白髪染めのおすすめ11選!ライフスタイルに合わせて成分と使用方法で選ぶ

おすすめの白髪染めを徹底調査しました!40代以降になると目立ち始める白髪。早い方では20代後半からチラチラと出てきてしまいます。白髪がまばら生えていると一気に老...

おすすめの白髪染めを徹底調査しました!40代以降になると目立ち始める白髪。早い方では20代後半からチラチラと出てきてしまいます。白髪がまばら生えていると一気に老けて見えるため、白髪染めは欠かせないという方も多いですよね。毎月美容室に行って染めて貰うのが理想ですが時間的にも金銭的にも特に主婦の方には厳しいものです。自分に合った白髪染めを見つけるのはなかなか難しく、上手く染めれないと悩んでいる方必見!ここでは自宅で出来るだけ手軽に、キレイに染めれる白髪染めを11選厳選しました。自分のライフスタイルに合った商品を見つけて白髪染め選びの参考にしてください。

ママアイテム編集部

白髪染めのおすすめな選び方4つ

白髪染めを選ぶときに重視するポイントは何でしょうか?ドラッグストアで価格だけで安いからと選んでいては結局染まりが悪く、染めなおすということに。失敗しない白髪染め選びの4つポイントをご紹介します。

1.ライフスタイルに合わせて使用方法とタイプをチェック

白髪染めには大きく分けて6種類のタイプがあります。白髪染めを自分でするのはとても面倒に思ってしまいますが、自分の生活パターンに合わせて使いやすいものを選ぶと負担が軽減されます。待機時間も商品によって5~20分など色々なタイプがあるので合ったものを選びましょう。

クリームタイプ

一番定番で多くの白髪染めで採用されているのがヘアカラーの「クリームタイプ」の白髪染めです。美容院でもヘアカラーといえばクリームタイプが使われていて、しっかり根元から染めることができます。

色持ちがよいので長持ちしますが、髪へのダメージが大きいので髪がパサつきやすく、また上手くムラなく塗るには慣れが必要です。

泡・ムースタイプ

頭皮に当たることなく、ムラなくお手軽に染めることができるヘアカラーの「泡・ムースタイプ」。上手く塗り広げることが出来ないという方におすすめです。

泡が髪に乗っている状態なので根元が染まりにくいので染め残しが出やすく、商品によっては塗ったあと泡が溶けて顔に液ダレすることもあります。

乳液タイプ

ヘアカラーの「乳液タイプ」は柔らかいので全体的に塗り広げやすい反面、頭皮に直接液が当たってしまうので、頭皮にダメージを与えてしまいます。敏感肌の方には不向きです。

シャンプー・トリートメントタイプ

入浴時に染められる「シャンプー・トリートメントタイプ」。お風呂で髪を洗うついでに白髪染めが出来、まんべんなく塗れるので一番お手軽です。

しかし他の白髪染めと比べて染まりが悪く、毎日使って徐々に染めていくタイプなので、まだ白髪がそんなに目立っていないという方におすすめです。

ヘアマニキュア

髪を染めるのではなく、白髪に色を付けるタイプの「ヘアマニキュア」。髪や頭皮への負担が少なく髪にツヤを与えてくれます。

しかし髪をカラーコーティングするという効果なので、髪を洗うと色落ちしやすいのが難点です。白髪が少ない方、ヘアカラーするまでの繋ぎの使い方に向いています。

一時着色料・ヘアマスカラ

スティックタイプのものやマスカラ型・スプレータイプのものなど、数秒でさっと塗れる便利なカラー着色料。

外出時に鏡を見ると白髪が飛び出ていた、普段は白髪が気にならないけどお呼ばれした時だけ白髪を染めたい、など一時的な使い方にピッタリです。ただあくまで一時的なものなので洗えばキレイに落ちてしまいます。

2.アレルギーや敏感肌で影響が気になるなら成分をチェック

アレルギー肌や敏感肌の方は特に注意したいのが、白髪染めの成分です。多くの白髪染めに使用される酸化染料剤の中に含まれる「パラフェニレンジアミン」などの成分がアレルギーを起こしやすいと言われています。

アレルギーが起こると、顔や目が腫れたりかゆみや赤み・じんましん等の症状がでます。そうなってしまったら直ぐに病院で受診するようにしましょう。

アレルギーを予防するためにはパッチテストが必要です。方法は髪の一部分に、使いたい白髪染めを塗り48時間時間を置いて異常が出ないかをチェックします。

さらに、敏感肌の方はアレルギーを起こしやすい成分が入ってないか、植物由来のものかをチェックしておくのがおすすめです。

3.髪質と白髪の量に合わせて色をチェック

実は白髪の染まりやすさは髪質によって変わります。自分の髪が染まりやすいか染まりにくいか知っておくことで白髪染め選びもより選びやすくなります。

染まりやすい髪質は毛が細く柔らかい髪・パーマがかかりやすい髪です。中でも黄色系が馴染みやすくキレイに染まります。

逆に染まりにくい髪質は硬く太い髪・元々の髪の色が真っ黒の髪です。比較的に明るめの色、赤系が染まりやすくなります。

部分的な白髪は、染まりにくい白髪を真っ黒に染めるのは難しいので、全体をブラウン系など明るい色にするのがおすすめです。ほぼ白髪の方は浸透しやすいよう髪質のあったものから色を選びましょう。

4.髪の毛のパサつきが気になるなら保湿成分が入っているかチェック

ヘアカラータイプの白髪染めはどうしても髪が傷んでしまいます。知らず知らずのうちに毛染め成分に加え、紫外線のダメージを受けて髪がパサついたり傷んでしまうこともあります。

それを防ぐためには白髪染めにコラーゲンなどの保湿成分が入っているかをチェックしましょう。保湿効果で髪のダメージを軽減することができます。

白髪染めのおすすめメーカー・ブランド

様々なメーカー・ブランドが販売している白髪染め。その中でも特に定評がある人気のメーカー・ブランドを3選ご紹介します。

1.花王

1887年創業から数々のヒット商品を生み出し、誰もが知る有名メーカー「花王」。ビューティケア・ヒューマンヘルスケア・ファブリック&ホームケアと幅広く展開しています。

白髪染めの代表格ともいえる「ブローネ」シリーズは販売当初からの人気商品。泡タイプ・クリームタイプ・ヘアマニキュア・ヘアマスカラと多彩に揃っているので、選ぶ幅が広がります。

2.サイオス

ランドリー&ホームケア・ビューティーケアのヘンケル社のグローバルブランド「サイオス」。毎日をサロン帰りの髪にすることをコンセプトに新しい白髪染めを開発しています。

ヘアースタイリストとともに作り上げ、プロの仕上がりが実感できるのと人気の商品ラインナップが魅力です。

3.ウエラ

「ウエラ」はアメリカ発のメーカー・コティのヘアケアブランドで、日本でもシャンプー・トリートメント・スタイリング剤などのヘアケア商品を扱っています。

ヘアカラー商品数は少ないものの、その使用感はファンが多く沢山の日本女性に愛用されています。

今回の商品の比較ポイント

白髪染めを購入する時押さえておきたいポイントは4点です。どのタイプのものが自分に合うか参考にしてください。

  • タイプ
  • 内容量
  • 待機時間

今、編集部がおすすめする白髪染めはコレ!

数多く販売されている白髪染めの中からママアイテムが選び抜いた、今一番おすすめしたい白髪染めはコチラ。迷ったときはこれを買えば間違いありません。

花王「ブローネシャイニングヘアカラークリーム」

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:100g
  • 待機時間:20~30分
  • 色:全7色(1CP シャンパンブラウン・1MP メイプルブラウン・2AS アッシュベージュ・2CL クリアブラウン・2PK ピンキッシュブラウン・3MD ミディアムブラウン・3RC リッチブラウン)

ムラなく染まって輝くキューティクルヘアに

「ブローネ」シリーズより人気の高いヘアカラー「シャイニングヘアカラークリーム」は、ムラなく染めるブライトカラー処方。黒髪と白髪が混じった髪でも黒髪と白髪の色の差を縮めてから染め上げるのできれいに染まるんです。

さらに毛髪保護のキューティクル成分(ツバキオイル・野ばらエキス・シルクエッセンス)が配合されているので輝くようなつやのある髪に仕上がります。

根元からクリームを付けやすいコームブラシ付きなので使いやすく、全体的に染めるのはもちろん根元だけリタッチして残りは次回に取っておくこともできます。セミロング1回分の量ですが、ショートの方や部分染めしたい方にも便利ですね。

白髪染めは比較的暗めの色が多いものですが、ベーシックなブラウンから赤みピンク系・アッシュ系と明るい色に染められるカラーバリエーションが揃っています。さらにヘアカラー独特のニオイも控えめに作られているのも嬉しいポイントです。

明るい髪は若々しく見えるので、白髪が出始めたばかりの方にも白髪が多い方にも幅広くおすすめできます。

ドラックストアなど市販で買える!よく染まるおすすめの白髪染め3選

白髪が気になりだすタイミングは人それぞれで、まだ染める時期じゃないと思っていても急に目立ち始めて「今スグに染めたい」という時もあります。そういう時に便利なドラッグストアやスーパーで手軽に買えて、よく染まる白髪染めを3選ご紹介します。

1.花王「ブローネ泡カラー」

  • タイプ:泡タイプ
  • 内容量:100g
  • 待機時間:約20分
  • 色:全22色( 0 シャイニーブラウン・0SP スパークリングブラウン・1 スタイリッシュブラウン・1AH アッシュベージュ・1AH アッシュベージュ・1N ナチュラリーベージュ・1PK ピンキッシュブラウン)など

泡タイプで染めやすく髪が傷みにくい

もみこむだけで簡単に染めれると話題のブローネシリーズの「泡カラー」。口コミサイトで上位ランクインする人気の商品です。

やわらかい泡タイプなので、簡単に毛の根元までしっかり染まりやすく、クリームタイプが上手く塗れない方や初心者にもおすすめです。

揉みこむことで内側に入り込んでいくので外側も内側もムラなく染まり、揉むとクリームのように固くなっていくので液ダレもしにくくなっています。

さらに地肌にも優しくローヤルゼリーエキスで潤いを与え、キューティクル成分配合でサラサラに仕上げてくれるんです。

「今の泡カラーはこんなに使いやすいんだ!」「いつも白髪染めは地肌がかゆくなるけどこれは大丈夫だった」と使ってみて感動する声も上がっています。

2.サイオス「オレオクリーム」

  • タイプ:オイルクリームタイプ
  • 内容量:100g
  • 待機時間:20分
  • 色:全11色(1N シャイニングブラウン・2A プレシャスアッシュ・2B ヌードベージュ・2N スパークリングブラウン・2P パールピンク・3A ノーブルアッシュ・3B グロッシーベージュ・3B グロッシーベージュ)など

新しい処方・オイルインクリームで髪をコーティング

まるでサロンに行ってきたかのようなツヤのある美しい髪へと仕上げてくれるサイオスの「オレオクリーム」。その秘密は新処方のオイル・イン・クリームにあります。

オレオクリームとは、毛髪を保護する成分・高品質のピュアオイルをクリームの中に配合されています。オイル特有のツヤ感アップや保湿効果があるので、パサつきを押さえ指通りのいいまとまりのある仕上がりになるんです。

一本一本しっかりコーティングしながら染まるので、リッチな質感と感触を楽しめます。サロンが選んだカラーをセレクトしているのでバリエーションも豊富になっています。

クリームタイプの白髪染めが好みだけど、髪がパサつく・きしみやすいという悩みのある方に特におすすめしたい商品です。

3.ウエラ「ウエラトーン2+1」

  • タイプ:ジェルタイプ
  • 内容量:129g
  • 待機時間:-
  • 色:全9種色(5G ウォームブラウン・6G ウォームブラウン・7CB ナチュラルブラウン・7G ウォームブラウン・7GM マットブラウン・8CB ナチュラルブラウン・8G ウォームブラウン・8GM マットブラウン・9G ウォームブラウン)

液体ジェルで髪に馴染みやすく染めやすい

白髪染めなどのヘアカラー商品の評価が高い「ウエラ」より、液体ジェルタイプの「ウエラトーン2+1」が人気です。

多くのヘアカラーに使われているクリームタイプと違い、髪に広がりやすく馴染ませやすいジェルタイプを採用。ウエラ独自のミクロ粒子処方で髪全体をムラなく染めやすく、その毛染め効果は6週間も続きます。

さらにアボガド・ホホバ・ヒマワリなどの植物成分が配合された輝きエッセンスと、トリートメントと効果でリッチで美しい髪に仕上げてくれます。

とろりとした液体ジェルなので染めやすい反面、飛び散りやすいので慣れが必要です。同じ「ウエラトーン2+1」シリーズのクリームタイプもあるので、好みに合わせて使い分けるのもおすすめです。

若い人も手軽に!毎日使えるトリートメントタイプのおすすめ白髪染め2選

まだ白髪がまばらでそんなに目立たない、という20~30代の方に特におすすめなのはトリートメントタイプの白髪染めです。毎日の洗髪に加えるだけで白髪染めが出来るので手軽に使えます。

1.レフィーネ「ヘッドスパトリートメントカラー」

  • タイプ:トリートメントタイプ
  • 内容量:300g
  • 待機時間:乾いた髪 約15~30分・濡れた髪 約10~15分
  • 色:全5色(ダークブラウン・ライトブラウン・マロンブラウン・ローズブラウン・ナチュラルブラック)

癒して染める白髪染めで頭スッキリ・ヘッドスパ効果も

ヘアケア専門店「レフォーネ」の看板商品でもある「ヘッドスパトリートメントカラー」は楽天市場・白髪染めランキングで連続1位を獲得し、モンドセレクションも受賞している超人気商品です。

ゴマ油・アロエ・大豆エキスなどの12種の頭皮ケア成分に加え、コラーゲン・浸透型アミノ酸・ケラチンと髪を補修する成分配合で、植物由来の天然染料を使用しています。だからこそしっかり染めながらツヤのあるサラサラの髪へと導きます。

アレルギーや肌荒れを起こす可能性の高い成分を使っていないので、敏感肌・乾燥肌の方や毛染めあとの髪のかゆみが気になる方でも安心です。また、フルーツやハーブなど10種の天然アロマ効果の香りで毛染めの独特の嫌な臭いもありません。

さらに、洗髪後の濡れた髪だけでなく乾いた髪にも使用できるのも特徴で、トリートメントを馴染ませながら軽くマッサージしてヘッドスパの効果も得られます。

全額返金保証や定期お届けコースの割引もあるので、ずっと愛用しているというリピーターが続出しています。

2.プリオール「カラーコンディショナー」

  • タイプ:コンディショナータイプ
  • 内容量:230g
  • 待機時間:5分
  • 色:全3色(ブラック・ダークブラウン・ブラウン)

置くだけ5分の時短白髪ケアで毛先まで染まる

資生堂の「プリオール・カラーコンディショナー」は発売から2年間で累計出荷数が300万個突破する白髪染め。カラーコンディショナーの白髪染めとノンシリコンシャンプーがセットになっています。

最大の魅力は5分という短時間で染まるので毎日のケアに取り入れやすく、待つストレスがありません。さらにフローラルグリーンの香りで癒し効果も。

時短ケアなのに根元から毛先までしっかり染めて、天然海藻エキスやミネラル&コラーゲン配合で保湿しながらボリュームアップや痛んだ髪のケアもしてくれます。

使い方は簡単。シャンプーの後にいつものコンディショナーの代わりに髪に馴染ませ5分間放置し、キレイに洗い流すだけ。その後ドライヤーで乾かすと、髪が染まりながらふんわりサラサラの滑らかな手触りに仕上がります。

若い方だけでなく、50代以上の愛用者も増え「ツヤツヤ、髪にハリがでた」という嬉しい声も上がっています。

落ち着いた大人のメンズに!男性用でおすすめの白髪染め3選

ここまで女性向けの白髪染めをご紹介してきましたが、ここでは大人の男性におすすめしたい男性用白髪染め3選をピックアップしてみました。

1.サロンドプロ「ナチュラルグレイッシュ リンスインシャンプー 」

  • タイプ:シャンプータイプ
  • 内容量:250ml
  • 待機時間:0~5分
  • 色:全2色(ダークブラウン・ナチュラルブラック)

毎日シャンプーするだけの簡単白髪ケア

多数の白髪染め商品を扱う「サロンドプロ」の人気商品。毎日のシャンプーに取り入れるだけで簡単に白髪が目立たなくなります。

15日程度使い続けることで徐々に白髪が目立たなくなり、髪に優しいノンシリコン・保湿するトリートメント成分が配合されています。

さらにリンスインシャンプーなので、白髪対策・シャンプー・リンスという3つの効果が1つで実現出来て日々忙しい男性にピッタリです。

白髪を染めるのではなく、あくまで目立たなくするシャンプーなので「少し白髪がチラチラ出始めた」「年齢的に真っ黒は不自然なので自然な感じで目立たなくしたい」という男性におすすめです。

2.ホーユー「メンズビゲン グレーヘア」

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:80g
  • 待機時間:5分
  • 色:全2色(ナチュラルグレー・ダークグレー)

自然な髪色になるグレーカラーの白髪染め

男性用の白髪染めブランドの代表格「メンズビゲン」。黒髪の部分より白髪のほうが多いという男性に特におすすめしたいのがグレーカラーの白髪染めです。

白髪は元々バサバサになりやすく、働く男性にとってまばらに生える白髪が沢山あるとちょっとだらしなく見えてしまいがちです。白髪を黒く染めるのは不自然だけど、清潔感がある落ち着いた髪色にしたい、という男性の髪を自然なグレーに染め上げます。

ワンプッシュでクリームを出して付属のブラシでさっと塗れるので手間いらず。待ち時間も5分という短時間で使えて便利です。

退色時に赤くなりにく、アロエエキスや海洋コラーゲン・ヒアルロン酸などの毛髪保護成分・潤い成分で髪を優しくいたわりダメージを軽減してくれるのも嬉しいですね。

3.マンダム「ルシード ワンプッシュケアカラー」

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:100g
  • 待機時間:5分
  • 色:全5色(4 ライトブラウン・5 ナチュラルブラウン・6A アッシュブラウン・6 ダークブラウン・7 ナチュラルブラック)

簡単・時短でしっかり染まるヘアカラータイプ

40歳からの男性の身体の変化による悩みを解決へと導くことをモットーにするマンダムの「ルシード」シリーズ。

使い方は簡単で、クリームを専用ブラシにワンプッシュで乗せて、さっと髪に馴染ませて5分放置した後洗い流すだけという時短で白髪染めができちゃいます。

染めたときのゴワツキやパサつきを軽減し、髪を保護する成分やハリ・コシ成分が配合。簡単なのにしっかりと染めることができます。カラーラインナップが5色あるので髪色にこだわるおしゃれな方にもピッタリです。

まさに、手早く白髪を染めたい・しっかりキレイに染めたい・髪のダメージを減らしたいという多くの男性の望みを叶える人気商品となっています。

頻繁に美容室に行けない方に!生え際が気になった時におすすめの白髪染め2選

30代・40代以上になると仕事が忙しかったり家事・育児との両立で時間が取れない、などの理由で白髪が出てるのは分かっているけど直ぐには美容院には行けないという方が増えています。そんな時、生え際だけさっと染めれるおすすめ白髪染めを2選ご紹介します。

1.ウエラ「ウエラトーン2+1 分け目・フェイスライン用」

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:48g
  • 待機時間:10分
  • 色:全5色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・明るいダークブラウン・明るいナチュラルブラウン・明るいライトブラウン)

生え際専用・早染めできる白髪染め

白髪はしっかり染めても髪は大体一カ月で1cmほど伸びてしまいます。どうしても根元の生え際は3週間以上経過すると白髪が目立ってくるものです。そういう時は生え際だけリタッチすると全体の髪の傷みも防ぐことが出来ます。

そんな時に使いたい、「ウエラトーン2+1」シリーズより、分け目・フェイスラインなどの根元・生え際専用の白髪染めが使い勝手が良いと人気です。

その人気の秘密は付属の専用ブラシにあります。特徴は手に馴染みやすく持ちやすいウェーブハンドル、分け目もサイドラインも染めやすいブラシ角度の40°エッジ、しっかり根元に届く12mmの弾力ブラシと生え際塗りに特化した形状になっています。

ムラなくキレイに染まり、さらに塗ってから待機時間は10分程度で早染めできます。

2.花王「ブローネ根元カラー」

  • タイプ:ヘアマニキュアタイプ
  • 内容量:28g
  • 待機時間:約15分
  • 色:全3色(ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン)

ミニブラシが塗りやすくしっかり根元が染まる

人気の「ブローネ」シリーズの根元カラー。全体染めをしてから3~4週間経過し白髪が出始めたけどすぐに美容院に行く時間がない……という方にピッタリの根元専用の白髪染めです。

根元にぴったりつくブラシはミニサイズで生え際に塗りやすく、ワンプッシュでブラシからクリームが出るタイプなので手軽に使えます。

ヘアカラーは髪へのダメージが大きく待ち時間も長く手間がかかってしまいます。しかしこちらはヘアマニキュアなので、根元だけさっと染めれて短時間で仕上がり髪も傷みにくくなっているのが便利です。

次のヘアカラーまでの繋ぎに愛用している方が多く、色持ちは約10日間もつのでヘアマスカラなどで毎日隠すのが面倒という時にもおすすめです。

白髪染めを購入時の気になる疑問・質問

白髪染めを購入する時に感じる疑問点や気になることをまとめてみました。購入時の参考にしてください。

Q1:白髪染めを長持ちさせる方法はありますか?

使用前に各白髪染めに入っている説明書を読んで使用方法通りに使うことが一番大事です。

基本的には、髪が汚れた状態では染まりにくいのできれいに洗髪し、ヘアワックスなどの整髪料も落としておきましょう。

説明書通りに毛染めをしたら待機時間を守り、ヘアキャップをしたりタオルを巻いたりして頭皮の温度を上げると染まりやすくなり長持ちします。さらに紫外線は極力避けるとより効果的です。

Q2:アッシュカラーとは何ですか?

アッシュカラーとはベースにブルーを持ったパープル系の薄い色味のことです。

黄色みが少なく、グレーがかかった寒色系のくすんだ感じのカラーで、柔らかなふんわりとした透明感のある感じに染まります。

外国人風のカラーですが、日本人にも馴染みやすくグレイカラーが白髪をぼかすので白髪を目立たなくする効果があり、幅広い年代の方に人気のカラーです。

Q3:自然な黒髪に見せるポイントはありますか?

目の色に近い黒色を選ぶと顔に馴染みやすく自然な黒髪に見えます。

茶髪が苦手・面接に行くので黒髪にしたい、などの理由で黒髪に染めたけど真っ黒すぎて違和感がある、重く見えてしまう……という経験はありませんか?

美容院で染めて貰うのが一番ですが、自分で黒髪に染める場合は目の色に合わせて色を選び、真っ黒ではなく暗めカラーを選ぶことで、自然な黒髪に染めることが出来ます。

Q4:白髪染めの男性用・女性用の違いはありますか?

男性用・女性用とも白髪染めの成分は変わりありませんが、特化している部分が違います。

女性用白髪染めの特徴は、女性は「おしゃれ染め」に重きを置いているので色の種類や香りが良いものが揃っており、反対に男性用はおしゃれに染めるより、時短で手軽に染めれるものが揃っています。

白髪染めは女性向けのパッケージデザインのものが多く販売されていますが、もちろん男性が使っても問題はありません。性別関係なく自分に合ったものを選ぶのが一番です。

Q5:染めても数週間で白髪が目立ちます。目立たなくする方法はありますか?

白髪を目立たないようにするには、カラー選びと髪型を工夫しましょう。

黒髪に近い濃い色の白髪染めで全体を染めていたら、「黒→白」の色の差が大きく少しの白髪でも目立ってしまいます。

髪を明るめのカラーにしておけば目立たなくすることができます。基本的にはアッシュ系やグリーン系がおすすめで、ハイライト(ところどころに明るい毛束を入れる)で白髪を見ただなくする方法もあります。

髪型はストレートよりふわふわしたパーマヘアのほうが白髪が目立ちにくく、頭頂部に分け目を付けない方法も白髪を自然に隠せます。

まとめ

ママアイテムがおすすめしたい白髪染めを、数ある商品の中から厳選して11種類ご紹介しました。

白髪染めにも様々な種類があり、一番定番であるヘアカラーでもクリームタイプ・乳液タイプ・ジェルタイプ・泡タイプなど形状も多数で、さらにヘアマニキュア・トリートメント・ヘアマスカラ等たくさん揃っています。

白髪が生えていると一気に印象が老けて見えてしまうので、特に女性は気になりますよね。白髪染めは使ってみなければ分からない……という部分もありますので、その中から自分に合った見つけるのは、なかなか困難になってしまいます。

この記事を読んで、そんな「どの白髪染めを買えばいいか分からない」と悩む方の、少しでも参考になれば幸いです。

自分のライフスタイルに合ったものを選んで手軽に白髪染めをして美しい髪を手に入れましょう!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします