洗顔用純石鹸のおすすめ7選!純石鹸として成分が本物な商品を厳選

近頃ブームになっている「純石鹸」での洗顔。純石鹸は「できるだけ刺激の少ない洗顔料を使用したい!」という人に好まれている石鹸です。そこで、純石鹸の選び方やおすすめ...

近頃ブームになっている「純石鹸」での洗顔。純石鹸は「できるだけ刺激の少ない洗顔料を使用したい!」という人に好まれている石鹸です。そこで、純石鹸の選び方やおすすめ商品をママアイテム編集部でリサーチしましたよ。これで、あなたの肌が変わるかも!?

ママアイテム編集部

洗顔用純石鹸のおすすめな選び方4つ

洗顔はスキンケアの基本とよく言われますが、ちゃんとした洗顔料を選ばないと肌トラブルの原因になってしまいます。洗顔用の純石鹸はたくさんのメーカーから販売されていますが、どんな風に選べば良いのかをチェックしていきましょう。

1.成分を確認!正しい「純」石鹸をチェック

石鹸タイプの洗顔料の中でも、純石鹸というのは「脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上」と定義されています。成分をしっかりチェックして、正しい純石鹸を選ぶようにしましょう。

「無添加石鹸」と同じものだと思われがちですが、全く別物です。純石鹸と無添加石鹸の違いについては、下記のQ&Aで詳しく紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

2.肌にやさしい!純石鹸のメリットをチェック

純石鹸は天然由来の成分でできているため、肌に刺激が少ないことが一番のメリットでしょう。水に触れるとアルカリ性に変化してタンパク質を溶かすという性質があるため、強い洗浄力がある洗顔料を使わなくても古い角質などを取り除くことができます。

また、洗顔の際に肌にとって不必要な皮脂のみ洗浄してくれるため、肌の乾燥や肌のバリア機能を弱めるリスクを低減させることができます。

また、原料が天然成分ですので、排水溝に流しても環境に優しいというのもポイントですね。

3.知っておこう!純石鹸のデメリットをチェック

純石鹸は洗浄力が弱いため、濃いメイクを落としきれないというデメリットがあります。そのため、アイメイクなどのポイントメイクは事前に落としてから洗顔をした方が良いようです。

また、自分で泡立てて使う仕様になっているため、ポンプ式で泡が出るタイプの洗顔料などに比べると泡を作る手間はかかるというデメリットはあります。

4.価格相場と買うべき値段をチェック

最安値価格帯

売れ筋価格帯

高級価格帯

100円〜200円

300〜500円

1,000〜3,000円

純石鹸は一般的な洗顔料に比べて、比較的リーズナブルな価格の商品が多いです。最安値だと、100円台で購入できるものもあります。

これから紹介する売れ筋価格帯の純石鹸も、そのほとんどが500円以内で購入できるため、気軽に購入しやすいでしょう。容量も大きめのものが多く、リーズナブルなのも魅力的です。

高級価格帯のものは厳選した食品原料のみを使用して、口に入っても安全と謳われているほど人にも環境にも優しい製法で作られているものもあります。

純石鹸は価格に関わらず敏感肌やアトピー肌の人でも肌に刺激が起こりにくいため、肌荒れに悩む方には是非一度試していただきたい洗顔料の1つです。

洗顔用純石鹸のおすすめメーカー・ブランド

洗顔用の純石鹸は様々な企業から販売されていますが、注目のメーカーやブランドをチェックしてみましょう。

1.ねば塾

長野県佐久市発祥の「ねば塾」は、純石鹸をはじめ粉石鹸や化粧石鹸、ヘアケア商品などを製造している会社です。また、障害者と健常者という概念を捨て、行政からの福祉的補助金を受けずに業務を行っていることでも注目されています。

2.ミヨシ石鹸

繊維石鹸の製造を開始したのは大正10年。「せっけんのミヨシ」と、古くから親しまれてきた石鹸ブランドです。質の高い脂肪酸へのこだわりを持ち、ピュアな無添加石鹸を製造しています。

3.カウブランド

創業100周年のカウブランドは、石鹸や化粧品などの製造を行っている会社です。無添加であることはもちろん、長年の研究を重ねて肌トラブルで悩んでいる人でも安心して毎日使用できる「優しく、気持ち良い」商品を販売しています。

今回の商品の比較ポイント

お待たせしました!これからママアイテムがリサーチして選出した優秀純石鹸を紹介していきます。選定ポイントは以下の3つ。ぜひ、購入時の参考にしてみてください。

  • 内容量

  • 原産国

  • 石鹸のタイプ

今、編集部がおすすめする人気の洗顔用純石鹸はコレ!

まずは、今一番ホットな純石鹸をチェックしてみましょう。口コミの評価も高く、コスメランキングでも常に上位にランクインするのは、この純石鹸です!

高濃度 竹塩石鹸

全身にも使える安心のさっぱり無添加石鹸

こちらは全身で使えるため、頭から足の先まで使える石鹸です。界面活性剤や防腐剤、アルコールや合成着色剤などが全てフリーで敏感肌やアトピーの人にも安心して使ってもらえます。さっぱりとした洗い上がりでしっとりしているので、オイリー肌の方でもつっぱること無く使えますよ♬

優しく洗ってお肌をいたわる!おすすめの洗顔用純石鹸5選

ただの無添加ではない、本当におすすめできる安全、安心の純石鹸を紹介していきます。リーズナブルな価格帯のものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

1.はるほのか お茶せっけん

  • 内容量:80g
  • 原産国:日本
  • 石鹸のタイプ:固形

繰り返すニキビや肌荒れにも効果的!手作り無添加石鹸

こちらは国産コメヌカ油に宇部市小野の良質な山口茶を高濃度に抽出し、ブレンドした石けんです。保湿が高くお肌に負担をかけることなく不要な汚れを吸着し、しっとりとした美肌へ導きます。なんと、販売実績は累計10万個を突破しました。開発者である赤瀬直子さんは13年間悩み続けてきた地震の肌トラブルを改善するために開発しました。もともとは自分で使用していたのですが、肌トラブルに悩む女性にも提供したいという思いからバザーに出店したところ、使い心地の良さや美容効果が口コミで話題に。そのあと会社を設立し、本格的に製造販売を始めました。

自然な泡立ちで使い心地が良く、無添加で低刺激だからお肌に優しいです。「使い続けるうちに肌荒れが改善した!」「肌の潤いが良くなって肌に透明感が出た!」などの口コミが多く、ニキビやアトピーなど肌トラブルで悩んでいる女性を始め、多くの愛用者がいる人気商品です♬

2.シャボン玉「無添加せっけん 純植物性シャボン玉 浴用」

  • 内容量:100g×3

  • 原産国:日本

  • 石鹸のタイプ:固形

愛用者続出!子供でも安心して使える純石鹸

おもに国産の牛脂を使用して作られた無添加石鹸。酸化防止剤は一切無配合のこだわりの無添加石鹸です。石鹸成分のみで作られているため、敏感肌の方はもちろん、小さな子供から大人まで安心して使える処方になっています。

洗い上がりはさっぱりしますが、天然の保湿成分が肌に潤いを与えてくれるため、洗い上がりの肌はしっとりします。肌荒れなどの肌トラブルが減ったという口コミが多く、84%もの方が「肌が良くなった」と回答、リピーターが続出している注目の純石鹸です。

サイズは100gのタイプと155gの大容量タイプがあります。家族で使用したい方にもおすすめです。

3.畑惣一郎商店「坊っちゃん石鹸 釜出し一番」

  • 内容量:100g

  • 原産国:日本

  • 石鹸のタイプ:固形

大正時代から親しまれている窯出し一番石鹸

坊ちゃんマークが特徴的な「坊ちゃん石鹸」は、肌へのやさしさへこだわって作られている純粋無添加石鹸です。天然の牛脂とヤシ油を独自の混合比で使用。着色料や酸化防止剤などの添加物は、一切含まれていません。

枠練り法という、石鹸分子の結晶化を進行させて製造する溶け崩れが少ない製法で作られています。みずみずしい使用感のため、乾燥肌や肌トラブルに悩む方にもおすすめできる優秀な純石鹸です。

4.天使の石鹼「米ぬか純石鹼」

  • 内容量:130g

  • 原産国:日本

  • 石鹸のタイプ:固形

全身に使える無添加石鹸!ジャンボサイズでコスパも◎

山田錦の産地として有名な契約農家の米ぬかを使用した贅沢純石鹸です。米ぬかには、医療品として認められているガンマオリザノールという成分が豊富に含まれていて、シミなどの原因となる酵素の活性を抑えたり、紫外線を防止する働きがあります。

全身用としても、洗顔料としても使用できる優しい処方で、原料油に含まれているミネラル、鉄分をはじめ、ビタミンB1、B6などの栄養分が含まれています。長時間乾燥させて熟成しているため、優しい洗い上がりが特長です。

通常より大きめな130gのため、コスパ面でもお得!赤ちゃんからご年配の方まで使えます。寒い時期の乾燥が気になる方や、しっとり感を残して洗い上げたい方にもおすすめできる純石鹸です。

5.カウブランド「無添加せっけん」

  • 内容量:100g×3

  • 原産国:日本

  • 石鹸のタイプ:固形

優しさにこだわった高品質の無添加石鹸

食用原料として使用される高品質の天然油脂が主原料で、国産石鹸素地100%の高品質の純石鹸です。熟練の技術で約1週間かけて熟成された、こだわりの設計で作られています。

豊かな泡立ちが特徴で、肌に潤いを残しつつもすっきりとした洗い上がりを実感することができるでしょう。

また、皮ふアレルギーテストを実施して作られているため、肌が弱い方でも安心して使えます。(※全ての方にアレルギーが起こらないという訳ではありません)

天然成分でさっぱり!おすすめの液体タイプの洗顔用純石鹸1選

ここまで紹介した純石鹸はおもに固形タイプでしたが、純石鹸では珍しい液体タイプのおすすめ商品を紹介します。使用感の好みはあると思いますが、液体タイプはすすぎやすく量が調節しやすいというメリットがあるため、要チェックですよ。

1.Olive Drops「Olive Drops」

  • 内容量:250ml

  • 原産国:日本

  • 石鹸のタイプ:液体(ジェル)

オリーブオイル100%でできている液体タイプの純石鹸

界面活性剤、鉱物油、着色料など、添加物を一切使用していない天然オリーブオイルを主原料に配合した全身に使用できる純石鹸(カリ石鹸)です。

オリーブオイルの脂肪酸は「オレイン酸」ですが、元々人の皮脂にも多く含まれる成分であるため馴染みが良く、乾燥しがちな肌に潤いを与えて乾燥などの外的刺激から肌を守ってくれます。

水溶性があり、ジェル状に変化する特徴を持つカリ石鹸は素早くすっきりと洗い上げてくれるため、肌にも負担がかかりにくいです。

洗顔用純石鹸を購入時の気になる疑問・質問

一般的にあまり知られていない純石鹸ですが「本当に肌に良いの?」って疑問に思う方もいるようです。そこで、純石鹸についての気になるQ&Aを紹介します!

Q1:純石鹸と無添加石鹸ってどう違うの?

お伝えしてきたように「純石鹸」は、基本的には100%無添加処方の製品です。対して「無添加石鹸」とは、界面活性剤などの刺激性がある添加物が配合されていない製品のことを指します。とはいえ、薬機法という法律では無添加石鹸の定義が決められていないため、中には添加物が入っているものがあり、判断がしにくいというデメリットがあります。

Q2:純石鹸を使って肌断食をするのはおすすめできますか?

肌断食とはメイク用品やスキンケアを一切やめて、肌を再生、活性化させるという美容方法のこと。過剰なケアをすることによって疲れた肌を休める効果があるため、完全に無添加、且つしっかりと汚れのみを洗い流せる純石鹸はおすすめです。

ちなみに、肌断食のやり方にはいくつかの方法がありますが、中には純石鹸さえも使用しない方が良いという意見があるようです。もしも肌断食を行いたい方は、しっかりやり方をチェックして、自分に合う方法を見極めることも肝心でしょう。

Q3:純石鹸で洗顔すると乾燥したりニキビができたりと肌に良くないと効きましたが本当ですか?

基本的に、純石鹸には界面活性剤などの科学物質が含まれていないため、肌に負担がかかりにくくニキビのリスクは少ないようです。さらに、肌にとって必要な皮脂を残してくれるため、洗浄力の高いフォームタイプの洗顔料より肌に良いと言われています。

ただし、純石鹸の種類によっては肌の乾燥が起こってしまうこともあるようです。純石鹸の中でもグリセリンなどの保湿成分が含まれているものを選ぶと、肌の乾燥を防ぐことができますよ。

Q4:牛乳石鹸は純石鹸ですか?

「青箱」や「赤箱」と呼ばれる牛乳石鹸は、純石鹸ではなく「化粧石鹸」と言われるようです。牛乳石鹸の中には今回紹介した無添加シリーズもあるため、純石鹸をお求めの方は購入時に注意するようにしましょう。

Q5:純石鹸でメイクはクレンジングできますか?

普通のメイクや日焼け止めなら充分落ちると言われています。しかし、ウォータープルーフタイプのメイクアイテムなどは落としきれない可能性もあるため、純石鹸を使用している場合には落とし切れる範囲のメイクを行うなどの工夫が必要でしょう。

また、メイクが落ちなかったからといって何度も洗い直してしまうと肌への負担となります。どうしてもメイク落ちが気になるようであれば、肌に負担がかかりにくい乳液やクリーム、バームタイプのクレンジング料を併用すると良いかもしれません。

まとめ

究極の無添加とも言える「純石鹸」。おすすめ商品を紹介してきましたが、コスパの良さはもちろん、中には赤ちゃんから使用できる処方になっているものもあるため、低刺激の洗顔料を探している方には自信を持っておすすめできる製品です!

スキンケアの基本である洗顔料選びは美肌への第一歩!肌に優しい純石鹸、試してみる価値ありますよ。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします