コラーゲングミのおすすめ10選!食感とフレーバーで選ぶ

コラーゲングミと聞いて、特別な機能性のあるグミのことだと思われた人も多いかもしれません。でも、実はお菓子としてスーパーやコンビニに沢山ならんでいるグミすべてに、...

コラーゲングミと聞いて、特別な機能性のあるグミのことだと思われた人も多いかもしれません。でも、実はお菓子としてスーパーやコンビニに沢山ならんでいるグミすべてに、コラーゲンが含まれています。美肌効果が期待できるコラーゲンが含まれているのですから、食べないなんてもったいない!グミは食感やフレーバーが豊富なだけでなく、その機能性もどんどん進化しています。そんな数多くあるコラーゲングミの中から、特におすすめの商品を紹介します。気になるコラーゲン含有量もしっかり調べてありますので、是非チェックしてみてくださいね。

ママアイテム編集部

コラーゲングミのおすすめな選び方4つ

グミはいろいろあり過ぎて選ぶのが面倒。いつも同じものしか購入しないという人も、次のようなポイントをチェックして新しい味を選んでみませんか?

1.フルーツ系やサイダー系など様々!フレーバーをチェック

グミにはさまざまな味があります。よく知られているのがフルーツ味。果汁の入っているものも多く、とてもジューシーな味わいになっています。その他にも、サイダーやコーラ味など飲み物系の味などバラエティー豊富なので、あなた好みの味を見つけてみましょう。

2.グミといえばやっぱり歯ごたえ!食感をチェック

グミが他のお菓子と大幅に違うのが独特な食感です。やわらかくてソフトな食感、固くてハードな食感、弾力のある固さのもの、もちもちとしているもの、すぐに溶けてしまうもの、中に別の味が入っているものなど幅広い種類があります。この食感は人によって好みが分かれるので、歯ごたえは重要なポイントです。

3.味や舌触りが変わる!パウダーの有無をチェック

グミの表面にパウダーがついているものがあります。このパウダー、酸っぱいものや甘い物、繊細な粉だけでなく食感も変えるようなシャリっ!としたものなどいろいろです。外側の表情がまったく違うものになるため、噛んで食べていくうちに味の変化を楽しめるのがパウダー付きの特徴です。

4.1袋でどれくらい摂れるか比較!コラーゲンの含有量をチェック

ゼラチンを固めて作られているのがグミ。ゼラチンには多くのコラーゲンが含まれています。コラーゲン含有量が商品名やパッケージに記載があるものとないものがありますが、グミには”必ず”コラーゲンが入っているのです。

●どれくらい入っているのか

コラーゲンの1日の必須摂取量は5,000~10,000mgと言われていますが、製品によって違いはあるものの、1袋に2,000mg~10,000mg のコラーゲンが入っています。一般的に売られているもので2,200~2,800mgと言われており、日本人のコラーゲン摂取量平均は2,000mgくらいなので、それを上回るくらい摂取できるのです。

●気になるのはカロリー

グミはサプリではなくお菓子なので、ダイエット中の人には注意が必要です。糖分が多いためグミのカロリーは高めです。160~170kcalが平均的ですが、商品によっては260~300kcal 以上あるものも多いのです。グミでコラーゲンを取って美肌を目指しても、通常の食事にプラスして量を食べ過ぎてしまっては太ってしまう可能性が高まります。

コラーゲングミのおすすめメーカー・ブランド

コラーゲングミの製造・販売メーカーはどれも有名すぎて知らない人はいないかもしれませんが、特におすすめの3つについて簡単に歴史や特徴を紹介します。

1.カバヤ

1946年設立のカバヤは、岡山県岡山市に本社を置く菓子製造メーカーです。子供たちに夢と希望を与えるお菓子作りを70年以上も行っています。キャラメルの製造から始まり、グミは1990年から製造を開始しました。社名は、おとなしくて平和を愛するイメージのあるカバから付けられており、1987年までカバのイラスト入りのロゴが使用されていました。

2.カンロ

1950年「宮本製菓株式会社」として始まったお菓子作り。1960年に醤油を隠し味に使用して製造した「カンロ飴」がヒットしたのをきっかけに、カンロ株式会社になりました。東京中野に本社を置き、菓子と食品の製造販売をしていきメーカーです。誰もが食べたことのあるキャンディーを数多く製造し、グミが作られ始めたのは1990年から。

3.明治

1917年創業の明治株式会社は、牛乳・乳製品・菓子・食品製造販売を手掛ける老舗メーカーです。グミの製造が始まったのは1988年と最も早く、果汁グミは日本国内でのグミの発売第1号です。2017年に創業100年を迎え、本社を東京中央区京橋に移転しました。キャッチコピーは「明日をもっとおいしく」です。

今回の商品の選定ポイント

グミ選びには次のようなポイントを押さえておきます。いろいろな商品があるので、選ぶのが楽しみになるはずです。実際に食べて試してみるのも良いでしょう。

  • 味 

  • 食感

  • 大きさ

  • パウダーの有無 

  • 内容量

  • 含有量

今、編集部がおすすめするコラーゲングミはコレ!

いろいろあって迷ってしまうグミの中でもイチオシはあります。味や食感、香り、コラーゲン量なども含めて一番のおすすめを紹介します。

明治「果汁グミコラーゲンマスカット」

  • 味 マスカット味

  • 食感 固い

  • 大きさ 普通

  • パウダーの有無 ×

  • 内容量 68g

  • 含有量 5000mg

薄緑色がきれいで美人になれそうなグミ

明治果汁グミがスタンダードなら、こちらはそのグレードアップバージョンと言える一品。ひと粒口に含むと、マスカットの芳醇な香りとちょっと甘酸っぱい味わいがふんわりと広がります。

少し固めな食感なのでおのずと噛む回数も多くなり、満腹感を得やすいため小腹が空いた時にもおすすめです。グミの形状もぶどうの実になっていて、ほっこりと癒されるかわいさも魅力です。

この商品は、美容だけでなく健康も気になる「大人の女性向け」に研究・開発されたグミです。脂質が少なくコラーゲンが多く含まれているので、美肌対策にもなるおやつです。マスカット果汁100%で自然な香りと味わい。美しい薄緑色は着色料不使用の天然の色です。

ゼラチンだけのコラーゲンではなく、吸収の良いコラーゲンぺプチド使用なのも嬉しい。20粒ほど入っているので量も多めです。いつもバッグに携帯して気づいた時に美活を始められます。

やわいかいソフトな食感のコラーゲングミ5選

グミは弾力が魅力ですが、グミ初心者やお子様でも食べやすいのはソフトな食感のもの。ソフトといってもその製品によって感じ方は人それぞれですが、比較的ソフトな部類に入るグミを5つ紹介します。

1.カバヤ「コラーゲン10000グミ」

  • 味 レモン・ピーチ・グレープ

  • 食感 やわらかめ

  • 大きさ 普通

  • パウダーの有無 ×

  • 内容量 150g

  • 含有量 10,000mg

納得のコラーゲン量でコスパもマル

3種類のフレーバーが個包装になって入っているアソートグミです。携帯に便利で内容量も多めなので、職場や友達同士などで分け合って食べているという人も多いグミです。味だけでなく食感もそれぞれ違うので飽きずに楽しめます。

コラーゲン量はなんと10,000mg。一般的に売られているグミの中でもダントツのコラーゲン含有量でありながら、価格はとてもリーズナブルです。しっかりとコラーゲン量を取りたいけれど、続けたいからあまりお金はかけたくない!という人におすすめです。

ヒアルロン酸も配合されているので、相乗効果でお肌の保湿性と弾力性をアップすることが期待できます。食べた次の日のお肌が、ちょっとプルンとしている気がするというお声もあります。

2.カンロ「ピュレグミ インナーサポート」

  • 味 ピーチヨーグルト・アサイーブルーベリー・ソイマンゴー

  • 食感 やわらかめ

  • 大きさ 小さめ

  • パウダーの有無 〇

  • 内容量 72g

  • 含有量 4,500mg

サプリ感覚!体の中からキレイに

グミにコラーゲンが入っていて美容効果があるといっても「お菓子でしょ?」というイメージはつきまとうもの。コラーゲンだけでなく、ピュレグミインナーサポートは、鉄分と乳酸菌も入っているので女性に嬉しい機能性グミです。1日13粒を目安に摂ることをおすすめしています。お菓子でありながら「サプリ機能」をしっかり果たしてくれます。

小さめのハート型ですが、その食感はソフトながらも歯ごたえもあるのですぐに無くなってしまわず、食べたい時にポイっと口にすればよく噛んで満腹感も得られます。噛むことは唾液の分泌も多くなり脳も活性化しますから、アンチエイジングにもつながります。

豆乳を使用したソイマンゴー味で女性ホルモンにも嬉しい影響が期待できるので、美意識の高い人のおやつにおすすめです。

3.明治「果汁グミ」

  • 味 グレープ・イチゴ・みかん・マスカット期間限定も続々。

  • 食感 普通

  • 大きさ 普通

  • パウダーの有無 ×

  • 内容量 51g

  • 含有量 2,700mg

まさにグミの王道!安心の味・食感・香り

グミ好きの人だけじゃなくても、知っている人が多いのが明治の果汁グミ。果汁100%なので人工的風味のお菓子が苦手な自然派にこだわる人にも満足いただける一品です。ぶどう味はぶどうの形、みかん味はみかんの形になっており、果物そのままの見た目もかわいい。

仕事の合間につまんでも手がべた付かないので、大人にも人気の果汁グミ。酸っぱさや刺激がないので子供たちにも大人気です。家族で取り合いになってしまうほど食べやすいグミです。

スーパーやコンビニなどで良く見かけるポピュラーな商品ですが、実はコラーゲンもしっかり2,700mgも入っています。フレーバーの豊富さでもよく知られ、期間限定やご当地限定のものが登場することでも話題です。

4.ブルボン「フェットチーネグミ」

  • 味 グレープ・コーラ・ソーダ・ピーチなど

  • 食感 もちもち

  • 大きさ 細長い

  • パウダーの有無 〇

  • 内容量 50g

  • 含有量 4,000mg

酸っぱさと甘さが絶妙!クセになる食感も魅力

シャリっとした酸っぱいパウダーが付いた、細長いフィットチーネ(パスタ)のような形状のグミです。初めて食べる人はその酸味に驚くかもしれません。市販されているグミの中で「もっとも形が薄い」ことが特徴です。

もちもちとしていてソフトな噛み応えで、子どもから大人まで大人気。酸味と甘さのハーモニーが魅力です。大量に食べ過ぎるとお腹が緩くなる場合があるので注意が必要ですが、後を引く美味しさと食べやすい形状のため、食べ始めると止まらない!という声も多いグミです。

グミの中では比較的低カロリー。すぐに食べきってしまわないようによく噛んで美容効果アップを期待しながら楽しみましょう。

5.カバヤ「ピュアラルグミ」

  • 味 巨峰・りんご・みかん・イチゴ

  • 食感 味によって違う。柔らかいのに噛み応え有り。独特な食感。

  • 大きさ 小さめ

  • パウダーの有無 〇

  • 内容量 45g

  • 含有量 2,000mg

とにかく美味しい!ハマる人続出

カバヤピュアラルグミは、限定もの、ご当地グミと幅広いフレーバー展開をしています。しかし「あまり店頭に置いていない」という声も多いようです。グミファンのみならず、グミは苦手だったけれどコチラには予想外にハマってしまった!という人も多い商品。

ネットで段ボール箱買いする人がいるほど。キープしておきたい、ちょっと他人には教えたくない美味しさです。

まわりはお砂糖のシャクシャクとした感触で中身はジューシーなので、グミらしい食感というよりはドライフルーツなどを食しているような感じです。苦手という人もいますが、そこがたまらないという人もいて、好みが分かれるかも。

ちょっと個性的なグミをお探しならピュアラルグミがおすすめです。

かたいハードな食感のコラーゲングミ4選

噛むことで満腹感を得られることはよく知られており、イライラ防止やストレスの解消に取り入れて欲しいのが、ハードな食感のグミたちです。ハード系グミは女性や子供たちだけでなく、大人の男性にも人気です。

1.UHA味覚糖「Cケアジューシーコラーゲン」

  • 味 レモン・グレープ・アサイー&ブルーベリー・青りんご

  • 食感 外側はパリッ!中はぷるぷる

  • 大きさ 小さめ

  • パウダーの有無 ×

  • 内容量 60g

  • 含有量 コラーゲン4,000mg ビタミンC2,000mg

コラーゲンの吸収を助けるビタミンC入り!

お肌の健康を意識する人なら常識ともいえるのが、「コラーゲンを効率的に吸収させるにはビタミンCが欠かせない」ということ。コラーゲンとともにビタミンサプリを併用している人も多いようです。

このグミは、そんな機能をしっかりとキープした歯ごたえのある商品です。クセになる食感で満腹感もバッチリ。

食べるだけで美容と健康をサポートしてくれるので、女性だけでなく男性にもおすすめです。さまざまな機能性が整っているグミなので、間食するのに罪悪感なく食べられるところもおすすめポイントです。

2.UHA「グミサプリ コラーゲン」

  • 味 グレープフルーツ味

  • 食感 固い

  • 大きさ 普通

  • パウダーの有無 ×

  • 内容量 約100g

  • 含有量 2粒1,000mg

コラーゲンをサポートする成分も充実!

同じコラーゲンでも低分子コラーゲンを600mg配合しているので、吸収率が違います。それだけでなく低分子ヒアルロン酸・アスタキサンチン・大豆イソフラボン・ザクロ果実エキスという5つの美容成分が、お肌や健康のためにしっかりタッグ。

お菓子的なグミではなく、効果を実感できるサプリメントを取りたいけれど続かない…という人におすすめなのがグミサプリシリーズです。

美容と健康をサポートしているので、コラーゲンだけでなく機能性表示食品として認められています。3歳以上のお子様が食べられるサプリとしてのグミもあり、幅広いラインナップです。

1日の摂取量2粒で約25kcal という低カロリーなのも嬉しい。グレープフルーツ味で食べやすく毎日続けられるので、楽しみながら美肌を目指せます。サプリなので規定の摂取量以上に食べないように注意しましょう。

3.カバヤ「タフグミ」

  • 味 ソーダ味・コーラ味・ジンジャーエール味

  • 食感 固い

  • 大きさ 大きめ

  • パウダーの有無 〇

  • 内容量 100g

  • 含有量 記載なし

男性ファンも多い大人味のグミ

グミには珍しいスタイリッシュな黒いパッケージが目を惹きます。

弾力の強いハードなグミであるだけでなく、甘すぎず炭酸系の刺激的なので大人が満足できる商品です。3種類の味はそれぞれきちんと際立っており個性を主張。飽きないグミタイムを楽しめます。

ハード系グミの中でも噛み応えはトップクラス。顎が弱い人や噛み続けることが苦手な人には「なかなか無くならないグミ!」と感じるかもしれません。顎関節に疾患のある人や小さいお子様にはお勧めできません。

早食いやドカ食いの防止につながるので、ダイエットサポートにピッタリ。普段早食い傾向の人が、じっくり噛む習慣づけをするのにもおすすめです。

逆に、どんどん食べられてしまうという人は要注意!カロリーが318kcalと高めです。

4.明治「GOCHIグミ」

  • 味 グレープ味

  • 食感 固い

  • 大きさ 大きめ

  • パウダーの有無 〇

  • 内容量 52g

  • 含有量 3,900mg

ジャリっと噛むとジューシーなグミが現れる

ザラメのような大粒のパウダーが特徴的なグミです。噛むと中のグミの酸味が際立ちます。粒が大きめなので、味を長く楽しめるのも魅力です。グミをいろいろ食べてきたというグミマニアの中でも人気の一品となっています。

もともと固いハード系ですが、さらに食感を固くさせるためにあえて冷蔵庫で冷やしてカチカチにしてから食すツワモノもいるほどです。

お腹が空いた時の間食用にしているという人もいますが、空腹時の甘い物は吸収率が良く血糖値が上がりやすいので、普段の食事はしっかり摂るようにしましょう。

コラーゲングミを購入時の気になる疑問・質問

グミはお菓子ですが、パッケージに美容・健康効果をうたったものも多く登場し、その機能性にも注目されています。

Q1:そもそもグミにはコラーゲンが入っているのでは?

グミの主原料はゼラチンです。ゼラチンはゼリーなどの材料として、固めることができることで知られていますが、その原料は動物の皮膚・骨・腱。まさにコラーゲンの塊。パッケージに特に記載がなくても、グミには必ずコラーゲンが含まれていることになります。

Q2:グミでコラーゲンを摂取して美肌効果はありますか?

コラーゲン=美肌効果という図式からグミを選ぶ人は多いのですが、残念ながらコラーゲンを摂取した分すべてがお肌を作るわけではありません。その多くは排出されてしまいます。

しかし、コラーゲンペプチドなどお肌への吸収率の高いコラーゲンを配合して作られたグミも増えており、適切な量を守って食べることで効果が期待できます。

グミを選ぶときは、コラーゲンの内容について詳しく記載してあったり、コラーゲンの吸収をサポートする成分を含んだものなどを選ぶと良いでしょう。

●食べ過ぎ注意!

手軽にスーパーやコンビニで入手できるグミは、糖分を多く含んでいます。食べ過ぎはカロリーの取り過ぎになって肥満につながったり、お腹が緩くなったりといった心配があるものも多いです。つい食べ過ぎて、美肌効果から遠のいてしまわないようにしましょう。

まとめ

家庭や職場にストックしたり、外出時にバッグの中に携帯しているという人も多いグミ。何気なく食べているグミですが、コラーゲンが入っていることから美肌効果も期待できるお得なお菓子です。

でも、コラーゲンも摂取できて美味しいからと言ってグミばかり食べていては栄養は大きく偏り、体重増加にもつながります。グミのコラーゲンを効率よく摂りいれるためには、普段の食事バランスが大切なのです。

空腹をグミで満たすのではなく、できるだけ3食きちんと摂取してからコラーゲングミを適量摂り入れるに意識しましょう。おやつタイムにグミを摂り入れることで噛む習慣ができれば、小顔美人も夢じゃないかもしれません。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします