ニキビができやすい敏感肌向け化粧品のおすすめ17選!ニキビケア成分と低刺激性で選ぶ

ニキビに悩む敏感肌の人は、化粧品選びが大変ですよね。肌に刺激を与えず、繰り返しできるニキビを予防してくれるアイテムを使いたいところですが、どれを選べば良いのか迷...

ニキビに悩む敏感肌の人は、化粧品選びが大変ですよね。肌に刺激を与えず、繰り返しできるニキビを予防してくれるアイテムを使いたいところですが、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、ニキビができやすい敏感肌の人も使えるおすすめ化粧品17個を厳選しました。クレンジングや洗顔料、化粧水、クリーム、パックなど、種類ごとのおすすめ商品がわかりますよ。化粧品の選び方や、敏感肌のスキンケアについても解説しているため、チェックしてみてくださいね。

ママアイテム編集部

ニキビができやすい敏感肌向け化粧品のおすすめな選び方3つ

まずは、ニキビができやすい敏感肌向けの化粧品を選ぶ際に、チェックすべきポイントを確認しておきましょう。配合されている成分を確認することで、自身の肌に合った化粧品を選べますよ。

1.消炎作用?殺菌作用?ニキビケア成分が配合されているかをチェック

ニキビをケアするためには、ニキビに有効な成分が配合されている化粧品を使うのがおすすめです。しかし、どうニキビに働きかけるかは成分によって異なりますから、自身の症状に合わせて最適な成分が配合された化粧品を選ぶ必要があります。

以下に、代表的なニキビケア成分とその働きをまとめました。

働き有効成分補足情報
皮脂抑制過剰な皮脂を抑えてニキビをできにくくするビタミンC誘導体エストラジオールも効果的だが、配合量が制限されている
角層剥離古い角質を除去して肌トラブルを予防するサリチル酸、レゾルシン、イオウ
溶解毛穴を塞いでいる角栓を取り除くサリチル酸、レゾルシン、イオウ
殺菌ニキビの原因となる菌が増えないようにするベンザルコニウムクロリド、イソプロピルメチルフェノールサリチル酸、レゾルシン、イオウにも殺菌作用がある
抗炎症ニキビの炎症や赤みを抑えるサリチル酸、アラントイン、グリチルリチン酸2K(ジカリウム)ビタミンC誘導体も効果的

グリチルリチン酸2Kのように1つの作用に特化した成分もあれば、サリチル酸のように複数の原因に働きかける成分もあります。自身の肌にどんなアプローチをすれば良いか、上の表を見ながら使うべき成分を決めましょう。

2.ニキビ予防は保湿が大切!保湿力をチェック

ニキビは過剰な皮脂が原因でできるため、皮脂を取り除くスキンケアをしてしまう人が多いです。しかし、ニキビ予防に必要なのは、皮脂の除去ではなく、保湿なのです。

特に大人ニキビは、乾燥が原因で繰り返されるケースが多く見られます。水分量が足りなくて乾燥すると、肌はうるおいを補うため、水分の代わりとなる皮脂をどんどん出します。その結果、皮脂量が過剰になってニキビができてしまうのです。つまり、大人ニキビには水分を与えるケアが必要なのです。

化粧品を選ぶ際は、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。代表的な保湿成分は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。

3.肌荒れの原因になることも!肌に刺激となる添加物の有無をチェック

敏感肌の人は、肌に刺激を与えやすい添加物の有無をチェックしてから化粧品を購入する必要があります。化粧品の保存期間を長くしたり、つけ心地を良くしたりする添加物の中には、敏感肌に強い刺激を与えてしまう物質があるため注意が必要です。

特に注意すべき添加物は、メチルパラベン、香料、着色料、アルコールなどです。これらが配合されていると必ずかぶれるというわけではありませんが、なるべく避けた方が安心ですよ。

ニキビができやすい敏感肌向け化粧品のおすすめメーカー・ブランド

ニキビができやすい敏感肌向けの化粧品は、どのメーカーやブランドのものが良いのでしょうか。ここでは、特におすすめしたいメーカー・ブランド3つを紹介します。

1.MILLIONA COSMETICS(ミリオナ化粧品)

ミリオナ化粧品は、基礎化粧品や医薬部外品の受託製造をメインに行なっているメーカーです。高い技術力によって、新しい化粧品を次々と開発しています。

肌を滑らかに整えて、ニキビを予防する美容液が注目を集めています。最新の技術や美容成分を取り入れることで、高い効果が期待できる商品が揃っているのが魅力ですね。

2.Curel(キュレル)

花王の化粧品ブランドであるキュレルは、乾燥性敏感肌でも使える化粧品を多数展開しているのが特長です。洗顔から保湿までのトータルスキンケアで、肌に存在するセラミドを守ったり、足りない分を補ったりすることで、健やかな肌に整えられるのが人気の理由。

敏感肌でも刺激を与えずにメイクを落とせるクレンジングや、優しく洗い上げる洗顔料が特に好評です。

3.AQUALABEL(アクアレーベル)

アクアレーベルは、資生堂が展開する化粧品ブランドです。つるつる肌、美白、ハリツヤなど、目指す肌の状態に合わせてシリーズを展開しているのが特長。

ニキビが気になる人向けのアクネケアラインは、ニキビとともにシミも防げる点が好評です。有効成分が肌に働きかけて、ニキビに負けない肌に整えてくれます。

この商品の比較ポイント

今回選定した17個の商品に共通するポイントとして、内容量を抜き出して記載しています。有効成分などは個別の商品紹介でしっかり解説していますので、チェックしてみてくださいね。

  • 内容量

今、編集部がおすすめするニキビができやすい敏感肌向け化粧品はコレ!

まずは、今回紹介する化粧品の中でも特におすすめしたい商品を紹介します。デコボコニキビに悩んでいる敏感肌の人にピッタリな美容液です。

ミリオナ化粧品「薬用アクレケア」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 内容量:30ml

なめらかでふっくらした肌に整える!

ニキビがあるから肌がデコボコしていて、汚く見えてしまう。ニキビの炎症による赤みがひどくて、メイクで隠せない。そんな悩みを持っている人におすすめなのが、ミリオナ化粧品の「薬用アクレケア」です。

保湿成分として月下香エキスが配合されているのが特長。月下香はヒアルロン酸の10倍もの保湿力を誇り、肌の乾燥を予防します。乾燥が原因の大人ニキビに悩んでいる人にピッタリですね。

また、ビタミンCの含有量が多いカムカムが配合されているのもポイントです。ビタミンCは過剰な皮脂を抑制するとともに、肌荒れを予防する効果もあります。ほかにも美白作用のあるカモミラエキスや、ニキビによる赤みをケアする甘草エキスが配合されているため、さまざまな方向からニキビに働きかけてくれますよ。

使い続けることで肌がふっくらしてきた、なめらかで綺麗な肌に見えるようになったと喜ぶ愛用者が多いです。敏感肌でも使えたという意見も見られますよ。ニキビケアに効果的な美容液が欲しい人は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

メイクはしっかりオフ!ニキビができやすい敏感肌におすすめのクレンジング4選

メイクの汚れが肌に残っていると、ニキビができやすくなってしまいます。クレンジングを使って、メイクをしっかりと落としましょう。敏感肌でも使えるおすすめクレンジングは、以下の4つです。

1.キュレル「ジェルメイク落とし」

  • 内容量:130g

ニキビの炎症を抑えながら、優しくメイクオフ!

乾燥性敏感肌にも使えるくらい優しいのに、口紅や毛穴の奥に詰まったファンデーションまでしっかり落とせるクレンジングが、キュレルの「ジェルメイク落とし」です。肌をゴシゴシと擦らなくてもメイクを落とせるため、刺激を与えないのが嬉しいポイント。

ニキビケアに有効な成分として、グリチルリチン酸2Kが配合されています。ニキビの炎症を抑えて悪化を予防してくれるため、ニキビ肌でも優しくメイクを落とせますよ。また、無香料、無着色料、アルコールフリーで、敏感肌の人も安心して使えるのが魅力です。

ガッツリ濃いアイメイクは落ちづらいという意見も見られますが、ファンデーションなどベースメイクはスルスルと落ちます。ポイントメイクリムーバーと併用している愛用者も多いですね。ジェルタイプでベタつきが少ない点も人気の理由です。肌に刺激を与えずにメイクを落としたい人におすすめ。

2.ファンケル「マイルドクレンジングオイル」

  • 内容量:120ml

メイクと古い角栓オフで、ニキビを予防!

濡れた手でも使えて、マスカラやアイラインなどのポイントメイクもしっかり落とせると好評なのが、ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」。ゴシゴシ擦らなくても、オイルを馴染ませるだけでスルンとメイクが落ちます。

メイクだけでなく、古い角栓もしっかりオフできるため、ニキビ予防に効果的です。防腐剤、香料、合成色素など肌に刺激を与えやすい成分は無添加なので、敏感肌の人も安心して使えますよ。肌のうるおいを残してメイクだけを落とすことで、乾燥が原因の大人ニキビを繰り返さない肌に導いてくれます。

洗浄力が高いのに乾燥しないと、リピーターが続出していますよ。オイルタイプはニキビに悪いイメージがあって使用を避けていた人も、この商品は使えると評価しています。ベースメイクもアイメイクも落とせて、敏感肌でも使える優しいクレンジングが欲しい人におすすめです。

3.マナラ「ホットクレンジングゲル」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 内容量:200g

毛穴の奥に詰まった汚れまで撃退!

マナラの「ホットクレンジングゲル」は、メイクをスッキリ落とせて肌に美容成分も与えられると評判のクレンジングです。これ1つでメイク汚れも毛穴汚れも落とせるため、ダブル洗顔は不要。手軽に使えるのが嬉しいですね。

角質層を柔らかくして毛穴に詰まった汚れを取り除くことで、ニキビを繰り返さない肌に整えてくれます。さらに、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸、スクワランなどを始めとする美容液成分が多数配合されているため、洗い上がりはしっとりしますよ。

エタノールやパラベン、合成香料など刺激を与えやすい7つの成分は無添加で、敏感肌の人もかぶれを気にせず使えます。メイクと毛穴汚れを落として、ニキビができにくい健やかな肌に整えたい人におすすめです。

4.D.U.O.「ザ クレンジングバーム」

  • 内容量:90g

肌に乗せるととろけるバーム!メイクも毛穴汚れもスッキリ落とす

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントという5つがこれ1つで行える、D.U.O.の「ザ クレンジングバーム」。メイクと一緒に肌の汚れも落とせるため、W洗顔は不要です。

ビタミンCが入っているので、ニキビの炎症を抑えたり、余分な皮脂を抑制したりできます。さらにナノヒアルロン酸やナノセラミドを配合しているため、洗い上がりもつっぱらず、しっとりした肌になりますよ。パラベンや鉱物油、アルコール、香料など肌に刺激を与えやすい7つの成分が無添加で、敏感肌の人も使えるのが魅力ですね。

スパチュラで適量取って使うことで、清潔さが保たれると評価する愛用者も多いです。固いバームを肌に乗せるととろけて、スッキリメイクを落とせることも好評ですよ。肌に優しく汚れを落としてくれるクレンジングが欲しい人におすすめです。

原因菌をしっかり殺菌!ニキビができやすい敏感肌におすすめの洗顔料4選

クレンジングでメイク汚れを落としたあとは、洗顔で肌に残った汚れを落とすとともに、ニキビの原因となる菌を撃退しましょう。ここでは、敏感肌におすすめの洗顔料4つを紹介します。

1.キュレル「皮脂トラブルケア泡洗顔料」

  • 内容量:150ml

皮脂を取り除いて、うるおいは守る!

皮脂のベタつきや肌のカサつきが気になる乾燥性敏感肌におすすめなのが、キュレルの「皮脂トラブルケア泡洗顔料」です。過剰な皮脂を溶解して肌に必要なうるおいは残すため、乾燥を悪化させずにニキビケアができます。

グリチルリチン酸2Kが配合されているため、ニキビの炎症を抑えて悪化を防止するのが特長。さらに、香料や着色料、エチルアルコールが配合されていないため、敏感肌の人も手を出しやすいですよ。敏感肌の人向けにパッチテストを行っているため、刺激の少なさは証明されています。

ポンプを押せば泡状の洗顔料が出てくるので、忙しい朝も手軽に使えることが女性から支持されています。頑張って泡立てなくてもモコモコ泡で洗顔でき、摩擦を防いで肌を優しく守ってくれますよ。手軽さと洗い上がりのさっぱり感が好評で、リピーターも多いです。

2.ロゼット「洗顔パスタ アクネクリア」

  • 内容量:120g

海泥の力で汚れスッキリ!ニキビの炎症も抑えてくれる

ロゼットの「洗顔パスタ アクネクリア」は、ニキビケアに特化した洗顔料です。海泥と洗浄成分のガスールが、毛穴汚れを取り除いてクリアな素肌に洗い上げてくれます。ニキビは古い角質が原因で起こることも多いので、スッキリ洗えるのは嬉しいですね。

有効成分として、炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリルが配合されています。ニキビの炎症を抑えて、悪化を防止してくれますよ。また、和漢植物のうるおい成分も入っているため、洗い上がりも乾燥せず、しっとりした肌に整えてくれるのが魅力です。

使い始めてからニキビができにくくなった、敏感肌でも使えたと評価する意見が多数見られますよ。大人ニキビが気になる乾燥肌の人や、敏感肌の人は一度試してみることをおすすめします。

3.スキンライフ「薬用泡のふんわり洗顔」

  • 内容量:200ml

殺菌成分と抗炎症成分のWパンチで、ニキビにサヨナラ!

ポンプ式のボトルを押すとモコモコ泡が出てくるため、手軽に洗顔できると人気を集めているスキンライフの「薬用泡のふんわり洗顔」。スキンライフは、昔ながらの石けんでお馴染みの牛乳石鹸が展開しているブランドということもあり、敏感肌の人からの支持も厚いです。

殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールと、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されているのが特長。ニキビの原因菌を撃退しつつ、できてしまったニキビの赤みを抑えてくれます。さらにヒアルロン酸も配合されているので、必要なうるおいを補ってくれるのが魅力です。

オイルフリー、ノンコメドジェニックテスト済みのため、ニキビを優しくケアしてくれますよ。洗い上がりは、かなりスッキリすると好評です。ピンクグレープフルーツの香りで癒やされながら、ニキビをやっつける気持ちで優しく洗顔しましょう。

4.ペア「アクネクリーミーフォーム」

  • 内容量:80g

低刺激性なのに殺菌&抗炎症の嬉しい効果!

大人ニキビを治療する医薬品を販売していることで知られているライオンのブランド・ペアからは、ニキビ予防に効果的な洗顔料「アクネクリーミーフォーム」が出ています。低刺激性なので、敏感肌の人も使いやすいです。

殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールと、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムの力で、ニキビを予防してくれます。また、保湿成分としてビタミンC誘導体とダイズエキスが配合されているため、角質層をうるおいで満たしてくれますよ。

使い続けることでどんどんニキビが減ってきたと、確かな実力を評価する意見が目立ちます。泡立ちが良いので、モコモコ泡で肌に刺激を与えずに洗顔できる点も好評ですね。洗い上がりはとてもさっぱりするので、乾燥肌や敏感肌の人は、洗顔後すぐにスキンケアを始めてくださいね。

しっとり保湿でしっかり予防!ニキビができやすい敏感肌におすすめの化粧水4選

洗顔で肌の汚れを落としたら、次は足りない水分を補給してあげましょう。保湿力の高い化粧水を使うことで水分と油分のバランスを整え、ニキビを繰り返す肌から脱出できますよ。敏感肌におすすめの化粧水4つを紹介します。

1.オルビス「薬用クリアローション」

  • 内容量:180ml

バリア機能を高めて、ニキビができにくい肌に!

ホルモンバランスの変化によってニキビができることに着目し、肌のバリア機能を高めることでニキビケアにつなげようという化粧水が、オルビスの「薬用クリアローション」です。さっぱりとしっとりの2種類がありますが、大人ニキビに悩む人にはしっとりタイプがおすすめ。

肌のバリア機能を高めて肌荒れを撃退する紫根エキスや、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることで、健やかな肌に導いてくれるのが魅力です。さらに、オイルカットで余分な油を与えず、浸透型コラーゲンで肌を保湿してくれるため、バランスの良い肌に整えられますよ。

弱酸性でアルコールフリーのため、敏感肌でも安心して使えると好評です。ニキビ予防、悪化防止、保湿のどれも重視したい人におすすめ。しっとりタイプでもサラサラしたつけ心地のため、しっかりハンドプレスで保湿成分を押し込んであげましょうね。

2.ナチュリエ「ハトムギ化粧水」

  • 内容量:500ml

ハトムギの力で肌をうるおし、大人ニキビを撃退!

たっぷり水分を補えると好評の化粧水が、ナチュリエの「ハトムギ化粧水」です。天然植物成分のハトムギエキスが配合されていて、肌にうるおいを与えてくれます。500mlと大容量のため、惜しみなく使えるのも人気の理由ですね。

香料、着色料、界面活性剤が配合されていない低刺激性で、敏感肌の人も使いやすいです。また、オイルフリーのため肌に余分な油を与えず、ニキビケアにピッタリといえます。肌はしっとりしますが、ベタつかないテクスチャーのため年中使えるのも魅力です。

保湿のためにたっぷり使ってもOKですし、次に使う高保湿化粧水のためのプレ化粧水としても活躍しますよ。お風呂上がりに全身に使う愛用者も多いです。手軽に使えて乾燥を撃退できる化粧水が欲しい人におすすめ。

3.ファンケル「アクネケア 化粧液」

  • 内容量:30ml

刺激になりやすい成分は無添加!優しくうるおす化粧水

ファンケルの「アクネケア 化粧液」は、肌にうるおいを与えて水分と油分のバランスを整えることで、ニキビに負けない肌に整えてくれる化粧水です。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kのほか、保湿成分のグリセリンや肌荒れを防止するビタミンEなどが配合されています。

保湿と肌荒れ予防が同時に叶えられるのが魅力です。防腐剤や香料、石油系界面活性剤など肌に刺激を与えやすい成分は配合されていません。ノンコメドジェニックテスト済みで、ニキビができにくい仕様なのも嬉しいですね。

長年ニキビに悩んでいた敏感肌の人も、この化粧水に変えてから気にならなくなったと評価しています。肌荒れを繰り返さない、健やかな肌に整えたい人におすすめですよ。

4.アクアレーベル「アクネケア&美白水」

  • 内容量:200ml

ニキビケアと美白ケアがこれ1つでできる!

ニキビケアと紫外線ダメージによるシミのケアが同時にできると好評なのが、アクアレーベルの「アクネケア&美白水」です。サラサラとしたテクスチャーなのに肌がしっとりすると、保湿力の高さを評価する愛用者が多いのが特長。

ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムと、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ持続安定型ビタミンCが配合されています。ニキビを優しくケアしながら、気になるシミにもアプローチできるのが嬉しいですね。

保湿成分としてヒアルロン酸ナトリウムも入っているため、乾燥が原因の大人ニキビに効果的です。美白効果が付いていることで、ニキビケアのみに特化した化粧水と比べると刺激を感じる人もいるようです。化粧品でかぶれた経験がある人は、肌の調子が安定しているときに使うなど工夫が必要ですね。

気になる部分にスペシャルケア!ニキビ肌やニキビ跡におすすめのクリーム・パック4選

ニキビケアの仕上げには、低刺激性で油分少なめのクリームでフタをするのがおすすめです。また、週に1〜2回程度のスペシャルケアとして、ニキビケアに有効な成分や保湿成分がたっぷり入ったパックを取り入れるのも効果的ですよ。

1.肌美精「うるおい浸透マスクAD (アクネ)」

  • 内容量:5枚

ニキビケア成分と保湿成分を集中補給!

顔全体を覆って美容成分を届けてくれるパックの中でも、ニキビ予防に効果的なのが肌美精の「うるおい浸透マスクAD (アクネ)」です。繰り返しできる大人ニキビを予防するために、有効成分がたっぷり染み込んでいます。

炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kや、うるおい成分の緑茶エキス、そして肌荒れを予防するビタミンC誘導体が配合されています。使用の際はパックを顔に密着させ、5〜15分置いたらはがしてください。顔に残った美容液は、ハンドプレスで顔に馴染ませるのがおすすめですよ。

使うとニキビの赤みが引く、肌のうるおいがアップすると人気を集めています。パックは集中的に美容成分を届けられるため、うるおいが足りないと思ったときに使うのがおすすめです。スペシャルケアとして、週に1〜2回取り入れてみてくださいね。

2.ハウス オブ ローゼ「ハーバルクレイ パック」

  • 内容量:150g

クレイとハーブの力で、毛穴の汚れを撃退!

ハウス オブ ローゼの「ハーバルクレイ パック」は、毛穴の奥に詰まった汚れをスッキリ洗い流せるパックです。ゴシゴシと擦るのではなく、肌全体に広げてから洗い流すタイプなので、肌に負担をかけずに汚れを落とせます。

クレイが皮脂や汚れを吸着し、ハーブエキスが肌を引き締め、なめらかに整えてくれます。グリチルリチン酸2Kも配合されているため、ニキビの炎症を抑える効果もありますよ。カミツレエキスを始めとする保湿成分も入っていて、肌にうるおいを与えるのも魅力です。

毛穴の黒ずみがスッキリした、肌が引き締まったと目に見える効果を実感する人が多いです。毛穴の汚れを綺麗にしておけば、ニキビを繰り返さない肌になりますよ。その後のスキンケアアイテムの浸透も高まるため、高保湿アイテムでたっぷり肌をうるおしてくださいね。

3.ルナメアAC「ジェルクリーム」

情報が取得できなかったよ・・・
  • 内容量:60g

さっぱりクリームで肌を健やかに整える!

ニキビ肌の人は、濃厚なこっくりしたクリームを使うと油分が多すぎて、さらにニキビを悪化させることがあります。そこで、ジェル状でさっぱりと使えるルナメアACの「ジェルクリーム」がおすすめです。

炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリルと、肌荒れを防止するトコフェロール酢酸エステルが配合されているため、大人ニキビに悩む肌を整えてくれます。さらに、保湿成分としてグリセリンやビルベリー葉エキスなども入っていて、肌にうるおいを与えますよ。

香料や合成着色料が配合されていないため、敏感肌の人も安心して使えます。さっぱり使えるのに肌が保湿される点が人気の理由ですね。敏感肌でも使えてベタつかず、ニキビを増やさないクリームが欲しい人におすすめです。

4.クラブ「ホルモンクリーム」

  • 内容量:60g

女性ホルモンのパワーで繰り返すニキビを撃退!

肌荒れを改善するために女性ホルモンを配合したクリームとして、長年愛され続けているクラブの「ホルモンクリーム」。女性ホルモンとして配合されているエチニルエストラジオールには、過剰な皮脂を抑制する働きがあります。

水分と油分のバランスが崩れた肌を整えるために、過剰な皮脂を抑えて水分を補給してくれます。また、肌荒れを予防するピリドキシンHCI(ビタミンB6)も配合されているので、繰り返しできる大人ニキビを撃退してくれますよ。

昔ながらのクリームということで、敏感肌の人からの評価も高いです。しかし、添加物が多少配合されているため、敏感肌の人は一度腕などに塗ってテストしてから使うことをおすすめします。肌がしっとりする、ニキビができにくくなるなどの効果を実感する愛用者は多いので、一度試してみてくださいね。

ニキビができやすい敏感肌向け化粧品を購入時の気になる疑問・質問

ニキビができやすい敏感肌の人は、スキンケアやメイクにも気を遣いますよね。おすすめ商品を購入する前に、ニキビの治し方やメイク方法などについて確認しておきましょう。

Q1:乾燥肌のニキビの治し方は?スキンケアだけで大丈夫?

乾燥肌のニキビは、保湿を重視したスキンケアを行うことで撃退できます。とにかく保湿して肌の水分量を増やすことが、ニキビを繰り返さないコツです。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿力の高い成分が配合されている化粧品を使って、肌をうるおすスキンケアをしましょう。

また、スキンケア以外にも肌の乾燥を予防する方法はあります。加湿器を使ったり、マスクを着用したりすることで、保湿効果を得られますよ。

Q2:ニキビ用の市販薬はどんな時に使えばいい?

ニキビ用の市販薬は、赤ニキビや黄ニキビなど炎症を起こしたニキビに使用しましょう。市販薬は抗炎症作用や殺菌作用を持つ成分が働きかけることで、ニキビの症状を鎮めるものです。

そのため、できたばかりの白ニキビ(コメド)や、毛穴の汚れが詰まった状態の黒ニキビにはあまり効果がありません。ニキビがひどくなってきたときの対処療法として使うのがおすすめです。

Q3:ニキビができて赤みがある状態のメイク方法は?ファンデーションは塗っちゃダメ?

ニキビができて肌に赤みが出ているときは、低刺激で無添加のファンデーションを使用するのがおすすめです。メイクをすると肌に負担をかけてしまいますが、すっぴんで出かけて紫外線や大気汚染物質のダメージを受けるのもよくありません。

そのため、刺激となる物質が配合されていないものや、石けんで簡単に落とせるファンデーションを使いましょう。商品によってはニキビケア成分が配合された化粧下地やファンデーションもあるため、試してみるのも良いですね。

まとめ

敏感肌のニキビケアは化粧品選びが大変ですよね。しかし、きちんと成分を確認した上で商品を選ぶことで、肌荒れを起こさず快適に使えるアイテムに出会うことができます。

ニキビケアに効果的な成分や保湿力のある成分が配合されているか、そして刺激を与える成分が入っていないか、購入前にしっかり確認しましょう。今回紹介した17個の化粧品の中から、ピッタリの商品が見つかることを願っています。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします