リストラップのおすすめ11選!長さと硬さで選ぶ

リストラップはトレーニングを始めたばかりの初心者にこそおすすめのアイテム。着用するとトレーニング上級者のような雰囲気が漂うので、自分にはまだ早いと思っている人も...

リストラップはトレーニングを始めたばかりの初心者にこそおすすめのアイテム。着用するとトレーニング上級者のような雰囲気が漂うので、自分にはまだ早いと思っている人もいるかもしれません。しかし、初心者こそ着用した方が良い理由があるのです。この記事ではその理由を解説し、初心者におすすめの商品を一挙公開します。初心者用だけでなく上級者向けのリストラップも厳選して公開しているので、どのようなトレーニング段階にいる人でもきっと興味が湧くリストラップが見つかりますよ。リストラップの選び方のコツやよくある質問にも回答しているので、特に初心者の人にはぜひチェックしてもらいたい記事です。

ママアイテム編集部

リストラップのおすすめな選び方2つ

リストラップは下記の2つのポイントに沿って選べば、購入の失敗をする可能性が低くなります。

1.長さの特徴で選ぶ!リストラップの長さをチェック

リストラップにはさまざまな長さがあり、おおよそ30cm〜90cmまであります。その中でも60cm前後の商品が一般的です。

下記で長さの違いによる特徴を見てみましょう。

長いリストラップ

  • 帯が長いので何回も巻きつけが必要で手間がかかる。
  • 巻きつける具合や範囲を調整しやすい。
  • 手首のサポート力が高い。
  • マジックテープへの負荷が少なく長期間利用できる。

短いリストラップ

  • 装着が楽で、巻き直しも気軽にできる。
  • 手首のサポート力はそこそこ。
  • マジックテープへの負担が大きく消耗が早い。

長いストラップはトレーニングの頻度が高く、長期間に渡って利用する予定の人におすすめ。短いストラップは利用頻度が少なく、たまにトレーニングをする程度の人におすすめです。

リストラップの長さによってマジックテープの消耗度合いは変わってきますが、その度合いはマジックテープ自体の品質にも関わってきます。

消耗しにくい仕様のものや、粘着度が高いもの、幅広で負担がかかりにくいものなどさまざまな商品があるので、マジックテープの性能も一緒に見比べるとより正確に消耗性を確かめることができます。

2.適度な硬さを選ぶ!リストラップの硬さをチェック

生地が厚く硬いものは手首をがっちり保護してくれ安定感も増すため、高重量を扱うトレーニングには必須の仕様。しかし、硬すぎると逆に手首に負担をかけてしまうことも。

柔らかい生地はつけ心地は良いですが、本来の目的であるサポート力が弱いため、着用する意味があまりなくなってしまいます。

そのため、適度な硬さはありながら伸縮性もあるリストラップを選ぶことが重要。両者のバランスが良いものであれば手首にぴったりフィットしながらしっかり固定もしてくれ、快適に着用することができますよ。

リストラップのおすすめメーカー・ブランド

高品質のリストラップを販売していることで有名な3つのメーカーを紹介します。

1.Schiek(シーク)

リフティングベルトをはじめ、さまざまなトレーニング用品を開発しているメーカー。体のラインに沿うことのできるリフティングを世界で初めて開発したブランドでもあります。

世界中のアスリートやオリンピック出場選手も愛用し、世界85カ国以上で販売されています。

2.SBD

世界中で最も高い評価を受けているストレングススポーツ用品メーカーのひとつ。

スクワット、ベンチプレス、デッドリフトなどのウエイトトレーニングを行う人たちに長く愛用されている、確かな品質の製品を生み出し続けています。

3.ゴールドジム

初心者からプロアスリートまで、すべての人が結果を出せるようにあらゆることについて考えられているフィットネスクラブ。

1965年にカリフォルニア州のベニスで1号店をオープンして以来、半世紀にわたり多くのアスリートを輩出し続けています。

現在では世界30カ国、日本国内に45店舗以上もあり、300万人のメンバーが在籍。長い歴史と実地経験から得た知識を生かした製品作りには定評があります。

今回の商品の選定ポイント

下記の2点に注目してリストラップを厳選しました。

  • 長さ
  • 左右セット

今、編集部がおすすめするリストラップはコレ!

いち押しのリストラップは長い歴史を持ったウェイトトレーニング用品メーカーが作り、世界中で愛用されているこの商品です。

シーク「リストラップ フリーウェイトトレーニング用」

  • 長さ:60cm
  • 左右セット:◯

世界中のトレーニーが愛用しているアメリカ製のリストラップ

フリーウェイトトレーニング用のリストラップ。ぴったり手首に密着して関節を保護する商品です。

長さは60cmと成人男性の手首を3周することができるほど十分で、頑丈な生地で作られているため、しっかり手首を固定することが可能。ブレが減少し安定感が増します。

特にベンチプレスをするときに大活躍し、腱鞘炎になることを心配せずに思う存分付加をかけることができますよ。

カラーは、レッド、ブルー、ホワイト、ピンクの4色展開なのでトレーニングウェアに合わせて色を選ぶことができます。

リストラップは左右の区別があり、巻き方向や親指を引っ掛けるためのループはそれぞれが着けやすい仕様になっているのも◎。

アメリカで長い歴史を持つシーク社製で品質に定評があり、世界中のトレーニーが愛用しているおすすめのリストラップです。

手首を痛めずにトレーニング!リストラップおすすめ10選

リストラップは手首の関節を保護すると同時に、高重量を扱うパワーを出しやすくしてくれるアイテムです。

初心者向けから上級者向けまでさまざまなリストラップ10商品を一挙公開します。

1.武器屋「鬼リストラップIPF公認」

武器屋 鬼リストラップIPF公認target

  • 長さ:35cm
  • 左右セット:◯

パワーリフティング世界連盟の公認を取った製品

パワーリフティングの全国規模の大会ではパワーリフティング世界連盟(IPF)の認可を受けたリストラップしか使用できません。

「鬼リストラップIPF公認」はその名のとおり、連盟の認可を受けた製品なので安心して大会でも使用可能。赤の「鬼」ロゴが大会でも目立って強靭な印象を与えます。

リストラップは生地が強いほどサポート感はアップしますが、手首へのフィット感を出すためにはある程度柔らかくないといけません。

鬼リストラップは生地の織り方を工夫することによりフィット感を出し、競技選手へのヒアリングを重ねて導き出した扱いやすい範囲内での最高強度を実現。

装着感がよくサポート力もしっかりあるというバランスの取れた製品です。

ベンチプレス世界記録保持者の児玉大紀選手も使用しているという、お墨付きの製品でもあります。

2.FERRY「リストラップ」

  • 長さ:50cm
  • 左右セット:◯

幅広マジックテープでホールド感が高い

高弾力素材で作られたリストラップ。ウエイトトレーニング時の手首の角度維持や保護をしっかりできる製品です。

正しいフォームを身につけるために、手首の角度を維持することが基本。FERRYのリストラップを着用することで安定したフォームが自然と身に付き、怪我の予防にもなります。

厚みのある頑丈な生地で作られているので、耐久性が高いのが特徴。その上、伸縮性にも優れているので手首にピタリとフィットして快適なつけ心地です。

幅広のマジックテープで固定するため、ホールド感もばっちり。動きが多い手首でもズレずに使用することができます。

3.インザー「リストラップ」

  • 長さ:50cm
  • 左右セット:◯

フルギア選手の中での使用率はトップクラス

ウェアを着用してパワーリフティングを行うフルギア選手の中で、トップクラスの使用率を誇るリストラップ。生地は硬めなので、がっちりと手首を固定したい人におすすめの製品です。

マジックテープ固定式で、ゴムフックを親指にかけるだけで簡単に装着可能。左右が同じ仕様のため、どちらの手につけるものか確認する手間が省けます。

パワーリフティング競技公認品なので、大会でも使用できるのもおすすめポイント。パワーリフティングの本場であるアメリカのインザー社が作った本格的なリストラップです。

4.タイタン「シグネチャーゴールドリストラップ」

タイタン シグネチャーゴールドリストラップtarget

  • 長さ:90cm
  • 左右セット:◯

50cmでは物足りない上級者におすすめ

パワーリフティング用品のトップブランドであるタイタン社が作ったリストラップ。90cmとかなりの長さがあるので、ホールド力はこれ以上ないというほど最強のモデルです。

硬く強力な固定力があるにもかかわらず、締め付け感は少ないのが特徴。しなやかにフィットする快適なつけ心地です。

中心の赤いレッドラインをメインに、イエローとブラックを配した派手なデザインは注目をあびること間違いなし。

50cmでは物足りなかった人やパワーリフティング上級者におすすめのリストラップです。

5.ゴールドジム「ループ付きリストラップ G3511」

  • 長さ:50cm
  • 左右セット:◯

簡単に装着できて初心者にもおすすめ

筋力のトレーニングを行う人が多く通うジムである「ゴールドジム」が開発したリストラップ。黒地に黄色のゴールドジムのロゴが光っている製品です。

伸縮性に優れたコットンを使用して作られているため、フィット感が良いのが特徴。

マジックテープとループで簡単に装着でき、適度な強度があるので、初心者にもおすすめのリストラップです。

このリストラップをつけてゴールドジムでトレーニングを行えば気分も盛り上がりますよ。

6.InField「リストラップ」

  • 長さ:62cm
  • 左右セット:◯

プレミアム高弾性材質で快適なフィット感と固定力

厚みのあるプレミアム高弾性材質で作られたリストラップ。手首にフィットするので、激しく動いてもしっかり手首の関節を保護してくれます。

長さは62cmと長く、手首をがっちり固定することが可能。関節の痛みも軽減できますよ。

血液の流れを遮断しない適切な圧力で手首をしっかりサポートするのが◎。

レッド、イエロー、ブルーの3色から好みの色を選ぶことができることもポイントです。

ウエイトトレーニングだけではなく、登山やスポーツをするときの怪我予防など幅広く使うことができるおすすめ商品です。

7.ファンタスポ「リストラップ トレーニング グローブ」

ファンタスポ リストラップ トレーニング グローブtarget

  • 長さ:57cm
  • 左右セット:◯

粘着力の高いマジックテープでズレなし

柔軟さと頑丈さを併せ持ったリストラップ。手首の関節を保護しながら、出力をアップさせる製品です。

丈夫な生地で作られているため長持ちし、確かなホールド力で怪我が起こる可能性を低くすることが可能。幅広マジックテープは粘着力が高いものを採用しているので、ズレる心配がありません。

巻き方を写真付きで説明した説明書が付いてくるので、初心者でも迷わず装着することができます。右手用と左手用に分かれているので、さらに着けやすいのが◎。

ブラックをベースとして、レッドやイエローを差し色に使ったデザインもおしゃれです。

8.king2ring「リストラップ 手首サポーター pk360」

  • 長さ:60cm
  • 左右セット:◯

コットン素材で肌に優しいつけ心地

長さ60cmでユニセックスで使用できるリストラップ。化学繊維ではなくコットンで作られているため肌触りが良い製品です。

マジックテープは粘着力が高く、さらにケバになりにくいように内側に縫いこんであるので、長く愛用することが可能。

適度に収縮するコットン素材なので、ある程度の強度で手首を固定することができます。

洗濯ネットを使用すると洗濯機で丸洗いできるので、いつも清潔さを保つことができるのも良いですね。

おすすめポイントはカラー展開が豊富なところ。アッシュ、ピンクなど8種類のカラーから選ぶことができます。

9.WINDAUD「Wrist Wraps」

WINDAUD Wrist Wrapstarget

  • 長さ:61cm
  • 左右セット:◯

厳しい条件下のテストをパスした高品質のリストラップ

イギリスに本社があるブランドであるWINDAUDが作ったリストラップ。高弾圧性材質で作られているため激しい動きにも耐え、フィット感もある商品です。

プッシュアップ、ベンチプレス、アームカール、高重量スクワットなど手首を使用するすべての種目で大活躍。卓越した固定力で手首をしっかり安定させるため、体だけでなく心にも余裕が生まれます。

また、WINDAUD社は、厳しい条件下で行ったテストにパスした製品のみを出荷。商品には自信があるので、1年間の保証を付けています。

万が一不具合があった場合も対応してもらえるので安心ですね。

10.グロング「リストラップ」

  • 長さ:49cm
  • 左右セット:◯

伸縮性が高く締め付けの調整がしやすい

伸縮性に優れているので手首に巻きやすく、締め具合の調整もしやすいリストラップ。フリーサイズなので、男性女性や体格にかかわらず着用できる商品です。

リストラップはベンチプレス、ダンベルプレス、チェストプレスなどプレス(押す)系の種目で力を発揮します。トレーニングに慣れないうちは手首を寝かしすぎてしまう人が多く、それが原因で手首を痛めてしまうことも。

リストラップを着用することで不自然な角度に手首が傾いてしまうことを予防することができるので、プレス系種目に必須のアイテムといえます。

使用しないときはくるくると巻いてコンパクトに収納することができるので、持ち運びにも便利。

ループ付きなので素早く装着することができ、大きめのマジックテープでしっかり手首をホールドすることができます。

レッド、イエロー、ブルーの3色展開なので、気分によって色を変えるのも良いですね。

リストラップを購入時の気になる疑問・質問

リストラップに関するよくある質問に回答しました。

Q1:初心者がリストラップを付けるのはおかしいですか?

初心者こそ着用することをおすすめするアイテムです。

初心者はトレーニングのフォームがまだ定まっていないため、手首を寝かせすぎたり、不自然な位置でキープしてしまったりして、手首に負担をかけることが多いものです。

リストラップを着けていれば手首ががっちりホールドされるため、正しい角度を自然と維持することができ、手首にダメージを与えにくくなります。

また、ダンベルショルダープレスを行うときもリストラップをしていれば、手首のひっくり返りなどでの怪我を予防できます。

これらはリストラップのひとつの役目である「手首の関節の保護」です。

もうひとつの役割は「パワーをより出すことができる」ということ。手首をリストラップで固定することにより高重量を扱いやすくなります。

この2つめの役割から「リストラップは上級者が使うもの」というイメージを持っている人が多いですが、「手首の保護」という意味では初心者にこそ使ってほしいアイテムです。

まとめ

リストラップは大会に出ているような人や、ジムの中でも体が鍛え上げられた上級者がつけているイメージがあります。そのため、このようなことを考えるかもしれません。

「まだトレーニングを始めたばかりの体には不釣り合いかも」「必要もないのに格好をつけているだけと思われるかも」

しかし、リストラップは初心者から上級者まですべてのトレーニーに必要なアイテムです。初心者がつけていておかしい、などと思う人はいませんので安心してください。

この記事では、初心者におすすめのリストラップから上級者におすすめのリストラップまで紹介していますので、現段階に合ったものを選んでみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします