【日焼け止めパウダーのおすすめ15選】敏感肌へのやさしさと効果で選ぶ【2020年最新版】

日焼け止めパウダーはファンデなしでOK、敏感肌の人にもおすすめのナチュラルメイクアイテム。しかし種類が多すぎて、敏感肌の人は自分がどんなものを選べばいいのか迷いますよね。
敏感肌の人も安心の日焼止めパウダーの選び方と、おすすめ15選をご紹介します!

日焼け止めパウダーはファンデなしでOK、敏感肌の人にもおすすめのナチュラルメイクアイテム。

パウダーのみで透明感のある肌になるために、選ぶべきポイントとUV効果比較を検証してみました!これを見ればマイベストパウダーが絶対に見つかります!

ママアイテム編集部

日焼け止めパウダーのおすすめな選び方4つ

まずは日焼け止めパウダーを選ぶときのポイントを4つ覚えておきましょう。この4つは肌とお財布に優しいポイントでもありますよ。

1.敏感肌でも安心!ノンケミカルかチェックしよう

日焼け止めにおける「ノンケミカル」とは、紫外線吸収剤が入っていないものを指します。ノンケミカル意外に「紫外線吸収剤リフー」「紫外線吸収剤不使用」と記載されているものもあります。ではその紫外線吸収剤入りとノンケミカルの違いから見てみましょう。


【紫外線吸収剤入りの日焼け止め】

  • 日焼け止めが紫外線を吸収し、肌に吸収させないため日焼けしないメカニズム

  • UVカット効果が高い代わりに肌への負担が大きい

  • 敏感肌の人は肌荒れの原因に

【ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止め】

  • ミネラルを含み、そのミネラルによって紫外線を散乱、反射させることで肌を焼かないメカニズム

  • 肌への負担が少ない

  • 汗に落ちやすいのでこまめな塗りなおしが必要

日焼けもシミの原因ですが、肌荒れもシミの原因です。肌の優しいものをこまめに塗りなおすのが肌にとってはベストなのです。肌の負担を考えるなら、必ずノンケミカルの日焼け止めパウダーをチョイスしましょう。


パウダーをこまめに塗りなおすことで、紫外線も完ぺきにブロックできます。

2.UVカット効果はどれくらい?SPFとPAをチェックしよう

日焼け止めに必ず記載されている「SPF」と「PA」、数が多いほうがUVカット効果が強い事はご存じのはずです。しかし、それなりに肌への負担も多くなってきます。


そのため、ダメージとUVブロック効果、両方踏まえたうえで日焼け止めパウダーを選ばなければいけないのです。


まずはSPFとPAをきちんと理解することが大切です。


【SPF】

  • しみ・そばかすの原因である紫外線B波を防ぐ

  • 「SPF10~SPF50、SPF50+」まであり、数が多いほど紫外線ブロックが強い

紫外線に当たってから日焼け(肌の炎症)が起きるまで、一般的に15~20分ほど時間がかかりますが、SPF30だったら、それを30倍の時間肌を守ることができるという意味になります。


【日に当たって20分で日焼けする人がSPF30を塗った場合】


20分×SPF30=600分(10時間)日焼けをブロックする


このような意味になるのです。しかし日焼けまでに個人差も多く、また汗などでも流れてしまうので10時間は実質持ちません。


【PA】

  • しわやたるみの原因となる紫外線A波を防ぐ

  • PA+~PA++++までの4段階あり、プラスの数が多いほど紫外線ブロックが強い

ちなみに、紫外線B波は夏がピークになりますが、紫外線A波は1年中降り注いでいます。


こられを踏まえたうえで、参考にすべきSPFとPAの目安はこのようになっています。


★スーパー買い物などの数時間の外出:SPF15PA+

★営業外回り・通勤:SPF30PA++

★屋外レジャー:SPF50PA+++~PA++++


しかし、パウダーの場合は汗に流れやすく落ちやすいため、こまめな塗りなおしが必須です。落ちてしまうことを前提に、少し強めのUVカット効果のあるものを選んだほうがいいのかもしれません。

3.クレンジング剤は必要?簡単に洗い流せるかチェックしよう

通常のファンデーションを落とすのに必要なクレンジングですが、クレンジング剤に含まれる界面活性剤が肌に負担がかかると言われています。


この界面活性剤、なぜクレンジングに含まれているかと言うと、ファンデーションに含まれた油分を落としてくれるのです。 つまり、油分が含まれていなければ界面活性剤は必要ない、クレンジングは必要なくなるのです。


日焼け止めパウダーを選ぶときは油分の含まれていない、通常の洗顔で綺麗に落ちるタイプのものを選ぶといいでしょう。それが最も肌に負担が少ないといえるのです。

4.価格相場と買うべき値段をチェックしよう

毎日使う日焼け止めパウダーだからこそ、自分が続けられる価格のものを選ぶべきです。そこで人気の価格帯や最安値価格もチェックしておきましょう。


最安値

人気

高級

価格

¥500程度

¥2,000~¥3,000

¥5,000~¥10,000

特長

・粉っぽさがあるものも

・国産でないものもある

・国産ブランドが多い

・薄付きが多い

・クレンジング不要が多い

・海外有名ブランドが多い

・粒子が細かい

・キメが整う


日焼け止めパウダーは詰め替え用レフィルなどを発売してるブランドもあるので、上記の価格帯よりも少し安く買えることもあるかもしれません。


最安値価格は500円から1000円程度で、一般的にプチプラと言われているドラッグストアなどで発売されているものをさし、無名ブランドが多いのが特徴です。


しかし調べてみると大手国産ブランドの下請けや製薬会社など、一般ユーザーには馴染みがないけれど、一般ユーザーがすでに利用している企業が製造してることが多いようです。


また、価格帯の違いは日焼け止め効果の違いというよりは、仕上がりの違いと言えるかもしれません。プチプラパウダーはやはり白浮きしやすかったり肌に馴染みにくいものも多く、好みや個人差が大きく分かれるところです。


人気価格帯は誰にでも使いやすいナチュラルさが売り、低刺激が多いといった特徴です。高級価格帯は肌のツヤやきめの細かさに定評があり、仕上がりの完璧さはピカイチと言えるかもしれません。


しかしパウダーという特性上、マメに塗り直さなければいけないのでコストパフォーマンスとしては優れていません。


「まめに塗り直さなければいけない夏は少しリーズナブルなものを、乾燥しにくい秋や春などは肌が美しく見える高級ラインを使う」など、自分の肌質やシーズンで使い分けるものいいですね。

日焼け止めパウダーのおすすめメーカー・ブランド

日焼け止めパウダーを選ぶとき、やはり気になるのがブランドです。スキンケアとして定評のあるブランド、ナチュラル志向のブランドなど、まずはメーカーの特色を見て選びましょう。

1.エトヴォス

エトヴォスのコンセプトは、クレンジングいらずのミネラルメイクとナチュラルなスキンケアです。


最も肌に負担がかかる強力なクレンジングをやめること、保湿成分であるセラミドを軸にした製品開発をすることで保湿だけでなく、肌本来の力をより高めることに重点を置いています。


通常ミネラルメイクは肌へのダメージを軽減するあまり、メイクの仕上がりが劣ることが普通ですが、ミネラル使用であることを忘れるほどきれいな仕上がりです。。


赤ちゃん用スキンケアラインも揃っているから、肌に対する優しさには定評がありますよ。

2.トゥベール

もともとは化粧品の原料メーカーからスタートしたというトゥベールは、セラミドの水分保持機能を発見した研究者を顧問においています。そのため最先端の研究開発によって生み出されたコスメなのです。


無添加でビタミンC誘導体を配合することをポリシーとしているため、美白コスメではダントツの人気です。


もちろんミネラルコスメティックラインはクレンジング不要、しかも通常の化粧品と変わらない仕上がりにこだわっています。

3.ナチュラグラッセ

100%天然由来原料にこだわるナチュラグラッセのコスメは、オーガニックによって育てられた植物からできています。


自社農場で育てたハーブを積極的に採用し、全ての商品においてどんな植物がベースになっているのかが公表されているので、ユーザーにとっても安心して選べるブランドです。


廃棄物の少ない原料を使ったり動物実験を行わなかったりと、人間の肌にだけでなく世界環境に対する影響も考慮した現代社会のニーズに合ったブランドになっています。

今回の商品の比較ポイント

日焼け止めパウダーを選ぶ上で5つのポイントに重点を絞って商品を比較してみました。

  • ノンケミカル・・・日焼け止めの肌のダメージの原因となる紫外線吸収剤が入っていないものをノンケミカルとし、〇×で比較しています。

  • SPF・・・紫外線B波を防ぐ数値。値が大きければ大きいほど紫外線をブロックします。

  • PA・・・ 紫外線A波を防ぐ表記「+」の数が多ければ多いほど紫外線をブロックします。

  • 色・・・ファンデーションにとって欠かせない色です。何色かチェックしてから買いましょう。

  • クレンジング剤不要かどうか・・・強力なクレンジングは肌を傷めます。クレンジング剤が不要かそうでないか〇×で表記しています。

今、編集部がおすすめする日焼け止めパウダーはコレ!

万人にオススメしたい日焼け止めパウダーがあるんです。特長は強い日焼け止め効果、ブルーライトカット、しかも肌に優しい点です。もし初めて日焼け止めパウダーを買うなら、ここからスタートしてみることをお勧めしますよ。

エトヴォス「ミネラルUVパウダー」

  • ノンケミカル〇/紫外線吸収剤不使用

  • SPF50/ かなり強い紫外線Bブロック

  • PA++++/紫外線A波ブロック最強レベル

  • アイボリーベージュ/使用感はほぼ無色でつや感あり

  • クレンジング剤不要〇/お湯&石鹸で洗顔

紫外線A波をふせぐPA ++++は最強レベルです。紫外線A波は肌を乾燥させ、しわ・たるみの原因でもあるため、美肌を維持するパウダーとも言えるでしょう。


また紫外線吸収剤フリーのノンケミカル、ミネラルと美容成分を中心に製造されているので非常に肌に優しいパウダーです。


その他ブルーライトもカット効果もあり、パソコンやスマホと暮らしている現代人向け日焼け止めパウダーと言えますね。


さらっとした使い心地できめ細かい肌になれる、パウダーなのに乾燥しないという声もあり、多くの人に愛されています。また皮脂崩れもかなり防げます。


ほぼ無色で毛穴レスな肌になれるので、万人におすすめしたいパウダーです。

肌の優しいノンケミカル!敏感肌にもおすすめの日焼け止めパウダー6選

アレルギーがあって肌が荒れやすい、過去に化粧品で肌荒れが起きてしまったという敏感肌の人は、日焼け止めパウダーのチョイスにも慎重になるはずです。


そこで紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルパウダーをつかって、お肌のいい状態をキープしてみてください。


肌のキメが細やかになり肌バリア機能が高まるため、荒れにくくなるはずですよ。また肌バリア機能が高くなれば、保湿因子も成長しうるツヤ肌になれるはずです。

1.トゥヴェール「ミネラルサンスクリーン」

  • ノンケミカル〇/ 鉱物油や合成香料なども不使用

  • SPF50/ 強力に紫外線B波ブロック

  • PA++++/紫外線A波カット最強レベル

  • ピンク系/セミマット・つやタイプの2種類

  • クレンジング剤不要〇/石鹸で落とせる 

11種類の美容成分で乾燥知らず

紫外線吸収剤不使用だけでなく、パラペンやシリコンといった、肌に負担になるものすべてを排除したミネラルファンデーションです。


4種類のセラミドやアミノ酸、2種類のヒアルロン酸など11種類の保湿成分が入っているため、パウダーなのにかさつかないのが特徴です。もちろん天然ミネラルも配合されているから肌に優しく、洗い流しも簡単です。


光を拡散させる粒子も入っているため毛穴の凹凸も光によって目立たなくなり、艶のある肌が実現します。


使い心地もサラサラでテカリが抑えられるといった声も多く、汗や皮脂が気になる夏はもちろん、乾燥が気になる冬でも使える日焼け止めパウダーと言えますよ。

2.ナチュラグラッセ「ルースパウダー」

  • ノンケミカル〇/ 100%天然成分

  • SPF40/ 真夏の屋外レジャー以外ならOK

  • PA+++/ 通常の通勤・通学には十分

  • ベージュ2色/ ツヤあり・なし2タイプ

  • クレンジング剤不要〇/石鹸で落とせる

天然由来にこだわった自然派コスメ

天然由来100%にこだわったブランドで、何しろ肌に優しい日焼け止めパウダーです。そのためSPF・PAは最強レベルよりも1ランクダウン。ですが、屋外レジャー以外だったら問題ない紫外線ブロック強度です。


余計な皮脂を抑えるために米と米ヌカを、保湿にはアロエベラが使用されており天然植物の力によって水分と油分のバランスが保たれています。またマリーゴールドから抽出された成分でブルーライトカット効果もあるんです。


かなりの敏感肌の人でも心地よく使えて、テカリを抑えると評判のようです。パウダーは白くなるから嫌いという人も多いようですが、このパウダーはどんな人が使っても白くなりにくいのも一つの特徴ですよ。

3.ドクターシーラボ「エンリッチリフト UV パウダー50」

  • ノンケミカル〇/香料や着色料もなし

  • SPF50+/ 国内最高レベル

  • PA ++++/ 紫外線A波最強ブロック

  • ナチュラルベージュ/ 使用感はほぼ無色に近い

  • クレンジング剤不要〇/石鹸で落とせる

しわ・たるみが気になるならエンジングケアパウダー

国内で発売されている最強レベルの紫外線防御力を誇り、そのほか肌のダメージとなっているちりやほこりなどの大気汚染から肌を守る、スキンプロテクターも配合。屋外レジャーのみならず都会派にもおすすめです。


特徴はコラーゲンやコエンザイムQ10など独自の美容成分「金のコラーゲンEX」を配合することで、しわやたるみと言ったエイジングケアもできる点です。さらに化粧崩れ防止成分も入って、汗に強くテカリもないので1年中使えるはず。


使い心地はべたつかずさらさらがキープ、粒子は細かくて馴染みが良い、肌がワントーン明るくなるのに白くならないと上々のようです。

4.オンリーミネラル「薬用美白SPF 50ファンデーション オークル」

  • ノンケミカル〇/合成香料・色素などもなし

  • SPF50+/国内最強紫外線B波ブロック

  • PA+++/日常生活では十分なレベル

  • 2色/オークル・ライトオークル

  • クレンジング剤不要〇/つけたまま寝ても問題なし

薬用美白これ一つで完了

オンリーミネラルのパウダーはつけるだけでメラニンの生成を抑えてくれる薬用美白。薬用成分を含んでミネラル100%で作られているから、肌に優しいのは絶対です。アトピーの人も使っているようですよ。


さらに便利なことにUV カットとベースメイクが完了するだけでなく、コンシーラーの役割も兼ねているためこれひとつでメイクが完了。その証拠にカバー力が高いと評判のようです。


化粧崩れがしにくいのも特徴で、朝一度はたいただけで夕方までOKという声もあるほどです。


パフよりもブラシの方が綺麗に着くようで、毛穴レスの美肌を目指します。色白さんにはライトオークルをお勧めしますよ。

5.ミューノアージュ「UVスキンケアパウダー」

  • ノンケミカル〇/防腐剤・エタノールもなし

  • SPF50+/最強レベル

  • PA+++/紫外線Aはブロック強め

  • ピンクベージュ系/使用感はしっとりめ

  • クレンジング不要〇/石鹸で落とせる

皮膚科医と共同開発して生まれたコスメ

美容皮膚科医との共同開発で生まれたUVパウダーは敏感肌でも安心して使えるドクターズコスメです。


紫外線B波のブロックは国内最強レベルで、メイクの上からでも日焼け止め効果を発揮します。また粒子が細かいためつけ心地は軽く毛穴レスな肌が可能で、くすみも隠してナチュラルな肌にしてくれるんです。


敏感肌でもかゆくならないとの声もあり、さすがドクターズコスメです。


小物にも気をつかっているようで、専用パフを使ったほうがきれいにつくようですよ。

6.ラーネオナチュラル「UVフェイスパウダー」

  • ノンケミカル〇/無添加・オーガニックコスメ

  • SPF28-30/日常生活には問題ないレベル

  • PA++/長時間の外出にはぬり直しが必須

  • 2色/ライトオークル・ ナチュラルオークル

  • クレンジング不要〇/石鹸で洗い流せる

全て天然素材なのにしわをカバー

別名「花おしろい」と呼ばれるラーネオナチュラルのフェイスパウダーは、天然植物エキスを9種類配合。すべての素材が公表されており、安心して敏感肌の人にも使える逸品です。


防腐剤が入っていないため使用期限は開封後3ヶ月以内、紫外線ブロックも他のものに比べると少し弱めではありますが、肌の負担を重視するならば絶対にお勧めできます。


ダイヤモンドパウダーも含まれており、小じわや毛穴もカバー、ほんわかバラの香りに癒されます。


重ねて塗っても粉っぽくならないので、紫外線ブロック強度が弱くてもマメな塗り直しをすれば紫外線カット効果に不足はないはずですよ。

透明だからどんな肌の色にも合う!無色の日焼け止めパウダーのおすすめ4選

ファンデーションやパウダー選びで気になるのが色です。肌の色は人それぞれ、ナチュラルなオークルでも自分には濃すぎたり、白っぽくなりすぎたり……


そんな不安を解消すべく、無色のパウダーも人気なんです。無色なら服につく心配もないので首筋やデコルテ、腕や手に塗ってもOK。


いつでもどこでも日焼け止め対策は完璧にしたい、色で失敗したという経験がある人にはぜひ。

1.アムリターラ「オールタイムパウダーサンスクリーン」

  • ノンケミカル〇/美容ミネラルで紫外線をカット

  • SPF38/ 通勤・通学には十分なレベル

  • PA+++/ 日常生活では問題なし

  • 無色/ 男性でも使用できる無色

  • クレンジング剤不要〇/石鹸で洗い流せる

風呂上がりのボディパウダーとしても

アムリターラのパウダーはほぼ色がつかないので顔だけでなく全身、また子どもや男性でも使うことができます。


ビタミンA、D、Eなどが多く含まれるオーガニックホホバオイルを使用することで保湿性も抜群、肌を美しく見せるミネラルも含まれているので、毛穴を目立たせないつるんとした肌になります。

コスメ特有のハイライトはなく、うっすらと白いベールがかかっているような柔らかい質感です。


お風呂上がりにボディパウダーとして使用することもできるほど、肌に優しいサンスクリーンパウダーですよ。

2.TV&MOVIE「ホワイトプロテクトMパウダー50」

  • ノンケミカル〇/天然ミネラルだけで紫外線カット

  • SPF50+/国内最強レベル

  • PA++++/ 紫外線A波ブロック最強レベル

  • 無色/体・メイクの上からも使用可

  • クレンジング剤不要〇/石鹸だけで洗い流せる

農薬不使用の植物美容成分を配合

19種類の農薬不使用の天然美容成分を配合し、力強い植物のパワーによって乾燥をブロック、みずみずしい肌を維持していきます。


>様々な肌タイプに合いやすいオーガニックのアルガンオイルや椿オイルなどを使用し、お肌を守っていきます。


紫外線ブロック強度は国内最強レベル。粒子が非常に細かいため、肌への密着も高く使用感はしっとりめ。滑らかになるので鼻の頭に皮脂が浮きやすい人に人気なようです。


ただ専用パフよりもブラシの方がつきやすいという声も多くあり、そこは研究の余地ありですね。

3.MAMABUTTE「フェイスパウダー」

  • ノンケミカル〇/ オーガニック植物由来成分使用

  • SPF25/ 数時間の外出ならOK

  • PA++/数時間の外出なら問題なし

  • 2色/ ナチュラル・クリア

  • クレンジング不要〇/石鹸で落とせる

シアバター入り透明パウダーが肌をつややかに

天然保湿成分として知られるシアバターを5%配合し、 ラベンダーやローズマリーなど数種類のオーガニック植物原料を配合して自然の力で肌を保湿するパウダーです。


ナチュラルとクリア、2色のパウダーが揃っており、クリアはほぼ透明に近い白いパウダーです。そのためクリアはカバー力が若干劣るので、シミが気になる人にはあまり好まれないかもしれません。


しかしパールが毛穴の凹凸を光によって飛ばしてくれるので、毛穴は立たなくなります。


あまり伸びが良くないという声もあるようですが、よほど重ね塗りしない限り白浮きはしません。紫外線ブロック数値が少なくてもこまめに塗り直せばお肌は守れるはずですよ。

プライバシー「UV フェイスパウダー50フォープラス」

  • ノンケミカル×/紫外線吸収剤使用

  • SPF50+/国内最強レベル

  • PA++++/最強レベルの紫外線A波ブロック

  • 無色/使用感はマット

  • クレンジング剤不要×/クレンジングでオフ

プチプラでも紫外線カット力は最強

1000円程度で購入できるプチプラコスメの代表格ですが、紫外線ブロックレベルは国内最強レベルです。


しかし紫外線吸収剤を使用、洗顔はクレンジングも必要になるため肌に優しいとは言い難いのも事実です。そのため屋外レジャーの時だけ使用するといった使い方がおすすめでしょう。


使用感はしっとりとしたマットタイプで美容成分も配合されています。とはいえ乾燥しやすい口周りや目の周りがカサつくといった声もあり、鼻などの皮脂の分泌が激しい部分は調子がいいという声が多いようです。


透明パウダーで重ね塗りしても白浮きしないので、乾燥しやすい冬よりも、汗をかくシーズンに惜しげなく使うのに向いているのかもしれません。

持ち運びに便利でメイク直しにも最適!プレストパウダーの日焼け止めおすすめ4選

外出先で日焼け止めパウダーのお直し、その時に絶対欠かせないのがプレストパウダーです。通常のパウダーをプレスし、固形にしたタイプなので粉が飛び散ることもなく、部分的なお直しにはうってつけです。


また重ね塗りしても白浮きしないことも必須の条件ですね。

1.エトヴォス「ミネラルUVパクト」

  • ノンケミカル〇/ シリコン・着色料もなし

  • SPF50/ 屋外レジャーでも紫外線ブロック

  • PA++++/ 紫外線 A 波最強ブロック

  • アイボリーベージュ/ セミマットな仕上がり

  • クレンジング剤不要〇/石鹸とぬるま湯でオフ

万人受けするパウダーはコレ

エトヴォスのミネラルUVパウダーのプレスト版です。 紫外線吸収剤や鉱物油は不使用で、美容成分とミネラルからできているため、肌に非常に優しいパウダーとなっています。


また、紫外線A波70%カット、ブルーライトも65%以上カットするため、デスクワークでも外出中心の仕事でも、メイク直しにはぴったりです。


SPF50なので真夏のレジャーにもおすすめで、メイク崩れしない、乾燥しないとの定評のあるため365日、常に使いたいプレストパウダーといえますよ。

2.DHC「薬用PWプレスドパウダーUV」

  • ノンケミカル×/ しかし無香料・パラペンフリー

  • SPF50+/国内最強レベル

  • PA++++/ 紫外線 A 波最強ブロック

  • ナチュラルベージュ/ライト(標準色)・ヘルシー

  • クレンジング剤不要×/石鹸のみでは落ちにくい

ウォータープルーフで長時間美肌

ビタミンC誘導体を含み、メラニンの生成を抑えシミを防ぐ美白効果のあるパウダーです。


ノンケミカルではなく、クレンジングも必要になるため、それなりに肌の負担が気になるところではありますが、紫外線カット力は国内最強、さらにロングラスティング処方を採用しているため、長時間メイク崩れを防ぐ効果は抜群です。


ニキビの原因となる脂肪酸を吸着するためサラサラもキープ、ニキビ肌の人にもおすすめで、さすが薬用といったところです。


カバー力にも定評があり高い光拡散性でシミや色ムラをカバーしてくれます。


クレンジング後のスキンケアを徹底すれば肌にダメージ与えることなく、上手に使いこなせるプレストパウダーといえますよ。

3.エトヴォス「ミネラルシルキーベール」

  • ノンケミカル〇/ シリコンや合成ポリマーも不使用

  • SPF20/数時間程度の外出ならOK

  • PA++/ 簡単な外出におすすめ

  • ナチュラルベージュ/ほぼ無色・ マット

  • クレンジング剤不要〇/石鹸で洗い流せる

びっくりするほど毛穴が隠れる!

これだけで済ませるというよりも、下地やファンデーションの上から塗ることで、びっくりするほど毛穴隠せるアイテムとして人気のプレストパウダーです。テカリを抑え崩れを防ぐ力はかなりあるので、化粧直しにぜひおすすめ。


ヒアルロン酸やリピジュアと言った保湿成分や、ビタミンCなど肌を整える成分をふんだんに含まれているため、トリートメントパウダーとして旅行などで夜寝る時のすっぴん隠しにもおすすめです。


日焼け止め効果はさほど強くないので外出時にはこまめな塗り直しが必要となってきますが、肌をいたわる気持ちがある人はに使ってもらいたいパウダーです。

オルビス「サンスクリーンパウダー」

  • ノンケミカル×/紫外線吸収剤使用

  • SPF50/屋外レジャーでも紫外線ブロック

  • PA++++/紫外線A波最強ブロック

  • ナチュラルベージュ/仕上がりはマット

  • クレンジング剤不要×/クレンジング剤でオフ

いつまでもサラサラなのにUVカット最強

コチラも単体ではなく、下地やファンデーションを塗ってその上にメイク直しとして使われているプレストパウダーです。粒子がかなり細いシーバムフレッシュパウダーを採用しているため、いつまでも化粧崩れがなくさらさら状態がキープできます。


さらにオルビス独自のシアーフィットプロテクターによって隙間なく紫外線撹乱剤が肌をカバーするため、紫外線カット効果は抜群です。UV カット効果はかなり強いのですが、つけ心地は軽くシワも目立だちません。


しかしカバー力をとなると少し劣るという声もあるようで、しみや色ムラが気になるなら下地をしっかりと塗って使うと良いでしょう。

日焼け止めパウダーを購入時の気になる疑問・質問

便利に使われている日焼け止めパウダーですがファンデーションではありません。そのためファンデーションと同じように使うのはちょっと違うかもしれませんよ??気になる疑問をまとめてみました。

Q1:日焼け止めパウダーのみでも紫外線は防げるの?

はい防げます。


しかしムラなくきちんとパウダーを塗ることが絶対条件になってきます。またパウダーは汗や皮脂などに落ちやすいため、こまめな塗り直しも必要です。


もしこまめま塗り直しができないのなら、下地にUVカット効果があるものを塗って、それからパウダーをはたくようにしましょう。

Q2:日焼け止めパウダーはどれだけ塗れば効果が発揮できるの?

パウダーをたくさん塗ったからといって日焼け止め効果が上がるわけではありません。むらなく均一に肌に塗ることで効果が発揮されるのです。


たくさんはたいてもパウダーは落ちるだけです。均一に肌につけることを意識しましょう。

Q3:顔用の日焼け止めパウダーってボディにも使えるの?

使えます。しかしパウダーによってはファンデーションのように色がついているものもあるので、洋服につく恐れがあります。そこは気をつけましょう。


また逆に、 ボディ用を顔に塗るのは避けた方が無難でしょう。口周り、目の周りは皮膚が薄く刺激に敏感です。身体用の日焼け止めの方が刺激が強い場合があります。


顔には必ず顔用の日焼け止めパウダーを塗りましょう。

まとめ

日焼け止めパウダーは、ノンケミカルでクレンジングを使わずに洗い流せるものも多く、肌のダメージを考えるなら断然お勧めのアイテムです。またメイクの上から日焼け止めを塗ることもできるメリットもあるんです。


パウダーなのでこまめな塗り直しは必要になりますが、薄づきでべたつくこともなく自然な仕上がり。保湿成分や美容成分が入っているものも多いので、美肌に見せてくれる、さらに美肌を作るアイテムとも言えます。


まだ手がベタつかないから体に塗るのもとっても便利。普段の通勤や通学、真夏のレジャーなど、オールマイティに使えるのでぜひ試してみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします