アウトドア椅子のおすすめ11選!快適さと運びやすさで選ぶ

持ち運びが出来て快適なアウトドア椅子!ベテランキャンパーにおすすめなアウトドア椅子を聞いてみました。アウトドア椅子はキャンプに使用しますが、それ以外にも車に入れ...

持ち運びが出来て快適なアウトドア椅子!ベテランキャンパーにおすすめなアウトドア椅子を聞いてみました。アウトドア椅子はキャンプに使用しますが、それ以外にも車に入れておくと、地面が湿っている時や服を汚したくない時など、いつでも使えて便利ですよ。しかもデザイン性に優れたものも多いので、インテリア家具として家使いにもおすすめです。この記事では定番的アウトドア椅子から個性的でオシャレなアウトドア椅子まで11個をご紹介しています。きっとお気に入りのアウトドア椅子が見つかるはずです。

ママアイテム編集部

アウトドア椅子のおすすめな選び方4つ

アウトドア椅子選びは見た目も大切にしたいですが、今から紹介する4つのポイントをしっかりチェックして下さいね。買った後に後悔しないように、確認しておくべきポイントをご紹介します。

1.2人掛けタイプ?低いロースタイル?目的に合った種類をチェック

アウトドア椅子にも様々な種類があります。その中から自分の目的に合った種類を選びましょう。

まず1人掛けタイプ、それとも2人掛けタイプ?一般的にアウトドア椅子は1人掛けのものが多いですが、中には2人掛けのものもあります。そして代表的なアウトドア椅子と言えば、背もたれやひじ掛けのある「ディレクターチェア型」、持ち運びが便利な背もたれのない「コンパクトチェア型」、近年人気上昇の地面から近い「ロースタイル」などがあります。どんなアウトドア椅子が自分のスタイルに合っているのか、しっかりイメージしてみて下さいね。

2.リクライニングやフットレストなど、欲しい機能をチェック

アウトドア椅子だって機能性を追求したいですよね。買った後に不便を感じないようにしっかりチェックしておきましょう。リクライニングやフットレスト機能が付いていれば食事からリラックススタイルまで幅広く使用でき、ドリンクホルダーやサイドテーブルが付いていれば飲み物や簡単な食事を手元に置けて便利です。その他、必要なものを入れておけるポケット付きのアウトドア椅子もあります。欲しい機能をしっかりチェックしておきましょう。

3.運びやすさで選ぶ?座りやすさ重視?収納方式をチェック

アウトドア椅子の特徴と言えば持ち運びが便利という事ですが、収納方法には大きく分けて中心に向かって絞るようにたたむ「収束タイプ」とその名の通り折りたたむ「折りたたみ式」があります。特徴は表の通りです。

収束タイプ折りたたみ式
特徴

たたむと細長い

収納面積が狭い

たたむと平たい

収納面積が広い
座り心地

お尻が沈む

座りにくい

お尻をしっかり支える

座りやすい

4.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

アウトドア椅子には数千円から数万円のものまで、幅広い価格帯で販売されています。おもな価格の違いは素材の耐久性や精度にあります。簡単に特徴をまとめてみました。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯

5,000円以下

コンパクト

素材が安い

10,000円前後


 種類の多い価格帯

20,000円前後

機能性が高い

耐久性が高い

アウトドア椅子のおすすめメーカー・ブランド

アウトドア椅子のおすすめメーカーをご紹介します。それぞれのメーカーの特徴をチェックして、アウトドア椅子選びの参考にして下さい。

1.Coleman(コールマン)

Colemanは日本においてキャンプ用品の代表的なメーカーです。ホームセンターなどでも販売されているため、名前を知っている人も多いのではないでしょうか。Colemanのアウトドア椅子はワントーンのシンプルなデザインが多く、ディレクターチェア型、コンパクトチェア型、ロースタイルなど、幅広い種類があります。また価格帯も数千円のものから2万円以上のものまであり、幅広いニーズに対応していますよ。

2.Helinox(ヘリノックス)

Helinoxは世界的に高性能アルミポールで有名な韓国のDAC社が2009年に立ち上げたブランドです。

より強く、より軽くを目指したHelinoxのアウトドア椅子は、非常に軽くてコンパクト。今までの収束タイプとも折りたたみ式とも違うコンパクト収納で持ち運びも楽々です。座り心地も良く、デザイン性も高いことから近年人気上昇中のブランドですよ。

3.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

CAPTAIN STAGは、フライパンなどの金属製台所用品を製造しているパール金属株式会社が立ち上げたキャンプ・アウトドア用品の総合ブランドです。CAPTAIN STAGのアウトドア椅子はディレクターチェア型とコンパクトチェア型を中心にポップカラーやディズニーコラボ、スタイリッシュなど様々なコンセプトの製品があります。

今回の商品の比較ポイント

持ち運びをするアウトドア椅子だからチェックしておきたいポイントがこちらです。実際に購入する際にもこのポイントをしっかりおさえておくといいでしょう。

  • 重さ
  • 背もたれ
  • 耐荷重
  • ポケット

今、編集部がおすすめするアウトドア椅子はコレ!

機能性や座り心地を考えてベテランキャンパーが一番おすすめするアウトドア椅子です。どんなシーンでも使える定番の形とシンプルなデザイン!アウトドア椅子選びに迷ったらコレに決まりです。

Coleman(コールマン)「サイドテーブル付きデッキチェアST」

  • 重さ:約5.5kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:チェア/約100kg・サイドテーブル/約5kg
  • ポケット:×

座りやすい、機能的なアウトドア椅子

コンパクトで軽量なアウトドア椅子が普及している中、Colemanのサイドテーブル付きデッキチェアSTは約5.5kgと若干重くて場所をとります。しかし、家使いや車での移動であれば、コンパクト・軽量よりも座り心地を重視したいですよね。このデッキチェアSTはディレクターチェア型の特徴でもある座りやすさと安定感が抜群です。しっかり体を支えてくれます。しかもドリンクホルダーのあるサイドテーブル付きで機能性も良く、軽食であればあえて別のテーブルを用意する必要がありません。結局荷物も少なくてすみます。日帰りのアウトドア、サイドテーブル付きデッキチェアSTだけを車に乗せて、好きな場所へ出かけましょう。どこでも一瞬でくつろぎ空間に早変わりです。シンプルで飽きの来ないデザイン、しかも耐荷重を見てわかる通り、とても丈夫です。きっと長くアウトドアライフを支えてくれますよ。色はレッドとグリーンから選ぶことが出来ます。

子供から大人まで愛用できるロースタイルのアウトドア椅子おすすめ5選

数年前から人気が出てきたロースタイルキャンプ!高さの低いギアを使う事で、大地に近づきリラックス効果がUP、子供も足がとどくので安心です。ロースタイルのアウトドア椅子は座面の高さが地面から約30cm前後。軽量でコンパクトなものが多く、女性でも楽に運べ、オシャレなデザインも多いので大人気です。そんなロースタイルのおすすめアウトドア椅子を5つ紹介します。

1.Coleman(コールマン)「ファンチェア」

  • 重さ:約2.2kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:約80kg
  • ポケット:〇

とにかく軽量なロースタイルならコレ

Colemanのファンチェアはポップなカラーと生い茂った木々の葉をイメージしたフォリッジデザインが目を引きます。ロースタイルの中でも特に軽量で、同じ柄の収納ケースが付いているのも嬉しいですね。可愛いデザインが気分を上げてくれます。また収束タイプのアウトドア椅子ですが、計算された背もたれ角度で座り心地も好評です。しかも背もたれの背面には大型ポケットが付いているので便利。

ファンチェアにはピンクとブルー、さらに2人掛けタイプもあります。さらにフォリッジデザインはシリーズになっていて、他のギアにも展開されていますので一緒にチェックしてみて下さい。

2.snow peak(スノーピーク)「ローチェア30」

  • 重さ:3.6kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:記載なし
  • ポケット:×

座り心地で選ぶロースタイルならコレ

snow peakは新潟県に本社を置き、高品質でデザイン性に優れたギアが定評のあるアウトドアメーカーです。そのsnow peakのローチェア30は他のロースタイルに比べると若干大きくて重さがありますが、安定感があり座り心地はソファのようです。だからと言って沈み込むわけではなく、リラックスにも作業にも使用できるバランスのいいアウトドア椅子ですよ。そして注目したいのが、そのアームレスト。竹集成材を使用し、手触り良く見た目にも美しいです。もちろんフィールド用ですが、部屋の中に置いてもオシャレなインテリア家具になります。ローチェア30はブラウンとカーキから選べます。

3.LOGOS(ロゴス)「ストライプヒーリングチェア・ポケットプラス」

  • 重さ:約3.0kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:100kg
  • ポケット:〇

座面が広い、ゆったりロースタイルならコレ

家族で楽しめるキャンプ製品を作るアウトドアブランドのLOGOS。おすすめのストライプヒーリングチェアはその名の通り、カラフルなストライプが印象的なアウトドア椅子です。座面が広く、背中もお尻もゆったりと沈み込みます。アームレストにはドリンクホルダー、背もたれの背面には大きなポケットがあるので、必要なものを入れておけば時間を忘れてリラックス出来ますよ。ロースタイルなので足がしっかり伸ばせます。食事などよりはリラックスに向いているアウトドア椅子です。

4.ONWAY(オンウェー)「ローチェア」

  • 重さ:約3.5kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:約100kg
  • ポケット:×

黒で統一、男前ロースタイルならコレ

人種や民族や宗教を超えた普遍的に愛される椅子をコンセプトに作られているONWAYの椅子はフォルムが美しく、座り心地の良さが好評です。このONWAYのローチェアも、「座り心地が良すぎる」と購入者達から高評価。クッション入りの枕も付いていて、一度座るとなかなか起き上がれないリラックスチェアです。折りたたみ式で少し場所を取りますが、それが気にならなくなるデザインと座り心地ですよ。フィールド用ですが、室内でも使用できるようにフローリングを傷めない脚部キャップが付いています。デザインもスタイリッシュで家使いにも最適なアウトドア椅子です。

5.North Eagle(ノースイーグル)「ローコンパクトスリムチェアDX2 ギャラクシー」

  • 重さ:約3.1kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:80kg
  • ポケット:×

超ローポジションのロースタイルならコレ

North Eagleは札幌に本社がある株式会社ナニワが展開するアウトドアブランドです。North EagleのローコンパクトスリムチェアDX2は座面の高さが21cmと超ローポジション。ゆったりしていて胡坐もかけます。胡坐をかいて座れば地面に座っているような感覚です。しかも背もたれに背中を預け、足を投げ出せばリラックス度UP。また宇宙を思わせる斬新なデザインが個性的ですが、ワントーンの色違いもありますのでチェックしてみて下さい。

超軽量!持ち運びに便利でコンパクトなアウトドア椅子おすすめ2選

アウトドア椅子であればやはり重さや大きさは気になるところです。キャンプの頻度、持ち運びの距離によってはとにかく軽いものがいい!と言う事もあるはず。そこで軽量・コンパクト、持ち運び重視で選ぶアウトドア椅子を2つ紹介します。

1.Coleman(コールマン)「ヒーリングチェア ネイビードット」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 重さ:約2.5kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:約80kg
  • ポケット:〇

素早く収納、収束タイプのコンパクトなアウトドア椅子ならコレ

Colemanのヒーリングチェアは設置も収納も楽々の収束タイプのアウトドア椅子です。設置は開くだけ、収納は絞るだけ、収納ケースに入れればスッキリ細くなるので、荷物の多いキャンプでも邪魔になりません。収束タイプのアウトドア椅子なので、お尻が沈み込みます。座り心地はまるでハンモックに寝ているような心地よさです。この商品も背もたれの背面に大きなポケットが付いているので、必要なものはポケットへ。そしてカラーは他にも赤があるので、好きな色をチョイス出来ますよ。

2.Helinox(ヘリノックス)「Chair Elite」

  • 重さ:932g
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:約120kg
  • ポケット:×

超軽量・コンパクトなアウトドア椅子ならコレ

Helinoxのアウトドア椅子はとにかく、軽くてコンパクトです。軽いと壊れやすいイメージがありますが、この商品は耐荷重が約120kgからも分かるように、とても丈夫です。そして収納するときは座面を取り外し、ポールを折りたたみます。収納ケースに入れれば、デイパックにもすっぽり入る大きさなので電車移動やハイキングにもおすすめ。さらに座り心地は包み込まれるようなのに、動作もしやすいと評判です。この商品はその生地のデザインも魅力です。アウトドアファッションブランドのモンロとのコラボ商品なので、生地が個性的でオシャレ。他にも色々な柄があるのでチェックしてみましょう。

座るだけで気分が上がるおしゃれなアウトドア椅子おすすめ2選

アウトドア椅子と言っても座り心地や持ち運びやすさだけでなく、見た目にもこだわりたいですよね。アウトドア椅子には座るだけで気分が上がるオシャレなデザインも沢山あります。その中から特におすすめなアウトドア椅子を紹介します。

1.Coleman(コールマン)「ファンチェアダブル フォリッジ」

  • 重さ:約3.7kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:約140kg
  • ポケット:〇

ポップでカワイイアウトドア椅子ならコレ

「子供から大人まで愛用できるロースタイルのアウトドア椅子おすすめ5選」でも紹介した、Colemanファンチェアの2人掛けタイプです。フォリッジデザインのピンクの座面生地とポールのイエローがカラフルで目を引きます。さらにダブルになったことで注目度UP。ダブルにすることで、1人で使えば荷物が置けますし、2人で使えばその距離感を楽しめますよ。しかも背もたれの背面にあるポケットもダブルと収納力もUPしています。もう少し落ち着いたカラーが好きな人には、ブルーもあるので合わせてチェックしてみて下さい。

2.Campers Collection(キャンパーズコレクション)「ロッキーチェア」

  • 重さ:3kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:80kg
  • ポケット:〇

シックでスタイリッシュなアウトドア椅子ならコレ

Campers Collectionは株式会社山善が展開するアウトドアブランドです。そのCampers Collectionのロッキーチェアは先に紹介したファンチェとは異なり、シックなカラーとスタイリッシュなデザインがオシャレなアウトドア椅子です。折りたたみ式で場所は取りますが、厚手のハードクッションで座り心地は大変良いです。しかも穏やかな揺れでリラックス出来るロッキングチェア。揺れたくない時にはストッパーもあるので安心してください。色はブラックとグレーボーダーがあり、どちらもアウトドアライフの気分を上げてくれますよ。

時間を忘れてくつろげるサイドテーブル付きのアウトドア椅子おすすめ2選

サイドテーブル付きのアウトドア椅子なら、それ1個でどこでもくつろげます。家の庭やキャンプ場や旅先、アウトドア椅子を広げれば一瞬で自分のくつろぎ空間です。それでは、そんなおすすめサイドテーブル付きアウトドア椅子を2つ紹介します。

1.Coleman(コールマン)「サイドテーブル付きデッキチェアST」

  • 重さ:約5.5kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:椅子/約100kg・サイドテーブル/約5kg
  • ポケット:×

やはり1番おすすめなアウトドア椅子はコレ

「一番おすすめするアウトドア椅子」でもご紹介したColemanのサイドテーブル付きデッキチェアSTです。デッキチェアSTは、やはり安定感があり、ハリのある座面は座りやすさ抜群。そのサイドテーブルにはドリンクホルダーも付いているので、うっかり手が当たっても安心です。フレームがスチール製なのでちょっと重たいですが、たたむとアームレストの横にハンドルが付いているので持ち運びをサポートしてくれます。サイドテーブル付きデッキチェアSTはココでも一番おすすめしたいアウトドア椅子です。

2.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)「サイドテーブル付アルミディレクターチェア」

  • 重さ:約2.8kg
  • 背もたれ:〇
  • 耐荷重:椅子/約80kg・サイドテーブル/約2kg
  • ポケット:×

軽くて扱いやすいサイドテーブル付アウトドア椅子ならコレ

CAPTAIN STAGのサイドテーブル付アルミディレクターチェアは折りたたみ式ですが、フレームがアルミ製なので非常に軽いです。サイドテーブル付きで場所を取る為、持ち運びは車がメインになりますが、軽いので出し入れが楽に出来ます。また座面・背面・アームレストにウレタンクッションが入っているので、座り心地が優しく、長い時間でも座ってリラックスしていられます。色はグリーンでアウトドア感のあるデザインがアクティブな気分を盛り上げてくれますよ。

アウトドア椅子を購入時の気になる疑問・質問

アウトドア椅子は重さや大きさ、デザインに使用感とこだわりたいポイントが多く、悩んでしまいますよね。ココではアウトドア椅子を購入時に気になる疑問にお答えします。

Q1:室内で使えるアウトドア椅子のおすすめは?

室内で使うのであれば、まず部屋のインテリアに合うものがいいでしょう。次にリラックス用なのか作業用なのかで選ぶものが変わります。そして、収納するのか出しっぱなしなのか、収納する場合は収納スペースがあるのかをチェックしておきたいです。今回紹介したアウトドア椅子の中から1つを挙げればONWAYのローチェアです。ブラックはどんな部屋にも比較的マッチしますし、このローチェアには紹介文にも書いた通りフローリングを傷めない脚部キャップが付いています。ただ、どちらかと言えばリラックス用なので作業をするなら他の椅子がいいかもしれません。自分の使用スタイルにあったアウトドア椅子を選んで下さい。

Q2:アウトドア椅子に3人掛けもありますか?

3人掛けのアウトドア椅子もあります。ただ、1人掛けや2人掛けに比べると、ずっと種類が少なく、デザインもカワイイものが少ないです。また3人掛け以上は背もたれのあるものより、背もたれのないベンチタイプのものが主流になります。

まとめ

ベテランキャンパーがおすすめするアウトドア椅子を11個紹介しました。最近のアウトドア椅子は機能性にもデザイン性にも優れていて、フィールドだけでなく室内のインテリア家具としても十分使用できます。 お気に入りのアウトドア椅子が見つかったら、気分も上がり早速予定を作って出かけたくなりますね。それではお気に入りのアウトドア椅子を持って、青空の下へ出かけましょう。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします