自転車用LEDライトおすすめ15選!電源方式と明るさで選ぶ【2019年最新版】

自転車用LEDライトのおすすめを自転車用品に詳しい人に聞いたところ、乗る時間や自転車によっても選び方が変わってくるとのことでした。自転車のライトは安いものから高...

自転車用LEDライトのおすすめを自転車用品に詳しい人に聞いたところ、乗る時間や自転車によっても選び方が変わってくるとのことでした。自転車のライトは安いものから高級タイプまで価格も様々です。ライトの中には、長時間使用できるものや、明るいタイプなどがあり、自分が使うシーンによって選ぶこともできます。今回は、ママアイテム編集部が選んだおすすめの自転車用ライト16選を紹介。今のライトに不満がある人も、この記事を読めば、納得のライトが見つかるハズ!

ママアイテム編集部

自転車用LEDライトのおすすめな選び方5つ

自転車用のLEDライトは種類も多く、どれを選んだらいいのか迷いがちです。ここでは、初めてライトを買う人にもおすすめの選び方5つを紹介します。

1.ロングライドか街乗りかで選ぼう!電源方式をチェック

夜道の自転車運転に欠かせないライトですが、電源方式によって選ぶことができます。自転車のライトの主な電源は電池式と充電式になりますが、乗り方によってそれぞれ向き不向きがあります。電池式のライトは多く販売されていて、種類も豊富です。電池のサイズ分、ライト自体が若干大きくなりがちですが、使われている電池のほとんどが入手しやすい単三電池なので、突然の電池切れでも安心です。充電式のライトは充電池が内蔵されていて、USBなどで充電するタイプになります。電池式と比べると軽量でコンパクトなのが魅力ですが、走行中に電池が切れてしまった場合、電池式のように簡単に交換ができません。外出先でも、モバイルバッテリーなどから充電はできますが、充電が完了するまでは使えないというデメリットもあります。ライトを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと、失敗が少なくなります。

2.屋外使用では必須!防水機能をチェック

自転車に乗っていると、突然雨に降られることも良くあります。防水機能付きのライトなら安心ですが、中には防水機能が無いタイプも。もしもの時のためにも、防水機能付きのモデルがおすすめです。また防水機能付きのライトの場合でも、雨に濡れたままにしておくと故障の原因になることがあります。使用後はしっかりと水気をふき取るようにしましょう。

3.夜道を明るく照らす!明るさをチェック

自転車のライトに限らず、照明器具の説明書をみると、ルーメンやカンデラなどの単語で明るさを示していることが多いのですが、どれが明るいのかよくわかりませんよね。単語による違いを表にまとめてみました。

ルーメン(lm)カンデラ(cd)ルクス(lux)
特徴ライトから360度に放射された光全体の量。ライトから照射された光の強さ。ライトから照射された光で照らされた面の明るさ。

実は、ライトの明るさは1つの単位だけで明るいかどうかを判断することは難しいです。ほとんどのライトは、ルーメンで記載されていることが多いですが、中にはカンデラで記載があることも。目安としては、街灯やお店の明かりがある市街地での使用は100ルーメン以上、街灯などが無く暗い道を走る場合は、200ルーメン以上を目安にします。カンデラの場合は、400カンデラ以上を目安にするといいでしょう。

4.設置する位置も大切!ライトの種類をチェック

自転車のライトというと、思い浮かぶのがフロントライトですが、ライトには前方を照らすフロントライトの他に、後方に設置するリアライト、タイヤに付けて使用するホイールライトがあります。フロントライトは、主に安全に走行するために進行方向を照らす役割がありますが、リアライトやホイールライトは、暗い中でも自転車の存在を周囲に知らせるための役割があります。より安全に走行するためにも、フロントライト以外のライトもしっかりとチェックしておきましょう。

5.安い価格帯とは?価格相場と買うべき値段をチェック

自転車用のライトは種類や価格など様々です。初めて買う人は、どの価格帯の商品を買ったらいいのか迷ってしまいます。ここでは、価格帯別の商品の特徴を調べてみました。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
~800円~3,200円3,201円~
  • 最安値価格帯

最安値価格帯のライトは電池式のものが多く、サイズも大きめです。明るさもあまり明るくないので、どちらかというと街乗りなど、ある程度明るい場所での走行向きのライトがほとんどです。

  • 売れ筋価格帯

売れ筋価格帯のライトは電源方式が電池式やUSB充電など、ラインナップが充実しています。明るさも200ルーメン以上400カンデラ以上の商品が多く、街灯のない夜道での使用でもこの価格帯はおすすめです。

  • ・高級価格帯

高級価格帯のライトは、売れ筋価格帯の商品と機能はほとんど変わりませんが、より広範囲を照らせるようにLEDの電灯が複数ある商品があります。また、高輝度LEDを使用している商品も多く、街乗りだけではなく暗い夜道での走行する機会が多い人にも、こちらの価格帯はおすすめです。

自転車用LEDライトのおすすめメーカー・ブランド3つ

自転車のLEDライトを販売しているメーカーは数多くあり、どのメーカーのライトがいいのか、初めての人には分かりづらいものです。ここでは特におすすめしたいLEDライトのメーカーを紹介します。

1.CATEYE(キャットアイ)

キャットアイは大阪に本社を置く、自転車用品メーカーです。街灯の無い夜道での走行にも便利な高輝度ライトから、走行距離や速度を計測できるサイクロコンピューターなども販売しており、海外からの人気も高いメーカーです。

自転車のアイテム以外にも、道路の縁石マーカーや、カーブを知らせてくれる誘導標識など、交通の安全を守る商品も製造しています。

2.te-rich(ティリッチ)

高輝度の自転車用ライトから、コンセントとUSBポートが一緒になった電源タップなど、便利なアイテムを販売しているメーカーです。高性能なのに価格が安く、初めて自転車用のライトを購入する人にもおすすめです。

3.knog(ノグ)

オーストラリア生まれのこのメーカーは、今までにない革新的なアイテムを生み出しています。デザイン性と機能性の高さから世界でも人気が高く、他の人と差をつけたい人にもピッタリです。また、ライトの明るさやバッテリー容量を自分でカスタマイズできる「PWR」シリーズを展開。自分のバイクライフに合わせて好きなように組み合わせができ、既製品では満足できない人にもおすすめのメーカーです。

今回の商品の比較ポイント

今回、おすすめの自転車ライトを選ぶ際に重視したポイントです。このポイントに注目して商品を選べば、快適に使える自転車ライトが見つかりますよ!

  • 大きさ
  • 重さ
  • 電源方式

今、編集部がおすすめする自転車用LEDライトはコレ!

ママアイテム編集部が今一番おすすめした自転車用のライトを紹介!初めてでどんなライトを買ったらいいか迷っている人も、今使っているライトに満足していない人も、このライトを検討してみてはいかがでしょうか?

BIGO「USB RECHARGEABLE BIKE HEADLIGHT YT-T6」

  • 大きさ:8.4×4.9×2.7cm
  • 重さ:259 g
  • 電源方式:充電

ハンディライトとしても使える!

タッチスイッチで手軽に点灯できるこのライトは、自転車だけでなく、ハンディライトとしても使えるので、キャンプや夜釣りなどのアウトドアシーンから、万が一の災害時にも大活躍するライトです。自転車用とヘルメット用のマウントが付いていて、用途に合わせて取り付け可能。自転車のフレームにも工具無しで簡単に取り付けることができます。点灯モードも3種類搭載。暗い夜道の走行に便利な明るいモードから、弱い点滅など、タッチするだけで簡単に切り替えることができます。リチウムイオン充電池内蔵で、電池交換の必要もありません。電池残量が少なくなると赤色に点灯、充電が完了すると緑色のライトでお知らせしてくれます。一目で電池残量が分かるので、使用前に充電しておけば、急に電池が無くなってしまう心配もありません。ライト本体は、防水・防塵加工が施されているので、雨天時の使用でも安心。汚れたらライトを丸洗いできるので、いつでも清潔に使えます。本体重量も約100gと軽量で、サイズもコンパクト。明るさは約900ルーメンと、街灯の無い夜道での使用にも十分な明るさです。自転車用ライト以外にも、様々なシーンでマルチに活躍するので、一つあると重宝すること間違いなしのおすすめライトです。

クロスバイクやミニベロに!防水機能付きの自転車用LEDライトおすすめ4選

コンパクトで小回りの利くミニベロや、スポーティなデザインと走りが魅力のクロスバイクですが、街乗り以外にも、サイクリングなどのちょっとした遠出に出掛ける人も多いかと思います。自転車は、自然を感じながら走ることができますが、夕立など突然の雨に降られてしまうことも。ここでは雨の日でもしっかり使える、防水機能付きのおすすめライト5つを紹介します。

1.LICLI「Bicycle Light」

  • 大きさ:8.5×5×3cm
  • 重さ:103g
  • 電源方式:充電

テールライト付の防水ライト

このライトは進行方向を照らしてくれるフロントライトと、自転車の位置を周囲に知らせてくれるテールライトがセットになっています。街灯の少ない夜道でも、車にしっかりと存在をアピールしてくれます。

サイズもコンパクトで、重さも103gと軽量。フレームに取り付けても、ハンドル操作の邪魔になりません。充電式でUSBケーブル付属なので、PCのUSBポートやモバイルバッテリーなどから手軽に充電できます。フロントライトの明るさは最大700ルーメンと明るく、50m先の道まで照らしてくれます。固定ホルダーでヘルメットにも装着でき、外せばハンディライトとしても活躍。災害時にもぴったりです。また、ライトの明るさも3段階で調節が可能。タッチするだけで切り替わるので、ボタン自体の劣化もありません!防水機能付きなので、雨の日の走行でも安心です。

2.EPHRAM「LED自転車ライト」

  • 大きさ:13.7×4.5×4cm
  • 重さ:108g
  • 電源方式:充電

最大12時間の使用が可能な大容量バッテリーライト

最大500ルーメンの明るさを持つこのライトは、50m先まで照らすことができ、街灯の少ない山道などでの走行も安心。街乗りから本格的なロードバイクでの使用にもバッチリなライトです。充電式なので、面倒な電池交換の手間もなし。パソコンや、モバイルバッテリーなどで、いつでも充電ができるので、電池切れの心配もありません。また、大容量バッテリー内蔵で、最大12時間の使用が可能です。ライトは4つの点灯モードを搭載していて、走行する環境によって明るさを選ぶことができます。ライトホルダーからライトを簡単に取り外しができ、ハンディライトとしても活躍します。テールライト付きなので夜間も安全ですね。

3.Lifeholder「自転車ライトセット」

  • 大きさ:10×5.5×3.5cm
  • 重さ:86.2g
  • 電源方式:充電

取付け簡単の防水ライト

フロントライトからテールライト、ベルまでセットになったこの商品は、初めて自転車のライトを買う人にもおすすめの商品です。フロントライトのホルダーはシリコンタイプになっているので、簡単に取り付けが可能。USBで簡単に充電ができ、約2時間半でフル充電可能。点灯モードも高輝度から低輝度、ストロボタイプをスイッチ一つで簡単に変更でき、周囲の明るさに合わせることができるので無駄がありません。テールライトも高輝度やフラッシュなど4つ点灯モードから選べ、取り付けも簡単。防水機能付きなので、雨天時の走行でも安心です。

4.knog「PWR ROAD」

  • 大きさ:10.4×3cm
  • 重さ:125g
  • 電源方式:充電

モバイルバッテリーとしても使えるLEDライト

このライトは、最大600ルーメンのハイパワーの明るさと、最長100時間を超える照射時間を兼ね備えています。ですが、このライトの魅力はそれだけではありません。自転車用のライトとして点灯中、ライトの後ろにあるUSBポートからスマホなどの充電が可能。スマホの充電が無くなりそうになっても、このライトがモバイルバッテリーの役割を果たしてくれるので安心です。ライトヘッドとバッテリー部分は分離ができ、それぞれ充電が可能。シリーズで好きなライトヘッドとバッテリーが組み合わせでき、自分のバイクライフに合わせて組み合わせができる拡張性の高さも人気のヒミツです。

強力な光で暗闇を照らす!1000ルーメン以上の自転車用LEDライトおすすめ5選

街灯が少ない山道などを自転車で走行する場合、ライトの光が弱いと十分に道路を照らすことができないため、思わぬ大怪我に見舞われることも。障害物など危険を回避するためにも、山道の走行は明るいライトが必要です。ここでは、暗い夜道の走行にも安心の1000ルーメン以上のおすすめライト5つを紹介します。

1.キャットアイ「HL-EL1010RC」

  • 大きさ:11.93×5.6×4.73cm
  • 重さ:260g
  • 電源方式:充電

最大1600ルーメンのハイパワーライト

照射がハイモード時の明るさが、なんと1600ルーメンの驚異的な明るさを持つこのライトは、街灯の無い山道でもしっかりと前方を照らしてくれ、安心して走行することができるアイテムです。そのパワーは、今まで他のライトを使っていた人がその明るさに驚くほど。また、明るくなる分、ライト自体が熱を持ってしまいがちですが、このライトは効率よく放熱できるようにアルミ製のボディになっています。ライトの明るさは、1600ルーメンのハイモード、500ルーメンのミドルモード、200ルーメンのローモードと、3種類をスイッチ一つで変更が可能。充電式なので電池替えの手間もなく、充電のタイミングも教えてくれるので安心です。

2.ATARAXIA「自転車ライトセット」

  • 大きさ:-
  • 重さ:-
  • 電源方式:充電

テールライトもセットになった自転車ライト

この商品は、最大1200ルーメンの明るさを持つフロントライトと、3つの点灯モードが選べるテールライトがセットになった、初めて自転車のライトを購入する人にもおすすめのライトです。スイッチはボタン式なので、不意にぶつかった時にも明るさが変わってしまう心配も無く、操作性もしっかりとしているのが特徴。USB充電式でいつでも手軽に充電ができ、電池交換も必要ありません。取付けも、ハンドル部分にホルダーを挟んでネジで締めるだけの簡単設計。ヘルメットホルダーも付属されているので、自転車以外にも取付が可能です。ホルダーからライトを外せば、ハンディライトとしても使えます。

3.te-rich「CREE XM-L2」

  • 大きさ:4.2×3.5×3.4cm
  • 重さ:150g
  • 電源方式:充電

約300m先まで明るく照らす!

1200ルーメンの明るさを持つこのLEDライトは、約300m先まで照らすことができ、街灯が少ない道路でも安心して走行ができるライトです。テールライトも付属されているので、車からの認識もアップ。明るいライトは長時間の照射で熱を持ちがちですが、ボディをアルミ合金製にすることで効率よく放熱することが可能。耐久性もアップしています。サイズもコンパクトで、取付けも簡単です。USBタイプの充電なので、USBポートがあればどこでも充電が可能。オフィスのパソコンや、モバイルバッテリーでも充電ができ、乾電池式のように電池切れになってしまう心配もありません。また、耐水機能も「IPX6」と高い耐水能力を持っていて、普通の雨から夕立のような豪雨まで耐えられます。自転車ライト以外にもヘッドライトとしても使えるので、災害時にも活躍してくれます。

4.Ymiko「自転車前照灯」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 大きさ:8.5×5×3cm
  • 重さ:340g
  • 電源方式:充電

非常灯としても活躍するLEDライト

USBやモバイルバッテリーなどで充電ができるこのライトは、1200ルーメンの明るさを持ち、暗い道でも安心。照射範囲が50mと他の商品と比べ狭めですが、対向車や人にも眩しすぎず安心です。操作も簡単で、電源ボタンをタッチするだけ。タッチタイプの電源は、ぶつかった拍子に点灯モードが変わってしまうことがありますが、この商品は1秒押して切り替わるタイプなので、勝手に切り替わる心配もありません。また、電池残量も一目で確認が可能。充電完了は緑、残量が少ない時は赤いライトでお知らせしてくれるので、突然電池切れで使えなくなることもありません。

5.ACHICOO「LED 自転車ライトセット」

  • 大きさ:12×3cm
  • 重さ:98g
  • 電源方式:充電/電池

電池も使える充電式ライト

ほとんどのLEDライトの電源は、電池式か充電式かのどちらか一方の電源の商品がほとんどです。この商品は、USB充電もできるほか、単四電池も電源として使える便利なアイテムです。また、電池残量も一目でわかる仕様なので、急な電池切れも未然に防ぐことが可能。いざという時は、モバイルバッテリーがあれば、USBケーブルで充電しながらもライトとして使用ができます。強い光を発生させた場合、ライト自体が高温になるので、ヤケドや故障の原因になることもがありますが、このライトは1000ルーメンのハイモードで3分間連続点灯すると自動的に400ルーメンに切り替えてくれるのが特徴。激しい雨にも耐えられる防水機能付きで、突然の雨でも安心。ホルダーから外せば手持ちの懐中電灯としても使えるので、防災グッズとしての使用もおすすめです。

子供用やママチャリにおすすめのかわいい自転車用LEDライト5選

子供用の小さな自転車やママチャリなど、かわいいデザインの多い自転車にスポーティーなLEDライトを付けると、なんだか浮いてしまうことも。できれば自転車のデザインにあったライトを取り付けたいですよね。ここでは、デザインやサイズが小さめのおすすめLEDライト5つを紹介します。

1.knog「Blinder MINI DOT」

  • 大きさ:3.1×3.1×1.4cm
  • 重さ:15g
  • 電源方式:充電

小さいのに実用性バツグン

この商品のサイズは3cmの正方形で、他のライトと比べるとかなり小さめです。ですが、子供用の小さな自転車に通常のライトだと大きすぎてしまう場合も、このライトなら運転の邪魔になりにくいのです。

小さくても、500m先から視認ができる20度の照射角度に設計。ストラップは取外しが可能なので、自転車のハンドルバーサイズに合わせて付属のストラップを交換できます。完全防水機能で雨の日も安心。また、ライト本体にUSBプラグが内蔵されているので、ケーブルも必要ありません。パソコンなどのUSBポートに直接挿し込んで充電ができ、2時間半で充電が完了。カラーも4色から選べます。

2.AMOKURU「フロントライト」

  • 大きさ:4.5×3.3×3.2cm
  • 重さ:22.7g
  • 電源方式:電池

カラフルなミニLEDライト!

コロンとした小さなLEDライトは、明るい高輝度LED電球を2つ搭載。小さいのにしっかりと照らしてくれるので、夜間の運転でも安心です。また、本体は伸縮性の高いシリコン製で取り付けも簡単。使い方も簡単で、本体上部のスイッチを押すだけ。点滅から点灯まで3つのモードが押すだけで簡単に切り替わるので、子供でも簡単に使用できます。生活防水機能付きで、雨天時にも安心。カラーも9色から選べ、プチプラなのでプレゼントにもピッタリ。どこでも手軽に取り付けれれるので、自転車以外にもバッグに付けて防犯アイテムや、懐中電灯としての使用もおすすめです。

3.The Friendly Swede「LED 自転車ライト 2個セット」

  • 大きさ:6.3×5.5×4.5cm
  • 重さ:132g
  • 電源方式:電池

衝撃にも強いLED自転車ライト!

7つの明るいLED電球が付いたこのライトは、ヘッドライトとテールライトの2つセットになっています。本体の素材をシリコン製にすることで光を通しやすくし、コンパクトなボディでも明るくなるように設計されています。伸縮性の高いシリコンは、取付も簡単。ライト本体との密着性も高く、雨などの水の侵入を防いでくれるほか、衝撃にも強くなっています。点灯モードも3つから選べ、切り替えも簡単です。電源は手に入りやすい単四電池なので、旅先で電池切れになっても、入手がしやすいのもポイント。電池交換もプラスドライバー1つで出来ます。

4.knog「POP i」

  • 大きさ:-
  • 重さ:22.7g
  • 電源方式:電池

使いやすい単三電池モデル

ポップなカラーとユニークな形のLEDライトです。伸縮性の高いシリコン製のバンドを使用しているので、ワンタッチで着脱ができ、取付けも簡単。選べるカラーも多く、自分に合ったカラーを選びやすいのが特徴。また、使用バッテリーは単三電池を使用。電池1本でコスパも良く、電池交換も簡単なので、外出先で電池切れになっても入手がしやすいのもポイントです。点灯パターンも5つから選べ、スイッチ一つで変えられます。サイズも小さめなので、子供用の小さな自転車やママチャリに付けても違和感が無く、自転車以外にもバッグに付けたり、非常時の懐中電灯としても使えます。

5.Zoonimal「ズーニマル ライト」

  • 大きさ:63×38×36
  • 重さ:35g
  • 電源方式:電池

かわいい動物がライトになった!

このライトは、色々な動物の形をしていて、動物の目の部分がLEDライトになったユニークなLEDライトです。四角や丸などの形のライトは数多くありますが、動物の形をしたこのライトは、子供用としてもピッタリです。取付も簡単で、ハンドルバーなどに動物ライトの本体を挟んでシッポで固定するだけ。まるでカワイイ動物がバー部分に乗っているような見た目で、消灯時にも自転車をおしゃれに演出してくれます。ライト自体は小さめですが、明るさもバツグン。10m先まで照らしてくれるので、夜道の運転も安心です。点灯モード、高速点滅モードなど3種類の点灯モードを搭載。暗い時間の散歩にもおすすめです。

自転車のライトを購入時の気になる疑問・質問

自転車のライトを購入する際の気になる疑問や質問にズバリお答えします!初めてライトを購入する人や、買い替えを考えている人も、ここで疑問を解決しておけば、いざ購入する際にも安心です。

Q1:自転車にライトを搭載していないと法律違反になるの?

たまにライトを搭載していない自転車をみかけますが、実はこれ、法律違反にあたります。自転車も車と同様に車両として法律に定められていて、夜間はフロントライトとテールライトを点灯させる必要があります。ライトは、暗い夜道でも自動車や人から認識されやすくなり、自分自身を危険から守ってくれる役割も持っています。必ずライトを付けるようにしましょう。

まとめ

自転車のライトは、大きさや明るさなど種類も様々です。ライトを選ぶ時は、自分がどういう乗り方をするかによっても選び方が変わります。長時間乗る人は、点灯時間が長いものや充電タイプのライトがおすすめです。また、ライトには様々な明るさがありますが、街灯があり、ある程度明るい道を走る場合は100ルーメン以上、街灯が少な居場所や、山道など暗い道を走る場合は、200ルーメン以上を目安に選ぶと失敗が少なくなります。また、ライトを搭載せずに走行することは法律違反になります。夜間に無灯火で走行すると周囲に気づかれにくく、事故に遭う危険性もあります。ぜひこの記事を参考に、自分に合ったライトを見つけてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします