トリュフ塩のおすすめ12選!トリュフと塩の種類で選ぶ

普段の料理がたったの一振りで高級感溢れる料理になるトリュフ塩がおすすめです。生活をリッチな気分にしてくれるトリュフ塩ですがどれを選んでいいのか迷ってしまいません...

普段の料理がたったの一振りで高級感溢れる料理になるトリュフ塩がおすすめです。生活をリッチな気分にしてくれるトリュフ塩ですがどれを選んでいいのか迷ってしまいませんか?使い方もイマイチよくわからないとの声も。トリュフ塩を選ぶ方法はこの記事を読めばOKです!リーズナブルなトリュフ塩で食卓をワンランクアップさせてみませんか?

ママアイテム編集部

トリュフ塩のおすすめな選び方3つ

トリュフ塩と一口にいっても黒と白のトリュフに対していろいろな種類の塩があります。選び方を参考にしながら自分の調理スタイルや用途に合ったトリュフ塩を選んでみてくださいね!

1.黒トリュフ?白トリュフ?トリュフの種類をチェック

トリュフ塩は旬の短いトリュフを一年間を通じて楽しめるように作られた調味料。トリュフ塩はフリーズドライされたトリュフと塩から出来ています。

トリュフ塩に使われるトリュフには黒トリュフと白トリュフの2種類があり、白トリュフは黒トリュフよりも芳醇で香りが強いのが特徴。

白トリュフは黒トリュフよりも取れる数が少なく高価ですがトリュフ塩として加工されると両方とも値段はそれほど変わりません。

基本的な使い分けは、調理中の味付けに使うのなら黒トリュフ、調理後に振りかけて使うのなら白トリュフがおすすめです。

トリュフは独特の官能的なまでの香りが特徴です。初めての方は黒トリュフ塩から使ってみるのがよいでしょう。香りの感じ方には個人差がありますのでせっかく買ったのに戸棚で眠っているなんてもったいないですよね。

黒トリュフ塩が気に入ったら次は白トリュフ塩を試してみると失敗がありません。

2.どの土地のトリュフが美味しいの?産地をチェック

トリュフの産地ではフランスとイタリアが特に有名です。黒トリュフならフランスのペリゴール地方、プロヴァンス地方、ウンブリア地方のものが有名で高級品です。

イタリアでもピエモンテ州アルバ、トスカーナ州サンミニアート、マルケ州アックアラーニャは三大黒トリュフ産地として有名ですね。

白トリュフはイタリアのピエモンテ州アルバが名産地として有名です。トスカーナ州サンミニアートや、マルケ州アクアラーニャも地元では有名な産地です。

最近では中国でもトリュフが取れるようになったので今後はリーズナブルなトリュフ塩が手に入るようになるかも知れませんね。

3.お肉に合う岩塩と魚介類や野菜に合う海塩

トリュフ塩に使われる塩には岩塩と海塩の2種類があります。岩塩は地上で長時間かけて塩の結晶になったもの。そのため塩本来の味が濃縮されていて塩辛いのが特徴。赤身の肉やクセの強い肉などの香りの強い食材を引き立てます。

海塩は海から汲み上げた海水を使用して結晶化させた塩。しょっぱさだけでなく海水のミネラルまで含んだうまみを感じられるのが特徴。あっさりした料理、野菜の煮物や魚介類の料理にとてもよく合います。

食材の種類にしっかりと塩を合わせたいですね。 

トリュフ塩の販売店

最近ではスーパーでも見かけるようになったトリュフ塩ですが信頼できるお店で質のよいものを買いたいですよね。信用できる有名なお店を紹介します。

1.成城石井

1927年創業の老舗スーパーマーケット成城石井。関東地方を中心に、中部地方、近畿地方に店舗を構えています。輸入食料品をいち早く広めたパイオニア的スーパー。最近では駅ナカにも出店しています。

2.カルディ

無料のコーヒーサービスがうれしいカルディ。洒落た雰囲気の中で高級感のある輸入食材を選べるのが魅力です。全国44都道府県で店舗展開しているので利用したことがある人も多いはず。

イオングループ系列のショッピングセンター内にも出店しているので利用しやすいですね。

3.伊勢丹

1886年創業の老舗デパートです。新宿を中心とした関東地方と静岡、新潟、京都に出店しています。ファッションに強いデパートとして有名ですが食材の品揃えにも定評があります。

伊勢丹タータンチェックの紙袋に一度は憧れたことがありますよね。

4.サルメリアロッキュー(69デリカテッセン)

サルメリアロッキュー(旧69デリカテッセン)はイタリア産の生ハムやサラミを専門に販売している食べログTOP1000に入るほどの人気店。

東京都調布市で店を構えており、お酒と最高にマリアージュするお肉に出会えるお店です。

今回の商品の選定ポイント

このポイントをチェックしながらトリュフ塩を選べば、迷っているあなたにもぴったりなトリュフ塩を見つけることができますよ。

  •  内容量 
  • 原産国 
  • トリュフの種類 
  • トリュフの産地 
  • 塩の種類 

今、編集部がおすすめするトリュフ塩はコレ!

トリュフ塩を初めて試したい方におすすめしたいのがタルトゥフランゲの「黒トリュフ塩」です。まずは黒と白どちらかを選ぶかで迷われると思いますがトリュフは香りが強いキノコですので中には苦手な方も。 まずは香りが柔らかい黒トリュフでご自分に合うかどうか試してみるといいでしょう。

タルトゥフランゲ「黒トリュフ塩」

  • 内容量 30g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  •  トリュフの産地 イタリア ピエモンテ州
  • 塩の種類 海塩(フランス)

数多くの星付きのレストランでの採用実績がある黒トリュフ塩!

黒トリュフ塩といってもたくさんの種類の製品が各国から発売されています。いくらおいしい黒トリュフ塩でも味の好みは人それぞれですので評価は分かれます。

しかし、レストランで使用されている黒トリュフ塩はどうでしょうか。 レストランという厳しい世界で数多くの製品から厳選された黒トリュフ塩。お店の料理がおいしくなかったら二度とお客さんは来店してくれませんよね。

そんな失敗の許されないレストランの世界で認められたということは大きな価値があると言わざるを得ません。

「数多くの星付きレストランで実際に使われていること」それがこのタルトゥフランゲ「黒トリュフ塩」をおすすめする一つ目の理由。残酷な現実ですが品質が落ちれば当然レストラン側は別の黒トリュフ塩へ変更してしまいます。

その厳しいプロの舌を満足させてきた商品に間違いはありません。それに加えて多くのお客さんの舌も満足させてきたという証でもありますから。

また、この黒トリュフ塩は海塩を使用しています。 トリュフの高貴な香りと海塩の深いうまみが味わえるのが二つ目のおすすめの理由です。

トリュフの匂いと塩のうまみが食材本来のおいしさを最大限に引き出しつつ、料理の格を数段回押し上げます。

一振りするだけでこんなにも料理がおいしくなる調味料が他にあるでしょうか。手間ひまをかけないで調理(一振りするだけなので調理とも呼べません)が楽なのにもかかわらず、おいしくなるという夢のような黒トリュフ塩ですね。

手に入りやすくどんな料理にも合わせやすい!おすすめ黒トリュフ塩7選

黒トリュフはトリュフの基本です。黒トリュフ自体は非常に高価ですがトリュフ塩になるとグッとお求めやすくなります。産地と塩の種類を確認しながら気になる黒トリュフ塩を探してみてください。

いつもの食卓がたったの一振りによって豪華になりますのでご自宅のメニューを想像しながら黒トリュフ塩をチェックしてみましょう!お料理との相性まで考えると選択の幅が広がりますよ。

1.T&C「テンタツィオーニトリュフ塩」

  • 内容量 50g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア マルケ州
  • 塩の種類 海塩(イタリア)

嫌味のない黒トリュフの香りと海塩の滋味深いコク!

1955年の創業T&C社はイタリアのマルケ州アクアラーニャでトリュフ加工食品を中心としたイタリア高級食材の製造しています。歴史ある老舗のトリュフメーカーなので信頼度が高いですね。

「テンタツィオーニトリュフ塩」は香りが絶妙に仕上がっていますので、嫌味なくトリュフの風味を楽しむことができます。焼いたお肉との相性は抜群ですから、ぜひ赤身肉に合わせてみてください。

いつものお肉がまったく別物に生まれ変わります。海水のミネラルのうまみがまろやかに口の中に広がるのもおすすめの理由です。

キツイ塩辛さではないので食材の本来のうまみをさらに引き出してくれる黒トリュフ塩ですね。海水の滋味深いコクを味わいたい方はどうぞ。

2.ディーンアンドデルーカ「トリュフソルト」

  • 内容量 30g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 海塩(産地不明)

上品な香りでインスタ映え抜群な黒トリュフ塩!

かわいいトートバックで有名なディーンアンドデルーカの黒トリュフ塩です。パウダー状に挽いた黒トリュフとさらっとした海塩が特徴。

ビジュアル的には黒トリュフをたくさん確認できるのでインスタ映え抜群なのもおすすめの理由です。 贅沢な雰囲気を演出できますよ。

また黒トリュフの香りは非常に上品です。たくさん振りかけてもトリュフ感が強くなりすぎないので食材の味を決して邪魔しません。

気高い香りでスクランブルエッグからフォアグラまでカバーするオールマイティーな黒トリュフ塩です。「えっ!」というほど贅沢に振りかければリッチな気分に浸れますよ。

3.カシーナロッサ「イタリアンフレーバーソルト トリュフ」

  • 内容量 100g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 海塩(産地不明)

日常的に使うならコスパが最高の黒トリュフ塩!

「イタリアンフレーバーソルト トリュフ」は濃厚な黒トリュフの強烈な香りが楽しめます。強い香りが苦手な方は控えたほうがいいかも知れません。ほんの少量でも強力な香りを放ちますので少量ずつ使うのがおすすめ。100gもあってなかなか量が減らないので日常的に黒トリュフ塩を頻繁に使いたい方にはピッタリです。また塩がサラリとしているので分量の調整がしやすいのでスープや煮込み料理で使用すると使い勝手がよいですね。

4.Tetsuya's「トリュフソルト」

  • 内容量 100g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア アブルッツォ州
  • 塩の種類 海塩(イタリア)

世界的に有名な日本人シェフが作る和風の黒トリュフ塩!

「トリュフソルト」は日本人の和久田哲也氏がオーナーシェフを務めるTetsuya’s Restaurantの黒トリュフ塩です。このレストランはオーストラリアのシドニーにあり、予約はいつも4ヶ月先まで一杯。予約なしで訪れたトム・クルーズの入店を断ったほどの超人気店。和久田哲也はフレンチと日本料理をベースした料理を作っているので、日本人なら絶対に分かる懐かしいうまみをトリュフ塩で表現しています。オリジナリティあふれる芳醇さは様々な食材と相性がいいので材料を選べすに楽しめますね。焼き鳥や半熟卵が別の料理かと思うほど劇的に変貌します。

5.サバティーノ・トリュフ「黒トリュフソルト」

  • 内容量 100g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 海塩(産地不明)

普通のバーベキューがオシャレでリッチになる黒トリュフ塩!

一流の有名レストラン以外には卸さないというイタリアのサバティーノ・トリュフ社の黒トリュフ塩。強烈なのトリュフの香りがたっぷり楽しめる100g仕様です。本場のイタリアのクラクラするようなトリュフの香りを楽しみたい方にはおすすめ。いろいろな料理にも使えて便利ですが特にバーベキューへ持参するのがイチオシ!大容量なので大人数でも大丈夫ですし、「これおいしいね!!」と褒められること間違いなしの黒トリュフ塩です。普通のバーベキューがトリュフ塩を一振りするだけでリッチなセレブバーベキューに大変身しますよ!

6.サバティーノ・トリュフ「トリュフゼスト」

  • 内容量 50g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 不明

塩分を控えたい方の黒トリュフ塩(トリュフパウダー)!

サバティーノ・トリュフ「トリュフゼスト」はこれまで紹介した黒トリュフ塩とはちょっと違って 「トリュフパウダー」です。黒トリュフ塩にスパイスが加わっているので複雑で芳醇な香りが楽しめますよ。トリュフの香りがやさしくなっているので ラーメン、焼きそば、中華料理、お寿司等まで和食から洋食料理に幅広く使えます。一振りするだけでトリュフ感あふれる高級フレイバーを手軽に味わうことができます。また通常のトリュフ塩はかけすぎて塩分過多になりやすいのですが、スパイスが加わっていることによって少量の使用でも十分満足できます。塩分が気になる方におすすめですね。

7.ジオフーズ「黒トリュフソルト」

  • 内容量 50g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 黒トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア ウンブリア州
  • 塩の種類 海塩(イタリア)

カルボナーラをセレブな一品にする黒トリュフ塩!

ジオフース社のトリュフ採集は少数精鋭の地元のベテラン職人に依頼しています。大手の会社にはない、小さな会社だからこそできる小回りの良さが特徴。イタリア産の細かい海塩を使用しているのでカルパッチョなどの海鮮料理やお肉、さらにミートソースのパスタによく合う黒トリュフ塩ですね。いろいろな料理を引き立ててくれますが特におすすめなのはカルボナーラです!クリーミーなカルボナーラがトリュフ塩の濃厚香りでセレブな一品にグレードアップしてしまいます。いつものメニューを変身させて家族をサプライズするのもおすすめです。

芳醇で高貴な香りが魅力!おすすめ白トリュフ塩4選

トリュフの中でも最高級な白トリュフ。たった1キロで50万円にもなるそうです!その白トリュフを贅沢に使った白トリュフ塩はどれを選べばよいのでしょうか?それぞれの白トリュフ塩の違いをお伝えしていますので自分に合ったものを選んでください。白トリュフ自体ほど高価ではないですが決して安い調味料ではないのでおいしいものと出会いたいですよね。

1.タルトゥフランゲ「白トリュフ塩」

  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 白トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 海塩(フランス)

肉のレベルを3段階引き上げてしまう魔法の白トリュフ塩!

イタリアのタルトゥフランゲ社の「白トリュフ塩」は容量が30gです。白トリュフが貴重なので容量も控えめ。これは肉料理に用いるのがおすすめの白トリュフ塩ですね。それほど高価ではないお肉でもおいしさのレベルを3段階引き上げてしまう魔法のパウダー。少量の使用でも香りが引き立つので塩コショウとの併用でも十分満足できます。乾燥しやすいの湿気には十分気をつけてくださいね。

2.サッキ「白トリュフ塩」

  • 内容量 50g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 白トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア マルケ州
  • 塩の種類 海塩(イタリア)

フランスの超有名レストラン・ロブションで使用されている白トリュフ塩!

セレブ感あふれるかわいい容器のサッキ社の「白トリュフ塩」です。 自社で収穫し厳選した白トリュフを使用し 熟練の職人が丁寧に製造。フランスの超有名レストラン・ロブションでも使用されています。容量が50gと多めに入っているので白トリュフの香りを存分に楽しみたい方にはピッタリですね。「こんなにかけるの!?」と言われるくらいふんだんに料理にかけて贅沢な時間を過ごしましょう。

3.ボスコヴィーヴォ「白トリュフソルト」

  • 内容量 50g
  • 原産国 イタリア
  • トリュフの種類 白トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア
  • 塩の種類 (不明)

天ぷらとのマリアージュが最高の白トリュフ塩!

イタリアの中部トスカーナ地方にあるボスコヴィーヴォ社の白トリュフ塩です。30年以上の経験を積んだベテランのトリュフ収集家に収集を依頼しているのでその品質は折り紙付き。蓋をあけると白トリュフ本来の濃厚な香りが部屋中に広がります。白トリュフの香りを十分に堪能したいなら、天ぷらの付け塩として用いるのがおすすめです。揚げたてアツアツの天ぷらとぜひ合わせてみてください。想像を絶するマリアージュの世界が広がりますよ!

4.ウルバーニ「白トリュフソルト」

  • 内容量 100g
  •  原産国 イタリア
  • トリュフの種類 白トリュフ
  • トリュフの産地 イタリア ウンブリア州
  • 塩の種類 海塩(フランス)

毎日の卵料理が高級料理になってしまう白トリュフ塩!

イタリアのウンブリア州政府とウルバーニ社が共同開発した特許技術を用いたトリュフより抽出された「トリュフアロマ」によって香りづけされ白トリュフ塩です。人工的な臭いがないので自然そのままの白トリュフの香りがします。 100gという大容量なので量を気にせずに使えますよ。毎日の平凡な料理がごちそうに早変わり!サラダに目玉焼きにオムレツにさっと一振りするだけで高級レストランの味になってしまいます。ちょっとしたプチ贅沢は心が豊かになっていいですよね。

トリュフ塩を購入時の気になる疑問・質問

トリュフ塩は知られてきたとはいってもまだまだ知名度が高い調味料ではありません。トリュフ塩についての疑問や質問に答えていきますね。

Q1:夏トリュフ(サマートリュフ)って何?

黒トリュフは収穫する時期によって3つに分けられます。そのうちで5月中旬~9月にフランスやスペインで採れるのがサマートリュフ(夏トリュフ)です。他の時期に比べて品質は劣りますが「夏に楽しめるトリュフ」として人気なトリュフで、初ガツオやボジョレーヌーヴォーのような存在です。その年で初めて食べられるようになるので質というよりも「今年も食べられるようになった!」という初物の価値があるのですね。

Q2:トリュフ塩を使ったおすすめレシピは?

卵料理、肉料理、魚料理と多くの食材と相性のいいトリュフ塩。目玉焼きやスクランブルエッグやオムレツに黒トリュフ塩を振りかけるだけで高級ホテルの朝食に早変わり。セールで買ったお肉もフレンチレストランで食べる高級ステーキに大変身。白トリュフ塩ならサラダのドレッシングの塩を白トリュフ塩に変えるのがおすすめです。一皿3,000円のサラダへランクアップします。いつもの料理に使っているの塩をトリュフ塩に変えるだけであっという間にリッチな味になりますよ。 

Q3:トリュフ塩の意外な使い方は?

トリュフ塩は海外のものなので意外なのですが日本の料理にも合います。おにぎりを握るときに普段の塩の代わりにトリュフ塩を使用するとフレンチ風高級おにぎりにの出来上がり!トリュフの香りとご飯の甘味がマッチします。それから水炊きに振りかけるのも絶品です。水炊きは淡白な味付けなのでトリュフ塩がよく合いますよ。鳥の風味をランクアップしてくれます。もう一つはポテトチップスにかけるのもおいしいです。100円のポテトチップスが1,000円くらいの最高級なポテトチップスへレベルアップできてしまいます。急な来客があってもちょっと贅沢なおつまみがすぐに用意できますね。

まとめ

初めての調味料や食材は誰でも不安がありますよね。しかしその一方で新しい味の発見にドキドキもします。トリュフ塩という魅力的な調味料で普通の毎日がハッピーになりますよ。 塩としては少々高価ですが手が出ないという価格ではありませんし、贅沢なランチを食べたと思って、まずは自分に合いそうなトリュフ塩を試しましょう。

あなたに合ったトリュフ塩がきっと見つかります。いつもの食卓にちょっと高級な一皿を増やしてみてくださいね。お友達を集めて塩トリュフパーティーなんて盛り上がりますよ!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします