など目的に合わせて選びましょう。

  • 内容量
  • 砂糖の有無
  • もろみ酢公正取引マークの有無

今、編集部がおすすめするもろみ酢はコレ!

今一番おすすめできるもろみ酢は、伝統的な製法で作られたもろみ酢でありながら、年々改良され飲みやすくなっているこの商品です。もろみ酢とザラメ・三温湯・黒糖のバランスがちょうど良いので、これなら毎日飲み続けることもできるでしょう。

盛田「マルキン忠勇琉球もろみ酢 ROYAL」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:有
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

年々飲みやすくリニューアルされているベストセラー

沖縄のお酒泡盛、この泡盛のもろみ粕のことを「かんじぇー」と呼びます。本商品にはもろみ酢公正取引協議会認定の公正マークがついていますが、これは「かんじぇー」が75%以上含まれている良質なもろみ酢の証でもあります。もし、はじめてもろみ酢を飲むならば、ぜひとも本商品のような本物のもろみ酢を飲んでみることをおすすめします。本物のもろみ酢はコクがあって飲みやすいです。また、飲み続けることで健康効果を実感することができるでしょう。盛田の主力商品はこの「琉球もろみ酢」シリーズですが、毎年のようにリニューアルされることでも知られています。本商品に「ROYAL」と名前が付けられているように、いろいろなバージョンの商品があり、年々改良に取り組んでいる会社です。本商品は盛田の商品のなかでも、飲みやすさでとても人気があるもろみ酢です。「酸っぱくなくて飲みやすい」「微糖でおいしい」などの口コミがとても多いです。また、「これを朝飲むと、体がぽかぽかしてくる」「肌荒れが直った」「いつもはパキパキいっていた関節が柔らかくなってきた」など健康を実感する声もありました。沖縄名産の泡盛から造られたクエン酸・アミノ酸をたっぷり含んだ飲みやすいもろみ酢を、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

余計な成分が入っていない!より健康に気を遣いたい人におすすめの無糖もろみ酢5選

健康意識が高い人では「糖質」が入っていないもろみ酢がおすすめです。伝統的なもろみ酢は無糖が基本。ここでは、より健康になりたい人におすすめの無糖もろみ酢を厳選紹介します。

1.ヘリオス酒造「黒麹醪酢」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:無
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

いろいろな飲み方ができるので健康習慣がらくらく持続できる

甘い物の摂取量が気になるという人におすすめなのが、この「黒麹醪酢」です。無糖ですが、あまりすっぱくなく飲みやすいです。またヘリオス酒造がおすすめしている飲み方としては、泡盛・焼酎にブレンドする、紅茶に少量レモン感覚でたらす、ヨーグルトに混ぜる、スポーツドリンクにブレンドするなどがあります。健康に良いもろみ酢は毎日飲み続けたいものです。このように、いろいろな飲み物や食べ物と組み合わせていけば、誰でも自然と続けていくことができるでしょう。上記の飲み方以外にも、癖のない味なので調味料として使ったり、隠し味として入れたりするのもおすすめです。

2.沖縄物産企業連合 「もろみ酢習慣」

  • 内容量:1000ml
  • 砂糖の有無:無
  • もろみ酢公正取引マークの有無:無

アミノ酸含有量がトップクラス

添加物を一切加えず「もろみ酢」だけで作られているのが特徴の商品です。素材の味をそのまま楽しみたい人におすすめです。本商品は、もろみ酢のメリットのひとつであるアミノ酸の含有量がトップクラス。添加物が入っていない分1mlあたりの健康成分が多いといえるでしょう。1000mlとたっぷりサイズなので、家族でもろみ酢を飲むような場合にもおすすめです。素朴な味なので、飽きが来ず飲み続けられるという人や、しょうゆを加えてポン酢として使っているという人もいました。また、このままではちょっと飲みにくいという場合は、炭酸で割ったり、豆乳で割るなどの飲み方もいいでしょう。

3.サンヘルス 「黒コウジ酢 」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:無
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

伝統製法でしか出せない優しい口当たり

大量生産が難しいのが甕仕込みのもろみ酢。サンヘルスはその伝統的な製法でももろみ酢をつくっていて、大量生産では出せない深い味が人気です。もろみ酢の特徴として知られているのはアミノ酸、クエン酸が代表的な成分ですが、実はポリフェノールも含まれていることをご存知でしたか。ポリフェノールは抗酸化作用により、有害物質を無害化してくれる健康成分。このような体に嬉しい成分を一口で摂取できるのがもろみ酢の人気の秘密でもあります。健康や美容に気を使う人に一度は試してほしい商品となっています。口コミでは「口当たりが優しい」「すっぱくないどころか甘い」などの評価も多いので、無糖で飲みやすいものを探しているひとにもおすすめです。

4.北琉興産「黒麹 琉球産 もろみ酢」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:無
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

世界遺産近郊の土地でつくられたもろみ酢

北琉興産は沖縄北部に位置する山原(やんばる)の会社。近くには世界遺産として登録された今帰仁城跡もあります。この恵まれた土地でつくりだされるもろみ酢は一級品。もちろん「もろみ酢公正取引マーク」を取得している高品質のもろみ酢のメーカーとして有名です。本商品は天然発酵クエン酸飲料として18種類のアミノ酸を含んでいます。無糖タイプなのでカロリーが気になる人も安心して飲むことができます。飲み口も癖がなく、無理なく続けられるという声が多いです。本商品が気に入った人は、もろみ酢以外にも黒糖酢や「琉球ばくだん」というユニークな精力剤などたくさんの商品があるので、セットで購入して見てはいかがですか。

5.新里酒造「沖縄産 もろみ酢 」

  • 内容量:900ml
  • 砂糖の有無:無
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

沖縄最古の蔵元がつくるもろみ酢

創業は弘化三年、1846年より続く沖縄最古の泡盛の蔵元です。その泡盛のもろみを使ったもろみ酢は風味が高く、新里酒造の長年のリピーターたちのほとんどが、この無糖タイプを選ぶといいます。泡盛メーカーの強みは、原料であるもろみをその日のうちに仕込みはじめることができること。このため、クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。体内にある20種類のアミノ酸の内、9種類は体内では作り出すことができません。そのため、食事、飲み物で補給する必要があります。もろみ酢は9種類とともに残り11種類のアミノ酸をバランス良く含んでいるのです。肉体疲労時の回復、肝臓のアンモニア解毒作用を助ける、血圧の上昇を抑えるなど、さまざまな効果が期待できるもろみ酢を続けてみてはいかがでしょう。

加糖だから飲みやすい!手軽に始めたい人におすすめのもろみ酢4選

1日1杯のもろみ酢は体に嬉しい習慣となるでしょう。でも、無糖のもろみ酢はちょっとの飲みづらいのも確かです。そこで加糖タイプの飲みやすいもろみ酢を厳選紹介します。

1.まさひろ酒造「もろみ酢ぶどう酢」

  • 内容量:962ml
  • 砂糖の有無:有
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

GABA含有の飲みやすい伝統飲料

まさひろ酒造の「もろみ酢」は黒糖とはちみつ使った上品な甘さが特徴です。もろみ酢をはじめて飲む方にも、大変飲みやすいのでおすすすめできます。1日30~50mlを飲み続けることでもろみ酢の優れた効能を実感することでしょう。エネルギーを生み出してくれるクエン酸ですが、まさひろ酒造のもろみ酢には「GABA」も豊富に含有しています。GABAはアミノ酸の一種ですが、その存在は少し特別。脳や脊髄といった体の重要部分に存在している珍しいアミノ酸なのです。GABAはストレスを抑制する神経伝達物質として脳内の血流を高める働きがあり、細胞の新陳代謝を活発にするなどの効果が期待できます。このため、ストレス社会ともいわれる現代に生きる人達に必要な成分といえるでしょう。防腐剤を使っておらずユッカという天然素材を使って日持ちをさせているところも、おすすめポイント。毎日安心して飲み続けることができます。

2.崎山酒造厰「泡盛もろみ酢 黒糖入り」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:有
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

マイルドで飲みやすいのがおすすめ

100年以上にわたり職人に受け継がれている麹の発酵技術。崎山酒造厰はいまでも頑なに同じ製法を守り続けています。恩納岳の伏流水と天然素材だけを使った、まろやかで爽やかな味が特徴のもろみ酢です。マイルドでくせがないという定評のある商品なので、誰にでも飲みやすいもろみ酢ということができるでしょう。もろみ酢は一時大変なブームとなり、そのときには崎山酒造厰のこの商品も大人気の商品となりました。そのときにこのもろみ酢を知った人達は今もリピートして購入しているそうです。一時のブームでなく、本当に良いものだから当たり前と崎山酒造厰は胸を張っています。その口コミの一部を抜粋して紹介すると「肩こりがなくなり、便通が良くなった」「肝機能の数値が大幅減」「高血圧が改善された」などです。

3.沖縄物産企業連合「石川酒造場の紅麹もろみ酢」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:有
  • もろみ酢公正取引マークの有無:有

沖縄唯一の一甕仕込みもろみ酢

「石川酒造場の紅麹もろみ酢」は一甕(ひとかめ)仕込みで作られています。今ではこの製造方法を取っているのは石川酒造場だけになってしまいました。本物のもろみ酢を飲んでみたいという人には、ぜひこのもろみ酢をおすすめします。紅麹はコクがありながら、飲みやすいのが特徴。これに黒糖と沖縄小雪(加工黒糖)を加えることでさらに飲みやすくなっているのです。ちなみに、この紅麹は、沖縄伝統の豆腐の発酵食品「豆腐よう」にも使われています。赤い色が特徴の豆腐ようですが、この色の正体が紅麹というわけです。このように紅麹は沖縄の人にとってはソウルフードのひとつ。付属の30mlのカップを1日1杯を目安に飲んでいれば島人(しまんちゅ)・海人(うみんちゅ)達のように健康で力強くで過ごせること間違いありません。

4.安藤通商沖縄「シークワーサーもろみ酢」

  • 内容量:720ml
  • 砂糖の有無:有
  • もろみ酢公正取引マークの有無:無

シークワーサーで飲みやすさUP!

もろみ酢に沖縄特産のシークワーサーを加えることで飲みやすくしたのが本商品です。シークワーサーには、疲労回復、血糖値上昇を抑える、免疫力を高めるなど数々の働きがあることで知られていますので、もろみ酢と一緒に取ることで相乗効果が期待できる健康飲料となっています。「シークワーサーって酸っぱいから、もっと酸っぱくなっているのでは?」と心配する人もいるでしょうが、大丈夫です。黒糖やリンゴ果汁もブレンドされているので大変飲みやすくなっています。癖がないので、炭酸飲料に混ぜたり、豆乳で割ったりといろいろな飲み方を楽しんでいることが口コミを読むと分かります。いずれの声も「これなら続けられる」ということなので、継続してもろみ酢を飲みたい人は購入してみてはいかがでしょうか。

毎日無理なく続けられる!サプリメントタイプのもろみ酢3選

どんなに体に良い食材でも、次第に飽きてしまうもの。料理に使うにしても、よほど料理上手でないとなかなかレシピを回していけません。そんなときに頼りになるのは、やはりサプリメント。おすすめ商品をピックアップしました。

1.seedcoms「すっぽんもろみ酢 」

  • 内容量:150g
  • 砂糖の有無:×
  • もろみ酢公正取引マークの有無:×

もろみ酢とすっぽんの最強タッグ出現!

昔からもろみ酢造りの職人たちは、なぜか元気いっぱい。長生きの人ばかり。それもそのはず、職人たちは毎日もろみ粕を食べるのを習慣にしていたからです。沖縄の暑い夏を乗り切る知恵を身に付けていました。一方、すっぽんはスタミナ食材の代表格。でも女性にも優しい食材でもあるのです。特に、コラーゲンを豊富に含むのは有名です。また、すっぽんは亀と似た生き物と認識されていますが、実はすっぽんの甲羅は表皮。それゆえ鍋の具材としても大変おいしい高級食材なのです。ただし、おいしいだけではありません。葉酸、鉄分、カルシウム、タンパク質と栄養豊富で、完全食品と例えられることも多いです。しかし、毎日すっぽんを取るというのは不可能。そこでこのサプリメントがおすすめ。もろみ酢とすっぽんの最強タッグはあまりに強力すぎて反則と思えるほどです。

2.しまのや「琉球もろみ酢」

  • 内容量:46g
  • 砂糖の有無:×
  • もろみ酢公正取引マークの有無:×

クエン酸サイクルは生命力の源!

シンプルにもろみ酢をサプリメントで摂取したいという人には、こちらの商品がおすすめです。高級感ある黒粒にもろみ酢のアミノ酸とクエン酸を凝縮しました。1953年にノーベル医学生理学賞を受賞したクレブス博士は「クエン酸サイクル」の研究で知られます。このクエン酸サイクルこそが生命のエネルギーの循環の秘密のひとつであることが受賞の理由でありました。それから半世紀を超えた現在でも、健康、そして美容が人間の重大な関心事であることに変わりはありません。琉球もろみ酢は、この生命エネルギーの基本的な力を取り戻すためのサプリです。

そのため、アラフォー、アラフィフの健康意識が高い女性達からとても高い評価を受けているのが本商品です。基本的な体の力を底上げしてくれるサプリがないか探している人におすすめです。

3.DHC「黒酢もろみ+ニンニク」

  • 内容量:41.4g
  • 砂糖の有無:×
  • もろみ酢公正取引マークの有無:×

キャッチーすぎる商品名だけど、やっぱり効果絶大!

もろみ酢+すっぽんという最強タッグをすでに紹介しましたが、これまた最強タッグといえるでしょう。とてもキャッチーな商品なのですが、効果のほどはどうなのでしょうか。まず、心配になるのがニンニクの臭い。これに関しては全く問題がありません。無臭になるように加工がされているうえ、ニンニクの癖のある味もカットされているのでとても飲み易いです。青森県のこだわりニンニク、「福地ホワイト六片」が使用されているのもポイントが高いです。次に黒酢もろみですが、本商品は鹿児島の黒酢もろみの伝統製法を採用しています。DHCが管理する鹿児島工場にてアミノ酸たっぷりの黒酢もろみに仕上がりました。おすすめは冷え症などの人。口コミではニンニクと黒酢もろみの力でじわっと体が温まる効果を実感する声が多いです。冷え性に悩んでいる人はぜひどうぞ。

もろみ酢を購入時の気になる疑問・質問

もろみ酢をはじめて購入するときなどは、分からないことがいろいろあります。ここでは良くある疑問・質問をピックアップしました。

Q1:もろみ酢とは?もろみ酢と黒酢の違いって?

もろみ酢は泡盛のもろみを原料として発酵させたもの。黒酢はお米を発酵させてものという違いがあります。成分でいうと、もろみ酢はクエン酸が主成分、黒酢は酢酸が主成分です。このため、もろみ酢は黒酢に比べてすっぱくはありません。どちらもアミノ酸、ビタミンなどを豊富に含んでいますが、美容・疲労回復にはもろみ酢、血液サラサラ効果では黒酢を選ぶ人が多い傾向があります。

Q2:おすすめの飲み方は?美味しいドリンクレシピもある?

もろみ酢の飲み方はたくさんあります。特に人気があり、もろみ酢のメーカーからのおすすめとして紹介されているのが炭酸、スポーツ飲料、豆乳、焼酎などに入れるなどです。また、紅茶にレモンのように少し混ぜてもいいでしょう。もろみ酢本来の味を楽しみたいなら、無糖タイプを1日30~50ml程度飲むのが推奨されています。

Q3:高血圧にも効果があるの?

健康を維持するといった意味では効果を実感できるでしょう。もろみ酢はアミノ酸、クエン酸、GABA、カリウムを豊富に含み、これらが血圧を下げる働きをします。これらは栄養素として血圧を下げる効果があることが知られていますが、GABAなど耐ストレス物質も入っているため、精神的なイライラを鎮める効果などにより、間接的に血圧が下がっていく効果も期待できます。ただし、医薬品のように飲んだらすぐに下がるというわけではなく、継続的にもろみ酢を飲み続けることで体質が改善されていくと考えましょう。

まとめ

今回はもろみ酢のおすすめの商品を紹介してきましたが、いかがでしたか。お気に入りの商品が見つかったなら幸いです。沖縄伝統の製法を守っているもろみ酢、飲みやすくするために改良されたもの、またサプリメントとして販売されているものなどがありました。アミノ酸、クエン酸、GABAなど健康や美容に良い成分を豊富に含まれていることも、紹介してきました。沖縄県の人達は長寿で有名ですが、もしかするともろみ酢が一役買っているのかもしれません。口コミを見ても、長く続けている人がとても多いという印象を受けるでしょう。自然に食生活に取り入れることができるのも、もろみ酢の良いところです。ブームとなって広く日本人に知られることのなったもろみ酢ですが、その効果を実感する人達がリピーターとなり、人気が不動のものとなりました。健康に、美容に、ダイエットに、もろみ酢を試してみてはいかがですかくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします