【蜂蜜酒のおすすめ10選】好みに合った味わいと産地で選ぶ!

人類最古のお酒と言われる蜂蜜酒は「ミード」とも呼ばれ、その名が示す通り蜂蜜を発酵させて作られた醸造酒です。約1万4000年前から存在しているとされ、ワインやビー...

人類最古のお酒と言われる蜂蜜酒は「ミード」とも呼ばれ、その名が示す通り蜂蜜を発酵させて作られた醸造酒です。約1万4000年前から存在しているとされ、ワインやビールよりも長い歴史があります。ヨーロッパでは古くから愛飲されている蜂蜜酒ですが、人気ゲームやハリー・ポッターに登場していることからか、近年では日本でも人気が高まっています。そこでスーパーや通販で買えるものなど、国内産・海外産を含めおすすめの蜂蜜酒10商品を厳選しました。選び方や作り方、おすすめの飲み方など蜂蜜酒に関する情報も満載です。これを読めば、あなたの好みに合った味の蜂蜜酒を見つけられます! 

ママアイテム編集部

蜂蜜酒のおすすめな選び方3つ

蜂蜜酒は極甘の伝統的なものから、ハーブやスパイスが加えられたもの、果物などで風味付けされたもの、現代風のすっきりとした味わいのものまでとその種類は様々で、どれを選べばいいのか迷うところでしょう。そこで、蜂蜜酒を選ぶ際の3つのおすすめポイントをご紹介していきます。

1.国内?国外?産地をチェック

蜂蜜酒は西洋、特に北欧と東欧で古代から愛飲され続けており、現在の蜂蜜酒の市場は主にロシアと東欧の製品によって占められています。日本国内にも蜂蜜酒の製造を手掛けている酒造メーカーがあり、その多くは国産のこだわり蜂蜜を使用しています。国産原料、国内製造で安全・安心感があるのが国内産の蜂蜜酒でしょう。海外産、特にヨーロッパ産の蜂蜜酒は昔から受け継がれてきた製造法で作られており、本場の味が楽しめます。果物のフレーバー付きや香辛料、ハーブ入りのものがあり、プレーンな蜂蜜酒とはまた一味違ったものを味わうことができます。

2.アルコール度数をチェック

蜂蜜酒は、蜂蜜を酵母によって発酵させて作った醸造酒です。そのためアルコール度数は蒸留酒よりも低く、低いものでは9%程度、高くても16%ほどしかありません。とは言っても、ビールや市販のカクテルなどと比較するとアルコール度数が高めなので、甘いからとすいすい飲んでしまうと酔いやすくはあります。しかし、蜂蜜に含まれる果糖はアルコールの分解を促進するため悪酔いしません。酔いから覚めやすくもあり、二日酔いしにくいお酒です。

度数の低い蜂蜜酒はストレートでさらさら飲み、度数が高いものは舐めるようにゆっくりと飲んだり、水や炭酸水で割ったり、オンザロック、カクテルのベースとして楽しむのがおすすめです。

3.蜂蜜だけ?アレンジされている?味わいをチェック

蜂蜜酒には原材料が蜂蜜のみで作られたものだけではなく、蜂蜜にリンデン(菩提樹)といったハーブやジュニパーベリーのようなスパイスを加えたもの、ゆずやすだち、グレープフルーツなど柑橘系果汁配合のものがあります。

上記したものの他にも、りんごやバラ風味、スパークリングなどアレンジが加えられたものもあり、蜂蜜酒の種類はバラエティに富んでいます。初めて蜂蜜酒を飲む方や、蜂蜜の純粋な味わいを楽しみたいという方はプレーンな蜂蜜酒を、一捻りある蜂蜜酒を味わってみたいという方は、アレンジされたものを選ぶことをおすすめします。

この商品の比較ポイント

蜂蜜酒をご紹介するに当たって、以下の3点を重視して商品の比較・検討をしました。お好みの蜂蜜酒を選びやすいように挙げたポイントです。上述した蜂蜜酒のおすすめな選び方と合わせて参考にしてみてください。

  • 内容量
  • 原材料
  • アルコール分

今、編集部がおすすめする蜂蜜酒はコレ!

まずは、今最もおすすめする蜂蜜酒をご紹介します。こちらの蜂蜜酒は、蜂蜜の中でも殺菌力に優れ、高い抗酸化作用と抗炎症作用のあるマヌカハニーが使用されています。それでは、どのような蜂蜜酒なのか詳しく見ていきましょう。

アルケミー・ビバレッジ「ファースト ナイト マヌカハニー ワイン」

アルケミー・ビバレッジ ファースト ナイト マヌカハニー ワインtarget

  • 内容量:750ml
  • 原材料:マヌカハニー
  • アルコール分:11.5%

ニュージーランドの天然純粋マヌカハニー使用

こちらの蜂蜜酒は、原料にニュージランドの北島の東海岸地方で採取された天然純粋マヌカハニーが使用されており、他にはない蜂蜜酒となっています。マヌカハニーにはビタミン類、ミネラル類が豊富に含まれており、他の蜂蜜よりも殺菌力が高いと言われている、美容と健康にうれしい蜂蜜です。蜂蜜酒はその名の通り蜂蜜が原料なので、こちらの商品を飲めばマヌカハニーに含まれる栄養を丸ごと摂取することができます。特に食前酒に適しており、クラッカーやチーズとの相性が抜群です。デザートワインのように冷やしたり、室温のままでとお好みの温度で美味しくいただけます。甘味が強すぎると感じる場合は、炭酸で割ったり、氷を1〜2個入れて飲むと良いでしょう。優しい甘味とすっきりとした味わいが特徴の蜂蜜酒で、一口飲めば香り高いマヌカハニー特有の濃厚な味わいと、シトラスの爽やかな香りがハーモニーとなって口いっぱいに広がります。保存期間がないので、数年寝かせてから楽しむことも可能なおすすめ蜂蜜酒です。

スーパーで販売しているものも!国産の蜂蜜酒おすすめ5選

甘くて飲みやすい蜂蜜酒は、お酒が苦手な女性にも好評です。徐々に知名度も上がっており、誰もが一度は試しに飲んでみたいと思うところでしょう。ここでは、スーパーで手軽に購入できる蜂蜜酒5点をご紹介します。魅力的な特長ある商品を厳選したので、ぜひ蜂蜜酒を選ぶ際の参考にしてみてください。

1.峰の雪酒造場「会津 ミード美禄の森」

  • 内容量:520ml
  • 原材料:蜂蜜(トチの花)、水(飯豊山系伏流水)、酵母
  • アルコール分:11%

養蜂家が朝しぼりにこだわった蜂蜜入り!

福島県会津にある酒造メーカーの「峰の雪酒造場」によって製造されている蜂蜜酒です。こちらの商品の魅力は、養蜂家の(有)ハニー松本がこだわった、朝絞りの自然自生するトチの花の蜂蜜を原料として使用しているところです。それを飯豊山系の伏流水で希釈しています。朝絞りの蜂蜜は、夜の間蜂の巣房の中で熟成されているので濃度が高く、変質しにくいのが特徴です。蜂蜜の有効成分がそのまま生きているので、蜂蜜酒の効果効能が高い商品となっています。こちらの蜂蜜酒は、冷蔵庫でよく冷やしてから飲むことをおすすめします。高級ワインのようなキレのある味わいと爽やかな酸味、トチの花特有のクセのない柔らかでフローラルな甘味を楽しむことができます。

2.大沼養蜂「happiness ミード」

大沼養蜂 happiness ミードtarget

  • 内容量:500ml
  • 原材料:蜂蜜、水、酵母
  • アルコール分:5%

ギフトにも喜ばれるおしゃれなラベル!

蜂蜜酒を大切な人にプレゼントしたいという方には、大沼養蜂の「happiness ミード」がおすすめです。落ち着きあるおしゃれなラベルを使用し、化粧箱の購入も可能なので、結婚の乾杯酒や引出物として、特別な日のプレゼントとして、また日々の感謝を伝える贈り物としてなど、様々なシーンで使うことができます。こちらの商品は蜂蜜を主力商品としている養蜂家によて製造・販売されています。山形県工業技術センターで試験醸造などを繰り返し、蜂蜜を使用した新商品として2年の歳月をかけて開発された山形初の蜂蜜酒です。山形県真室川町で採取された純粋天然蜂蜜を使用し、アルコール度数は5%と蜂蜜酒の中でも度数が低く、味はかなり甘めとなっています。強いお酒が苦手な方、甘いお酒をお好みの方、女性の方には特におすすめの商品です。冷蔵庫でよく冷やしてから水や炭酸水で割ったり、オンザロックにすると、この蜂蜜酒の良さが引き立てられるでしょう。

3.熊手のはちみつ「はちみつ酒」

熊手のはちみつ はちみつ酒target

  • 内容量:500ml
  • 原材料:蜂蜜、米こうじ、デキストリン、ローヤルゼリー
  • アルコール分:14%

ローヤルゼリー配合で体に嬉しい!

こちらの蜂蜜酒の魅力は、なんと言ってもローヤルゼリーが配合されているところでしょう。ローヤルゼリーは、美容と健康に欠かせないビタミンやミネラル、18種類ものアミノ酸など40種類もの成分ををバランスよく含んだ栄養補助食品です。はつらつとした毎日を送りたい方や、健康を気遣っている方には特におすすめの蜂蜜酒です。厳選された蜂蜜と米こうじを独自の発酵法方で発酵させた、ほんのりと蜂蜜が香る琥珀色が美しい蜂蜜酒で、昭和11年に養蜂家として創業を始めた「熊手蜂蜜」が製造を手掛けています。甘味と酸味のバランスが良く、まろやかな口当たりが特徴です。購入者からは「白ワインのような口当たり」という声や「日本酒に近い」といった声が上がっています。食前酒や食後のデザートワインとして、またはおやすみ前の寝酒として飲むことをおすすめします。

4白鶴「ミード」

  • 内容量:495ml
  • 原材料:蜂蜜、醸造アルコール
  • アルコール分:16%

アルコール分が高め!

創業1743年(寛保3年)創業の有名酒造メーカー「白鶴」による蜂蜜酒です。酒造メーカーが手掛けたこともあり、アルコール分が他商品よりも高めになっています。そのアルコール度数は、日本酒の平均アルコール度数と同等の16%ですアルコール分が強めの蜂蜜酒を試してみたい方は、こちらの蜂蜜酒がぴったりでしょう。こちらの蜂蜜酒は、2012年に「阪神電鉄ミツバチプロジェクト」と題し、蜂蜜の生産と商品化を開始した「阪神電鉄」と白鶴が共同で発売した商品です。神戸六甲山の様々な種類の花から集められた蜂蜜と、六甲山系の伏流水が用いられています。柔らかな甘味とほどよい酸味があり、濃厚ながらしつこさを感じない仕上がりとなっています。スタイリッシュなボトルデザインも好評を得ている蜂蜜酒です。食前に飲めば食欲を増進させたり、会話を弾ませるきっかけを作れるでしょう。また、食後に飲んで食事の余韻にるのも良いでしょう。冷蔵庫でしっかりと冷やしてストレートで飲んだり、ロックで舐めるように楽しみながら飲むのがおすすめです。

5.菊水「スパークリング ハニームーン」

  • 内容量:750ml
  • 原材料:蜂蜜(レンゲ蜜100%)、水
  • アルコール分:11%以上12%未満

シャンパンスタイルの蜂蜜酒

祝酒としてスパークリング仕立てにした蜂蜜酒です。大切な記念日や特別な日、親しい人たちとのパーティーなどにおすすめの一本です。また、結婚式や披露宴といったブライダルシーンで用いれば、新たな幸せへと一歩を踏み出す二人を祝福するのにぴったりです。こちらの蜂蜜酒はクローバーの蜂蜜が使用されており、クセのない優しい甘さが特徴となっています。炭酸は弱めの白ワインに近い味わいで、後味にクローバーのフローラルですっきりとした甘味を感じられます。

通販で買える!海外の蜂蜜酒おすすめ4選

蜂蜜酒はヨーロッパが発祥の地で、製造法にも長い歴史と伝統があります。海外産の蜂蜜酒には、伝統的製法で作られた極めて甘いもの、スパイスやハーブが添加されたもの、果汁が加えられたものと様々な種類があります。

近年では、海外産の蜂蜜酒を取り扱っている通販サイトが増え、日本でも手軽に、簡単に購入できるようになりました。ここでは、特におすすめの4つの商品をご紹介します。どれも特徴ある魅力的な蜂蜜酒ですので、ぜひ気になるものを手に取ってみてください。

1.ドクター・ディムース「カトレンブルガー ハニー ワイン」

  • 内容量:750ml
  • 原材料:蜂蜜100%
  • アルコール分:11%

高品質で有名なフルーツワインメーカーの蜂蜜酒

こちらのドイツ産の蜂蜜酒は、高品質で有名なヨーロッパ最大規模のフルーツワインメーカー「Dr. Demuth(ドクター・ディムース)」によって製造されています。原料は蜂蜜100%とし、着色料、香料、酸味料が無添加なので安心して飲むことができます。2011年のドイツ農作物協会(DGL)コンクールにおいて金賞の受賞歴があり、その品質の良さを証明しています。蜂蜜の芳醇な香りとコクが感じられる、さっぱりとした甘めの味わいが特徴です。「お酒なのにジュースを飲んでるよう」という購入者の声があるように、軽い飲み口の蜂蜜酒です。よく冷やしてストレートで飲んだり、ジュースやソーダ、炭酸水で割ったり、温めても美味しくいただけます。

2.ワレンゲム蒸留所「イドロメル メルモール」

  • 内容量:750ml
  • 原材料:蜂蜜、水、酵母
  • アルコール分:13%

香りと味が優しくワインのような味わい

創業1900年のワンレゲム蒸留所による「イドロメル メルモール」と呼ばれる、フランス産の蜂蜜酒です。こちらの蜂蜜酒は、ケルト人からフランスはブリュターニュ地方のブルトン人に伝えられ、そのレシピは現代に至るまで変わっていません。さまざまな花から採られた蜂蜜と蒸留所から引かれた水を用い、酵母でゆっくりと時間をかけて発酵させています。蜂蜜の風味が強すぎず、優しい香りと味はまるで甘めのワインのようです。そのため、蜂蜜が苦手な方でも飲みやすい味わいとなっています。しっかりと冷やし、食前酒として飲むのがベストでしょう。

3.ミール・ミィ「インターミエル ミード シュシェン」

  • 内容量:750ml
  • 原材料:りんご果汁、カナダ産蜂蜜(百花蜜)
  • アルコール分:15%

りんごと蜂蜜が溶け合う深い風味を楽しめる

カナダ、ケベック州インターミエル社の「ミード シュシェン」という、カナダ産のこちらの蜂蜜酒には、りんご果汁が含まれています。りんごと蜂蜜の組み合わせは相性が抜群、健康法としても有名です。自然氷結して濃縮した自家果樹園のりんご果汁8割と、カナダの百花から採取された蜂蜜2割りをブレンドし、フランス、ブルターニュの伝統的製法に習ってオーク樽で6ヶ月間醸造し作られました。熟したりんごのフルーティーさ、蜂蜜とオークの心地よい香りのハーモニーが絶妙の一本です。2013年には世界的に知られているミード品評会で金賞を受賞、その後も数々のメダル受賞歴のある蜂蜜酒です。食前酒として飲んだり、香りが強めのチーズやデザートと一緒に楽しむことをおすすめします。

4.ミール・ミィ「インターミエル ミード ロゼ」

  • 内容量:750ml
  • 原材料:カナダ産蜂蜜(クローバー)、カナダ産クランベリー果汁、カナダ産バラ
  • アルコール分:12%

薔薇の香りとクランベリージュースの酸味が絶妙!

クランベリー果汁と薔薇でアレンジが加えられた、カナダ産の蜂蜜酒です。上述した「ミード シュシェン」同様、カナダのインターミエル社によって製造されています。カナダ産のクローバー蜂蜜に、自家バラ園で採取した薔薇花びらを漬け込み、クランベリージュースを併せて醸造しています。新鮮で高貴な薔薇の香りとクランベリーの酸味がバランス良く、リッチで芳醇な味わいが特徴となっています。チョコレートやマジパンと一緒に楽しんだり、カクテルとして飲むのがおすすめです。エレガントでおしゃれな空間を演出してくれること間違いなしでしょう。

蜂蜜酒を購入時の気になる疑問・質問

蜂蜜酒を購入するに当たってよくある疑問や質問にまとめて答えてみました。蜂蜜酒をより楽しむためにも、よく知ってから購入することをおすすめします。

Q1:ポーランド名物の蜂蜜酒ってどんな味?

ポーランド名物の蜂蜜酒「Milod Pitny(ミュウト・ピトヌィ)」は、一千年以上前から存在する歴史あるお酒です。琥珀に輝く美しい液体は濃厚で芳醇な味わいをしており、香り、味ともに蜂蜜そのものです。

Q2:蜂蜜酒のおすすめの飲み方は?

蜂蜜酒そのものの味を楽しみたいなら、よく冷やしてストレートで飲むのがベストです。ショットグラスや陶器のカップに入れて飲むと良いでしょう。濃厚すぎたり甘すぎてそのまま飲むのに抵抗がある場合は、氷を入れてロックにしたり、果汁や炭酸と割ってカクテルにすると美味しくいただけます。寒い冬は蜂蜜酒を温めてホットにして飲むのがおすすめです。シナモンやクローブ、ナツメグといったスパイスを加えたり、レモンを絞ってアレンジするのも良いでしょう。

Q3:蜂蜜酒の作り方は?

純粋な蜂蜜を水で希釈します。蜂蜜は全体量の25%になるようにしてください。蜂蜜と水を併せたものにドライイーストを加え、軽くかき混ぜます。ドライイーストはパン作りに使用するもので構いません。小さな泡が立ち始めたら、発酵が始まった証拠です。そのうちシュワシュワと炭酸の弾ける音がし始めます。泡が消え、音がしなくなったら発酵終了です。発酵にはだいたい夏場で1週間、冬場なら2〜3週間ほどかかります。蜂蜜酒の作り方は簡単ですが、日本では酒類製造免許を持たない人がお酒を作ることは、酒税法によりかたく禁じられています。無免許でアルコール度数1%を超えたお酒を作った場合は、10年以下の懲役、100万円以下の罰則が科せられます。個人では製造免許を取得することは不可能なので、作り方はあくまでも知識としてのみに留めておいてください。

Q4:蜂蜜酒の保存方法と保存期間は?

蜂蜜酒は、栓を抜かなければ長期間の保存が可能です。ワインと同じく、置いておくと味わいが変わっていくので、寝かせて楽しむのもおすすめです。開栓後も室温で1〜2ヶ月ほど保存が可能です。ボトルの口を清潔にしてからコルクでしっかりと栓をし、直射日光の当たらない場所に置いておきましょう。

まとめ

おすすめの蜂蜜酒10選を内容量、原材料、アルコール分の3つの点を踏まえてご紹介しました。一口に蜂蜜酒と言ってもその種類は多彩で、ものによって味わいや風味も様々です。蜂蜜酒の歴史は古く、特に海外のものには昔からの伝統があります。現在では国産のものもあり、国内、海外の蜂蜜酒ともにスーパーやコンビニ、通販などで手軽に買えるようになりました。蜂蜜酒は普段飲みにはもちろん、記念日や特別な日、お祝い事にもぴったりのお酒です。この記事を参考に、ぜひ自分の好みに合った一本を見つけ、親しい友人や大切な人と素敵なひと時を過ごしてください。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします