サンキャッチャーのおすすめ9選!クリスタルガラスの素材とデザインで選ぶ

運気を上げるラッキーアイテムとして人気の「サンキャッチャー」は、その名の通り太陽の光をとらえてプリズムのように分散し、虹のスペクトルをつくる北欧生まれのインテリ...

運気を上げるラッキーアイテムとして人気の「サンキャッチャー」は、その名の通り太陽の光をとらえてプリズムのように分散し、虹のスペクトルをつくる北欧生まれのインテリアグッズ。どんな宝石よりもピュアなきらめきで見るものをとりこにします。窓辺でキラキラ光るインテリアとしてだけでなく、つるすだけで光のパワーが空間のエネルギーを浄化すると信じられており、金運アップに効果を発揮するとも言われます。より効果的に楽しむ方法は?風水的な見地から正しいつるし方は?など、気になるポイントを押さえつつつお気に入りの一点を探してみませんか?納得のサンキャッチャーがきっと見つかるおすすめの9選です。

ママアイテム編集部

サンキャッチャーのおすすめな選び方5つ

店頭やネットショップにずらりと勢ぞろいしたサンキャッチャーですが、正しい選び方はあるのでしょうか?まずは、後悔しないおすすめの選び方を紹介します。

1.ガラスの種類で輝きに違いが!クリスタルガラスの素材をチェック

いま私たちの身の周りでもっともいかされている一般的なガラスは「ソーダ石灰ガラス」と呼ばれるものです。これに酸化鉛を加えるとガラス本来の色をおさえて透明度と光線透過率が上がり、水晶(クリスタル)のような輝きとズッシリとした手応えをもつ「クリスタルガラス」になります。厳密には酸化鉛の含有量が24%以上のものをクリスタルガラスと称し、含有量が上がるほど光の反射率や屈折率も上がるため、これに複雑なカットをほどこすことで宝石のように美しいきらめきと虹色の光を作り出しています。近年では鉛を使用せず、代わりに低コストで無害なカリウムを加えた「K9クリスタル」の人気も高まっています。

2.どんな形がお好み?クリスタルガラスのデザインをチェック

サンキャッチャーにはボール型(球体)のほかにも、ドロップ(なみだ型)、ベルトップ(釣り鐘型)、オクタゴン(八角形)などさまざまなシェイプとカットデザインがあります。かざりたい場所や好みのタイプ、クリスタルのおおきさに応じてピッタリのデザインを選びましょう。

3.光の色には風水的に意味がある!サンキャッチャーの色をチェック

「風水」は、気の流れをコントロールして運気を上げるという古代中国の環境学で、日本でも1990年代にブームになりました。「西に黄色で金運アップ」のように、それぞれの方角に相性の良い色があって、インテリアに応用している人も多いようです。サンキャッチャーにもカラフルなカラー展開があるので、運気アップを目指して風水を活用してみましょう。

4.かざる場所はどこ?サンキャッチャーのつるし方をチェック

サンキャッチャーは、日光が当たる窓辺につるすのが一般的。通過する光を七色のスペクトルに変えて、白い壁に映し出してくれます。風水的な意味でも外からやって来るさまざまな気をコントロールするのに有効なのだとか。カーテンレールにS字フックなどを使ってつるしても手軽にかざれますが、よりファッショナブルで審美性の高い専用スタンドなどもおすすめです。

5.品質にこだわるなら!クリスタルガラスのメーカーをチェック

クオリティやデザインにこだわって有名ブランドのサンキャッチャーを選ぶのもおすすめ。自分だけのプチ贅沢な空間が楽しめます。以下はおもなサンキャッチャーの有名メーカーです。・SWAROVSKI(スワロフスキー)……1895年(明治28年)にオーストリアで創業したクリスタルガラスの老舗。ヴェルサイユ宮殿のシャンデリアを手掛けたことでも有名です。・ASFOUR CRYSTAL(アスフールクリスタル)……「エジプトのスワロフスキー」の異名をもつ高級ブランド。ダイヤモンドクリスタルとも称されるクリスタルガラスの輝きはおもにシャンデリアのパーツとしてもちいられています。・PRECIOSA(プレシオサ)……1948年(昭和23年)にチェコ共和国のガラスメーカー7社が共同で設立したクリスタル・ガラスのブランド。ボヘミアガラスの伝統を受け継ぐ高度なカット技術で有名です。

この商品の比較ポイント

今回おすすめするサンキャッチャーの比較ポイントです。サンキャッチャーには、メインのクリスタルガラスのほかにもクリスタルビーズやパワーストーンで装飾されたものがあります。飾りたい場所やスタンドの寸法に合わせて選んでください。

  • 全長

今、編集部がおすすめするサンキャッチャーはコレ!

サンキャッチャーの魅力をたっぷり味わえる、いま話題のイチオシおすすめアイテムを紹介します。ゴージャスなきらめきに包まれて幸せな気分にひたれる大満足のアイテムは、ギフトにもピッタリです。

ハルコレ「レイヤードボール サンキャッチャー」

ハルコレ レイヤードボール サンキャッチャーtarget

  • 全長:約660mm

大粒のスワロフスキーが計41粒

圧倒的な存在感で見るものを魅了するのは、サンキャッチャーの専門店「ハルコレ(HARU COLLE)」の人気シリーズ。35年のキャリアをもつ職人が一つひとつていねいに手作業でつくったサンキャッチャーは、大切な人や頑張った自分にふさわしい最高級のかがやきです。すべてのクリスタルガラスにスワロフスキー社製のシャンデリア・「ストラス・クリスタルビーズ」をぜいたくに使用し、メインの大粒にはスワロフスキーの刻印も入っています。何時間でもながめていたくなるような、幾重にも折り重なったレイヤースタイルは、8mmから22mのクリスタルガラスが計40粒、その下にメインである大粒30mmのクリスタルボールがひとつ付いたデザイン。ちょうど片手に乗るほどの大きさで、藤の花ふさを思わせるエレガントなビジュアルです。そのままでも十分に美しいのですが、直射日光に当たるとあたり一面に七色の光の雨をふらせます。

カッティングや加工技術で魅せる!スワロフスキーのサンキャッチャーおすすめ2選

世界に冠たるスワロフスキーの創業者ダニエル・スワロフスキーは、「誰でも手にすることのできるダイヤモンド」というコンセプトのもと、精巧なクリスタルカットを実現する電動機械を発明してクリスタルガラスの新時代を築いたパイオニア。そんなスワロフスキーの技を生かして生み出されたサンキャッチャーは、数あるガラスのインテリアのなかでも最高峰の輝きです。世界中のユーザーから「別格」と評され、長く愛され続けているきらめきを気軽にたのしめる、おすすめのアイテム2選です。

1.ヴァルハラ(Walhalla)「Simple Line 40mm オーロラ」

  • 全長:約480mm

大粒のクリスタルボールが活きたシンプルなデザイン

大粒40mmのクリスタルボールに、見る角度によって色が変わるオーロラ加工をほどこしたサンキャッチャーは、ネットショップ「ヴァルハラ」のオリジナル商品。スワロフスキーとの直接契約で入荷された正規品のみを使って作られています。そのままでもオーロラ色にかがやく大粒のスワロフスキーは、日光に当てるとミラーボールのように虹の光をはなち、余計な装飾をはぶいたシンプルなデザインがクリスタルボールの存在感が引き立てています。サンキャッチャーのなかでも特にポピュラーなボール型は、空間のエネルギーをやわらげ安定させるのだそうです。また、「球体」はどこから見ても同じ表情を見せることから、精神性の高いフォルムでもあります。ワイヤーの先端には円形のリングが取り付けられているので、そのままS字フックにつるすことができます。

2.ヴァルハラ「Octagon Line 40mm」

  • 全長:約420mm

まるでシャンデリアみたいにラグジュアリー

たくさん並べてかざりたくなる、上品でラグジュアリーなデザインのサンキャッチャーです。40mmの大粒クリスタルボールが色濃くおおきな虹をうつしだし、ボールのうえにはオクタゴンのクリスタルビーズが等間隔で18個もつらなっています。オクタゴンのサンキャッチャーは、八角形でレンズ豆のような平たい形状。ちょっとそろばんの珠のようにも見えます。ボール型とちがって風に揺れると細くなったり丸くなったり表情を変えるのが特徴で、いつまでも見あきることがありません。そよ風に揺れる虹色はきれいですが、小さくてもずっしり重量感のあるクリスタルガラスのサンキャッチャーは、強風にあおられると窓ガラスを破損する恐れがあるので注意しましょう。

パワーストーンやカラーで選ぶ!風水効果の高いサンキャッチャーおすすめ2選

その美しさだけでなく、クリスタルを何らかの機能をもつ「パワーストーン」として楽しむ人も増えています。光線を反射してキラキラ光るものは、それだけで邪気をはらう「魔除け」のパワーがあると古くから信じられてきました。その場の「気」をととのえて運気を呼び寄せる風水にも、もちろん効果的です。何となく元気がわかないときや、気分を変えたいときにはサンキャッチャーのパワーを借りてテンションアップをはかりましょう。つぎのおすすめは、風水効果が期待できるサンキャッチャー2選です。

1. COCORO堂「サンキャッチャー チャクラ・ハート」

COCORO堂 サンキャッチャー チャクラ・ハートtarget

  • 全長:340mm

7つのチャクラを表すハートのビーズがポイント

直径約30mmのクリスタルボールに、7色の天然パワーストーンを組み合わせたサンキャッチャーです。風水では方角と色の組み合わせによって金運や愛情運、健康運などをアップさせるといわれますが、7色のパワーストーンが付いたサンキャッチャーならどの方角に置いても使えますよ。一般的に、南南西は愛情や調和などをつかさどる方角で「愛情運」に関係の深い方角とされ、陽が昇る東の方角は「仕事運」を、西の方角は「金運」を変えたいときにかざると良いそうです。ネーミングに使われている「チャクラ」とは、インドヨガなどでおなじみのプラーナ(気)の出入り口のことで、人間の体には7つのチャクラがあると考えられています。第1のチャクラは骨盤にあり、下腹部・おへそ・心臓・のど・額と昇って行って、第7チャクラが頭頂部にあります。

2.スプライト(Sprite)「All天然石&ラリマー、天使のサンキャッチャー」

スプライト(Sprite) All天然石&ラリマー、天使のサンキャッチャーtarget

  • 全長:500mm

可愛いエンジェルにいやされるサンキャッチャー

18mmのドロップタイプと、10mmのボール型クリスタルを組み合わせ、羽をつけてエンジェルの姿をかたどった可愛いサンキャッチャー。ブラジル産A5ランクの天然クリスタルを使用しているというパワーストーンの専門店「スプライト」のオリジナル商品です。神さまの使いとして、いつも私たちを見守り祝福を送っていると言われるエンジェルは、いつの時代も人気が高いアクセサリーのモチーフですが、世界中に目撃証言も多いことから、本当に存在しているのかも知れません。アクセントにほどこされた涼しげなラリマー(青色系ペクトライト)は、8mmと6mmの2タイプです。ロザリオをイメージさせるロマンティックなデザインも素敵ですね。

つるす場所がなくても大丈夫!スタンドタイプのサンキャッチャーおすすめ2選

窓辺につるすだけがサンキャッチャーの楽しみ方ではありません。コンパクトにまとまったサンキャッチャーをインテリアとして専用のスタンドにかざれば、あざやかなきらめきとともにロマンティックでキュートな世界観が広がります。デスクの上に置いてゆれる光をながめたり、小窓のアクセサリーとして空間をおしゃれにいろどったり、思いおもいの場所において光の乱舞を楽しみましょう。プレゼントにも人気のおすすめのスタンドタイプ2選です。

1.ハルコレ「ブランコ オーロラ サンキャッチャー」

ハルコレ ブランコ オーロラ サンキャッチャーtarget

  • 全長:145mm(フレームの高さ)

ウッディなフレームがナチュラル&キュート!

太陽の光を切り取ってフレームにかざったら、たぶんこんな感じ。ゴージャスな輝きが魅力のスワロフスキー社「ストラスビーズ」と、ナチュラルテイストのスタンドを組み合わせた小さなサンキャッチャーです。落ち着きのある紅褐色の肌と美しい木目のフレームはブラックチェリー。手ざわりが良く、使いこむほどに飴色の光沢を発するようになる高級木材です。なかに納まっているサンキャッチャーは、20mmと14mmのスワロフスキー。計4個の表面には、光が届かなくても美しくきらめくオーロラ加工がほどこされています。周囲が白っぽいときはオレンジ系に、黒っぽいときはブルー系に光るオーロラ色は、まるで大粒のダイヤモンドのような存在感。視界に入るだけでテンションがアップします。手の平サイズのコンパクトタイプなので邪魔にならず、限られたスペースをいつでも手軽にオリジナリティあふれる空間へと変えてくれます。

2.ヴァルハラ「スタンド付きサンキャッチャー White Urthr」

  • 全長:110cm(スタンド高さ:215mm)

シンプルでなめらかな曲線が上品なフレーム

クリスタルガラスの透明感を生かしたシンプルなサンキャッチャーも、組み合わせるスタンドによっていろいろな表情を見せてくれます。シンプルな白いアイアンスタンドは、スワンの首をイメージしたような優雅なラインが魅力的。かろやかで、主役のクリスタルガラスを邪魔しません。存在感たっぷりの40mm大玉スワロフスキーに、クリア オクタゴンが散りばめられたシンプルなサンキャッチャーは、表面に細やかなカットがほどこされ、陽の光をしっかりキャッチして虹のシャワーをふらせます。置き場所を選ばないシンプルなスタンド型のサンキャッチャーは、つるす場所を考える必要がなく収納もラクなので贈りものにもピッタリ。晴れの日の記念品にすれば、クリスタルのきらめきとともに特別な日の輝かしい思い出が何度でもよみがえることでしょう。

オリジナルのサンキャッチャーを手作りしよう!通販で買えるパーツおすすめ2選

色々なサンキャッチャーをひととおり見たあとは、自分だけのオリジナル作品をハンドメイドしてみませんか?今ある既製品をリメイクして新しいアイテムにするのも良いですが、通販でも購入できます。つくり方は意外と簡単で、穴の開いたクリスタルのチャームにテグスを通してつなげるだけ。大きめのカットビーズや色のきれいなパワーストーンなどをミックスすれば個性が出ます。ビーズやチャームをテグスに固定するには、小さな金属製の「つぶし玉」を使います。

1.スワロフスキー「サンキャッチャークリスタルパーツ ビッグボール3cm」

スワロフスキー サンキャッチャークリスタルパーツ ビッグボール3cmtarget

  • 全長:直径30mm

メインかざりとなる定番のビッグボール

スワロフスキー社製のシャンデリア用クリスタルガラスで、頂部にテグスをとおすための穴が開いています。スワロフスキーのクリスタルガラスボールは20mmから100mmまで出回っていますが、サンキャッチャーとして加工しやすいのは20mmから40mmあたりまででしょう。また、同じサイズなら表面がなめらかなビーズよりもシャンデリア用パーツのほうがカットが複雑で、光をよく反射します。シャンデリア用パーツの場合、アクセサリーとはことなり1m以上はなれたところから鑑賞する前提で製造されているために、正規品でも多少のキズが入っていることがあります。日本の正規取扱店のなかには、同じ正規品でも品質にこだわって選別しているショップもあるので、よりクオリティの高いボールを求めるなら売り手の品質基準もチェックしましょう。

2.スワロフスキー「サンキャッチャークリスタルパーツ ベルトップ」

  • 全長:40×40mm

どこかミステリアスな雰囲気のベル型

スペースシャトルのキャビンモジュールに似たつり鐘型のシャンデリアパーツです。サンキャッチャーにつけると、ボールタイプよりも安定感のあるビジュアルになり、少しエキゾチックな雰囲気が感じられます。スワロフスキーのクリスタルパーツには、正規品であることを証明するオリジナルのマークが刻印されていることがあります。富士山のような形をした光スペクトルのマークです。しかし、フェイク品のなかにはマークまで模倣したものも出回っているため、オリジナルのスワロフスキーではマーク製を廃止しているようです。マークが入っているから本物とも限らないので、パーツを購入するときは信頼のおけるショップから購入しましょう。

サンキャッチャーを購入時の気になる疑問・質問

Q1:サンキャッチャーが原因で火事になることはある?

太陽の光を一点に集めることで高温を発し、火災の原因となることを「収れん火災」といいますが、市販のサンキャッチャーが収れん火災を起こす可能性はほとんどありません。「サンキャッチャー」という名称から、集光効果をイメージして収れん火災を心配する声を聞くことがありますが、実際のサンキャッチャーは通過する光を分散させるカットがほどこされたものです。また、日本国内で一般的に市販されている製品には「製造物責任法」によって万が一のときの損害賠償責任が法律で定められているので、それも安全の目安と言えるでしょう。ただし、ハンドメイドなどで知らずに集光効果を持つ凸レンズ状のガラスを使用している場合や、製造責任が明らかでないものについてはこの限りではありません。サンキャッチャー用に作られたパーツ以外のものを使用している場合は、検証の必要があるでしょう。

Q2:サンキャッチャーのキットを使わなくても作り方は簡単?

市販のキットで好みのものが見つからないときは、お気に入りのクリスタルガラスを探してハンドメイドしてみましょう。テグス(釣り糸)やビーがあれば、すてきなサンキャッチャーを簡単に作ることができます。ラジオペンチやニッパーなどの工具があると作業がスムーズです。

Q3:車用のサンキャッチャーはないの?

車のガラスに取り付けられるサンキャッチャーもたくさん市販されていますが、製造物責任の観点から製造していないメーカーもあります。サンキャッチャーの光が眩しすぎて視界が悪くなるというケースは考えにくいものの、クリスタルの輝きに目を奪われて安全運転に支障をきたす可能性があるためでしょう。また、サンキャッチャーの形状によっては、万が一の事故で思わぬ二次被害を起こす可能性もあります。車は道路交通法によって定められる規制の対象なので、サンキャッチャーも自己責任で楽しむことが大切です。

まとめ

天からの贈りものと言われる虹の光は私たちの目を楽しませ、幸せな気分にしてくれます。虹の古い記述は聖書の中にも見られ、その意味は神さまから人間への「約束の証」です。宇宙に存在するすべてのものが「波動」であることはすでに科学でも証明されはじめているところですが、突き詰めれば私たち人間も虹と同じ「光の波動」なのだとか。サンキャッチャーの光は、そんな人間本来のダイナミックなパワーと共鳴して心をいやしたり、豊かな想像力引き出してくれるのかもしれませんね。サンキャッチャーを買ったけど、日光が足りなくてちっとも光らない…という時は、「スペクトルライト」がおすすめ。日当たりが悪い部屋や日没後でもクリスタルのきらめきに、いやされることができるので、気になったらぜひチェックしてみてください。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします