今すぐ欲しいエアーソファーのおすすめ7選!室内とアウトドアに最適

エアーソファーはアウトドアだけでなく、室内で使用するのもおすすめ。最近では座り心地を追求した商品もたくさん出ていて、一般的なソファーより心地よいこともあるほど。...

エアーソファーはアウトドアだけでなく、室内で使用するのもおすすめ。最近では座り心地を追求した商品もたくさん出ていて、一般的なソファーより心地よいこともあるほど。また、折りたたんで持ち運ぶことができるので、外出先へ持っていくとき、部屋間の移動、引っ越しをするときも楽々です。電動ポンプがあれば空気入れは簡単ですが、なんとエアーポンプさえ必要のない商品もあるのです。この記事では目的別におすすめのエアーソファーを厳選しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ママアイテム編集部

エアーソファーのおすすめな選び方6つ

エアーソファーは空気を抜けば簡単に持ち運ぶことができる便利アイテム。アウトドアで使われることが多いですが、室内でも快適に使用できます。ここで紹介する6つのポイントを押さえて商品を選べば、あなたにぴったりのエアーソファーが見つかりますよ。

1.室内で使う場合は必ず確認しよう!【サイズ】をチェック

エアーソファーを室内で使用する場合、まず確認が必要なのは製品のサイズ。店頭やウェブ上で見ると小さく見えるエアーソファーも、実際部屋に入れてみると部屋の大部分を占めてしまうほど大きなことも。特に海外製のものは大きな部屋に合わせたサイズになっているので注意しましょう。失敗をしないためには、ソファーを置こうと思っている場所はどのくらいの面積があるのか実際に測ってみると確実。そのうえで商品を選ぶと失敗しません。

2.持ち運びやすいものを選ぼう!【重さ】をチェック

エアーソファーは軽いイメージがありますが、その重さはさまざま。軽い製品では1.5kg程度のものから重い製品では5kg近くあるものもあります。アウトドアでの使用、常時使う目的ではない場合は軽い製品を選ぶことをおすすめします。

3.耐久性が変わる!【素材】をチェック

エアーソファーは使われている素材によって耐久性が大きく変わってきます。数人で一緒に座る予定がある場合や長く使用したい場合は、耐荷重が高い商品を選ぶことをおすすめします。高密度のポリエステルなど耐久性が高い素材で作られている場合は耐荷重が200kgほどあり、大人が数人乗っても破れることはありません。アウトドアで使用するときは地面の上に設置することになるので、室内で使用するときよりも耐荷重に気をつける必要があります。

4.ブランドにこだわりたい!【デザイン】をチェック

エアーソファーはリラックスをするために使うもの。よりリラックスするためには、自分の好きな色やデザインを選ぶことが重要です。部屋の中で使用するのであれば室内のインテリアにマッチしたデザインを選び、アウトドアで使用するのであればキャンプ道具と同じブランドの製品を選べば統一感が出ます。座りごこちだけでなく、見た目が良ければより気分が盛り上がりますよ。

5.あると便利!【機能】をチェック

エアーソファーは座るだけでなく、下記のようなさまざまな機能を備えた商品があります。

  • 小物収納ポケット付き
  • ドリンクホルダー付き
  • オットマン付き
  • ベッドにもなる2ウェイタイプ
  • スピーカー内蔵タイプ

どのような機能がついていれば一番リラックスできるかを考えて選ぶと良いですよ。

6.使いやすさを重視したい!【空気入れ】をチェック

エアーソファーで気になるのはどうやって空気を入れるのか、ということではないでしょうか。

空気の入れ方はさまざまで、下記のような製品が販売されています。

  • 空気入れを使って空気を入れるタイプ
  • 空気をふわっと入れて口を閉じるタイプ

空気入れの中にはさらに手動タイプ、乾電池で動くタイプ、電源で動くタイプがあります。アウトドアなどで電源を確保できないときは、手動か電池タイプが便利ですね。空気を入れるタイプは、鯉のぼりが風で膨らむような要領で風をソファーの中に入れて口をしばるだけなので、荷物も少なくて済み手軽ですよ。

今回の商品の選定ポイント

下記の6つのポイントを比べながら、エアーソファーを厳選しました。

  • 大きさ
  • 重さ
  • 耐荷重
  • 空気入れ
  • カラー
  • 素材

今、編集部がおすすめするエアーソファーはコレ!

座り心地が最高で一度座ると離れられなくなるおすすめのエアーソファーを紹介します。

STARDUST「マジェスティソファ エアー SOFA」

  • 大きさ:165cmx84cmx79cm
  • 重さ:2.67kg
  • 耐荷重:150kgまで
  • 空気入れ:必要
  • カラー:ブラック
  • 素材:PVC

自宅で一人用の特等席を作れる

部屋のどこにでも簡単に持ち運べ、一瞬で特等席を作り上げるエアーソファー。ふわふわした座り心地はまるで雲の上のようです。適度な沈み込みで体を包み込んでフィット感も抜群。ゆっくり映画鑑賞を楽しむときや、庭で日光浴をするときにも大活躍します。また、来客があったときの臨時ソファーとして使うことも可能。気持ちよすぎてゲストがソファーの上から離れられなくなるかもしれませんね。

電動のポンプを買い足せば空気を入れるのはもちろん、空気を抜くこともできるのでとても便利です。

室内でゆったりと過ごせるおすすめのエアーソファー3選

室内で使用するのにぴったりなエアーソファーを集めました。

1.INTEX「一人掛けエアーソファー エンパイアチェアAS」

  • 大きさ:109cmx69cmx112cm
  • 重さ:3.02kg
  • 耐荷重:ー
  • 空気入れ:必要
  • カラー:グリーン、ピンク、オレンジ
  • 素材:塩化ビニル樹脂

すっぽり包み込まれるように座れる一人用エアーソファー

エアベッドのシェア、品質ともにトップクラスのINTEX社が作ったエアーソファー。ふわふわの表面加工が施されているため、ラグジュアリーな座り心地です。座面が大きく、ソファーの上であぐらがかけるほどゆったりしたサイズ。空気を抜くとコンパクトになり持ち運びに便利です。電動ポンプを使用すると5分程度で膨らむので、急に使用したくなったときもすぐに用意ができるのもおすすめポイント。

広々とした1人用のおすすめエアーソファーです。

2.E買い物ネットワーク「ゆったりエアーソファ オットマン フルセット」

E買い物ネットワーク ゆったりエアーソファ オットマン フルセットtarget

  • 大きさ:99cmx130xmx76cm
  • 重さ:3.4kg
  • 耐荷重:ー
  • 空気入れ:必要
  • カラー:グレー
  • 素材:ー

オットマンとドリンクホルダー付きでくつろげる

オットマン付きで足をゆったり伸ばせる一人用エアーソファー。必要ないときはオットマンを片付けられるので邪魔になりません。手元部分にドリンクホルダーがついているので、まるで映画館にいるように映画を楽しむこともできますよ。モダンなデザインとシックなカラーで、おしゃれなインテリアにもなるおすすめ商品です。

3.SY「エアー ソファー ベッド 2WAY 二人掛け」

  • 大きさ:188cmx150cmx64cm
  • 重さ:ー
  • 耐荷重:175kgまで
  • 空気入れ:必要
  • カラー:ブルー、グリーン、オレンジ
  • 素材:ー

ベッドにもなる2ウェイタイプ

座面を広げればベッドに早変わりするエアーソファー。広さや高さもしっかりあるので、一般的な2人がけのソファーのように使用することができます。寝心地も座りごこちもとても良く、リラックスできる上質な商品。部屋にベッドとソファーの両方を置くスペースがない人にもおすすめです。

アウトドアにおすすめのエアーソファー2選

アウトドアで使用するエアーソファーは軽量であることが必須条件。軽くて持ち運びに便利なことはもちろん、エアーポンプさえ必要ない製品を集めました。

1.LREGO「エアーソファー」

LREGO エアーソファーtarget

  • 大きさ:240cmx68cm重さ:1.2kg
  • 耐荷重:200kg
  • 空気入れ:不要
  • カラー:ブルー、ライトブルー、オレンジ、イエロー、レッド
  • 素材:210Tポリエステル

エアーポンプ不要!軽量で持ち運び楽々

エアーポンプを使わず一瞬で膨らますことができるエアーソファー。1.2kgと軽量で持ち運びに向いている商品です。耐久性の高い高密度のポリエステル素材が使用されているため、耐荷重も高く、長持ちしやすいのが特徴。アウトドアシーンでも、普通のソファーよりフワフワ感を感じられるおすすめ商品です。

2.Morovan「エアーソファー」

  • 大きさ:200cmx70cm
  • 重さ:1.3kg
  • 耐荷重:200kg
  • 空気入れ:不要
  • カラー:オレンジ、パープル、グリーンなど全11色
  • 素材:ー

空気入れも片付けも短時間でできるエアーソファー

アウトドア好きのあいだで話題沸騰のエアーソファー。エアーポンプが不要なので、持ち運び荷物も減るおすすめ商品です。空気を入れるのは簡単。軽量のエアーソファーを持って短時間走り回るだけです。自宅で使用するときは扇風機などを使用すると、より楽に空気入れができますよ。頑丈な素材が使われているため破れにくく、空気漏れもしにくいのが特長です。

キャンプが満喫できるおすすめのエアーソファー

このエアーソファーがあればキャンプをより快適に楽しむことができますよ。

1.AUKUYEE「エアーソファー」

  • 大きさ:185cmx90cmx60cm
  • 重さ:1.45kg
  • 耐荷重:ー
  • 空気入れ:必要
  • カラー:パープル、ブラック
  • 素材:210Tポリエステル

日よけ、ドリンクホルダー、防水機能付きでキャンプにぴったり

日よけ、防水機能付きでキャンプやビーチを快適に楽しめるエアーソファー。耐荷重が200kgなので大人が約3人乗っても大丈夫です。サイドに大小のポケットがついているので、ドリンク、本、スマホなどを収納しておくことが可能。手が届く範囲にすべてを揃えておけるのが嬉しいですね。真ん中がくぼんだ形状で、体を沈みこませるように包み込むので寝心地がとても良いですよ。

エアーソファーを購入時の気になる疑問・質問

エアーソファーに関する「よくある質問」に回答しました。

Q1:空気が抜けるエアーソファーの良い膨らまし方ってある?

エアーソファーの膨らまし方は製品によって異なります。

ここでは少しコツが必要な「空気入れが必要ないタイプ」の膨らまし方を紹介します。

  1. 折りたたまれたエアーソファーを広げる
  2. バサバサと上下に動かし端まで完全に開いたことを確認する
  3. エアソファーの口を広げ、空気が中に入るような動きをする(小走りするなど)
  4. 空気がしっかり入ったらすぐに端をくるくる絞る
  5. パンパンになるまで絞ったらワンタッチバックルでカチッと留める

空気が抜けないようにすぐに端を巻くのがポイントです。くるくる巻くことでエアーソファーにハリが出るので、巻く前に少したるみがあっても大丈夫です。また、いくら上手に空気を入れても耐荷重を守っていなければ空気が抜けてしまうこともあります。耐荷重や使い方を守って使用すると、空気漏れが起こる可能性が低くなりますよ。

Q2:エアーソファーの上手な使い方って?

使う場所によって上手な使い方や注意点は変わってきます。

室内で使用する場合

  • 置き場所のサイズを必ずチェックする
  • 移動させる可能性があれば軽量のものを選ぶ
  • インテリアを損なわないデザインを選ぶ

アウトドアで使用する場合

  • 軽量なものを選ぶ
  • 空気入れやしまうのが簡単なものを選ぶ
  • 道具がなくても空気が入れられるとより便利

エアーソファーはどこでも手軽に使えるのが良いところ。その特質がより活かせるような使い方をすると、その魅力をさらに感じることができますよ。

まとめ

エアーソファーはいつでもどこでもリラックス環境を作り出すことができるおすすめアイテム。アウトドアで活躍することはもちろん、室内でも快適に使用することができます。通常のソファーは引っ越しをするときには運ぶのが大変で、引っ越し料金も高くなってしまいますが、エアーソファーなら畳んで持ち運ぶことができるので移動も楽々です。この記事の情報を参考に、目的にぴったり合った商品を手に入れてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします