思春期ニキビケアにおすすめの化粧水12選!有用成分と保湿力で選ぶ

思春期ニキビケアには化粧水選びはとっても重要。ドラッグストアなどで適当に選んでいませんか?
きちんとケアするためには肌質や肌悩みに合った化粧水を選ぶ必要があります。
今回は思春期ニキビの原因に合った有用成分と、保湿効果などから選ぶポイントとおすすめ商品12選をご紹介します。

思春期ニキビケアには化粧水選びはとても重要。

ドラッグストアなどで市販のものを適当に購入している人もいるかもしれませんが、きちんとしたケアを行うなら自分に合ったベストなアイテムを手に入れる必要があります。

そこで編集部では有用成分と保湿力に優れた化粧水を12種類チョイスし、ジャンルごとに詳細な内容をまとめてみました。ベストなアイテム選びの助けになるはずなので、ぜひぜひ最後までチェックしてみてください。

ママアイテム編集部

思春期ニキビケアの化粧水のおすすめな選び方5つ

思春期ニキビのケアに適した化粧水を選ぶにはいくつかのポイントがあります。化粧水の効果はもちろん肌へのやさしさや価格など、5つのポイントを紹介するのでしっかり覚えて自分に合ったアイテムを選べるようにしていきましょう。

1.思春期ニキビはどんなニキビ?まずは原因をチェック

最適な化粧水を選ぶにはまず思春期ニキビがどんなニキビなのか、そして原因が何なのかを知る必要があります。思春期ニキビはその名の通り、10代の頃にできやすいニキビで成長期の男性ホルモン増加による皮脂の過剰分泌がその原因です。


皮脂はニキビを引き起こすアクネ菌のエサになるので、これが多ければ多いほどニキビリスクが高まります。皮脂が特に多いおでこや鼻のTゾーンに思春期ニキビができやすいのもこのためです。


ニキビは最初、白ニキビと呼ばれる状態から始まりますが悪化することで炎症を伴う赤ニキビになります。ポイントは白ニキビを生む皮脂の毛穴詰まりを早期で解決すること。そのためには皮脂対策が行える化粧水を選ぶことが重要になってきます。

2.大人ニキビ用は合わない?思春期ニキビに効果があるかをチェック

肌の乾燥や生活習慣の乱れ、さらにはストレスが原因になって生まれる大人ニキビ、当然 思春期ニキビとは原因が違ってくるので、大人ニキビ専用の化粧水を使っても高い効果は期待できません。


もちろんどちらにも効果がある化粧水もたくさん存在しますが、一番のおすすめは思春期ニキビ専用となっているアイテム。特にニキビの炎症を抑えてくれる成分が配合されている化粧水がベストになります。


ちなみに大人ニキビにも効果があるタイプの化粧水は、保湿のために油分を利用しているものもあります。こちらを思春期ニキビ肌に使用すると肌が余計に脂っぽくなる可能性もあるので、使用には注意が必要です。

3.乾燥すると皮脂の分泌がさらに過剰に!保湿成分をチェック

原因が皮脂の過剰分泌だと分かるとすべての皮脂を取り除くためにあぶらとり紙や洗顔を多用する人もいるかもしれませんが、それも肌には良くありません。なぜなら皮脂は肌のバリア機能の役割を果たしているから。


皮脂を取り過ぎるとバリア機能の低下で肌にダメージが蓄積してしまうのはもちろん、なくなった皮脂を補填するために皮脂の分泌がさらに多くなってしまいニキビの悪循環に陥ってしまいます。


こうならないためにも化粧水には肌をうるおして守る保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶのもポイントです。さらに天然由来の肌にやさしい保湿成分が配合されていれば、よりおすすめになるのでこの点をチェックしていきましょう。

4.ニキビを悪化させない為に!低刺激かどうかをチェック

思春期ニキビケアに必要なのは効果的な成分だけでなく、肌にやさしい低刺激性も重要になってきます。成分にパラベンや石油系界面活性剤、人工の香料・着色料・防腐剤、合成保存料が配合されている化粧水は注意してください。


また、思春期ニキビは皮脂が原因ということで油分が配合されているアイテムもおすすめできません。意識してオイルフリー・無鉱物油をセールスポイントにしている化粧水を選ぶようにしてください。


ノンコメドジェニックテスト済みというアイテムもおすすめのひとつ。これはニキビの元になるコメドができないことを証明しています。ただし、全ての人にコメドができないというわけではないのでその点は注意してください。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

購入する商品の価格帯によっても特徴があるのできちんと覚えておきましょう。基本的には安さを追求するより、ちょっとリッチな効果の高いアイテムを意識して選ぶことをおすすめします。

最安値価格帯(数百円)売れ筋価格帯(数千円)高級価格帯(1万円以上)
気軽に試せるが高い効果は期待できない効果も安定していて手に入れやすい効果重視のアイテムが多い

思春期ニキビケアにおすすめな成分4つ

上記項目でも説明した思春期ニキビにおすすめな成分を、こちらの項目でまとめて解説していきます。外せない4つの成分をピックアップしたのでしっかり覚えて化粧水選びに活かしてください。

1.グリチルリチン酸

甘草の根から抽出される天然由来成分。ニキビの炎症に効果のある抗炎症作用が魅力の成分で、思春期ニキビ用の化粧水にはよく使われています。


“グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)”とより抗炎症作用の強い“グリチルリチン酸ステアリル”があるので、選ぶ目安にしてみてください。

2.サリチル酸

肌の古い角質を柔らかくしてはがすことで肌の生まれ変わり機能を整えてくれる成分。またニキビの原因になるアクネ菌を殺菌して繁殖を抑制してくれるのでニキビの予防にも効果的です。

3.どくだみ

名前は少し怖いですがアクネ菌の繁殖を抑えつつ炎症も抑えて、肌の生まれ変わり機能も促してくれるというかなり優秀なニキビケア成分。天然由来成分ということで肌への低刺激性も期待できるため、ニキビケア成分としては特におすすめとなっています。

4.ビタミンC

健康のための栄養素としても有名なビタミンCは化粧水の成分としてもおすすめできます。肌の生まれ変わり機能を促しつつ、過剰な皮脂分泌をコントロールしてくれるので思春期ニキビには最適。


さらに肌の黒色化の原因になるメラニン色素の発生も抑制してくれるので、ニキビ跡にも良い効果が期待できる成分となっています。

今回の商品の比較ポイント

今回商品を比較するポイントは内容量・有用成分・保湿成分の3つ。特に有用成分と保湿成分が重要になってくるので、それぞれのアイテムで比較を行い自分に合いそうなものをチョイスしていきましょう。

  • 内容量
  • 有用成分
  • 保湿成分

今、編集部がおすすめする思春期ニキビケアの化粧水はコレ!

ニキビへの有用成分と保湿効果が期待できる化粧水で敏感肌にやさしいのもポイント。美容液や洗顔料などを含めたトライアルセットが用意されており、気軽かつしっかり効果を試せるので一押しになっています。

ビーグレン「ニキビケア トライアルセット」


  • 内容量/ 7日分(4種類)
  • 有用成分/ グリチルリチン酸ジカリウム
  • 保湿成分/ ヒアルロン酸

低刺激なのにしっかりしたニキビ効果が期待できる!

洗顔料・化粧水・美容液・クリームの4点が7日間試せるトライアルセットで、ニキビのトータルケアが確かめられるトライアルセット。美容液にはビタミンCも配合されているので、思春期ニキビにもしっかりおすすめできます。


肝心な化粧水のニキビ効果は“グリチルリチン酸ジカリウム”の抗炎症作用と“ヒアルロン酸”・“カツミレエキス”のうるおい作用が魅力。適度なとろみのある使用感もポイントで、弱ってしまった肌にも安心して使えます。


また、独自の成分として天然クレイの“モンモリロナイト”も魅力的。肌にうるおいのひと膜を作ってくれるので、うるおいの保護+外的刺激の緩和効果も期待できてgoodです。脂性肌・敏感肌に向いているので思春期ニキビ対策にもバッチリ。


トライアルセットを購入する場合、セールスの電話が増えることを不安に思う人もいるかもしれません。ただこちらのアイテムにはその心配がないので安心して試せるのも長所のひとつとなっています。


化粧水の使用者評価だけを見ても「今ではほとんどニキビがない」「これ以外はもう使えない!」と高評価が多いのが印象的。ただ効果は実際に試すのが一番なので、興味がある人はトライアルセットを積極的に手に入れていきましょう。

ライン使いでより効果的に思春期ニキビをケア!おすすめの化粧水3選

一番おすすめ化粧水でもセットを紹介しましたが、化粧水を含むライン使いはより高い効果が望めるので要チェックです。今回は化粧水の効果が良いものはもちろん、ラインアイテム化粧水が優秀なものをピックアップしてみました。


登場するアイテムは化粧水・ラインアイテム共に個性的なものが揃っているので、それぞれの特徴をしっかりチェックしながら比較して、自分に合った化粧水を選んでいくことをおすすめします。

1.プロアクティブ「ティーンセット」

  • 内容量/ 30日分(5種類)
  • 有用成分/ グリチルリチン酸ジカリウム
  • 保湿成分/ カモミラエキス

思春期ニキビと言えばプロアクティブ!水分と油分バランスをコントロール

化粧水の他、洗顔・美容液・クリームさらにボディソープまでついたティーン人気No.1のセット商品。頭皮ケアを除けば十代のほとんどのケアが行えるというおすすめセットになっています。


化粧水は抗炎症作用が期待できる“グリチルリチン酸ジカリウム”の効果と“カモミラエキス”や“アロエ液汁”の植物性保湿成分によるうるおい効果でニキビケアが可能になっています。アルコール・オイルフリーというのも思春期ニキビには利点と言えます。


また、セットの洗顔料には殺菌と古い角質と余分な皮脂を落としてくれる“サリチル酸”も配合。こちらはノンコメドジェニックテストとアレルギーテスト済みとなっているので、肌にやさしいニキビ予防としてもおすすめになっています。


化粧水の評価も高く「すごくスッキリ」「助かる」と言った声が確認できました。ただ「ちょっと刺激を感じる」という意見もあるので、肌が必要以上に敏感な人は注意して使用するようにしてください。

2.シーボディ「VC200」


  • 内容量/ 7日分(3種類)
  • 有用成分/ ビタミンC誘導体
  • 保湿成分/ オウバクエキス

ビタミンCの力でニキビケアしたいならコレ!

化粧水の他に美容液とクリームがあるVC200シリーズは高浸透のビタミンC誘導体による思春期ニキビケアが特徴であり魅力になっています。1週間分のスターターセットが用意されているので、興味がある人は試してみてください。


化粧水には通常のビタミンC誘導体の200倍の浸透力を誇る“VC200”が配合されているので、思春期ニキビの原因になる過剰な皮脂分泌をコントロールしてくれます。さらにオウバクエキスと言った植物由来成分も効果的。


美容液には抗炎症作用の“グリチルリチン酸ジカリウム”が配合されているのも魅力。シリーズは無香料・無着色でパラベン・アルコール・鉱物油フリーの無添加処方、さらに日本製というところも評価ポイントです。


使用者の声としては「一番手ごたえあり」「浸透がとても良い」と言った高評価が目につきました。「敏感肌にも合う」という声もあるので肌状態に不安がある人にもおすすめできます。

3.草花木果「どくだみ」


  • 内容量/ 10日分(3種類)
  • 有用成分/ どくだみ
  • 保湿成分/ オウバクエキス

どくだみをはじめとする自然由来成分で思春期ニキビケア

化粧水にプラスして洗顔料と保湿液が用意されているシリーズ。思春期ニキビに有用な成分を複数配合しているので、高い効果が望めるアイテムです。大人ニキビにも効果があるので家族で使用するのもおすすめできます。


殺菌や抗炎症作用など様々なニキビへの効果が期待できる“どくだみ”の他、抗炎症作用の“グリチルリチン酸”や肌に潤いを与えてくれる独自保湿成分“清潤環植物成分”が総合的に肌へアプローチ。


当然のようにパラベンや鉱物油は不使用、さらに人工の香料も使わずに100%天然香料でリラックスタイムを演出してくれるところも大きな長所です。肌への負担を減らしつつ効果の高い思春期ニキビケアができるところがこのアイテムの大きな利点と言えます。


「脂浮きが気にならなくなった」「きれいな肌が保てる」と使用者からは好評の声を受けているのも特徴的。「ベタつかずに保湿できる」という感想もあるので、ベタつきが苦手な人はトライアルセットで使い心地を確認してみましょう。

ドラッグストアで市販されてて試しやすい!思春期ニキビケアの化粧水おすすめ5選

セットアイテムでしっかり思春期ニキビケアを行うのも良いですが、まずは近くのドラッグストアに置いてある市販化粧水でケアを試してみるというのもなかなかに良い選択肢だと思います。


下記にドラッグストアで販売されているアイテムの中でも特におすすめなものをまとめたので、興味があるものがないかをチェックしていってください。手軽に手に入る化粧水ではありますが信頼できるものがそろっているので必見です。

1.DHC「薬用アクネコントロールフレッシュ ローション」



  • 内容量/ 160ml
  • 有用成分/ サリチル酸
  • 保湿成分/ ローヤルゼリーエキス

市販でもしっかり思春期ニキビをケア!有用成分をたくさん配合

ドラッグストアでも手軽に手に入るのに、思春期ニキビケアをしっかり行えるのがこのアイテムの魅力。“メントール誘導体”のさっぱりした使用感を味わえるのも特徴のひとつとなっています。


思春期ニキビに効果的に働いてくれるのが、角質軟化と殺菌作用のある“サリチル酸”。そして潤い効果が期待できる“ローヤルゼリーエキス”といった天然成分の力もポイントで、それぞれに作用してニキビへしっかりアプローチしてくれます。


天然成分配合の他、無香料・無着色でパラベン・アルコールフリーとなっているので低刺激性も長所のひとつ。肌に負担のない仕上がりはニキビでダメージを受けた肌にもとても優しいです。


購入者からは「高校生の息子も愛用」「炎症が落ち着く」と言った高評価の声があがっています。洗顔料も用意されているので、この化粧水の使用感を気に入ったらシリーズで使うのもありです。

2.クレアラシル「薬用パウダーローション10X」

  • 内容量/ 160ml
  • 有用成分/ サリチル酸
  • 保湿成分/ ローズマリーエキス

皮脂を吸収するパウダー入りローション

今まで使っていた化粧水とは違うアイテムを探している人はこちらのパウダー入りローションがおすすめ。パウダー入りと言っても使用方法は大きく変わらないので、安心して切り替えられるところも利点になっています。


注目の成分は同シリーズ洗顔料の10倍も配合された“サリチル酸”と皮脂を吸収し肌をサラサラにしてくれる“ミネラルパウダー”。サリチル酸の殺菌力でニキビの原因菌を抑えつつ、パウダーで思春期ニキビの原因になる皮脂を取り除いてくれます。


さらに健やかな肌には欠かせない保湿成分もばっちり配合。ローズマリーエキスやアロエエキスといった植物成分が肌にうるおいを与えます。無香料・無着色、パラベンフリーの他にオイルフリーなので思春期肌にはベスト。


使用者からの評価も高く「ニキビ予防にとても効果的」「サラサラ」といった声があがっています。油性肌にも向いているので、人によっては思春期以降も愛用できる化粧水と言えます。

3.明色化粧品「美顔水 薬用化粧水」



  • 内容量/ 90ml
  • 有用成分/ サリチル酸
  • 保湿成分/ 特になし

130年の歴史!ふたつの殺菌成分で思春期ニキビケア

明治に発売され日本で一番長く愛用されているのがこの化粧水の特徴。配合されている成分はシンプルなですが、その分ダイレクトにニキビケアが行える利点を持っています。


ポイントになる成分は古い角質や汚れを落とし殺菌効果のある“サリチル酸”と、こちらも殺菌効果とさらに過剰な皮脂を除去する作用のある“ホモスルファミン”。このふたつの成分で思春期ニキビをしっかり予防するのがこのアイテムの最大の魅力です。


このようにニキビケア能力に特化したアイテムということがわかってもらえたと思いますが、保湿成分については特に含まれておりません。なのでトータルのケアを考えるなら美容液やクリームによる保湿も行うことが肝心です。


使用者からは「肌質が変わってきた気がする」という意見があり、思春期の若い使用者からも「4、5回リピート」といった声があがっています。ただこの化粧水はコットンパックのような使用方法をおすすめしていません。赤みなどの原因になるので注意してください。 

4.オードムーゲ「薬用ローション」


  • 内容量/ 160ml
  • 有用成分/ グリチルリチン酸
  • 保湿成分/ グリセリン

ニキビ予防の他に肌荒れやひび・日焼けにも効果がある化粧水


余分な皮脂を取り除きつつ殺菌によって肌環境を整えることで、思春期ニキビケアができる化粧水。それだけでもありがたいのですが、こちらは日焼けやひび・肌荒れもケアできる万能アイテムになっています。


“グリチルリチン酸”の抗炎症作用でニキビの炎症を抑えつつ、“グリセリン”の保湿効果で肌をケア。ただグリセリンは吸湿にも優れた成分になっているので、乾燥した空間にいると逆に肌の水分が減ってしまうことになるため注意が必要です。


肌へのやさしさについても高水準でアレルギーテストやノンコメドジェニックテスト済みとなっているので評価は高いです。しかし全ての人に問題が発生しないというわけではないことはきちんと覚えておきましょう。


使用者からは「ニキビ悩みが減った」「日焼けでもピリつかない」と色々な角度の高評価を得ているのが印象的でした。思春期ニキビケアの他に+αの効果を求める人にはぜひ使ってもらいたい化粧水です。

5.ナチュリエ「ハトムギ化粧水」


  • 内容量/ 500ml
  • 有用成分/ グリチルリチン酸
  • 保湿成分/ ハトムギエキス

大容量でたっぷり使える化粧水を探している人はこれ!


500mlという大容量が最大の魅力のこちらの化粧水。ただ思春期ニキビケア成分や保湿成分もしっかり配合しているので、効果についても問題はありません。ジャブジャブ使いたい人は要チェックなアイテムです。


名前にも入っている“ハトムギエキス”は保湿効果に優れているので肌にうるおいを与え、“グリチルリチン酸”はその抗炎症作用でニキビの悪化を防いでくれます。浸透力も優れているので必要なものは一通りそろっていると考えてOKです。


無香料・無着色に加え界面活性剤とオイルがフリーになっているので低刺激性も確保され思春期ニキビ肌との相性もばっちり。メインに使っている化粧水の前に使うプレ化粧水としてもおすすめできるので、自分に合った使い方を見つけ出しましょう。


「ニキビの数が減った」「しっとり感がやめられない」など使用者から実感の声がしっかりあがっているのも信頼のポイント。たっぷり使えるということで3分程のローションパックもおすすめな使い方になっています。

皮脂が多い男性の肌トラブルに!メンズ用の思春期ニキビケアの化粧水おすすめ3選

思春期ニキビは男女共通の悩みですが、皮脂量の多い男性は、より専門的な化粧水を使用した方が良い場合があります。この項目ではそんな男性のために思春期ニキビに適したメンズ用化粧水3つを厳選しました。


選りすぐった3つではありますが、人気シリーズのアイテムから個性を持ったアイテムまで、個性の幅が広いのでチェックしていても退屈はしないはずです。それぞれの内容をしっかりと把握して商品比較を行ってください。

1.明色化粧品「薬用メンズ美顔水」


  • 内容量/ 90ml
  • 有用成分/ サリチル酸
  • 保湿成分/ 特になし

ニキビケア+カミソリ負けを防いでくれるメンズ向け美顔水

上記項目でも紹介した美顔水のメンズバージョンがこちら。より皮脂量の多い男性に向けて作られているので、部活で汗を流した男子学生に適しているのはもちろん、普通より皮脂量が多くて困っている女子にも強い味方になってくれます。


成分は美顔水シリーズ共通の殺菌・角質軟化作用の“サリチル酸”はじめ、古くからニキビ効果が高いと言われている“ピオニン”も配合。ニキビケアをしっかりしながらしつこい皮脂も取り除いてくれるので頼りになるアイテムに仕上がっています。


男性用のうれしい効果としてもうひとつあげられるのが、カミソリ負けを防いでくれる効果。思春期で行う慣れないヒゲ処理の不安も、このアイテムがサポートしてくれることを考えたら少しは安心できるはずです。


使用者からも「ニキビに大変良く効く」「ニキビが目立たなくなった」といった喜びの声を多数受けています。ただ、こちらのアイテムも保湿成分が特に配合されていないので、肌のうるおいを考える人は乳液などを活用してカバーしていってください。

2.ギャツビー「薬用アクネケアウォーター」


  • 内容量/170ml
  • 有用成分/ グリチルリチン酸
  • 保湿成分/ グリコシルトレハロース

ダブルのニキビ有用成分でケアする脂性肌向きのメンズ化粧水

メンズスキンケアアイテムとして人気なギャツビーシリーズの化粧水。ニキビとテカリ対策のために作られたアイテムなので思春期ニキビケアにピッタリ。安定の人気シリーズを使いたい人は細かくチェックしていきましょう。


ニキビに効果を発揮してくれるふたつの有用成分は抗炎症作用の“グリチルリチン酸”と殺菌効果もある“サリチル酸”。さらに“皮脂吸着パウダー”と“テカリ拡散パウダー”の効果で皮脂によるテカリも長時間防いでくれます。


肌へのやさしさについても評価でき、オイルフリー・パラベンフリーに加えノンコメドジェニックテスト済みとなっています。香りは微香性で爽やかなグリーンシトラスとなっているので、香り付き化粧水を探している人にも一押しです。


使用者の評価も高いものが多く「肌トラブルが無くなった」「サラサラ感が持続する」といった感想もありました。逆に皮脂をしっかり落としてくれるアイテムなので、使いすぎによる肌の乾燥は注意しましょう。

3.メンズビオレ「浸透化粧水 薬用アクネケアタイプ」


  • 内容量/180ml
  • 有用成分/ グリチルリチン酸
  • 保湿成分/ ヒアルロン酸

ニキビケアしながら保湿も行いたい男性におすすめなメンズ化粧水

皮脂の多さに気を取られて保湿を忘れてしまっている男性におすすめしたいのがこちらの化粧水。ニキビケア成分の配合はもちろん保湿成分もしっかり配合されているので、うるおいをキープしながら思春期ニキビケアが行えます。


保湿を担ってくれるのが1gに6Lもの水分を保持できる“ヒアルロン酸”で、その高い保水力でメンズ肌をしっかりうるおしてくれます。もちろん炎症を抑えてくれる“グリチルリチン酸”の効果も忘れてはいけません。


気になる肌へのやさしさについてはアルコールフリーの他、メントールも使用していないのでシェービング後のヒリヒリ感が抑えられています。さらにアレルギーテストとノンコメドジェニックテスト済みなので信頼度はかなり高いです。


使用者の中でも効果を信頼している人が多く「必需品」「冬の保湿に最適」といった声を残してくれています。また「刺激が少ない」という声も多く、嫌な刺激を避けたい男性にも向いています。

思春期ニキビ対策の正しいスキンケア方法

良い化粧水を手に入れられても、正しいスキンケア方法を知っていないとアイテムの最大効果は引き出せません。この項目では化粧水の付け方はもちろん、洗顔や角質ケアの注意点をまとめて解説していきます。

すすぎ残しは厳禁!正しい洗顔方法を覚えよう

化粧水をつける前にきちんと行っておきたいのが正しい洗顔。ただし、洗顔をすればするほど肌が乾燥して逆に皮脂の分泌量が増えてしまうのでやり過ぎは禁物。目安としては朝晩の2回を守るようにしてください。


皮脂が気になってどうしても昼も洗いたいという人は、洗顔料を使わずに水やぬるま湯だけで洗い流すようにしましょう。下記にベーシックな手順を紹介するのでぜひスキンケアの参考にしてください。

  • (1)顔を洗う前に洗顔に使用する手を清潔にするため手洗いを行います
  • (2)洗顔料を使う前にぬるま湯(脂性肌の場合約36度)で洗い、毛穴を開かせます
  • (3)洗顔料をしっかり泡立てます、泡立てネットの使用を強く推奨
  • (4)作った泡を顔に乗せ、円を描くようにやさしく洗顔していきます
  • (5)泡洗顔が終わったらぬるま湯で泡と汚れを丁寧にすすぎ落としましょう
  • (6)最後に清潔でやわらかいタオルを顔にあてながら水分を取れば終了です

泡洗顔は手で直接洗うのではなく、泡を動かして洗うことを意識するのがポイントです。また、すすぎ残しがあるとそれが原因でニキビ悪化につながることがあります。シャワーでサッと流さずに、手でぬるま湯をすくいながらしっかりすすぎ落とすことを意識してください。

そのやり方は合ってる?正しい化粧水のつけかたを覚えよう

洗顔が終わったらいよいよ化粧水の出番。余計な油分が肌になく清潔な状態というのは化粧水が最も効果を発揮するタイミングです。時間が経つと乾燥が進んでいくだけなので、洗顔後は素早く化粧水をつけるようにしましょう。

  • (1)各化粧水で指定されている目安量を手に取ります
  • (2)ほほやおでこ、アゴ部分は顔の中心から外に向かうようになじませていきます
  • (3)鼻や目元、口元は指先を使って細かくなじませていきます
  • (4)仕上げとしてハンドプレスを行うことでさらなる浸透を促します

コットンを使う場合は手で使う場合より多い量を使用し、しっかりしみ込ませてください。つけるときはこすらずにやさしくなでるように行うのがポイントです。


上記は基本的な付け方になるので、化粧水に書いてある方法と違う場合は化粧水の方を優先するようにしましょう。

やりすぎ注意!角質ケアは適度に行う

古い角質は毛穴詰まりの原因になるので、ピーリングなどの角質ケアを行うのも手段のひとつです。化粧水の有用成分として紹介した“サリチル酸”は古い角質を落としてくれる効果があるので角質ケアにはぴったり。


ただ、やり過ぎると通常の角質まで取れてしまうので良くありません。これによって乾燥や肌荒れの危険が高まってしまうので、スキンケアアイテムに書かれている使い方や期間を守ることを心がけてください。

生活習慣を見直して思春期ニキビを予防しよう

日々の積み重ねが思春期ニキビ予防にはとても大切!ということで生活習慣を見直すことによってもニキビを予防することは可能になってきます。下記に特に重要なポイントをまとめたので、よくチェックして実践していってください。

肌に負担をかけない為に!「いつも清潔に」を心がけよう

洗顔で肌を清潔に保つことも大切ですが、普段の生活の中でも衛生面に気を配るのは重要です。雑菌が肌につくこともニキビには良くないので、下記にあげるポイントに気を付けて生活に取り入れてください。


意外と忘れている人もいるかもしれませんが、枕カバーやシーツは肌にしっかり触れるものなので清潔さは非常に大事。特に枕カバーは顔に長時間触れているものなのでこまめに洗濯、変えていくことを意識していきましょう。


また、マスクや髪の毛もニキビ肌には良くないので注意が必要。マスクは不衛生なまま使い続けたりせず、髪の毛も肌を刺激するまで伸ばさないように気を付けてください。細かいことですが、こういった積み重ねがニキビのない肌への近道になるはずです。

脂っこい食事は控えめに!食生活にも注意しよう

思春期の頃はあまり自分では意識しない食生活ですが、こちらもニキビの原因になったりすることがあります。特に問題になってくるのが脂っこい食事と糖質の多い食事で、これらは控えめに食べることをおすすめします。


揚げ物やファーストフードといった油脂分が多い食事を摂り続けると皮脂の増加につながりますし、糖質も皮脂を増加させる原因になる他、肌のために働いてくれるビタミンB1を分解のために消費してしまうの摂り過ぎは良くありません。


ただ、これらを一切摂らなくなるのもNG。栄養が偏るのは肌はもちろん健康にも良くならないので、摂り過ぎることなくバランスよく摂ることを意識していきましょう。また、ビタミンB群などは肌に良いので積極的に摂ることをおすすめします。

思春期ニキビケアの化粧水を購入時の気になる疑問・質問

まだまだ化粧水購入に疑問や不安が残っている人はこちらの項目で問題を解決していきましょう。Q&A方式で記載されているので内容がシンプルに理解できるはずです。

Q1:思春期ニキビのケアに乳液は必要?化粧水だけでもいい?

化粧水だけだと肌が乾燥してしまうという人には乳液ケアが必要になってきます。ただ保湿のし過ぎはニキビ悪化の要因になることもあるので、その場合はニキビ用乳液やさっぱりタイプのアイテムを使うことをおすすめします。


また、乳液は油分が多いイメージをもつ人もいるかと思いますが、オイルを抑えたものやオイルフリーのアイテムもしっかり存在しています。油分が気になる人はそちらを活用してうまく保湿を行っていきましょう。

Q2:中学生でも化粧水は必要なの?

ずばり答えると化粧水は必要です。洗顔後は乾燥するためバリア機能として肌はさらに皮脂を分泌しようとするのですが、これによってニキビの原因となる皮脂の悪循環が発生してしまいます。


さらに顔のテカリが気になってしっかり洗顔している人は、その危険性が倍増してしまいます。そんな悪循環をストップするためにも、肌にうるおいを与えてくれる化粧水を使用することはとても大切ということです。


洗顔+化粧水は最低限のスキンケアとなっているので、顔を洗ったら化粧水をつけることを意識しましょう。そうやって中学生からでも積極的にケアを行うことで、思春期ニキビの悩みを解決するスタートをきることができます。

まとめ

思春期ニキビケアにはまず自分に適した化粧水を見つけることが大切です。気軽にドラッグストアに置いてある市販アイテムを探すも良し、気に入ったシリーズをライン使いするも良し、さらに男性の場合はメンズ用から探してみるのも良しです。


そうやって自分に合ったアイテムに出会えた後は、正しい使い方を守って毎日きちんとスキンケアを続けていくことが第二のポイント。もちろん正しい洗顔も忘れてはいけませんし、さらに食生活などの生活習慣を改善できたら言うことなしです。


いきなり効果は得られないかもしれませんが、とにかく諦めずに続けていくことで少しずつ変化を実感できるはずです。未来の自分のためにも早い段階での正しいスキンケアを意識していきましょう。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします