補正下着のおすすめ16選!ブラやガードルなど種類別に商品を厳選

「なんだか最近ボディラインが崩れてきた…」と思ったら、補正下着がおすすめ。着けている間じゅうずっと理想のボディスタイルをキープできる優秀アイテムです。興味はある...

「なんだか最近ボディラインが崩れてきた…」と思ったら、補正下着がおすすめ。着けている間じゅうずっと理想のボディスタイルをキープできる優秀アイテムです。興味はあるけれど「補正下着は苦しい」「デザインがいまいち」と購入をためらう人も多いのではないでしょうか。ママアイテム編集部ではプロの意見のもと正しい補正下着の選び方と着用方法を伝授。あわせてアイテム別おすすめの補正下着16選もピックアップしたのでお見逃しなく。補正下着の概念が180度変わるかも⁉︎ 

ママアイテム編集部

補正下着は気になる体型悩みをサポートする

年齢を重ねるにつれ気になるのは「肌悩み」ばかりではありません。「体型変化の悩み」もそのひとつですよね。「お肉のつく場所が変わってきた」「バスト位置が下がってきた」という悩みを抱える女性も少なくありません。

実際女性の体は、加齢にともないハリや弾力が失われ徐々に下垂していきます。くびれが目立たなくなり、バストやお尻の形も崩れてきます。そんなときに大活躍するのが補正下着。

補正下着は通常の下着と違い、特殊な生地やパターンによって強力にボディラインを整えてくれる下着です。着用している間はずっとボディメイクをし続けるので、体型を気にせず好きなファッションも楽しむことができるとっても優秀なアイテムです。

また崩れたボディラインを理想の体型に近づけるばかりでなく、体型が崩れていくのを未然に防いでくれるので、年齢にかかわらず女性にとってはありがたい下着です。

「補正下着」に似たものでは「補整下着」「矯正下着」もありますが、とくに明確な違いがあるわけではなく、メーカーやブランドによって呼び名が異なるだけということが多いようです。

細かく区別するなら、「補正下着」「補整下着」は、現在の体型を理想の体型に近づけるために補って整えるもの。「矯正下着」は、着用することによって元の体型に戻すために補うもの、と覚えておくのが良いでしょう。

補正下着のおすすめな選び方3つ

せっかく補整下着を購入しても着用方法やサイズ・アイテム選びを間違うと、体型補正どころか逆にボディラインを崩してしまう要因にもなりかねません。

補正下着選びにはちょっとしたコツが必要。以下で正しい補正下着の選び方をしっかりとマスターして、美しいボディラインを手に入れましょう。

1.胸やお腹周りなど補正したい場所を決めて合うものを選ぶ

体型の悩みといっても千差万別。それぞれの体型の悩みにあったアイテムを選ぶことが必要になってきます。

とはいっても、補正下着にもさまざまなアイテムがありどれを選んで良いのかわからないという人も多いかと思います。以下でそれぞれのアイテム別に、どんな悩みに適しているのかをまとめたので見てみましょう。

バストウエストヒップ太もも
ブラジャー

×

×

ボディスーツ

ウエストニッパー

×

ガードル×

ショーツ

×

◆ブラジャー……ショートブラジャーはバスト位置を上げ、背中や脇肉を寄せ集めてラインを整えます。ロングブラジャーはウエスト位置まであるため、バスト下のアンダーからラインを整えることができます。

◆ボディースーツ……上から下までつながっているので、全身のボディラインをバランスよく整えます。ロングガードル機能が備わったボディスーツもあり。

◆ウエストニッパー……ウエストを引き締めてくびれを作るのに適しています。ヒップラインまでかかるニッパーは、骨盤を引き締めるのにも役立ちます。

◆ガードル……ショートガードルはヒップを引き上げて整えるのに◎。ロングガードルはヒップの引き上げに加え、太ももやウエストの引き締めができます。

◆ショーツ……ヒップとお腹を包み込みラインを整えます。

アイテムによって得意とするボディパーツが異なりますので、自分の体型悩みに合ったアイテムをチョイスしてみましょう。

2.自分の体型に合うサイズのものを選ぶ

補正下着選びでもっとも重要なのがサイズ選びです。よく「高額で買い替えがひんぱんにできないから最初から小さいサイズを着ける」という話をよく耳にしますが、この選び方はNG。

補正下着はジャストサイズで着用するからこそ、本来の実力が発揮できるものであって、合わない小さなサイズの下着を着用し続けていると、ますます体型崩れの要因となりかねません。

また過度の締め付けによって血行が滞ったり、苦しくて着用できなくなる場合もあるので、最初から小さなサイズで着用することはおすすめしません。

また逆に大きすぎても、身生地に余裕がありすぎて思うようなフィット感を得られずに、体型補正が出来ないということも。しっかりとジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

自分の正しいサイズを知るためには、実際に店舗に出向きお店の人に測ってもらうのがもっとも確実な方法です。

「採寸してもらうのが恥ずかしい」「ネット通販で購入する」というなら、自宅でしっかりとヌード採寸をするようにしましょう。測る部分はバスト・アンダーバスト・ウエスト・ヒップです。ロングガードルを着用するなら太もも周りも測っておくとベストです。

それでも不安が残るなら、実際に着用した人のレビューや口コミでサイズ感を参考にするのもおすすめですよ。

3.理想体型を目指す!組み合わせ使いを考えて選ぶ

女性の体はいわば、つきたてのお餅のようにやわらかい状態。だからこそ合わない下着をつけ続けていると、その形に形状記憶されてしまうという恐怖もあるのですが、補正下着も同じく着用し続けることによって、ボディラインが次第に形状記憶されていきます。

たとえばヒップが下がりがちなので、ガードルを正しくコツコツと着用し続けたとします。見事にヒップラインが引き上げられ理想のヒップラインに近づきましたが、引き上げられたヒップのお肉は痩せてなくなったわけではありません。

引き上げられたヒップの肉はウエストに移動していきます。ウエストに溜まったお肉を引き締めるには、ウエストニッパーが必要になってきます。

このように女性の体は着用するアイテムによって日々お肉が移動するため、補正下着もバランス良く組み合わせながら着用することが大切です。

ヒップが気になるからといってガードルばかり着用せずに、ガードルとウエストニッパーを併用したり、次の日は全身を整えるためにボディスーツを着用するなど、自分なりにカリキュラムを組んで着用するのがおすすめです。

もちろん1アイテムだけでもOKですが、より早く理想のボディラインに近づくためには、バランス良くアイテムを組み合わせながら着用するのが近道といえそうです。

補正下着の種類別にみるおすすめな選び方

補正下着にはさまざなアイテムがあるということを先ほども前述しましたが、具体的にどのような選び方をしていったらよいのでしょうか。以下でアイテム別の選び方をより掘り下げてまとめたのでさっそく見てみましょう。

1.補正下着ブラジャーは胸の悩みに合わせて選ぶ

補正下着のブラジャーもさまざまなカップの形状やデザインがあり、それぞれのバストの悩みに合わせ、適したものが異なります。

◆フルカップブラジャー……もともとバストにボリュームがあり、バスト位置が下がってきた人におすすめ。しっかりとバストを包み込み重みのあるバストのサポート力にすぐれています。

◆3/4カップブラジャー……バストを斜め下から中央に寄せるのにすぐれているため、バストが離れ気味の人や、バストにボリュームがなく背中や脇にお肉が流れがちな人におすすめです。

◆1/2カップブラジャー……下からバストを持ち上げることが得意なので、バストにボリュームが欲しい人や、バスト上部にボリュームがなくなってカップがあまりがちな人におすすめです。

適した形状のブラジャーが決まったら、正しく採寸することが重要です。バストサイズを測る場所は「トップバスト」と「アンダーバスト」の2ヶ所です。

「トップバスト」とは、胸のふくらみの1番高い部分です。乳頭の位置がトップバストを測る部分。「アンダーバスト」は、胸のふくらみのすぐ下の部分になります。

ヌード採寸が基本なので、裸もしくは薄着で採寸しましょう。姿勢を正してまっすぐに立って背中からメジャーを回し、「トップバスト」「アンダーバスト」を測りましょう。

床とメジャーが水平になっているか確認するために全身鏡などを見ながら採寸すると、測りやすいかと思います。

バストにボリュームががあって下がり気味なら、バストを少し持ち上げた状態でほかの人に測ってもらうか、自分ひとりなら普段使っている緩めのブラジャーを着用しながら測ってみるのもおすすめですよ。

ブラジャーのサイズ表記は、「アンダーバストサイズ+カップサイズ」となります。たとえば「B75」といった表記です。

カップサイズは「トップバストサイズーアンダーバストサイズ」で決まるので、それぞれのメーカーのサイズ一覧表と照らし合わせながら選ぶようにしましょう。

2.ボディスーツ・テディは2タイプから選ぶ

ボディスーツには大きく分けて「ボディスーツ」と「テディ」があります。「ボディスーツ」はブラジャー・ニッパー・ガードルの機能をすべて兼ね備えたアイテムです。いっぽう「テディ」はボディースーツのカップ部分のないアイテムです。

それぞれのアイテムの特徴について詳しく見ていきましょう。

◆ボディスーツ……バスト・ウエスト・ヒップまで1枚つなぎでトータルにサポートするアイテム。クロッチ部分をスナップ留めしたものを「ワンピース型」、ボトム部分でカットされたものが「セパレート型」と呼ばれています。

「セパレート型」は、「ロングブラジャー」として扱うメーカーもあり、おもにガードルと併用しながら着用します。

全身をバランスよく補正できる上、ハードからソフトまで着圧感も身生地のパワーによって選ぶことも可能です。「セパレートタイプ」は上半身と下半身のサイズ差が大きい人や、着丈が長すぎたり短すぎたりと合わない人におすすめです。

◆テディ……ボディスーツのカップ部分をなくした形状のもの。おもにバスト下からウエスト周りをすっきりとバランスよく整える役割があります。ブラジャーやガードルの上から着用します。

ボディスーツを着用するためには、トップバスト・アンダーバスト・ウエスト・ヒップの採寸が必要です。

バストの測り方については前述しましたが、ウエストは胴体の1番細い部分、ヒップはお尻まわりの1番大きい部分の周囲を、メジャーが床と平行になるように測りましょう。

「ボディスーツ」「テディ」ともにバランスよく体型を整えてくれるアイテムなので、好みに合わせて1枚持っておくと便利です。

3.ウエストニッパーは種類を決めて少しゆとりがあるものを選ぶ

ウエストニッパーは、ウエストにくびれを取り戻したり骨盤周りをサポートするために適したアイテム。ブラジャーやガードルと併用することでトータルでボディバランスを整えることができるすぐれものです。

一般的にウエストニッパーは「苦しい」「きつい」といったイメージが先行しがちですが、ハードタイプやソフトタイプなど着圧感も選べて、正しいサイズで着用することによってもっとも効果を実感しやすいアイテムですよ。

もしもきついと感じるなら、サイズが合っていないことが考えられます。上から手や指が入るくらいのサイズがジャスト。またホックで段階調節できるのでベストなポジションも見つけられやすいかと思います。

サイズはガードルのウエストサイズと同様なので、ウエストサイズを参考にすると良いでしょう。締め付けすぎは血行のとどこおりやむくみの要因となることもあるので、苦しいと感じない適切なサイズのものを選ぶようにしましょう。

4.ガードルは丈の長さと締め付け具合を選ぶ

ガードルはウエストとヒップラインを整え、下腹部の出っ張りやお尻のたるみに実力を発揮するアイテムです。長さも3種類あり、それぞれに微妙に特徴も異なるので、以下で詳しく見ていきましょう。

◆ショートガードル……足の付け根部分までのショーツタイプのガードル。ヒップの引き上げや下腹部の押さえに適しています。ショートパンツやミニスカートでも見えにくくおすすめ。

◆ミディアムガードル……セミロングとも呼ばれ、股下から膝の中間ほどの長さのガードル。ヒップラインを整えるほか、太ももをサポートしたいけれど、ロングだとスカートからはみ出してしまうというときにおすすめ。

◆ロングガードル……膝上ほどの長さで、ヒップラインから太ももまでをサポートできるガードル。パンツスタイルなどをきれいに見せたいときにおすすめ。

ガードルのサイズは、ウエストとヒップで決まります。ウエストに比べヒップが大きい場合は、ヒップに合わせるのがベスト。逆にヒップに比べウエストが大きいという場合は、ウエストに合わせましょう。どちらも苦しくないサイズ選びがポイントです。

またハードタイプの着圧感が苦手ならソフトタイプにするなど、好みの着圧感で選ぶのもおすすめです。

5.ショーツはサイズが合うものを選ぶ

ショーツ選びにはしっかりとヒップ全体を包み込んでいるか、ヒップ下のお肉がはみ出さないか、適度な着圧感があるかが大きなポイントです。

小さめショーツをずっと履き続けている、という人は要注意。たかがショーツとあなどれないアイテムなのです。

小さめサイズのショーツを履き続けることによって、鼠蹊(そけい)部が圧迫されるためリンパの流れや血流が滞り、むくみとなって現れる場合もあります。

また下着のゴムや身生地が擦れ、色素沈着を起こしてしまうことも。ショーツは下着のなかでも基本中の基本アイテム。ショーツひとつで体型も変化してしまうほど重要なアイテムです。

ショーツのサイズもやはりヒップサイズで決まります。前述した測り方を参考に自分のサイズにジャストフィットな1枚を選びましょう。

今回の商品の比較ポイント

これからおすすめする補正下着は、以下の2つのポイントに重点を置き選定しています。おすすめの特徴と照らし合わせながら、補正下着選びの参考にしてみてくださいね。

  • サイズ
  • カラー

今、編集部がおすすめする補正下着はコレ!

ママアイテム編集部いちおしの補正下着はこちら。全身のボディラインをトータルで整えてくれる嬉しいアイテムです。パワフルな補正力で、1枚持っていると何かと重宝しますよ。

TAMURA「シェイプシールドシリーズ ボディスーツ」

TAMURA シェイプシールドシリーズ ボディスーツtarget

  • サイズ:S〜3L
  • カラー:全3色

スーパーハードでトータルサポート

優れた補正機能でつけた瞬間から理想のボディラインを手にできるTAMURAの「シェイプシールドシリーズ ボディスーツ」は、スーパーハードタイプでパワフルに体型を整えるボディスーツです。

ボディスーツは一般的にフルカップブラが多いなか、3/4カップを採用。カップサイドにあるリフトアップパネルで、谷間を作りながら丸みのある美しいバストを作り上げます。

体の動きに合わせてカップ下の身生地がスライド。下に引っ張られやすいボディスーツのカップもしっかりと定位置をキープして、ずれにくい構造です。

フロント部分は強力なパワーネット裏打ちで、スーパーハードの着圧感を実感できます。伸びの少ない素材で、お腹まわりもスッキリとした印象に。

ウエスト部分は、背中からグイッとしっかり引き締めるパターン構造で、バストからウエストのラインをなめらかに段差なく整えます。ヒップ下には強力なサポートテープを配置し、しっかりとヒップを引き上げてすっぽりと包み込みます。

カップ部分にのみレースをあしらったシンプルデザインとカラーで、アウターにも響きにくく、バストラインやヒップラインも美しくキープします。

年齢を重ねた女性にも「派手すぎず日常使いができるデザインと、スーパーハードとは思えない着心地が◎」と好評です。

ラインの出やすいファッションも自信を持って着こなせる1着です。

胸の悩みを改善!おすすめな補正ブラ5選

バストの悩みにもさまざまありますが、適した種類の補正下着を着用することによって、劇的にバストラインは整います。バストの悩みに合わせたおすすめの補正ブラ5選をピックアップしました。

1.補正下着 bloom 「3/4カップブラジャー」

補正下着 bloom3/4カップブラジャーtarget

  • サイズ:B65〜F90
  • カラー:全4色

幅広アンダーベルトでしっかり補正

補正下着 bloomの 「3/4カップブラジャー」は、幅広のアンダーベルトで脇肉や背中へ逃げたお肉をしっかりとカップに寄せてキープ。

特殊なパターンでバスト全体を中央に寄るように設計。谷間のあるふっくらとしたバストラインを作り上げます。バストにボリュームが欲しい人や、脇や背中にお肉が溜まりがちな人におすすめです。

バストの大きさに左右差があるという女性からは「毎日バストを寄せていたら、スカスカの隙間が埋まってきた気がする」といううれしい声も。

生地はダブルラッセルのメッシュ構造で、通気性もよく何度洗濯しても型くずれしにくく、美しいカップを保ちます。

カラーはエレガントな4色。気分に合わせて選べるのがうれしい魅力です。同シリーズのウエストニッパー・ロングガードル・ショーツと合わせればメリハリのあるボディラインが目指せますよ。

2.ビューティーリフトアップブラ「超盛バスト」

  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:全1色

溜まったお肉で逆流補正

ビューティーリフトアップブラの「超盛バスト」は、手持ちのブラジャーの上にかぶせるように装着するだけで、谷間がよみがえるリフトアップブラ。

背中部分の身生地が幅広に設計されており、まるでタンクトップを着ているよなデザイン。脇や背中のお肉を寄せ集めてボリュームのあるバストを作ります。

フロントホックで締め付け感を調節できるので、ボリュームのあるバストも離れたバストもこれ1枚で◎。2本のサイドバーで段階的にバストを持ち上げます。

手持ちのブラジャーを変えることなくそのまま装着できるので、全部補正下着にチェンジしたくない人でも手軽に取り入れられそうですね。

3.RADIANNE「リフトアップ美胸ブラ」

RADIANNE リフトアップ美胸ブラtarget

  • サイズ:A65〜G85
  • カラー:全5色

フロントホックで谷間を強力メイク

フロントホックのアンダーベルトが強力にバストを引き上げ谷間のあるボリュームバストへと導く「リフトアップ美胸ブラ」は、RADIANNEのなかでも人気の高い補正ブラジャーです。

人気の秘密は、2カップアップも夢ではないという強力なリフトアップ感。カップ下部に厚めのカップを内蔵し、バスト全体を立ち上げます。また2本のサイドボーンと幅広U字ストラップで脇肉をカップに入れ込みます。

フロントホックのアンダーベルトは締め付け感の調節が可能で、ぴったりと合った着圧が楽しめます。

カラーはテンションの上がる可愛い5色。全面にレースがほどこされているので、デザインにこだわりのあるオシャレさんにもぴったり。バストにハリがなくなってきた人や、ボリュームが欲しいバストにもおすすめです。

4.HEAVEN JAPAN「脇肉キャッチャー」

  • サイズ:B65〜H90
  • カラー:全6色

脇肉をキャッチしてしっかりキープ

脇や背中に流れがちなお肉をがっちりと捕まえて離さないHEAVEN JAPANの「脇肉キャッチャー」は、どんなバスト悩みにも応える補正ブラジャー。

2本のサイドボーンとカップ側面の3本のパワーステッチが、脇や背中のキャッチしたお肉をカップ内にしっかりと固定。ふっくらとした谷間のあるバストへと導きます。

脇高設計と、幅広のパワーネットアンダーベルトでうしろ姿もスッキリとボディメイク。アウターにも響きにくく、ラインの出るファッションもキレイに決まります。

カラーバリエーション豊富な6色で、ファッションに合わせて選んでみるのも◎。ボリュームバストにも対応したH90までのサイズ展開で、ジャストフィットな1枚が見つかりますよ。

5.導「リメイクアップブラ」

  • サイズ:M・L
  • カラー:全1色

寝ている間も谷間補正

バストの形を整えたいなら、就寝時もしっかりと補正してあげるのがベストです。導の「リメイクアップブラ」は、寝ている間もしっかりと谷間補正できるナイトブラ。

ナイトブラとは思えないほどの補正力で、背中や脇のお肉も寄せ集め、寝ている間もずっとカップ内にキープ。ノンワイヤーで肌にやさしい仕様でしっかりとバストラインを整えます。

ナイトブラなのでホックはついておらず、脚を通して履き上げるのがベスト。そのままバスト位置に合わせて、背中や脇のお肉を寄せ集めてカップにおさめれば完成です。

ナイトブラは寝ている間にもダメージを受けやすい、クーパー靭帯を守るためにもおすすめ。ボリュームのあるバストもそうでない人も、しっかりとナイトブラでバストケアしましょう。

ボディラインをきれいに見せたい!おすすめなボディスーツ&テディ3選

1枚でバスト・ウエスト・ヒップラインをトータルで整えてくれるボディスーツやテディは補正下着の良さを思う存分味わえるアイテムです。

バランスよくボディラインを整えるためには必須なアイテムなので、しっかりと自分に合ったものを見極めながら選んでみてくださいね。

1.セシール「長身サイズボディスーツ」

セシール 長身サイズボディスーツtarget

  • サイズ:T-B75M〜T-E903L
  • カラー:全3色

背が高くても楽々着こなし可能

背の高い女性は、身丈が足らずになかなか自分にぴったりと合ったボディスーツは見つけづらいもの。そんな長身の女性の願いを可能にしたのがセシールの「長身サイズボディスーツ」。

背の高い女性でもらくらく着こなせる身丈サイズで、ぴったりとフィットしたジャストサイズのボディスーツを見つけることができます。補正効果もしっかりと実感出来る1枚です。

長身で、今までぴったりサイズのボディスーツに巡り合ったことがないという人も「バスト位置が下がることがなく、肩が食い込まないのが良い」と好評です。

腹部には縦伸びして横伸びはしないトリコット素材を使用。ぽっこりお腹もスマートに押さえ、スッキリとしたウエストラインに整えます。ヒップもサイドから続く裏当てのラインでしっかりと引き上げ美しいヒップラインを保ちます。

ソフトなレース生地で動きやすく、肩や鼠蹊(そけい)部のくい込みを軽減し快適な着用感です。身長162〜170cmの女性におすすめ。全体的に大きいサイズの女性にも対応したサイズ展開で、もうサイズ選びで迷わせません。

2.トリンプ「フロラーレ バイ トリンプ701 ボディスーツ」

トリンプ フロラーレ バイ トリンプ701 ボディスーツtarget

  • サイズ:B75M〜B85L
  • カラー:全3色

エレガントに着こなせる1着

上品でエレガントさただようジャガード織りを使用したトリンプの「フロラーレ バイ トリンプ701 ボディスーツ」は、大人な女性も満足できる至福のボディスーツです。

フロント部分にはパワーネットを裏打ち。腹部から胃部にかけてスッキリとボディバランスを整えます。前脚口にはストレッチレースを使用し締め付け感なく脚さばきも◎です。

同シリーズのショートガードルやロングガードルも一緒に取り入れれば、下半身の補正の強化も可能です。

大人の女性の肌が映える3色カラーでラグジュアリー感たっぷりに着こなせること間違いなしです。完成されたボディラインにさらなる磨きをかけたい人におすすめです。

3.bloom「テディ」

bloom テディtarget

  • サイズ:65〜90
  • カラー:全4色

レースアップで全身美しく補正

bloomの「テディ」は、ショートブラジャーやガードルの上に組み合わせて着用するテディタイプの補正下着です。

腹部を強力にサポートしながら、脇肉や背中のお肉をブラのカップ内に寄せ集めキープします。腹部のリボンの開閉具合によって着圧感を調節。コルセットのようなデザインで可愛らしく下着を彩ります。

背面には立体的なレースをほどこし、腰部分は強力はパワーネットでしっかり引き締めます。ロングガードルと合わせることによって、お腹まわりは2重のパワーで補正されることになるので、とくにお腹まわりやヒップまわりが気になる人におすすめです。

カラーは全部で4色。ビビッドなオレンジな情熱的なレッドは、とくに気分が上がりそうなカラーですよ。

お腹周りを補正!おすすめなウエストニッパー3選

ウエストのくびれが欲しいときや、メリハリのあるボディラインを目指したいときはウエストニッパーを取り入れるのが近道です。お腹まわりのお肉はやわらかいので、とくにボディラインの違いが実感出来るアイテムですよ。

1.セシール「ウエストニッパー (ハードタイプ)」

  • サイズ:58〜82cm
  • カラー:全1色

強力ボーンでお腹周りスッキリ

6本もの強力なボーンがウエストをキュッと引き締めるセシールの「ウエストニッパー (ハードタイプ)」は、パワフルな補正力でくびれを出現させるハードタイプのウエストニッパーです。

ウエストに合わせた立体パターンと幅広のパワーネット裏当てが、段差の気になるウエスト周りをなめらかに整え、スッキリとメリハリのあるボディラインへと導きます。

10センチもウエストが増えてしまい、もはや諦めかけていたという人も「このニッパーと巡り合い毎日ヘビロテ。何をやってもダメだったお腹がみるみる細くなった」といううれしい声も。

3列の11段掛けホックでウエストはもちろん骨盤のサポートにも役立ちます。同シリーズのハイウエストショートガードルやロングガードルで全身のトータル補正も可能です。

さわやかなラベンダーカラーとエレガントなレースが美しい1枚です。とにかく今すぐウエストにくびれが欲しい人におすすめです。

2.トリンプ「プレジアフォルテ012 ウエストニッパー 」

トリンプ プレジアフォルテ012 ウエストニッパーtarget

  • サイズ:64〜82cm
  • カラー:全1色

快適な着心地でソフトに補正

年齢をかさねるにつれ、強い着圧が苦手になってくることがあります。そんなときにおすすめなのがトリンプの「プレジアフォルテ012 ウエストニッパー 」。ソフトな着け心地で快適にウエスト補正ができるウエストニッパーです。

8本のボーンがしっかりとウエスト部分を支えながらやさしくシルエットをキープ。伸びのない裏打ち素材で押さえるところは押さえて、ウエストラインを整えます。

肌刺激の少ない綿混素材で快適な着け心地を実現。花柄のゴージャスなストレッチリバーレースが大人の女性をはなやかにいろどります。

ホック部分もフロント中央でなく、横に配置。カラーもベージュでアウターに響きにくい仕様です。ウエストまわりの体型変化が気になりだしたら使って欲しい1枚です。

3.HEAVEN  JAPAN「くびれゲッター」

  • サイズ:M〜3L
  • カラー:全2色

立体裁断でキレイなシェイプラインが叶う

ウエストのくびれもそうですが、ヒップラインまで整えてくれるウエストニッパーが欲しいならHEAVEN  JAPANの「くびれゲッター」がおすすめです。

強力な裏打ちパワーネットと、3段12列あるロングタイプのスタイルで、ウエストのくびれはもちろん、ヒップ部分の骨盤まわりもしっかりとサポート。かがんだりしたときにめくれにくいのも魅力です。

立体裁断でウエストまわり密着した作りで生地のあまりもなくしっかりフィット。理想のウエストラインに近づけます。

フロント部分のレースを生かすためにホックは横部分に配置。カラーはスタンダードな2色でどんなファッションにもシンプルになじみます。

ウエストのくびれ作りはもちろん、産後のウエスト周りのリフォームにもおすすめです。

ヒップアップで美尻に!おすすめなガードル&ショーツ4選

「なんだかお尻の形が最近変わってきた」「ヒップ位置が下がっている」ならガードルやショーツを取り入れた補正がおすすめです。ヒップだけでなくぽっこりお腹の解消にもぴったりですよ。

1.セシール「ロングガードル」

  • サイズ:55〜82
  • カラー:全5色

初めての下半身補正にはこれ

着圧感がハードすぎないロングガードルを探しているならセシールの「ロングガードル」がおすすめです。やわらかすぎずにきつすぎないミディアムな着用感で、初めての補正ガードルにもおすすめの1枚です。

お腹部分は2重のパワーメット構造で、ぽっこりお腹もすっきりとシェイプ。骨盤まわりとヒップ下にぐるりと一周した幅広パワーネットで、ヒップを引き上げ整えます。

マチ裏は綿素材なので、1枚ばきにもおすすめです。また脚口にはフラットレースを使用しているのでめくれ上がりもなく、アウターにも響きにくいのがうれしいポイントです。

補正ガードル初心者さんからは「長時間座っていても鼠径部を圧迫しないので、とにかく楽」といった口コミも。

細身のパンツスタイルもスラリとした太ももとヒップラインで楽しむことができます。透けにくい落ち着いた5色のカラーで、デイリーユースに使える1枚です。

2.ワコール「美腹シェイパー ガードル ロング」

情報が取得できなかったよ・・・
  • サイズ:58〜76
  • カラー:全2色

ダブルパワー構造でお腹スッキリシェイプ

下腹部をスッキリとシェイプしたいならワコールの「美腹シェイパー ガードル ロング」がおすすめです。

お腹部分に配置されたダブルパワー構造が、座ったときにはお腹は開いてゆったりフィット。立ち上がると閉じてスッキリとお腹をシェイプできるロングガードル。日常動作で立ったり座ったりが多い人にもおすすめです。

縦・横・斜めに伸びる新素材ウェブスキンが動きに合わせてしっかり肌に密着。ガードルのめくれ上がりもなく快適な履き心地です。ヒップ下のバイアスパワー切り替えがヒップ全体を引き上げ、美しいヒップラインに導きます。

脚口はフリーカッティング仕様でアウターに響きにくいので、パンツスタイルにもおすすめ。カラーは日常使いにも取り入れやすい2色で、毎日着用したくなる1枚です。

3.セシール「スタンダードガードル」

  • サイズ:58〜82
  • カラー:全4色

4段階でヒップを引き締め

ヒップ下のたるみが気になってきたり、ヒップ位置が下がってきたらセシールの「スタンダードガードル」がおすすめです。脚口から少し長めのミディアム丈の補正ガードルです。

ヒップ下に配置された4段階の着圧パワー切り替えで、段階的にヒップ下のたるみを引き上げ、ヒップ中央に寄せ集めます。ヒップ中央部分はやわらかな伸びる素材を使用しているので、丸みをつぶさずに高さのあるヒップを作れます。

お腹はV字パネルでスッキリとシェイプ。履きこみが深めなハイウエストタイプなので、ウエスト部分のくい込みも気になりにくい設計です。脚口は幅広レース素材でアウターにも響きにくく、丈の短いスカートでも◎です。

4色のやわらかなナチュラルカラーで、どんなファッションにも合わせやすい1枚です。

4.ルシアン「美パンティ」

  •  サイズ:M〜LL
  • カラー:全11色

お腹もお尻もしっかり包み込み補正

ルシアンの「美パンティ」は、お腹部分にしっかりとパワーネットをほどこし、スッキリと整えてくれる補正ショーツ。おしゃれを楽しみながらしっかりとヒップラインを美しくキープします。

ウエスト部分は折り返し仕様になっているため、お腹にくい込みにくく段差のないウエストラインに整えます。

ヒップ下もしっかりと包み込み段差を軽減しました。履き口はV字にほどこされたレースで、脚さばきもよく鼠蹊(そけい)部を締め付けない快適な履き心地です。

身生地は縦・横・斜めに自在に伸びますが、厚手のしっかりとした生地でガードルにも負けない補正力です。

ガードルの締め付けは苦手だけど、ヒップラインはしっかりと整えたいという人におすすめです。カラーバリエーション豊富な11色で、毎日デイリーに履きこなしたい1枚ですね。

補正下着の正しい着用方法

補正下着をより効果的に着用するためには、正しい着用方法を実践することが大切です。いくらすぐれた補正下着でも、間違った着用方法では効果も半減してしまうどころか、逆に体型が崩れる要因にもなりかねません。

以下でアイテム別の正しい着用方法をしっかりとマスターしておきましょう。

1.ブラジャーは前かがみになりながら着ける

1.ストラップに腕を通したら前かがみになり、うしろのホックをとめます。ホックの列が多い場合は前でとめても構いませんが、ブラジャーをうしろに回しストラップに腕を通すときは前かがみのまま通しましょう。

2.指先でアンダーカップ付近を押さえながら、手のひらを肌に密着させるようにアンダーベルトの下へ入れます。そのまま背中のお肉を斜め下へ寄せ、お肉をつかみながらカップ内へと引き上げます。

3.カップのワイヤーを押さえながら、しっかりとカップ内へ入れ込みます。このときカップのワイヤー底部にしっかりとお肉やバストが詰まるように入れ込むのがポイントです。

4.しっかりと入り込んだのを確認したら、アンダーベルトが床と平行になるように確認しながらストラップの位置を調節しましょう。肩にくい込まない程度までカップがしっかりと密着するよう調整しましょう。

2.ボディスーツは下から着て胸は最後にしっかり寄せ集める

1.ボディスーツに脚を通し、下から上に引き上げます。着圧が強い場合、強く引っ張りあげると身生地が破れてしまう恐れもあるため、ゆっくりと手繰り寄せるように引き上げるのがポイントです。

2.ウエスト付近まで引き上げたら、ボディスーツに手を入れ、太ももの裏からヒップ下のお肉を手でつかみながら引き上げ、ガードル内におさめましょう。ウエスト部分に溜まったお肉は、なるべく上へ引き上げヒップ〜ウエスト部分が なめらかになるように整えます。

2.そのままバスト位置まで引き上げたら、カップのワイヤー底部をアンダーにしっかりと合わせながらカップを整え、ストラップを腕に通します。

3.前かがみの状態で、片方の手はバストアンダー付近を押さえ、もう片方の手をボディスーツに入れ、背中のお肉からアンダー下のお肉を引き上げ、カップ内に入れ込みます。しっかりと入ったのを確認したらストラップの長さ調節をして終了です。

3.ウエストニッパーはブラ着用後にホックを下から止めていく

1.ブラジャーとガードルを着用後、下からホックをとめながら、アンダーバスト位置に沿うように整えます。

2.ブラジャーの中から手を通し、ボディスーツ同様背中のお肉から脇肉、アンダー下のお肉をつかみながらブラジャーのカップ内に入れ込みます。

3.ウエストのラインとカップ内のお肉の入り具合を確認したら、もう一度アンダーに沿わせるように調節して終了です。

メーカーによってはガードルを最後に履いてニッパーの上に着用する場合もあるので、それぞれのメーカーの着用方法に合わせて着用しましょう。

4.ガードルは太もも側からお肉をしっかりお尻に集める

1.しっかりとウエスト部分を持ち、脚を入れ引き上げます。このときも強い着圧の場合無理に引き上げると生地破れの要因となるため、ゆっくりと引き上げるようにしましょう。

2.片方の手でウエスト部分を持ち、もう片方の手を内股部分に密着させるように添えます。もう片方の手をガードル外側から挟み込むように添え、両手同時に太もも前面を通りウエストまで引き上げます。

3.もう一度太もも前側に手を入れ引き上げたお肉をヒップ下へと寄せ、そのままヒップ中央まで引き上げます。この時引き上げる方の脚を少しうしろに引き気味にするとうまくヒップ部分に入り込みますよ。反対側も同様に行います。

4.もう一度軽くヒップ部分の身生地を引き上げ、ウエスト周りを整えて終了です。

ショートガードルの場合は太もも部分の身生地はないため、2.を省略して着用しましょう。

補正下着を購入時の気になる疑問・質問

補正下着を購入する前に解決しておきたい、疑問・質問をQ&A形式でまとめました。ちょっとした不安は購入前にスッキリと解消しておきましょう。

Q1:補正下着のサイズを間違えるとどんなことが起きる可能性がある?

間違ったサイズの補正下着を着用し続けると、思ったような効果が期待できないばかりか、逆に体型をさらに崩してしまう要因になりかねません。

大きすぎるサイズでは、最適なフィット感が得られずにボディメイクができませんし、小さすぎるサイズは、過度な締め付けによって血行がとどこおったり、むくみやなどを引き起こすとされています。また身生地の擦れによって色素沈着を招く恐れも。

しっかりと自分のサイズにジャストなものを選んで正しく着用するようにしましょう。

Q2:補正下着の買い換えはいつが理想?

補正下着を正しく着用することによって、理想の体型へと大きく変化することがあります。「なんだか最近サイズが合わなくなってきた」と感じたら、今一度しっかりと採寸をし買い換えを検討しましょう。

その逆もまたしかり。体重の増加によっても体のサイズは変化します。体重が増加しサイズが大きくなってしまったら、下着もサイズアップを検討しましょう。

またいくら丈夫な補正下着といえども毎日使用する消耗品に変わりはありません。身生地が伸びてしまって思うような補正効果が期待できなくなったら買い換え時だと考えましょう。

Q3:補正下着で痩せることはできるの?

残念ながら、補正下着を着用したからといって痩せるという効果は得られません。しかし正しく毎日着用することによって、理想の体型へと近づくことは可能です。

また、着用することによって普段使わない筋肉が鍛えられ引き締まったり、代謝がアップした結果、相乗効果によって痩せやすい体質へと変化することは考えられます。

Q4:補正下着は毎日着用したほうがいいの?

補正下着は毎日正しく着用することによって、効果的に理想の体型へと近づくことができます。女性の体はつきたてのお餅並みに肉質がやわらかいため、着用期間や着用時間が長ければ長いほど、体がその形に形状記憶されやすいと考えてよいでしょう。

ときどきの着用や、特別な日にしか着用しないといった場合は、そのときだけは理想のボディラインをキープできますが、またすぐに元に戻ってしまいます。補正下着の実力を思う存分発揮させるためには、毎日の着用がおすすめです。

まとめ

ママアイテム編集部の調査のもと、正しい補正下着の選び方や着用方法、おすすめのアイテム別補正下着16選を伝えましたが、お気に入りのアイテムは見つけられましたか。

ひと昔前なら、補正下着といえば「きつい」「苦しい」「オバサンくさい」などとマイナスなイメージばかりが目につきがちでしたが、いまどきの補正下着の機能やデザイン性には目を見張るものがあります。

ここまで進化すると、補正下着に対する概念も180度変わってしまいますよね。興味はあるけれどもいまいち手が出しづらかったという人も、ブラジャーやショーツなど普段から身につけている手軽なアイテムから始めてみるのもおすすめですよ。

これを機会に素敵な補正下着と出会って、スッキリとしたボディラインを再び手に入れてみませんか。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします