ルームランナーのおすすめ13選!最高速度と設置スペースで選ぶ【2019年最新版】

どんなルームナンナーがおすすめなんだろう、と悩んでいませんか?手軽にウォーキングやジョギングなどの運動ができるルームランナーはジムでよく見かけるマシーンのように...

どんなルームナンナーがおすすめなんだろう、と悩んでいませんか?手軽にウォーキングやジョギングなどの運動ができるルームランナーはジムでよく見かけるマシーンのように思われますが、実は最近自宅でも使えるものに注目が集まっています。ダイエットや健康維持のためなど、ルームランナーを購入したい理由は人それぞれなので、たくさん種類がある中から自分に最適のものを選ぶことが大事。速度設定のふり幅や傾斜機能などルームランナーの性能の面も大切ですが、自宅で使用するなら騒音の有無や掃除のしやすさ、設置場所などの確認も欠かせません。今回紹介するおすすめの商品を参考に、自分にぴったりのルームランナーを見つけて下さい!

ママアイテム編集部

ルームランナーのおすすめな選び方7つ

ルームランナーを選ぶ際は、機能面や手入れのしやすさ、安全面などこれから紹介する7つの点を確認すると良いでしょう。

1.自分にあったトレーニングペースを選ぼう!最高速度をチェック

ルームランナーの種類によって最高速度の設定が異なります。本格的にランニングをして、マラソンの練習として使いたい場合、また筋力トレーニングを目的としている人は最高速度16km/h以上のもので、多機能な種類を選ぶのがポイントです。ダイエットや健康維持を目的としている人なら、最高速度が5km/hほどのものがおすすめ。ウォーキングや速足で歩くタイプのルームランナーなので、無理せず継続的に使用することができるでしょう。

2.歩幅を気にせず思いっきり走りたい!ベルトサイズをチェック

おすすめとされているベルトサイズを紹介すると、まず長さの点ではランニング歩幅の数式というものを参考すると良いでしょう。「身長×0.65」で出た数字に10cmプラスした長さがベストといわれています。

また、ベルトの幅の点ではウォーキングとして使用する際は35cm、ランニングとして使用する場合は40cm以上がおすすめです。自分の身長や用途に合わせて選ぶことが大切。

3.ダイエットには長時間の有酸素運動を!連続使用時間をチェック

短時間歩いたりジョギングしたりするだけでは、脂肪燃焼効果にはなりません。有酸素運動による脂肪燃焼効果は、20分以上運動を続けることでようやく生まれます。そのため、ダイエットとしてルームランナーを使用する場合は、最低でも30分間連続して運動をすることが大切!脂肪をたくさん燃やすためにも、30分以上連続使用できるルームランナーを選びましょう。

4.坂道効果で運動効率UP!傾斜機能をチェック

運動効率を左右するのは、ルームランナーの速度だけではありません。傾斜角度によっても、運動効率に大幅な違いが生まれるのです。たとえ、遅めの速度でウォーキングをしたとしても、傾斜角度をつけていれば結果に差が出ます。効率的にカロリー消費ができるうえ、筋力トレーニングにもなるので、しっかりと運動をして効果を出したいという人は傾斜角度の設定ができるルームランナーを選ぶのがおすすめです。

5.掃除のときも楽に移動できる!キャスター付きかチェック

ルームランナーを自宅で使用する際、機能面以外で非常に重要なのが、掃除のしやすさや移動を簡単にできるかどうかでしょう。ルームランナーは重いものでは100kg近い重量があるので、そう簡単には移動させることができません。そのため、ルームランナーを部屋移動をさせる機会があり、家の掃除をしっかりとしたいという人は、キャスター付きの商品を選ぶのがベター。ストレスフリーでルームランナーを楽しむためにも重要なポイントです。

6.転倒時も安心!安全装置機能がついているかチェック

ルームランナーを使用したことがある人なら納得できるかもしれませんが、ルームランナーを使用していると、たまに転げそうになったり足が絡まりそうになったりしてしまうときがあります。実際に転げてしまう人も少なくはありません。自分が転倒しても、ルームランナーはそのまま動き続けているので危険ですよね。そのようなときには、非常停止ボタンや緊急停止安全クリップなどの機能がついているものだと非常に重宝します。健やかに安全にトレーニングするためにも、おすすめの機能です。

7.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

Amazonの商品を参考に、ルームランナーの最安値価格帯や売れ筋価格帯、高級価格帯を紹介します。価格帯によってそれぞれ特徴が異なるので、それらも比較してみてください。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
価格7,830円40,313円2,106,000円
特徴ダイエットサポートにおすすめだが壊れやすい。機能性も良く、騒音も気にならず使いやすい。本格的な使用感のうえ、TVなどもついている

ルームランナーのおすすめブランド・メーカー

多くの人に支持されているおすすめのルームランナーを紹介します。どれも有名なブランドで信頼度も高いので、ルームランナーを初めて購入する人にもおすすめです。

1.Reebok

こちらは、1895年にイギリスで創業されたブランドで、運動用のウエアやスポーツ用品を世界に向けて販売しています。フィットネスの先駆者的な存在で、有名モデルともコラボレーションをしていることでも有名。時代に合わせた最新のグッズを生産しています。

2.ジョンソンヘルステック社

40年以上創業を続けていて、日本では2004年に設立されたフィットネスマシーンのブランド。日本国内外の多くのスポーツクラブにも導入されるほどの実力です。性能だけでなくアフターサポートの点もしっかりしています。

3.アルインコ株式会社

1970年に設立され大阪に本社を置くブランドで、ルームランナーなどのフィットネスマシンや介護用品、建築用品などさまざまな種類の用品を取り扱っています。安全や安心を第一に考えてながら製品作りをしていることでも有名です。

今回の商品の比較ポイント

自分にベストなルームランナーを選ぶためにも、これからお伝えする商品のポイントを確認しておくことは非常に重要!自分の用途や目的をまずチェックしたうえで、ルームランナーの機能やサイズ感などと照らし合わせてみましょう。

  • 最高速度
  • サイズ(本体・ベルトサイズ)
  • 重量
  • 耐荷重
  • 連続使用時間
  • 傾斜機能の有無
  • 安全装置機能の有無

今、編集部がおすすめするルームランナーはコレ!

こちらのルームランナーは、なんといっても最高時速が20km/hまでも設定可能なので、フィットネスジムさながらの運動ができるのが最大の魅力。

そのうえ、スピーカーやクーリングファンなどの機能も付いているため、快適に楽しくルームランナーを使用することができます。

Reebok 「Jet 300 Treadmill」

  • 最高速度:20km/h
  • サイズ(本体:86×192×144。ベルトサイズ:51×150)
  • 重量:99kg
  • 耐荷重:140kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇(セーフティクリップ付き)

自宅で本格的に楽しくトレーニングができる!

フィットネスジムに行かずに、ルームランナーを使用して本格的なトレーニングがしたい人にはこちらの商品がおすすめ。最高速度が20km/hまで設定可能なので、しっかりとランニングしたい人でも大満足できるアイテムになっています。傾斜も15%まで付けることができるので、ランニングやジョギングに慣れていて、さらに負荷をかけたい場合にも向いています。また、ゆっくりと坂道を歩いているような状態にもできるので、ウォーキンブ専門の人にもよく選ばれている商品です。そのうえ、27種類ものプログラムが内臓されていて、体調や目的に合わせたトレーニングが可能。心拍センサーもついているため、自分の身体の状態を確認しながら、無理なくルームランナーを使用することができるので、安心感もあります。これほどまでに本格仕様でありながら、コンパクトに折りたたみができる点も非常に魅力的。走行部を持ち上げるだけで簡単に収納サイズに変身します。ホイールも付いているため、そのまま楽に移動もさせることができます。Bluetooth機能やクーリングファン機能付きで、フロントに2つスピーカーがついているので、楽しみながらトレーニングができます。

本格的なマラソン練習にも使える!ランニング用ルームランナーのおすすめ5選

これからお伝えするルームランナーは、本格的にマラソンをして、しっかりと走りたいという人に特におすすめしたい商品。どれも最高速度が速く、傾斜機能付きなので、効率的にトレーニングをすることができます。中には、エンターテインメントやランニングプログラムまでもが充実しているものもあり、自宅で楽しみながら本格的なトレーニングに挑戦することも可能。毎日でも飽きない内容になっているので、継続して運動をすることができます。

1.ジョンソンヘルステック社「Horizon ADVENTURE 3」

  • 最高速度:18km/h
  • サイズ(本体:89×182×138。ベルトサイズ:49.5×140)
  • 重量:81kg
  •  耐荷重:137kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:×

スピーカー付きで楽しく本格的なトレーニングが可能

こちらは、18km/hまで最高速度を出すことができ、自宅をまるでフィットネスジムのように変えてくれるルームランナーです。自宅で使用する場合、一年間の保証がついてくるので、ルームランナーを初めて購入する場合でも安心。最大10%の傾斜も付けることが可能な点も嬉しいです。走行面は140×49.5cmで広々としているので、安全面を気にしている人にもおすすめ。傾斜を高くつけたり、速い速度で走る際にも気持ち良くトレーニングできます。また、Viewfitと呼ばれる機能のおかげで、自分の運動記録を自動的にレコードしてくれるのです。以前の自分の体力と比べたり、今後の目標を立てることは継続して運動をする中で非常に大事なので、こちらはとても重宝する機能だと高く評価されています。真ん中のディスプレイのボタンはカラフルに色分けされているので、走行中でも押し間違えることなく便利。走行距離や時間、また消費カロリーなども見やすい文字で表示されているので、トレーニング中のモチベーションにもなります。スピーカーが搭載されている点も、多くの人から支持されている理由のひとつです。楽しみながら本気で運動したい人にもグッド!

2.大広株式会社「家庭用ルームランナー DK-5320CA」

  • 最高速度:16km/h
  • サイズ(本体:83×175×145。ベルトサイズ:47×135)
  • 重量:77kg
  • 耐荷重:100kg
  • 連続使用時間:60分
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇緊急停止装置付き)

36種類のプログラム内蔵で自分好みのトレーニングができる

こちらは商品到着後、自分で組み立てるスタイルのルームランナーです。組み立てるといっても、大人2名で作業した場合、約40分程度で完成します。少し手間がかかりますが、家庭への搬入時などの心配が要らないのが良い点といえるでしょう。中央のディスプレイはブルーバックライトの液晶パネルになっていて、走行時間・消費カロリー・スピード・距離・心拍数が表示されます。はっきり見やすい文字なため、疲れたときでもしっかりと確認することができ便利です。そのディスプレイの右側にはホルダーが付いていて、ペットボトルなどの飲みものや携帯を収納することが可能。また、ハンドル部分にも速度や傾斜を調整できるボタンがついているため、走行中でも簡単に設定を変更することができます。ディスプレイの下にあるシルバー部分を握ると、自動的に心拍数の測定がスタート。心拍数が上がりすぎた状態で運動を続けるのは危険なので、自分の体調を知り無理なくトレーニングを継続するためには欠かせない機能です。プログラムが36種類も内蔵されていたり、3名までのユーザー登録も可能なので、自分だけのとびっきりのトレーニングをしたい人も満足できる内容になっています。

3.Fit Elite「FE32E 家庭用ランニングマシン」

  • 最高速度:16km/h
  • サイズ(本体72×165×175。ベルトサイズ:41.5×123)
  • 重量:60kg
  • 耐荷重:120kg
  • 連続使用時間:60分
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:×

15段階の傾斜角度で下半身を徹底強化

こちらは最高時速16km/h、15段階の傾斜角度をつけられる、ランニング愛好家のために作られた家庭用ルームランナーです。30分間で簡単に組み立てられるので、不器用な人でも楽に完成させることができます。保証期間も1年付き!傾斜角度の設定には特にこだわりが見られ、簡単ワンタッチ傾斜変更機能がついています。すぐに適切な角度に変更ができるため、効率的にトレーニングが可能。そのうえ、家庭でルームランナーを使用している際に気になってしまう騒音なども緩和されます。また、衝撃吸収機能が搭載されていて、足や膝の負担も軽減。足膝が弱い人がウォーキングやランニングを激しくしてしまうと、やはり身体が悲鳴を上げてしまうので、このような機能は大変嬉しいですね。ランニングプログラムが18種類内蔵されていて、ユーザーも4名まで登録することができます。心拍数や体脂肪の測定もしてくれるため、トレーニングをしながら健康管理もばっちりできる点もグッド!なかなか運動が続かないと悩んでいる人でも、この豊富なプログラムで飽きずにしっかり運動をすることができるので、おすすめです!

4.アルインコ株式会社「ランニングマシン1316」

  • 最高速度:16km/h
  • サイズ(本体70×148×114。ベルトサイズ:44.5×110)
  • 重量:56kg
  • 耐荷重:100kg
  • 連続使用時間:60分
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇(安全キー付き)

心拍数を管理しながら本格的にトレーニングできる

こちらは最高時速16km/hまで走行できるルームランナーですが、なんと組立作業不要。箱から出しそのまま使用できるので、今すぐにでも試したい人におすすめです。時速1km/hから設定できるので、軽いウォ―ミングアップなどからスタート可能。中央のディスプレイの両サイドにはペットボトルや携帯を入れておけるポケットがついています。そのうえ、ディスプレイの前にタブレットを置くことができるポケットもあるので、映画やTVなどを楽しみながらトレーニングも。グリップを握ると自動的に心拍数の測定をしてくれたり、音声ガイダンスをしてくれたり、さらには外れるとルームランナーが停止する安全キーなどもついています。そのため、あまりルームランナーに慣れていない人でも、また高齢の人でも、安心してトレーニングを楽しむことができます。走行面も広々としているので、非常に走りやすい作りだと評判です。そのままの状態だと、もちろん大きなサイズ感ですが、簡単にコンパクトに折りたたむことができるので収納の際も嵩張りません。下にキャスターがついているため、ちょっと部屋の中で移動させる際も便利です。

5.株式会社オールマーケットジャパン「BARWING 高機能ルームランナー MAX16km/h」

  • 最高速度:16km/h
  • サイズ(本体655×1570×1275mm。ベルトサイズ:400×1150mm)
  • 重量:52kg
  • 耐荷重:130kg
  • 連続使用時間:1時間39分
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇(安全キー付き)

速度の操作が簡単にできるワンタッチボタン付き

こちらはコストパフォーマンスが最高に良いと注目を浴びているルームランナー。比較的低価格でありながら、目的が異なる家族でもみんなで使えるほど、多様性に富んでいます。ダイエットや健康づくり、スタイル維持にもおすすめ。一度試してみると、楽天のランニングマシンランキングにて、週間ランキング第一位を連勝している実力を実感できるはず。16km/hの最高時速設定ができて、傾斜機能もついている本格仕様ですが、家庭生活になぜかしっくりくるルームランナーです。最近追加された人気の機能のひとつとして、USB機能が挙げられます。携帯を充電しながら走行できるので、充電切れも怖くありません。それ以外にも、USBフラッシュメモリーを挿すことで、スピーカーから音楽を流すこともできるのでリラックスしながら運動可能。また、ワンタッチボタンのおかげで3kmごとにスピードアップするのも評判がある機能です。スムーズに速度変化ができるので、トレーニングにより集中できます。膝や足首に特に負担のかかるランニングやウォ―キングですが、こちらの商品は走行部に衝撃吸収シリコンなどが入れられているため、衝撃を緩和してくれる効果が期待できます。

健康維持のために毎日続けたい!ウォーキング用ルームランナーのおすすめ4選

これから紹介するのは、毎日少しでも健康維持のために運動をしたい、ウォーキングをしたい、という人におすすめのルームランナーです。ただ歩くだけではなく、何種類かのモードが内蔵されているため、毎日でも飽きずに続けられます。最高速度の設定は比較的遅めですが、そのぶん最低時速の設定も遅いものが多く、しっかりとウォーキングをしたい場合にはもってこいの商品です。前進、後進のどちらもできる設定があるものもあり、下半身強化にも向いています。

1.大東電気興業株式会社「THRIVE おうちウォークFD-081」

  • 最高速度:6km/h
  • サイズ(本体59×118×106。ベルトサイズ:34.8×100)
  • 重量:23kg
  • 耐荷重:100kg
  • 連続使用時間:30分
  • 傾斜機能の有無:×
  • 安全装置機能の有無:〇(安全キー付き)

シンプルな白色のデザインでインテリアにも溶け込む

ルームランナーを購入しようか悩む理由のひとつに、家の中に置くとインテリアの邪魔になってしまう、という点を挙げる人も少なくはないでしょう。その場合、こちらの商品に注目です。白いシンプルな作りなので、どのような部屋にも溶け込んでくれるデザインになっています。使い方もいたってシンプルで使いやすい仕様。0.1km/hごとに速度を設定することができますが、自動コースも人気です。散歩の速度・しっかりとウォ―キングする速度・早歩きの速度、の3つから選択できるので、毎日使用しても飽きません。メーターには、速度や時間、距離、脈拍まで表示される仕組み。安全キーもついていて、外れると自動的にルームランナーが停止するので、安心性も高いです。比較的騒音や振動が気にならないという口コミをよく見かけますが、アパートなどで住んでいる人は、念のためにルームランナーの下に厚めのシートを敷くなどして対応をしているようです。収納時はコンパクトになるうえ、補助スタンドを使用すると立てたまま保管も可能。まるで全身鏡程度の大きさにしかならないので、小さなスペースしかない場合でも問題ありません。

2.株式会社アルペン「IGNIO トレッドミル IG ウォ―カー W-5」

  • 最高速度:5km/h
  • サイズ(本体30×59×112。ベルトサイズ:80×30)
  • 重量:20kg
  • 耐荷重:90kg
  • 連続使用時間:無し
  • 傾斜機能の有無:×
  • 安全装置機能の有無:〇(安全キー付き)

プログラムモードで自分だけのトレーニングメニューを試せる

こちらは自宅でウォーキングをしたいけれど、ルームランナーを置けるようなスペースがない!ということで購入を諦めている人に注目してもらいたいアイテム。コンパクトなうえ、軽量なので、狭い部屋でも邪魔にならないと大好評です。歩行部のサイドレールにラインが作られていて、レールと本体の境目がはっきりと見えるため、安心して歩行することができます。そのため、高齢の両親へのプレゼントとして渡す人もいるようです。プログラムモードが内臓されていて、自分で目標を設定しそれに向けて努力することができるので、モチベーションを常にキープすることができて良いです。ゆっくりと歩くことも、また最速の設定にすると早歩きやジョギング程度の速さも体験可能。普段運動不足の人が使用すると、15分程度しっかりと歩いただけでもじんわりと汗が出るほどの運動量になるようです。

ただし、唯一挙げられている欠点として、速度設定を速くすると、少し音が気になる人や不安定さを感じる人もいるようです。マンション暮らしの場合、防音カーペットなどを敷いてみるのも良い対策になるはず。

3.アルインコ株式会社「プログラム電動ウォーカー」

  • 最高速度:5km/h
  • サイズ(本体570×1,150×1,200mm。ベルトサイズ:300×900mm)
  • 重量:19.5kg
  • 耐荷重:90kg
  • 連続使用時間:30分
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇(安全キー付き)

初心者の人でも効率的なトレーニングができる

組み立て不要で、届いた瞬間からすぐ使用できるルームランナー。フィットネスジムに行かないでも、自宅で気楽に本格的なウォーキングをスタートしたい人にぜひおすすめの商品です。コンパクトなうえ、軽量なので女性でも簡単に折りたたみや出し入れが可能。これほどまでに、シンプルな構造でありながら、傾斜を5度つけることができます。傾斜5度と聞くと、さほど平地と変わりないと感じるかもしれませんが、実際歩行してみると、軽い坂道程度の感覚といえるでしょう。3種類のプログラムが内臓されているため、その日の自分の体力や気分に合わせてプログラムを選択することができます。どれも内容や目的が大いに異なるプログラムの構成になっているため、飽きずにウォーキングを継続できるはずです。また、正面のハンドルグリップを握るだけで、心拍数の計測がスタート。連続使用時間が30分で、その間の自分の心拍数を確認することで、より上質なトレーニング時間を過ごすことができるでしょう。走行中、音が静かである点もこちらのルームランナーが人気の理由のひとつ。周りへの迷惑を気にせずにしっかりとトレーニングできると気持ちが良いですね。

4.大広株式会社「低速電動ウォーカー(家庭用)」

  • 最高速度:0.2~0.8km/h
  • サイズ(本体64×150×131。ベルトサイズ:37×104mm)
  • 重量:54kg
  • 耐荷重:100kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:〇(緊急停止スイッチ付き)

最低速度0.2km/h!後進もできる優れもの

こちらの商品は、低速に特化したタイプのルームランナーで注目を集めています。そのため、もちろん早歩きなどの歩行も楽しみたい人には不向きだといえますが、リハビリやご高齢の人の健康維持、またゆったりと散歩気分で楽しみたい人におすすめです。このルームランナーが特別な点はもう一点あり、前に進むだけでなく、後ろに進むことができるのです。前進をする際の最高速度は8.0km/hで、後進のときとなると最高速度は3.0km/hに。後ろ向きに歩くことで、前進しているときなどに普段使用していない筋肉も動かすことでき、運動の効率もアップ。前進と後進のミックスをしてトレーニングをし、さまざまな筋肉を刺激してみても良いでしょう。最低速度からじわじわとゆっくり加速することができるので、歩行に慣れていない人が使用する際にも重宝するアイテムです。足腰の悪い人でも安心して歩行ができるように、歩行部にはクッションが採用されています。普通の地面を歩くときに比べても、足腰への負担を軽減することができるのも嬉しいポイントです。

コンセントが無い部屋でも使える!自走式ルームランナーのおすすめ3選

ルームランナーといえば何で動いているイメージがありますか?コンセントから電力を得て動いているイメージがきっと強いかと思います。しかし、これから紹介するのは、自走式タイプのルームランナー!コンセントが要らないのです。そのため、ルームランナーを設置する際、コンセントに近い場所をわざわざ選ばないでも良いということ。コンセントが無い部屋でも使用できるので、場所を問わずトレーニングを楽しむことができて、非常に便利な商品です。

1.株式会社中旺ヘルス「ベンチウォーカー」

  • 最高速度:記載なし
  • サイズ(本体:55×115×122.5。ベルトサイズ:記載なし)
  • 重量:.34kg
  • 耐荷重:120kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:×
  • 安全装置機能の有無:×

折りたたむと家具にもなる一石二鳥のルームランナー

こちらのルームランナーが凄いといわれている最大の理由は、なんといっても折りたたむと、テーブルやベンチに変身するところ。ただでさえ、コンセント不要でエコになっているのに、家具としても使用できるとなると、さらにコスト削減になりますよね。折り畳んだ際、横向きに設置するとベンチに、縦向きに設置するとデスクに大変身。家の中で自由に使えるスペースが限られている場合でも、このようにルームランナーが家具になるのなら問題ないでしょう。肝心のルームランナーの使用心地も、高く評価されています。トレーニングをしながらタブレットを置くポケットも確保されているので、タブレットなどを見て楽しみながら歩行を続けられます。ディスプレイは見やすいデジタルモニターになっていて、スピード・時間・距離・脈拍・消費カロリーがそこに表示される仕組みに。脈拍は、ハンドパルスを握るだけで簡単に測定してくれて非常に便利です。自宅で運動を習慣にしたいけれども、十分なスペースがないという人や、自宅のインテリアを崩したくないという人に最適と呼べるルームランナーでしょう。

2.ラッキーウェスト「パルトレピュアウォーカー」

  • 最高速度:記載なし
  • サイズ(本体:500×930×1100mm。ベルトサイズ:記載なし)
  • 重量:.14kg
  • 耐荷重:100kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:×

音声ガイダンスの効果でやる気もアップ

運動を始めたいけど、自分ひとりではいまいちやり方が分からない人や、フィットネスジム気分で指導されながらトレーニングを行いたい人には、こちらのルームランナーが大人気!音声案内で自分の運動状態に適したアドバイスをしてくれるのです。そのうえ、パルスセンサーが付いていて、心拍数を測定してくれます。音声案内とパルスセンサーは連動しているため、激しすぎる運動や少なすぎる運動量に随時反応してくれて、常に最高の運動量を提供してくれるので、効率的です。傾斜も、運動時に最適の傾斜角度といわれている8度まで付けることができます。坂と同じくらいの傾斜角度になるので、身体に余分な負担をかけず無理のない程度のトレーニング量をゲット。走行部は、縦の長さも横の幅も広く長く作られています。縦幅が長くなることで、大股歩きが可能となり、横幅が広くなることではルームランナーに慣れない人でも安心して歩行ができるようになるというメリットが。使用していないときは、女性でも一人で折り畳んだり運んだりできるほど簡単に収納可能。コンパクトになるうえ、キャスターが付いているので非常に便利です。

3.株式会社カワセ「鉄人倶楽部 ファミリーウォーカー」

  • 最高速度:記載なし
  • サイズ(本体:595×1020×1140mm。ベルトサイズ:記載なし)
  • 重量:.15kg
  • 耐荷重:90kg
  • 連続使用時間:記載なし
  • 傾斜機能の有無:〇
  • 安全装置機能の有無:×

ひとつのボタンで知りたい情報を一括操作

経済的な自走式のルームランナーだけど、しっかりと走行時間・スピード・距離・消費カロリーなどの情報を管理しておきたい人には、こちらのルームランナーがよく選ばれています。メーターに付いているボタン1つでこれらの情報をまとめて管理が可能。このルームランナーではジョギングはできず、ウォーキングのみの使用となります。ガッツリと走りたい人には向いていませんが、アパートでも階下への騒音や振動の影響をあまり考えないでも良く、効率的に有酸素運動をおこなうことができるという利点が挙げられます。自走式タイプなので、自分の足でしっかりと床を蹴る力が鍛えられ、下半身を頑丈にする効果がありますし、家庭の省エネ効果も。使用後は折り畳んで収納できるのも便利でグッド。ただし、足腰がとても弱い人には不向きの場合も。自走式タイプはある程度自分の足の力がないと、トレーニングをするのが厳しいといわれています。その場合は電動のマシーンで補助をしてもらいながら歩行するほうが、効率的ですし足腰への負担も軽減されます。

ルームランナーを購入時の気になる疑問・質問

特にルームランナーを初めて購入したい人なら、購入前に解決しておきたい疑問がいくつかあるはず!ルームランナー関係でよく寄せられる疑問にお答えします。

Q1:走行音や振動を静かにするにはどうすればいい?

走行音や振動対策として、専用マットや市販されているジョイントマットを敷いた上でトレーニングをすることをおすすめします。実際マンションで暮らしている人など階下への影響が気になる場合、そのように対応していることが多いようです。また、ルームランナーの中でも、比較的走行音などが出にくいものもあります。走行ベルトが厚めのものや、衝撃を吸収してくれるタイプのものを選ぶと良いでしょう。ルームランナーの設置場所を意識するだけでも、実は走行音や振動対策になります。柱の近くや部屋の端に置くだけで対策になりますよ。

Q2:ルームランナーは裸足で使用してもいいの?

裸足でルームランナーを使用すると、思わぬアクシデントの際擦り傷をつくってしまったり、衝撃を受けやすくなってしまったりして身体への負担が考えられます。

そのような怪我を防ぐために、室内であってもランニングシューズを着用しましょう。

まとめ

健康志向が高まる現代では、家庭でもしっかりとトレーニングや健康維持、ダイエットをしたい人が増えています。そのため、手軽に有酸素運動ができてしまう家庭用ルームランナーは世代を問わず注目されている商品です。今回は、目的や設置場所を考慮しながらおすすめのルームランナーを紹介しましたが、いかがでしたか?人によってルームランナーを使用する理由が異なるため、最適のルームランナーを選ぶにはお伝えしてきたマシーンの幾つかの機能を最重要視する必要があります。毎日や継続して使用してこそ効果がでるルームランナー。だからこそ、無理をせず身体に負担をかけすぎないベストなルームランナーを選択する必要がありますね。今回お伝えしたポイントをチェックしながら、自分にぴったりのルームランナーを見つけてください!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします