ルチンサプリメントおすすめ10選!好みのルチン含有量と配合成分で選ぶ

ルチンを効率的に摂取するなら、サプリメントがおすすめです。ポリフェノールの一種であるルチン(ビタミンP)には高い抗酸化作用があり、シミやシワなどを防ぐアンチエイ...

ルチンを効率的に摂取するなら、サプリメントがおすすめです。ポリフェノールの一種であるルチン(ビタミンP)には高い抗酸化作用があり、シミやシワなどを防ぐアンチエイジング効果だけでなく、血圧の安定化や血管の強化にも期待できるといわれています。しかしルチンは食品からは摂取しにくく、不足してしまいがちな栄養素です。サプリメントで簡単・手軽にルチンを補い、身体の中から健康や美容をケアしましょう。ここでは、いま人気のルチンサプリメント10選とあわせ、おすすめの選び方、気になる副作用、猫などのペットに与えられるルチンサプリメントもピックアップしました。最後までしっかりチェックしてください! 

ママアイテム編集部

ルチンサプリメントのおすすめな選び方2つ

ルチンサプリメントを購入するときには「配合成分」と「含有量」をチェックしましょう。それぞれのポイントを詳しく見ていきます。

1.ルチン以外には何が入っている?配合成分をチェック

ルチンのサプリメントには、ルチンがメインのもの、ビタミンCなど「ルチンと一緒に摂ることで、体内への吸収率が上がる栄養素」が一緒に含まれているものがあります。現在、ビタミンCなどのサプリメントを使用しているのであれば、ルチンメインのサプリメントで良いかもしれません。そうでなければ、他の栄養素と一緒になっているサプリメントをおすすめします。また、ルチンに限らず、多くのサプリメントには添加物が使われています。できれば無添加のものが好ましいですが、難しい場合は添加物が少ないものを選びましょう。

2.1回あたり何グラム摂れる?ルチンの含有量をチェック

サプリメント1回あたりに含まれるルチンの量は、メーカーによって異なります。ルチンの推奨摂取量は、1日約30mgです。これをひとつの目安とし、1回あたりの含有量をチェックしたうえで購入するようにしましょう。サプリメントで不足する分は、食事から補うのがベスト。ルチンが多く含まれている食材をまとめましたので、サプリメントにプラスして積極的に取り入れてくださいね。

食品名ルチンの量
韃靼そば100gあたり約2g
そば100gあたり約20mg
ルイボスティー乾燥葉1gあたり約1.7g

今回の商品の選定ポイント

これからおすすめ商品を紹介していきますが、それぞれのサプリを比較しやすいよう3つのポイントを記載しています。自分にはどのサプリが合っているのか、ひとつの目安にしてください!

  • 錠数
  • 内容量
  • 形状

今、編集部がおすすめするルチンサプリメントはコレ!

たくさんの口コミやSNSをもとに、ルチンサプリメントの一番おすすめできる商品を選びました。10~40代と幅広い年代に支持され、口コミやSNSでも大変人気があるサプリメントです。

DHC「マルチビタミン」

  • 錠数/1日1粒
  • 内容量/30粒、90粒
  • 形状/カプセル

1日1粒の手軽さが人気

2001年発売以降、多くの方に支持されているロングセラー商品です。お互いに補い合う12種類のビタミン(ビタミンC、葉酸、ビタミンEなど)と、それをサポートするルチン(ビタミンP)などがバランス良く配合されています。肌の健康促進、赤血球の形成補助、視力維持、体内の抗酸化作用、カルシウムの吸収促進などが期待でき、身体全体のバランスを保つのにおすすめのサプリメントです。口コミでは、寝不足やストレス、栄養バランスの崩れからくる「肌荒れ防止目的」として、また「毎日の栄養補助として」「外食が多い時に」など“忙しい毎日の必需品”として愛用している方が多く見られました。いまや女性だけでなく男性にも愛用者が増えています。その理由のひとつにコンビニやドラッグストア、スーパーなど、簡単に入手できる手軽さがあるようです。30日分と90日分、2種類から選べる配慮も嬉しいですね。ルチンの含有量は1粒で20mgです。肌荒れが気になる方、不規則な食生活をしている方や野菜嫌いな方、毎日の必需品としてバッグやデスクに常備してみてはいかがですか?

血管や目に働きかけるルチンサプリメントおすすめ4選

毎日毎食、栄養バランスが取れた食事を摂っている方でも、ルチンを摂取できているかと問われると「YES」とは言えない方も多いのではないでしょうか。ルチンは血管や目に大事な働きかけをする栄養素です。栄養バランスに気を付けている方にもぜひプラスして欲しい、ルチンがたっぷり配合されたサプリメントを紹介します。

1.宮崎健康食品「そばの恵み」

  • 錠数/1日約7粒
  • 内容量/約30日分
  • 形状/粒状

無農薬!国産!安心のオーガニックサプリ

農薬、化学肥料、着色料、防腐剤等を一切使わず、愛情込めて育てられた蕎麦のスプラウト(芽)を原料に作られたオーガニック・サプリメントです。1日約7粒(1回当たり3~4粒)で、約38mgのルチンを摂取できます。口コミでは高血圧や脳梗塞、糖尿病の予防改善目的で愛用している方が多くみられ、中には「朝の目覚めが良くなった」と体質の改善がみられた方もいるようです。原料の蕎麦スプラウトは宮崎県産100%、もちろん安心の国内製です。独自の特殊低温処理法により、ビタミン類を破壊せず、高い栄養価のままサプリメント状に加工してあります。安心安全、高品質を求める方におすすめです!

2.Thompson Nutritional Products(トンプソン・ニュートリション・プロダクツ)「Rutin(ルチン) 500mg」

  • 錠数/1日1粒
  • 内容量/60粒
  • 形状/タブレット

スマホ・パソコンなど目の疲れにおすすめ

トンプソン社は、1932年に設立されたアメリカのサプリメントメーカーです。ビタミン、ミネラル、ハーブなど、日本でも多くの商品が販売されています。こちらの「ルチン500mg」は、名前の通り1粒あたり500mgの濃縮ルチンが摂取できる高濃度のサプリメントです。口コミでは「目の疲れが和らぐ」「翌朝の調子が良くなった」と、何度もリピートしている方が多くみられました。他商品と比較すると粒が大きめなので、そのままだと若干飲みづらい面もあるようです。人によっては「砕いて数回に分けて飲む」などといった工夫が必要となる点を注意してください。

3.Nature's Plus(ネイチャーズプラス)「Biorutin(バイオルチン)」

  • 錠数/1日1粒
  • 内容量/60粒
  • 形状/タブレット

Wのポリフェノールで若々しさをサポート

ネイチャーズプラスは、アメリカのサプリメントメーカーです。製品の安全性や成分の分析検査を社外の専門機関に依頼し、そこで合格したサプリメントのみを販売している信頼性の高いブランドです。こちらの「バイオルチン」には、マメ科の落葉樹、槐(エンジュ)由来のルチンと、ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用を持つレモン外果皮由来のバイオフラボノイドが配合されています。1日1粒でルチン500mg、バイオフラボノイド500mg、合わせて1,000mgのポリフェノールが摂取でき、毎日の元気と若々しさをサポートしてくれるサプリメントです。

4.KAL(カル)「ルチン バイオフラボノイド」

  • 錠数/1日1粒
  • 内容量/60粒
  • 形状/タブレット

高濃度!1粒に600mgのルチン

KALは、1932年に南カリフォルニアで設立された歴史あるメーカーです。変動が激しいアメリカのサプリメント業界でも老舗の類に入り、独自の技術力と品質の高さで堂々たる地位を確立しています。「ルチン・バイオフラボノイド」は、1日1粒でルチン600mgが摂取できます。この数値は、ルチンサプリメントの中でも高濃度に値するといえるでしょう。またルチンだけでなく、同量の天然果実のフラボノイドも配合されています。オレンジやレモン、グレープフルーツから抽出したフラボノイドには美肌、血液をサラサラにする働きが期待できます。身体の内側からきれいになりたい方にピッタリのサプリメントです。

体に嬉しい成分がたくさん!ルチン配合の多機能サプリメントおすすめ3選

ルチンサプリメントの中には、ルチン+αの栄養素が配合された「多機能タイプ」のサプリメントがあります。他に使用しているサプリメントが無い、ルチン以外の栄養素も補給したい方に大変人気です。各々にルチン以外の効能が期待出来るおすすめポイントがありますので、しっかりチェックし、自分に合うサプリメントを見つけてくださいね。

1.NOW Foods(ナウフーズ)「ピクノジェノール」

  • 錠数/1日2~3粒
  • 内容量/150粒
  • 形状/カプセル

飲む化粧水!美肌をサポートするサプリメント

FDA(アメリカ食品医薬品局)が認めた食品にのみ与えられるGRAS(Generally Regarded As Safe)に認定されているメーカーです。原料の栽培時には殺虫剤など有害物質を使用しないなど、厳格な品質管理体制のもと製造されています。「ピクノジェノール」は1粒にルチン240mgと、「飲む化粧水」といわれているフランス海岸松由来の天然のポリフェノール、ビタミンCがたっぷりのアセロラが配合されています。「肌のトーンが明るくなった」「肌にツルツルになった」など美肌を実感した方、中には「寝つきが良くなった」「生理痛が緩和された」との口コミもあり、女性にとっては嬉しい魅力いっぱいのサプリメントです。

2.ファンケル「計圧サポート」

  • 錠数/1日6粒
  • 内容量/180粒
  • 形状/タブレット

血圧が高めの方に。機能性表示食品

摂取できる栄養素は、ルチン、イワシペプチド(バリルチロシンとして)、ゴマペプチドの3種です。1日6粒でルチン摂取量は6mgと、他のルチンサプリと比較すると若干低めになります。しかし、このサプリメントには血管強化効果、動脈硬化の予防、血圧降下作用が期待できるルチンと、血圧低下作用があるといわれるイワシペプチドが400μg、同じくゴマペプチドが6mg配合されています。つまり、血圧が気になる方、健康診断の結果が思わしくなかった方、健康に気を付けたい方におすすめしたいサプリメントです。

3.アレルギーリサーチグループ「エステロール エスターC」

錠数/1日1~6粒 内容量/100粒 形状/カプセル

アレルギー対応サプリメント

アレルギーリサーチグループは、アレルギー体質の方でも使用できるサプリメント作りを目指しているメーカーです。小麦や大豆抽出物、乳製品、甲殻類などアレルギー反応成分を使用せずに製造されたサプリメントが大半を占めています。通常、サプリメントに使用されているビタミンCは酸性で、数時間後には体外へ排出されます。しかし「エステロール・エスターC」のビタミンCは中性なので胃に優しく、通常よりも長い時間体内に留まります。環境ホルモンテストなどカリフォルニア州の厳しい州法に合格した質の良いビタミンCですので品質面も安心です。1粒あたりのルチン量は50mg、1日に6粒で推奨目安量をクリアします。

大切な家族の健康に役立つ!愛猫・愛犬用ルチンサプリメントおすすめ2選

ルチンサプリメントの中には、愛猫や愛犬に与えられる「ペット用のサプリメント」があります。ペットに優しい配合率、飲みやすい形状など、ペットが摂取しやすいよう考慮されているので安心して与えられます。「獣医さんから購入した方が安心」と思われている方も多いと思いますが、ネットショップで同じサプリメントが販売されていることもありますので、チェックしてみてくださいね。

1.日本免疫療法研究所「スーパーミナスプロン」

  • 錠数/1日0.2~2.5CC
  • 内容量/30CC
  • 形状/液体

トップブリーダー愛用品

犬、猫、うさぎ、フェレットなどに与えることができる、ペット専用の高濃度プロポリスです。もちろんルチンも含まれており、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、免疫力の強化、美しい毛並みなどが期待できます。口コミでは「毛並みが良くなった」「口臭が改善された」など好評なものばかりで、ほとんどの方が「食事に混ぜて与えているが、嫌がる様子が無い」といった感想をあげられていました。使用されているプロポリスは、国際品質基準【ISO9001】が認定した最高級品です。厳重な品質管理のもと製造されていますので、安心して使用できます。毎日の食事にプラスし、ペットの健康管理に役立ててください。

2.アニマルズアパスキャリー「ビルベリー・カレンデュラ」

錠数/1日に10~40滴 内容量/29.5ml 形状/液体

毎日の健康維持に。ペット用ハーブサプリ

視力回復や目の疲れに効果があるといわれているビルベリー果実、粘膜や血管の修復に良いとされるカレンデュラ花など、高い品質のハーブ素材を使用したペット用サプリメントです。目の働きを助ける効果があるといわれており、口コミでは目の渇きなどの目のトラブルのために与えている方が多くみられました。ベジタブルグリセリンで甘く仕上げてあるため飲みやすく、保存料不使用などペットの身体に負担をかけないよう考慮してあります。毎日の健康維持として、暮らしの中で役立つ人気の商品です。

ルチンサプリメントを購入時の気になる疑問・質問

最後に、ルチンの効能やサプリメントを服用することで起きる副作用など、気になる疑問をまとめてみました。

Q1:ルチンの効能は?他のポリフェノールとは何が違うの?

ポリフェノールには5,000種類以上の種類があり、ルチンはその中のひとつです。ルチンは高い抗酸化力があり、血管や血液、脳や肌、目など身体のさまざまな部位に良い働きをするといわれています。他のポリフェノールとの大きな違いは、ルチンがビタミンPと呼ばれ、ビタミンCと協力し、毛細血管の強化や、細菌・ウイルスの侵入を防止する働きを担っていることです。

Q2:ルチンを摂りすぎるとどうなるの?

現在のところ、摂りすぎによる副作用は報告されていません。しかし、ルチンの1日の推奨摂取量は約30mgといわれていますので、これをひとつの目安にしましょう。ルチンばかり気になり、他の栄養素が不足してしまうと本末転倒です。各栄養素をバランスよく摂取できるよう気をつけてくださいね。

Q3:ルチンとルテインの効果の違いって?

ルチンとルテイン、名称は似ていますがそれぞれの効能は違います。

  • ルチン→ポリフェノールの一種、ビタミンP。効能は前述した通り
  • ルテイン→カロテノイドの一種。紫外線やブルーライト(パソコン・スマホなどから発生する光)から目を守る役割がある。

まとめ

エイジング対策、疲れ目、血管の強化などに良いとされる栄養素「ルチン」。メディアで放映後、健康や美容意識の高い方や、血圧や血糖値が気になる方が摂り入れるようになり、瞬く間に人気となりました。ルチンは日頃の食生活では摂取しにくく、意識しないと不足しがちになることからサプリメントでの補充がおすすめです。「どれをチョイスしたらよいのか分からない」、そんな時にはぜひこの記事を参考にしてくださいね。いつまでも若々しく、いつまでも元気でいるためにも「毎日のルチン」を今日から始めてみませんか?

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします